芸能テロ

2chの芸能の反応をまとめています

    2016年05月

    1

    1 :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/05/30(月) 14:50:27.45 ID:CAP_USER9.net

    日本テレビが30日、東京・汐留の同局で定例記者会見を行い、13日放送のTBS「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」(金曜後8・57)でテレビ復帰を果たしたタレントのベッキー(32)の同局レギュラー番組への復帰は「未定」との見解を示した。

    ベッキーは同局では「真実解明バラエティー!トリックハンター」(水曜後7・00)「天才!志村どうぶつ園」(土曜後7・00)「世界の果てまでイッテQ!」(日曜後7・58)の3つの人気番組でレギュラーを務めている。

    現在も休業状態となっているが、「金スマ」でのテレビ復帰を受けて、同局番組への復帰も気になるところだが、担当の小杉善信専務は「すべて未定です。現場の番組からの復帰はこうしたいとの提案もないので、すべて未定です」とした。


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160530-00000109-spnannex-ent


    【日本テレビが記者会見!「ベッキーの復帰はすべて未定です。現場の番組からの提案もない」】の続きを読む

    ta
    20

    1 :湛然 ★@\(^o^)/:2016/05/30(月) 05:08:22.09 ID:CAP_USER9.net

    女優の武井咲(22)が、テレビ朝日のスペシャルドラマ「瀬戸内少年野球団」(今秋放送)に主演する。

    作詞家で作家の故阿久悠さんの自伝的小説が原作で、84年に夏目雅子さんの主演で映画化。翌年、27歳の若さで亡くなった夏目さんの遺作となり、93年にはフジテレビで鈴木保奈美(49)主演でドラマ化された。

    敗戦直後の兵庫県淡路島が舞台で、子供たちが憧れる国民学校初等科の美人教師・中井駒子が主人公。明るく楽天的な性格で、野球を通して夢と希望を与えようと、夫と野球チーム「江坂タイガース」を結成。監督としてチームを率い、子供たちを勇気付ける。

    武井は撮影前に映画を見たといい「ただただ夏目さんが美しくて…。この方が演じられた役を私がやるという緊張感は物凄いものでした」と振り返る。

    撮影は関東近郊で行われ、教壇に立つ姿のほか、野球の試合の場面でユニホーム姿も披露。教師役は初めてだが「子供たちが試合をしている姿は、役を通り越して胸を打たれました。最後は、ありがとうという思いで子供たち全員に手紙を書きました」とすっかり教師の顔になっていた。

    紅一点で野球団に所属する少女役で人気子役の本田望結(11)が出演。島の名物おばさんを友近(42)、友近とNHK「あさが来た」で共演して注目を集め、84年の映画版には子役として出演した山内圭哉(44)が旅芸人を演じる。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160529-00000173-spnannex-ent


    【武井咲が「瀬戸内少年野球団」主演!「夏目雅子さんが美しくて…。緊張感は物凄いものでした」】の続きを読む

    06

    1 :shake it off ★@\(^o^)/:2016/05/30(月) 08:37:28.19 ID:CAP_USER9.net
     
    ダウンタウンの松本人志(52)は映画監督としても、全く色合いの違う作品を生み出している。

    1作目の「大日本人」(07年)は変身ヒーローの偽ドキュメンタリー。2作目「しんぼる」(09年)は白い密室に閉じ込められた男を描き、ほとんどセリフのない無声劇に仕上げた。

    3作目の時代劇「さや侍」(11年)では、演技未経験で「働くおっさん劇場」のレギュラーだった一般人の野見隆明さんを主役に起用した。4作目の「R100」(13年)。

    オリジナルに強いこだわりを持ち、過去のインタビューでは「映画館に行って晩ご飯の頃には忘れているというような作品は絶対に撮りたくない」と語っている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160530-00000006-spnannex-ent

    【ダウンタウン松本人志「映画館に行って晩ご飯の頃には忘れているというような作品は絶対に撮りたくない」】の続きを読む

    39

    1 :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/05/29(日) 19:24:05.25 ID:CAP_USER9.net

    “毒舌タレント”として再ブレイクした坂上忍(48)に、早くも“賞味期限切れ説”が浮上している。テレビ制作会社の演出クラスが一堂に会するディレクター会議で、「終焉説」が飛び交っているのだ。

    もっとも坂上といえば、今やテレビでその姿を見ない日はないというくらいの超売れっ子。レギュラー番組は『バイキング』(フジ系)、『有吉ゼミ』(日テレ系)、『くりぃむクイズ ミラクル9』(テレ朝系)など、計11本にもなる。

    さらに、ゲスト出演ともなればその数はうなぎ登り。その坂上がなぜ終焉なのか?「要は見飽きたということ。ましてや彼の芸は毒舌オンリー。そろそろ視聴者が苛立ちを覚えはじめているんです。

    景気がいいというわりに庶民の生活は厳しくなるばかり。しかも、熊本震災など日本中が不安に満ちている。そんな時に他人に毒を聞いても心が余計にすさむだけ。おまけにお酒を飲んで番組に出演するなど、実はスポンサー受けも悪いんです」(芸能関係者)

    さらに坂上の悪評は、ギャラの高さにもあるという。「急に売れ出したこともあってゴールデン&プライム帯の出演料は1本150万円?を要求する。レギュラーとなれば200万円以上にもなる。まず、あり得ない金額ですよ」(テレビ事情通)

    さらに坂上の評判は、芸能人からもすこぶる悪い。「天狗になっているんです。司会を務める『バイキング』では、気に入らないタレントをすぐにリストラする。理由も、飲み会に来なかったからと、とにかくひどい。しかも、会費制というオチ付きなんです(笑)」(同)

    坂上人気も長くは続かないようだ。


    http://dailynewsonline.jp/article/1137001/
    【坂上忍の悪評!「酒を飲んで番組に出演する」「天狗になっている。気に入らないタレントをすぐにリストラする」】の続きを読む

    67
    bu
    w1
    q6

    1 :風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/05/29(日) 18:36:01.51 ID:xmIz4HhQ0NIKU.net
    【りゅうちぇるが完全にテレビから消えて干される!「過激発言がヤバい」「Twitterで調子に乗りすぎ」】の続きを読む

    t1
    a0

    1 :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/05/27(金) 15:48:45.50 ID:CAP_USER9.net

    世間の声は、いまや完全に「EXILEより三代目!」だが、その流れがさらに加速しそうだ。

    EXILEファミリーのドラマ・映画「HiGH&LOW」で使用される楽曲を集めたアルバム「HiGH&LOW ORIGINAL BEST ALBUM」が6月15日にリリースされる。

    中でも、同アルバム収録曲で目玉とも言える楽曲なのがEXILE TRIBE名義の「HIGHER GROUND feat.Dimitri Vegas & Like Mike」だ。

    同楽曲はEXILE TRIBEとしては1年10カ月ぶりの新曲で、世界的DJユニットであるDimitri Vegas & Like Mikeとのコラボ曲。

    疾走感あるメロディが特徴的なダンスナンバーで、7月に公開される同映画の主題歌としても使用されることが決定している。

    先日、ミュージックビデオも公開され、同ファミリーのファンからは高い支持を得ているようだが、一部のファンからはEXILEのATSUSHIだけがまた参加していないという残念な声が上がっている。

    「ATSUSHIは、EXILE TRIBE名義の記念すべき1枚目のシングル『24karats TRIBE OF GOLD』には参加していましたが、14年8月リリースの同名義での3枚目のシングル『THE REVOLUTION』からは、当時まだパフォーマーとして活動していたHIROとともに参加を見送っていました。

    今回の楽曲も前作同様にTAKAHIROが率いるような形になっていますが、ATSUSHIの不参加に物足りなさを覚える人は非常に多い。ソロ活動に力を入れ始めているATSUSHIですから、今後もイベントの多くは後輩に任せるというスタンスかもしれませんが‥‥」(女性誌記者)

    しかし、このEXILE TRIBEへのATSUSHIの不参加こそがEXILE低迷の一つの要因だと言われている。

    「14年に行われたEXILE TRIBEのコンサートにもATSUSHIは不参加。ATSUSHI抜きで全国ドームツアーを展開しましたが、EXILEの落ち目ムードが如実に漂い始めたのはこの頃から。

    運営側はTAKAHIROが後輩たちを引っ張っているように見せたくても、長年のファンの信頼はATSUSHIに対してのほうが厚い。

    TAKAHIRO主体になったことでグループのキャラもあいまいになり、若いファンが三代目に流れていったことは大きい。

    もはやMATSUやUSA、MAKIDAIなどの初期からEXILEを支えてきたパフォーマーもいないわけですから、三代目人気が加速すればするほど、親玉EXILEが完全に“過去のもの”にしか映りません」(エンタメ誌記者)

    ファンからも「ATSUSHIさんも意外と責任感がないのかな」「ATSUSHIなしでEXILE TRIBEを名乗るのはおかしいのでは?」「いつか三代目もこうなるね」など、前向きなムードは伝わってこない。EXILE本体が開店休業となる日は近い?


    http://dailynewsonline.jp/article/1135920/
    【EXILEの落ち目っぷりが急加速!「ダサすぎて」「土方のグラサンが踊ってる」】の続きを読む

    このページのトップヘ