芸能テロ

2chの芸能の反応をまとめています

    31

    1 :三毛猫 φ ★@\(^o^)/:2016/05/09(月) 18:53:08.31 ID:CAP_USER9.net

    お笑いコンビ・さまぁ~ずの三村マサカズが9日、自身のツイッターで“お笑い”について自問自答しつつ疑問を投げかけた。

    「何で、純粋なお笑い番組はなくなっていくのだろう」と疑問を投げかけ、さらに「なんでお笑い芸人はそれをとめないのだろう」と考えを示した。最後に「ま、純粋なお笑い番組がどれくらい面白いのか! なのだけど」とコメントした。

    三村の抱いた疑問に対して、ネット上では「純粋な漫才、コントがみたい」、「つくられる笑いって限界があるのかな」、「スタッフの笑い声がウゼー時がたまにあります」、「純粋なお笑い番組とは?」、

    「ほんとに思います」、「もっとお笑い番組増えて欲しい」、「純粋なお笑い芸人さんが少なくなっていると思います」となど様々な視点のコメントが寄せられ、視聴者一人一人が考える良い機会が生み出されている。


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160509-00000009-reallive-ent

    ツイッター
    https://twitter.com/hentaimimura
    【さまぁ~ず三村マサカズ「何で純粋なお笑い番組はなくなっていくのだろう」ネット「お前はセクハラだけ」「セクハラが笑い?」】の続きを読む

    77

    1 :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/05/10(火) 05:44:09.21 ID:CAP_USER9.net

    タレントのベッキー(32)と不倫騒動の渦中にあった、ロックバンド「ゲスの極み乙女。」のボーカル川谷絵音(えのん、27)が9日、夫人と離婚したことを自身のブログで発表した。

    騒動は一気に収束に向かっており、ベッキーの夫人への直接謝罪が実現次第、早ければ今月末にも仕事復帰する。

    最初のレギュラー番組だったTBS「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」での復帰で調整している。騒動の勃発から4カ月、事態は急展開を迎えた。

    川谷は「我々夫婦は話し合いの末に離婚しました」と報告。騒動の端緒となった夫婦間の問題が解決したことを受け「これからもミュージシャンとして、1人の人間として、成長していけるように頑張ります」と心境を新たにした。

    スポニチ本紙の取材では、離婚届は4月中に提出したとみられる。昨年7月の結婚から9カ月での終止符。だが昨年10月にはベッキーに近づいており、わずか数カ月で夫人を裏切ろうとしていたのが実態だ。

    離婚成立は、騒動全体の行方に大きな意味を持つ。ベッキーと川谷の不倫に最も怒っていたのは夫人。なかなか離婚を承諾しなかった夫人がここに来て判を押したのは、騒動を収束させてもいいという思いの表れ。

    ベッキーは騒動が発覚後の1月中旬に川谷の電話を着信拒否し、一方的に別れ、その後、休業に入った。

    この動きの一方で進行していたのが、ベッキーから夫人への謝罪の手紙。ベッキーは出会った当初に川谷に独身であるかのように装われ、交際してしまったことを強く後悔。2月に「謝りたい」と手紙を書いたが、受け取りを拒否された。

    ベッキーは「夫人の許しを得ないまま復帰することは絶対にできない」というスタンス。そこで、最後の手段として選んだのが、夫人と唯一パイプを持っている「週刊文春」だった。

    4月22日に所属事務所社長が編集部に出向き「川谷さんの奥様へ謝罪したいというのが今の一番の気持ちです」という内容の手紙を渡して、事態の打開を図った。

    夫人はそういったこれまでの姿勢も見てきて、ベッキーへのわだかまりが確実に解けてきている様子だ。直接謝罪が実現次第、一気に復帰に向かう。

    というのも、騒動前に計11番組のテレビ、ラジオのレギュラーを持っていたベッキーについて、全ての番組が降板ではなく休業を選択。

    いつでも戻れる環境を整えている。その中でも復帰の場として挙がっているのが、TBS「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」(金曜後8・57)だ。

    夫人との直接謝罪が実現できれば「早ければ今月下旬にも復帰できるよう調整している」(関係者)との情報があり、番組がお茶の間への経緯説明と釈明の場となる。

    関係者は「夫人が離婚に承諾したのは、川谷とベッキーの関係が完全に終わったと信用したから。直接謝罪が実現する環境は整ったのではないか」と見ている。


    http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/05/10/kiji/K20160510012558060.html
    【ベッキーが今月末にも「中居正広の金スマ」で復帰!「離婚はベッキーのせいだろ」「家庭を壊した女」】の続きを読む

    7i

    1 : デンジャラスバックドロップ(愛知県)@\(^o^)/:2016/05/09(月) 20:05:08.35 ID:9/SYLnTX0●
    ?BRZ(12000)
     
    ロックバンド・ゲスの極みの乙女。のボーカル・川谷絵音が9日、離婚したことを自身のブログで発表した。

    同ブログで「私事ではございますが、我々夫婦は話し合いの末に離婚しました事をご報告致します。これからもミュージシャンとして、1人の人間として、成長していけるように頑張ります。

    ファンの皆様、関係者の皆様、これからもよろしくお願いいたします」と報告した。

    http://www.oricon.co.jp/news/2071386/full/?ref_cd=tw
    【ゲスの極み乙女の川谷絵音が離婚発表!「ベッキーは他人の家庭を壊した」「卒論書けたよー」】の続きを読む

    51
    3

    1 :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/05/09(月) 05:07:29.51 ID:CAP_USER9.net

    タレントのベッキー(32)との不倫騒動があった川谷絵音(27)がボーカルを務めるロックバンド「ゲスの極み乙女。」が8日、長崎市内で全国ツアーの最終公演を行った。

    川谷が高校卒業後に上京するまで過ごし、今年の正月にはベッキーと2人で極秘旅行に訪れた同市。赤と黒のチェック柄の上下スーツ姿で登場した川谷は、満員のファン2000人に「ただいま!」と絶叫。

    「いろいろあったけど、メンバーとファンの皆さんに助けられた」と語り、「両成敗でいいじゃない」など23曲を聴かせた。

    さだまさし(64)、福山雅治(47)ら長崎を代表する歌手の名を挙げ「長崎と言えば『ゲスの極み乙女。』と言われるように頑張る。死ぬまで歌い続けるぞ」と宣言した。

    不倫騒動で休業中のベッキーが、川谷との決別を記した直筆の手紙を「週刊文春」に送ったことが先月27日発売の同誌で報じられた。

    ライブが始まる前の午後1時40分頃、報道陣から「ベッキーさんに一言」と質問が飛ぶ中、川谷は黒いコートにマスク姿で何も答えず会場入り。終了後も無言で車に乗り込んだ。今後は野外フェスなどを中心にライブに出演する予定。


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160508-00000234-sph-ent
    【ゲスの極み乙女の川谷絵音「長崎出身の福山雅治より有名な歌手になる。死ぬまで歌い続けるぞ」】の続きを読む

    03

    1 :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/05/08(日) 16:34:32.69 ID:CAP_USER9.net

    ホリエモンこと実業家の堀江貴文氏(43)が8日、TBS「サンデージャポン」(日曜前10・00)に生出演。大阪都構想を発端に、東国原英夫氏(58)とツイッター上で言い争いとなったことについて言及した。

    先月放送されたテレビ番組で、堀江氏が「大阪都構想は本を出していれば成功していたかもしれない」と持論を展開すると、東国原氏がツイッター上で「本の出版って」などと苦言。

    これに対して「まだグダグダ言ってんですか。バラエティ番組の企画ごときに」と堀江氏が応戦し、言い争いになっていた。

    堀江氏は東国原氏との“バトル”について「番組側に言ってと言われて言ったら、東さんが『何言ってるの?』みたいなことを言い出した」と説明し、自身の正当性を主張。

    すると元衆院議員でタレントの杉村太蔵(36)から「堀江さんは問題提起の天才。ただ、一理あるなと思いながら納得できない。我々が反論すると『おかしな考え方』だと言う。思春期、反抗期の主張に近いものがある」と批判を受けた。

    この批判に対し、堀江氏は「簡単に言うと、あなたたちには理解できないことをやってるから、僕はうまくいったりとかするわけですよ」と“上から発言”。

    医師でタレントの西川史子(45)は「何その発言!ちょっと考えられない」と驚いていた。

    http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/05/08/kiji/K20160508012548170.html


    【堀江貴文「僕はあなたたちには理解できないことをやってる」西川史子「何その発言!ちょっと考えられない」】の続きを読む

    このページのトップヘ