芸能テロ

2chの芸能の反応をまとめています

    2016年05月

    01

    1 : かかと落とし(東京都)@\(^o^)/:2016/05/27(金) 15:16:47.29 ID:2qvjLaCi0.net PLT(15000) ポイント特典
     
    26日深夜放送のラジオ番組「おぎやはぎのメガネびいき」でおぎやはぎの矢作兼が、不倫した芸能人を異常に叩く世間の心理を分析した。

    不倫といえば、ベッキーと「ゲスの極み乙女。」のボーカル・川谷絵音との“ゲス不倫”が今や有名となっているが、実は5月20日発売の「FRIDAY」(講談社)で、ドランクドラゴンの鈴木拓が吉木りさ似の美女と東京ディズニーランドでデートしていたと報道。

    不倫を叩く風潮が強まっているだけに、既婚者である鈴木へのバッシングも過熱するかと思われていたが…。

    矢作は「なんでこんなに話題にならないの?」と疑問を投げかけ、相方の小木博明も「ここまで何も騒つかないか…」とやや残念気味。

    そして、矢作は「これで1つ解ったことは、やっぱり世間は不倫を叩くっていうよりかはさ、人気のある人を引きずり落としたいだけなんだね。好感度のある人を引きずり落としたいだけなんだね。」と分析し、鈴木拓を引きずり下ろしたところで「やり甲斐がない」と考察。

    一方のベッキーは「やり甲斐がある」と指摘し、「良い子、良い人って言われている人を引きずり下ろしたいだけなんだね」と語り、「不倫はそのきっかけなんだね」と分析した。


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160527-00000008-reallive-ent

    【おぎやはぎ「ベッキー叩いてる人はさ、嫉妬して引きずり下ろしたいだけ。不倫はそのきっかけ」】の続きを読む

    n

    1 :三毛猫 φ ★@\(^o^)/:2016/05/27(金) 19:54:07.91 ID:CAP_USER9.net

    歌手の木村カエラが27日、ボブだった髪をバッサリとカットしたイメージチェンジ後の姿をInstagramで公開、「イケメン」「少年みたい!かっこいい」と反響を呼んでいる。

    23日に「髪の毛伸びてきた。のびのびた」とコメントし、ボブヘア姿を披露していた木村。この日、「切りたてホヤホヤ。マッシュもボブも、もう飽きた」という言葉を添えると、髪をバッサリと切って、ベリーショートになったイメチェン後の姿を披露した。

    続けて、横から撮影した別アングルの写真も投稿し、「地毛の色が少し明るいから、重みを出すために根元だけカラーは真っ黒いれたの」とこだわりのカラーリングにも言及。

    大胆なイメチェンに、写真を見た人からは「素敵すぎますって!!!」「かっこいいいいいい!」「かわいすぎて涙が出そうです」「久々のベリショですね!」と絶賛の声が続々。

    常に斬新なスタイルに挑戦する木村に、「カエラちゃんはこーでなきゃ みんながマネできないスタイルがカエラちゃん 似合ってます」と憧れるファンからのコメントも寄せられている。(湯田史代)

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160527-00000027-flix-ent
    【木村カエラが髪バッサリで大胆イメチェン!「イケメン」「少年みたい」と絶賛の声が続々】の続きを読む

    14

    1 :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/05/28(土) 05:58:29.44 ID:CAP_USER9.net

    27日に放送された「ダウンタウンなう」にショーケンこと萩原健一が登場、ダウンタウン、坂上忍とトークを繰り広げた。

    ショーケンの登場にダウンタウンと坂上忍は番組中は終始、緊張モード。松本は、「今のは、怒りました?」と確認する場面も。

    そんな番組終了後、ショーケンのファンであることを公言する浜田のツッコミが足りなかったとして、松本は、「やっぱり浜田って、チキンだよね」とコメント。

    さらに浜田の仕事に不満を持つ松本は、「思うねんけどさあ、この番組、ギャラを三等分(ダウンタウンと坂上忍)にするのは、その回、その回で考えへん」と提案していた。


    http://dailynewsonline.jp/article/1136312/


    【松本人志が萩原健一にツッコまない浜田雅功に不満「やっぱり浜田って、チキンだよね」】の続きを読む

    lo

    1 :
    砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/05/28(土) 06:05:39.99 ID:CAP_USER9.net

    5月24日放送の『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)に杉本彩(47)が出演。

    お好み焼きの食べ方について明石家さんま(60)、チュートリアルの福田充徳(40)、“尾木ママ”こと教育評論家の尾木直樹(69)、歌手でタレントの濱田マリ(47)ら、関西出身の芸能人らと議論をする場面が見られた。

    この日のトークテーマは「私が大阪人になじまない理由」。京都府出身の杉本は、まず大阪の人がお好み焼きとごはんを一緒に食べることを「文化としてあまりに違いすぎて、絶対ありえない」と発言。

    それに対し、さんまが京都では食べないのかと質問すると、同じく京都出身の福田も、京都では一緒に食べない、と同意した。

    さらに杉本は「お好み焼きをおかずに、白いご飯食べるなんて、ちょっと考えられないですよね」と重ねてコメントし、大阪独特の食べ方に嫌悪感を示した。

    この事実に驚いたさんまが、他の関西出身芸能人にお好み焼きの食べ方を尋ねると、兵庫県出身の濱田は「炭水化物ですよ、どっちも」と否定。

    滋賀県出身の尾木も「お好み焼きはお好み焼きだけよ。そんな下品なことしないわよ~」と、否定していた。

    この事実をさんまは初めて知ったらしく、「あ~、これは……奈良はこっち(ごはんアリ)寄りや。俺大阪で過ごしたからかな」と、驚きとともにコメントしていた。

    「杉本はお好み焼きの食べ方にずいぶんこだわっていましたが、いかにも京都人らしいですね。京都の人はプライドの高い人が多く、関西というくくりで他県と一緒にされるのを嫌います。そんなところから杉本も言葉の調子がつい強くなったのでしょう」(関西在住グルメライター)

    食べ方の問題というよりは、一緒にしてほしくないという気持ちが強かった?


    http://dailynewsonline.jp/article/1136214/
    【京都出身の杉本彩が大阪独特の食べ方に嫌悪感!「文化としてあまりに違いすぎて、絶対ありえない」】の続きを読む

    4

    1 : かかと落とし(東京都)@\(^o^)/:2016/05/27(金) 17:48:22.44 ID:2qvjLaCi0.net PLT(15000) ポイント特典
     
    アイドル活動をしていた私立大3年の冨田真由さん(20)が刺されて重体となった事件について、NMB48山本彩(22)が容疑者に対し「許せない」と怒りを示すとともに、今回の事件は「他人事じゃない」と危機感を示した。

    冨田さんは21日、東京都小金井市のライブハウスに出演する直前に岩埼友宏容疑者(27)に刃物で刺された。冨田さんは岩埼容疑者の名前を挙げ、ブログやツイッターへの執拗(しつよう)な書き込みを武蔵野署に相談していた。

    山本は27日生放送のフジテレビ系「バイキング」で、「犯罪もそうですし、それまでのストーカー行為、ネットへの書き込み、すべてがあり得なくて許せない」と怒りを示した。

    その一方、冨田さんと同じく芸能活動をしている女性ということから「とても他人事じゃない。自分もツイッターとかSNSで発信しているので、(ファンとの)距離感を見つめ直さないといけないのかなと、考えさせられる」と語った。


    http://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/1653886.html
    【NMB48山本彩「冨田真由さんの事件は他人事じゃない。自分もファンとの距離感を見つめ直さないといけない」】の続きを読む

    41

    1 :Egg ★@\(^o^)/:2016/05/27(金) 12:19:11.64 ID:CAP_USER9.net

    先日、号泣しながらダウンタウン愛を本人たちにぶつけて話題を呼んだ若手実力派俳優の菅田将暉だが、ここにきて、同じく“旬”の女優である小松菜奈に嫌われていることが明らかになった。

    菅田と小松は映画「ディストラクション・ベイビーズ」で共演しているのだが、21日に行われた同映画の初日舞台挨拶イベントで、撮影中は言えなかったことについて聞かれた小松は、「菅田さんのことが嫌いでした」といきなりの爆弾発言。

    この発言には菅田はもちろん、共演者たちも驚いたようだが、作品内で菅田に暴力を振るわれるという関係性だったため、「(菅田演じる)裕也ももちろん嫌いなんですけど、菅田さんまで嫌いになっちゃった」と、説明していた。

    「確かに作品内での菅田の暴力シーンのインパクトは強く、鑑賞した人の感想を見ても『菅田を嫌いになりそうだった』という意見がいくつもあった。また、小松は菅田の暴力について『本当に痛かった』と本音も漏らしていましたからね。

    しかし、菅田はそんなことを面と向かって言われても笑顔でのほほんとした対応をしていましたし、本人的には逆に気分が良かったのかもしれません。共演者もビビるくらいヤバイ演技ができていたわけですから」(映画ライター)

    また、出演中の月9ドラマ「ラヴソング」(フジテレビ系)でも、主演の福山雅治にヘッドバットをかますなどのケンカ腰で絡むシーンでは、福山も「想像以上の力で僕に暴力を振るってきた」と話し、その迫力に固まってしまったとも振り返っていたほど。

    海外では、悪役をやると撮影の待ち時間でも共演者を寄せ付けないほど役作りができる俳優も多いと聞く。せっかくなら、菅田にもそのレベルを目指してほしいものだ。


    http://news.infoseek.co.jp/article/asajo_11283/


    【福山雅治「菅田将暉が想像以上の力で僕に暴力を振るってきた」小松菜奈「菅田将暉さんのことが嫌いでした」】の続きを読む

    このページのトップヘ