芸能テロ

2chの芸能の反応をまとめています

    90

    1 :Egg ★@\(^o^)/:2016/05/05(木) 14:42:35.32 ID:CAP_USER9.net

    阿蘭澄史の「芸能人は因果な商売である」

    元AKB48の板野友美(24)が、4月20日にニューシングル『HIDE&SEEK』をリリースしたものの、5月2日付のオリコン週間チャートで初登場11位。トップ10入りを逃す厳しい戦いを強いられている。

    これまで8枚のシングルをリリースして、最高順位がトップ3を記録した作品は4作。そのうちの3作はAKB在籍時にソロリリースした作品のため、卒業後に発表されたものでは、まだ1作しか結果を出せていない状況だ。

    今回の作品でも、通常版のみならずDVDやグッズが付属さたものなど、さまざまなタイプのCDが用意されたが、売り上げには繋がらなかったようだ。

    こうした現実を受け、ファンの間では「ただただ残念でしかない」「ソロ歌手の現実って厳しいんだな」「歌手としてやっていけるのかな」と心配する声があがっている。

    国民的アイドルグループであるAKB48の中心メンバーを持ってしても、ソロ歌手として評価されるのは難しいのだ。さらには、モデルやタレント業でも評判がいいというわけではないのだとか。

    芸能関係者が、板野の弱点を指摘する。

    ■AKB48の看板に頼りすぎなソロ活動

    「板野の弱点は、これといった強みやキャラがないところです。それに加えて、タレントとしてバラエティ番組に出演しても、どこかいじりにくい雰囲気がある。

    自分で発信できるほど口が立つわけではないので、いじられないので爪痕を残すことができないんです。キャラの弱さは、個性が重要なソロ活動にも影響しているような気がしてなりません」

    板野同様、卒業後に苦戦を強いられていた前田敦子(24)は、現在、主役を務めるドラマ『毒島ゆり子のせきらら日記』(TBS系)で話題を呼んでいる。前出関係者が続ける。

    「彼女もソロ活動が成功しているとは言い難く、演技をしても酷評されることが多かった。しかし、今回は吹っ切れたのか、役にどっぷりとハマり、個性がどんどん引き出されています。板野さんも、どこかで自分の殻を破ることが必要でしょう。そうすれば、歌手活動にもいい影響が出てくるはず」

    AKB時代は「今どきの女の子」の代表格的なキャラクターで頭角を現した板野だが、「元AKB」という肩書きに頼らない活動も必要なのだろう。今後の巻き返しに期待したい。

    文・阿蘭澄史(あらん・すみし)
    ※1974年滋賀県出身。フリー記者。某在京スポーツ紙の契約記者を経て、現在は週刊誌等で活躍中。
    主な著書に『真相!アイドル流出事件簿』(ミリオン出版)、『事務所をクビになった芸能人』(竹書房)、『芸能人のタブー』(宙出版)など。

    http://news.infoseek.co.jp/article/dailynewsonline_1124985/


    【元AKB48板野友美が新曲も大惨敗!ソロ活動で苦戦するワケ「歌唱力のひどさ」「人気がまったくないから」】の続きを読む

    1c
    f
    1 :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/05/03(火) 12:26:48.33 ID:CAP_USER9.net

    人気大河ドラマ『真田丸』(NHK)において、堺雅人演じる真田信繁の初恋の相手である梅を演じた黒木華が早くも死亡してしまった。これが、同じく信繁の幼なじみであるきり役を演じる長澤まさみの“差し金”ではないかと話題となっている。

    「不仲説などがささやかれていますが、さすがに脚本まで変えられるということはないでしょう。黒木華は4月から始まったドラマ『重版出来!』(TBS系)で主演を務めていますし、出演時期はあらかじめ決まっていたと見るべきでしょう」(芸能関係者)

    “昭和顔”ともいわれるしっとりとした黒木華と時代劇の相性は抜群でファンが多かったことは確かだ。ハードスケジュールを縫うようになんとか黒木をキャスティングしたのが実情なのだろう。こうした例は過去のドラマでも見られる。

    「大家族ものの連続ドラマとして知られた『天までとどけシリーズ』(TBS系)では、次男役を演じた河相我聞が途中からブレイクしたため、医学部へ進学しほとんど戻ってこない、という設定になりました。これは大人の事情といえるでしょう」(同)

    さらにキャストの死亡というやむを得ない事情で設定が変わることもある。『ショムニシリーズ』(フジテレビ系)では、野々村課長役を演じた伊藤俊人がクモ膜下出血のため死亡したため、海外出張中という設定に切り替えられた。

    『渡る世間は鬼ばかりシリーズ』(TBS系)では、母親役の山岡久乃が亡くなると、ドラマの中でも亡くなった。対して父親役の藤岡琢也が亡くなると、同役は宇津井健に引き継がれた。宇津井も亡くなったため、ドラマ中でも2014年に死亡という設定となった。

    はからずもドラマのキャラクターは、芸能人その人の人生遍歴を映し出すこともあるのだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1124526/
    【大河ドラマ「真田丸」梅を演じた黒木華が早くも死亡!長澤まさみの“差し金”か!】の続きを読む

    t1
    2

    1 :(魔女の百年祭)@\(^o^)/:2016/05/04(水) 17:26:16.58 .net

    @
    さや姉レーン9折りから受付後8折りでしたから( ̄▽ ̄;)

    @
    さや姉レーン! 30分並んでも受付までたどり着けず(ToT)

    @
    さや姉のレーンがついに場外まで連なってるらしいですよ


    http://pbs.twimg.com/media/ChlzAm
    【NMB48山本彩の握手会待機列が会場内に収まらず場外まで伸びる!】の続きを読む

    89

    1 : スリーパーホールド(東日本)@\(^o^)/:2016/05/03(火) 18:23:51.23 ID:RDjOkVBP0.net PLT(16930) ポイント特典

    2016年4月3日の『白熱ライブ ビビット』に演出家のテリー伊藤さん(66)が出演し、ベッキーさん(32)の不倫騒動についてコメントしました。

    ベッキーさんの復帰待望論が出ていることに対し、『復帰する前に芸能界以外で実績を作ることが大切』と発言。

    MCのTOKIO・国分太一さん(41)は、『DASH村でもいいかもね』と自身が出演するバラエティ番組を提案しました。

    ●ベッキーに言及するととばっちりを受ける!?

    これに対し、ネットでは、

    『ベッキーはもういい』

    『キャラが変わっちゃったから、また出ても矢口みたいになるだけ』

    『ベッキーが鉄腕DASHに出るなら見ない』

    『国分さん、ダッシュ村に不倫を持ち込まないで』

    ベッキーさんに言及すると、とばっちりを受けて言及した本人も批判される傾向があるようです。

    http://woman.excite.co.jp/article/love/rid_Ren_ai_77365/
    【TOKIO国分太一の発言に批判噴出!「ベッキーの復帰はDASH村でもいいかも」】の続きを読む

    png


    1 :克己復礼 ★@\(^o^)/:2016/05/04(水) 09:58:00.23 ID:CAP_USER9.net

    お笑いコンビ、オリエンタルラジオの中田敦彦(33)が4日、TBS系「白熱ライブ ビビット」(月~金曜前8・0)に出演。

    4月27日に同番組内で不倫疑惑騒動で休業中のベッキー(32)が週刊文春編集部宛に直筆の手紙を送ったことに対し、「あざとく感じちゃう」と意見したことについて多くの反響があり、改めてこの問題に対して持論を展開した。

    放送から1週間が経ち番組には多くの反響が寄せられ、視聴者の意見は8対2で中田を擁護するものだったという。

    中田は「色々な方から色々な事を言っていただきまして、僕の中で、擁護派がいる理由もわかる」と前置きした上で、「長きに渡ってベッキーは、イメージのいいタレントだった。そのことが、この問題をものすごく大きな問題にしたと思う。その発端はLINEの流出の問題」と核心をついた。

    中田は「離婚届のことを卒論と呼んで、川谷さん提出するように要求したり、会見の前日に友達で押し通す予定と挑発的な文言を使っていたことで、僕らの知っていたベッキーは、本当のベッキーだったのだろうか?っていうのが不倫をしたことと同じぐらい大きな問題だったと思う」とこれまでの経緯を説明しながら、疑問を口にした。

    そして、「(ベッキーと川谷がやり取りした)LINEについてあれはなんだったのかと、説明するまでこの問題は終わらない」と持論を展開した。

    週刊文春編集部へ宛てた直筆の手紙についても、「1文字もLINEについて触れていない。触れていないということが、逆説的にあのLINEは本当でしたと言っているようなもの。でもそれには触れられたくないから、間接的に文春を通して触れられたくないことを伝えたと感じた。

    この対応は不誠実でずる賢い」とバッサリ。「あざとい」発言に対し、「色々言われますが、僕の意見は変わらない。擁護することで、傷つく人もいると思うので意見をかえることはない」と揺るがない考えを示した。

    ベッキーに対して「本当に長いこと活躍してきた芸能人。準公人として、大きな影響力を行使して仕事をしていた。国民はベッキーのことを信じていた。それを裏切ったことを記者会見で説明する責任がある」と締めくくった。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160504-00000509-sanspo-ent


    【オリラジ中田敦彦「ベッキーが川谷絵音とやり取りしたLINEの説明するまでこの問題は終わらない」】の続きを読む

    9


    1 :Egg ★@\(^o^)/:2016/05/04(水) 00:13:27.78 ID:CAP_USER9.net

    タレントの小倉優子が3日、日本テレビ系のバラエティー番組「解決!ナイナイアンサー」に出演し、矢部浩之と青木裕子夫妻の家庭を見た時に、思わず泣いてしまったことを明かした。「こんな温かい家庭が…」と感動したという。

    小倉は2012年6月に第1子を出産。「子どもが生まれてからケンカが増えた」と告白した。しかし、「この半年くらいはなくなった」という。ケンカの原因について小倉は「私はいっぱい不満をもっていて。夫がいつもいないとか」と述べ、「最近は夫はいないと思って生活している」と明かした。

    MCのナインティナイン岡村隆史が「ちょっと危なくないですか」とツッコむと小倉は否定し、「考え方を変えて夫は常にいないと思って。いるときに何かしてくれたらラッキー。そう考えるとケンカがなくなった」と語った。

    MCの矢部浩之が、以前、小倉を招いて自身の家族と食事したことに触れた。当時の心境を聞かれた小倉は「その時は…」と言いかけて「矢部さんてすごいんです」と矢部の私生活を明かした。

    「すごい子煩悩で。収録前とか毎日、公園に行ってから」と話した。矢部が照れながら「嫁に聞いたけど、あとからゆうこりん泣いてしまったんやって?」と尋ねると、小倉は「こんなあたたかい家庭って思ったら涙がぼろぼろ出てきて。そういう時期があった」と振り返った。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160503-00000110-dal-ent
    【小倉優子が矢部浩之と青木裕子夫妻の家庭を見て涙!「最近は夫はいないと思って生活している」】の続きを読む

    このページのトップヘ