芸能テロ

2chの芸能の反応をまとめています

    5a44f470d3ee34db

    1 :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/03/30(水) 13:38:12.67 ID:CAP_USER*.net

    お笑いコンビ・オアシズの大久保佳代子(44)と友近(42)が『旅ずきんちゃん』(TBS系)に出演。互いのことについて語る一幕があり波紋を呼んでいる。

    以前からネット上で不仲説が出ている大久保と友近。今回、番組内で放送された「ネットを賑わせた女たち暴露SP」のコーナーの中でも、やはりこの2人に話題が集中した。

    年齢も近く、共演番組も多いため仲がよさそうにも思えるが、実際に2人の仲について聞かれると、友近は「いい距離感やと思いますよ。お酒を飲む人(大久保)、飲まない人(友近)。おのずとメンバーは違うし」と、どこか距離を感じる回答をみせた。

    さらに、大久保も「やっぱり基本が違うから。このまま平行線でこれ以上、好きにもならないし嫌いにもならないと思う」と、冷たさを感じさせるコメントをしていた。

    番組で見せたこのやり取りには視聴者も違和感を抱いたようで、「やっぱり、そうだと思ったよ」「なんか根本的に合わなそうだもんね」「関西と関東の感性の違いってか、興味ない相手っているからな。似すぎてて、発言も被るしな」といった意見がネットに上がった。

    「友近は2010年に『はなまるマーケット』(TBS系)に出演した時も大久保について『気になっているんだけどなかなか……』といった距離感であることを語っていました。

    大久保は時々ツイッターで飲み会の写真をあげるんですが、そこに友近が写っていたことはこれまで一度もありません。共演する番組を見る限り相性自体はいいと思いますが、互いにキャラかぶりを気にして牽制しているのかもしれないですね」(芸能誌記者)

    これだけあっさり本人達が認めてしまうと、いっそ清々しい。この関係のままが、この2人らしいのかもしれない。

    http://dailynewsonline.jp/article/1109519/
    【大久保佳代子と友近「不仲説」の真相が明らかに?】の続きを読む

    bekki-2

    1 :Egg ★@\(^o^)/:2016/03/30(水) 16:21:01.26 ID:CAP_USER*.net

    すでに鎮火しつつある「ベッキーと川谷絵音の不倫騒動」だが、ここにきて衝撃的な情報が入ってきた。

    ベッキーは川谷絵音との不倫騒動に関する謝罪の手紙を執筆。川谷絵音の妻に渡そうと試みているのだが、その手紙を妻は受け取り拒否。完全にベッキーからのコンタクトをシャットアウトしているというのだ。

    ・ベッキーに腹を立てている
    これは人気雑誌「週刊文春」(2016年3月31日発売)に詳細が掲載されるという。もしこれが事実だとしたら、川谷絵音の妻は、いま現在もベッキーに腹を立てていることになる。この件に関してニュースメディア関係者は以下のように語る。

    ・ニュースメディア関係者
    「川谷クンの嫁さんは、ベッキーさんと対面して協議するなら場を持っても良いと思っていたようですが、手紙では嫌なので受け取りを拒否したそうです。

    そしてベッキー側は対面して嫁さんと会うことを拒否。詳細は3月31日発売の文春さんに載るみたいですよ。さすが文春さん、鎮火しかけているところに燃料投下して炎上させるのが得意ですね(笑)」

    ・騒動に新たな不穏な空気
    どうやら、川谷絵音の妻としては「直接会って謝るなら許すかも」という気持ちになっていたようだが、ベッキーがそれを拒否したことにより、今回の騒動に新たな不穏な空気が流れ、悪い方向へと展開しているようである。

    http://buzz-plus.com/article/2016/03/30/kawatani-becky-yome/
    【ベッキーの謝罪の手紙に川谷絵音の妻がブチギレして受け取り拒否!対面での協議はベッキーが断固拒否】の続きを読む

    ariyoshi


    1 :Twilight Sparkle ★@\(^o^)/:2016/03/30(水) 18:29:01.72 ID:CAP_USER*.net

    6年間続いてきたAKB48の冠番組バラエティ番組「有吉AKB共和国」(TBS系)が、28日深夜に最終回を迎えたが、早くもAKBファンからは“共和国ロス”を訴える声が聞こえている。

    寂しいと感じる理由は、この番組の名物とも言えるMCの有吉弘行によるメンバーいじりが観れなくなること。時には、ただのアンチのような毒を吐きかける場面もあったが、多くのファンたちはその発言を笑って楽しんでいた。

    21日の放送回では、ゲストとして登場した峯岸みなみに番組冒頭で「峯岸、ライザップのCM、気持ち悪くない?」といきなりの毒吐き。

    「こんなに直球で気持ち悪いって言われたのは初めてです」と峯岸を本気で凹ませたが、「でも、よく頑張ったね! スゴイ頑張ったなと思う」とみごとなアフターフォローで丸く収めていた。

    「有吉は毒舌キャラとして知られていますが、この番組でもそれは健在でした。たとえ事実でも、ファンがあまり切り込まない内容についてもズカズカと入っていき、そこを絶妙な加減でいじって笑いに変えていた。その後のフォローもしっかり取れていましたから、ファンとしても不快に思う人は少なかったようです」(芸能ライター)

    http://www.asagei.com/excerpt/55373
    【有吉弘行の毒吐きが愛された理由「有吉AKB共和国」ファンからはロス訴える声】の続きを読む

    becky

    1 :ニライカナイφ ★@\(^o^)/:2016/03/29(火) 15:38:30.31 ID:CAP_USER*.net
     
    不貞騒動で休業中のベッキーが友人や関係者に向けて100通にもおよぶ数の「謝罪の手紙」を送ったことが報じられているなか、ベッキーとともに番組で共演してきたお笑い芸人たちからは「届いてない!」といった声が噴出している。

    「現在までに手紙が届いていることを明かした芸人は、宮川大輔とハリセンボンの近藤春菜。逆に届いていないことを明かしたのは南海キャンディーズの山里亮太とオードリーの若林正恭。

    カンニング竹山は所属事務所が同じということもあり『(僕は)手紙はもらってませんよ。身内ですからね』とコメントし、続けて『普通に連絡はとりますよ、元気にしてます』と近況を語っていました。

    また、ベッキーが所属していた“ハーフ会”仲間でタレントのJOYも、別の会見で手紙が届いていないことを明かしています」(芸能記者)

    山里に至っては、自身のラジオ番組でこの話題に触れ「ショックなのは俺、(手紙が)来てないんだよね」「友達じゃなかったのかな‥‥。

    結構、仲良かったつもりだったからさ」と苦笑い。さらにダメ押しで「友達じゃなかったかぁ~」とショックを隠し切れない様子で心情を吐露したのだった。

    これらの報道に、ネット掲示板では「明らかに線引きしている」といった旨の書き込みが殺到。「芸能界の大物ばかりから擁護される理由がわかった」「こういうところだよ、ベッキーが嫌われるのは」「これほど“あざとい”という言葉がしっくりくる行為はない」と散々な言われようだ。

    「宮川とは『世界の果てまでイッテQ!』(日テレ系)で共演していましたが、当然番組MCの内村光良にも送っていることでしょう。これは『イッテQ』での芸能界復帰を想定してのことだと思われます。

    また、親友の近藤はこの春から朝の情報番組『スッキリ!!』のサブMCに就任するタイミング。ネット上ではベッキーが近藤を利用して世論を動かそうとしているのではと勘ぐられていますが、そこまで周到に考えているのかは疑問です」(前出・芸能記者)

    近藤は22日に出席したイベントで「休みに入るので礼儀として、手紙を送ったと思う。内容は言いたくない」と語っていたが、はたしてどんなことが書かれていたのだろうか。

    http://news.infoseek.co.jp/article/asajo_8440/
    【線引きしてる?ベッキーからの「手紙」もらえる・もらえない芸人の境界線】の続きを読む

    poweb-000-2-view


    1 :ダークホース ★@\(^o^)/:2016/03/29(火) 10:21:54.22 ID:CAP_USER*.net

    俳優・反町隆史(42)が新加入して臨んだドラマ「相棒 season14」(テレビ朝日系)は全20話で平均視聴率15・3%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)だった。常に人気シリーズとしてテレ朝の看板ドラマとしてけん引してきたが、少々、物足りない数字に終わった。

    反町の存在、脚本のマンネリ化などさまざまな要因が取り沙汰されているが、「反町さんの評価は非常に高いです。主演の水谷(豊)さんも最後まで反町さんを気に入っていた。

    水谷さんの要求を全て受け入れ、常に水谷さんを立てていましたからね。撮影中も、一緒にラーメンを食べに行ったり、意気投合していましたし、撮影が終わったらお互いの家族を交えて食事をする約束もしたほどです」(テレビ関係者)。

    反町演じる冠城亘は捜査妨害をしたとして法務省への強制帰還が言い渡されたが、法務省を退官して警察学校からやり直すことになった。この展開に「次のシリーズも反町では」と見られているが、ここには反町の必死の直談判があるという。

    「実は反町さんは妻・松嶋菜々子さんの意向もあり2人の娘をバイオリン留学させたいと考えている。特に長女は早ければ高校生での英国留学を実現させたいそうです。だからこそ、水谷さんを始めプロデューサーらに直談判をして相棒継続を訴えたそうです。

    最終回のあの展開も水谷さんの意向が反映されたと見られていますが、テレ朝としては視聴率が振るわなかったこともあって、交代という選択も残しているとも言われています」(同)。

    反町は再び相棒として戻ってこられるか。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160329-00000008-tospoweb-ent
    【反町隆史が必死の直談判の成果?視聴率振るわずも「相棒」続投か】の続きを読む

    このページのトップヘ