芸能テロ

2chの芸能の反応をまとめています

    2016年06月

    1a

    1 :Egg ★@\(^o^)/:2016/06/30(木) 09:05:50.96 ID:CAP_USER9.net

    歌手・藤井フミヤ(53)が29日放送のフジテレビ系「TOKIOかける」(後11時25分)にゲスト出演し、デビュー前のエピソードを明かした。

    18歳から国鉄職員として1年ほど働いていたが「鳥栖駅の操車場で貨車に飛び乗って連結したり、(長崎の)早岐駅でブルートレインをつないでいた」と仕事内容を説明。

    父親も国鉄職員で、周囲にも職員が多く疑問を抱かずに就職したが、当時の彼女が東京に住んでいたので、一念発起して上京したのだという。

    「ブルートレインの『さくら』の行き先に東京って書いてあって。それを見て彼女に会いたいのと、おれの人生のレールがこのままでいいんだろうという思いがあって」と説明した。

    当時は音楽活動もしていたが、「プロになるつもりはなかった。彼女もほかの就職先を探してくれていた。デザイン系事務所のアシスタントをね」と告白。その彼女とは? の問いに「今のかみさんになっている。だから堂々と話せる」と純愛を語った。

    長男・藤井弘輝が今年からフジテレビにアナウンサーとして入社して話題を呼んだ。

    「反対したんだ。俺たち両親は」と話し、「今までフジテレビに『どうも、どうも』って言っていたのに、『よろしくお願いします』と立場が逆になった。共演? ないでしょ。ミュージックフェアの司会になれるわけはない」といいながら照れ笑いを浮かべていた。


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160630-00000002-sph-ent
    【藤井フミヤ「長男のフジテレビのアナ受験に反対したんだ、俺たち両親は」に「コネ入社!」「オタク風の顔」「整形前の板野友美」】の続きを読む

    02
    c1
    c2
    c3
    c4

    1 :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/06/29(水) 20:25:27.48 ID:CAP_USER9.net

    お笑いコンビのウーマンラッシュアワー・村本大輔のツイッターが大炎上している。

    29日未明の放送で、日本テレビ「AKBINGO!」の2代目MCにウーマンラッシュアワーが就任したことが、発表された。新MC発表は番組後半に行われたが、番組前半ではまず、村本の名前や顔が伏せられた状態で、村本はスタジオに集まったメンバーをチェック。

    メンバーのルックスなどを丹念に精査し、メンバーをイジり倒した。そして緊張の瞬間が訪れる。新MCがウーマンだと発表されると、メンバーからは「最低」「ヤダ?」と悲鳴が上がり、顔を歪めるメンバーが続出。

    村本は「ゲスい番組にしていきたい」と意気込みを語り、同局の菅谷大介アナウンサーから「MCの近い席に座っている方が村本さんのお気に入り?」と確認される。

    村本は「近いうちに手を出そうと思っているメンバー」とさっそく暴走。バラエティ番組的には“村本らしい”発言だったが、AKB48ファンにとっては危険極まりない発言だ。

    番組終了後、村本のツイッターにはAKB48ファンからのクレームが殺到しているようで、「おまえがAKBINGOのMCになるとか終わったな」などの批判に対して、村本は「お前の推し確認したから来週からセクハラしまーすー」と応戦。

    さらに「久しぶりの炎上。心頭滅却すれば火もまた涼し。上等だよ。楽しませてもらうぜぇ」と煽りに煽っている。

    最後に村本は「僕のAKBINGOのMCに対して、叩く人は叩く人の推しを調べて、その子をカメラの前でセクハラをして仕返しするので、気をつけたほうがいいンゴ」と注意喚起している。

    http://dailynewsonline.jp/article/1153751/

    a2
    【ウーマン村本大輔「AKB48にセクハラします」ファン煽りツイッター大炎上「最低」「ヤダ」暴走し危険極まりない発言】の続きを読む

    z1
    u
    3
    1b

    1 :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/06/29(水) 20:27:12.97 ID:CAP_USER9.net

    3月放送回で哀川翔にドッキリを仕掛け、哀川を本気でブチ切れさせたことが記憶に新しいバラエティ番組「めちゃ×2イケてるッ!」(フジテレビ系)だが、早くも番組企画にマジギレする次なるタレントが現れてしまった。

    6月25日の同番組で、ナイナイ岡村隆史やジミー大西、FUJIWARA原西孝幸らの“サルっぽい”タレントを集めた「オ・サール高等学校 抜き打ち修学旅行」という企画を放送。出演者たちはサルの格好をさせられ、なりきり行動。そのサルっぽさをテストするといった内容の企画だった。

    ところが、その企画の途中でなぜか姿が見えなくなってしまったのが、同企画参加者のなかで最年長だったガッツ石松だ。放送の中盤に差しかかったあたりでガッツの姿は消え、ナイナイ矢部浩之が「ガッツが帰った」とさらっと説明。

    さらに、岡村からは「カメラ止まってる時に電話でトラブル処理みたいなことしてたな。何かわからんけど、ちょっとしたトラブルに巻き込まれてる可能性がちょっとあった」と、舞台裏でひと悶着あり、予期せぬ事態だったことを明かしている。

    「詳細は明かされていませんが、企画内容に不満があって帰ってしまったという線が濃厚でしょう。ガッツは事前に同企画の趣旨を聞かされておらず、対談があると知らされ同企画に参加。ところが、ビュッフェレストランで食事する際には、共演者たちは手づかみで料理を食べるなど完全なサル演出。

    どう見てもプライドを捨てて体当たりで挑まなければいけない企画だっただけに、ガッツにはあまり笑顔が見られず序盤からやや浮き気味でした。元世界チャンピオンとして、さすがにこの企画には耐えられなかったようですね」(エンタメ誌記者)

    この急展開に視聴者からは「哀川翔の次はガッツか」「これはガッツが帰るのも当たり前」「ちょっとリスペクトしなさすぎ」「マネージャーがKOされてるんじゃないか?」など、視聴者もあきれ果てたようだ。

    トラブル続出中の「めちゃイケ」。はたして次に“めちゃギレ”するのは誰だ!?


    http://dailynewsonline.jp/article/1153924/
    【哀川翔に続きガッツ石松もめちゃギレ「めちゃイケ」猿まね企画に撮影ボイコット!岡村隆史「電話でトラブル処理」】の続きを読む

    68

    1 :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/06/29(水) 20:30:56.86 ID:CAP_USER9.net

    6月27日放送の『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)でタレントのマツコ・デラックス(43)が幸せについて真剣に語り、関ジャニ∞の村上信五(34)を驚かせる場面が見られた。

    この日、番組では若者と高齢者に「神様が1つ願いを叶えてくれるならなにを頼む?」という街頭インタビューを敢行。その回答についてトークが繰り広げられた。

    マツコはインタビューの中で若者が「お金がほしい。お金があればキレイになれる」と答えていたことを取り上げ、「これ本当にそうなのかな?」「キレイに生まれたからお金も得られて幸せになれるのか、お金があればキレイになって幸せなのかどっち?」と、疑問を呈した。

    そしてマツコは、自分がお金をたくさん稼がせてもらった結果、その感想として「ぜんぜん幸せになんねえ」とコメントし、最終的に「やっぱキレイな方が得だと思う」と、結論づけていた。

    これに村上が「美しく生まれた人は、より美しくなりたいとか、人生のハードルがどんどん上がりそうやけどね」とコメントしたのだが、マツコは「じゃあ何が一番幸せになれるの?」と村上に質問。村上が答えあぐねていると、マツコは自分が「神様に叶えてほしい願い」を明かした。

    それは「あたしもそんなに幸せにならなくてもいいから、他の人もみんな、それなりの幸せしかあげないでください」というもの。

    この願いをマツコは「こんな悲しいお願いはないんだけど」とし、「みんなが平等にそこそこの幸せを感じ『ズルい』っていう嫉妬も生まれず、なんとなく平和でいられる」のが、この願いであると解説した。

    しかし、いつになく真剣なマツコのトークに観客は静まり返ってしまい、村上も「そやな」と神妙な顔つきに。言い出したマツコも「やめよう、やっぱ気持ち悪いわ」と、話を自ら打ち切っていた。


    http://dailynewsonline.jp/article/1153857/
    【マツコ・デラックス「自分がお金をたくさん稼がせてもらった結果ぜんぜん幸せになんねえ。キレイな方が得」】の続きを読む

    ui
    (左から)本郷奏多、山田孝之、白石麻衣
    i1
    (下段左から)やべきょうすけ、最上もが、本郷奏多、山田孝之、白石麻衣、藤森慎吾、筧美和子
    (上段左から)山口雅俊監督、崎本大海、玉城ティナ、浜野謙太、安藤政信、間宮祥太朗、YOUNG DAIS、狩野見恭兵

    i2
    i3
    i4
    i5
    i6

    1 : ★@\(^o^)/:2016/06/29(水) 21:51:45.40 ID:CAP_USER9.net

    乃木坂46の白石麻衣が、映画『闇金ウシジマくん Part3』(9月22日公開)のヒロインに抜擢され29日、都内で行われた会見に登壇した。

    夢を追い、きらびやかなマネーゲームの世界に迷い込んでしまう新人タレント・麻生りな役。同シリーズ初参戦となり「今作から初めての参加になりますが、こんなに大人気の作品に携わることができてすごく嬉しく思っています」と喜びを語った。

    真鍋昌平氏の同名コミックスを原作に、ヤミ金「カウカウファイナンス」の冷酷なカリスマ社長・ウシジマを山田孝之が演じる人気シリーズ。 

    ◆「紅白」会見と行き来「気持ち切り替えなきゃ」

    「他の方と比べると等身大の女の子で、まっすぐで積極的。観てくださる女性の方にも、すごく共感出来る部分がたくさんあるのかなと思うので、そこもぜひ楽しんでいただけたら嬉しいなと思います」と白石。

    撮影時のエピソードを聞かれると、昨年末に行われた「第66回NHK紅白歌合戦」の記者発表とクランクインが重なり、現場を行き来したことを告白。

    フリーエージェント業界にはまっていく若者・沢村真司役の本郷奏多との共演シーンで、互いに相手が不在のまま撮影を進めなければならない場面も多く、「一回抜けて戻ってこなくちゃいけなくて、迷惑もかけたんですけど、気持ちは切り替えなきゃいけないので自分との戦いでしたね」と振り返った。

    本郷との共演については「すごく落ち着いた方。私は緊張しいで、お芝居も緊張していたんですけど、その中でもやりやすい空気感だったなと思います」と感謝。

    本郷も「りなが魅力的だからこそ、真司が動く。それを白石さんが演じると魅力的なキャラクターができて、その説得力は素敵だった」と太鼓判を押した。

    ◆白石麻衣はお金大好き?

    また、りなとの共通点を問われると「りなはそんなにお金に執着心はないんですけど、お金を見せられるとついて行きそうな感じですね。でも私はお金が好きか嫌いかで言ったら好きですけど…。うーん難しいなぁ…」と頭をひねる一幕も。

    すかさず山田が「今のでもう記事できたので。『お金大好き』って見出しが」と助け舟を出して笑いを誘っていた。

    この日登壇した新キャストは『闇金ウシジマくん Part3』から本郷、白石、オリエンタルラジオの藤森慎吾、筧美和子、浜野謙太、

    『闇金ウシジマくん ザ・ファイナル』(10月22日公開)から安藤政信、YOUNG DAIS、間宮祥太朗、玉城ティナ、狩野見恭兵。でんぱ組.incの最上もがは両作に出演。レギュラーのやべきょうすけ、崎本大海や山口雅俊監督も顔を揃えた。


    http://news.infoseek.co.jp/article/modelpress_1594822/
    【乃木坂46白石麻衣「私はお金が好きか嫌いかで言ったら好き」映画「闇金ウシジマくん Part3」ヒロインに抜擢!】の続きを読む

    r3
    r2
    r1

    1 :動物園φ ★@\(^o^)/:2016/06/29(水) 19:18:59.19 ID:CAP_USER9.net

    ホリエモンこと実業家の堀江貴文氏(43)が29日、自身のツイッターを更新。同日午前に自民党の小池百合子元防衛相(63)が記者会見し、東京都の舛添要一前知事の辞職に伴う都知事選への出馬を表明したことを受け、「舛添さんと何が変わるのか…」とバッサリ斬った。

    堀江氏は舛添氏辞任論が噴出する中、自身のツイッターや出演番組で、「辞任して選挙しても次はもっとトータルで都民のためにならない政治家が当選する確率が高い」

    「この程度のセコビッチならスルーした方がトータルでプラスだと思う」などと持論を展開。舛添氏の辞任に消極的反対の姿勢を取っていた。

    この日、ツイッターで小池氏の都知事選出馬のニュースを取り上げた堀江氏は「んー、舛添さんと何が変わるのか」と小池氏に対する期待度の低さを示した。

    一方、その後に投稿したツイートでは、自民党都連が人気グループ、嵐の櫻井翔(34)の父で前総務事務次官の桜井俊氏(62)に出馬要請を検討しているという記事を取り上げ、

    「まあもし当選したら文春以外叩けない最強の都知事になるね。文春が報道しても誰も後追いしないという笑」とつぶやいている。


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160629-00000547-sanspo-ent
    【堀江貴文「嵐の櫻井翔の父・桜井俊氏は最強の都知事になる。文春が報道しても誰も後追いしないという笑」】の続きを読む

    このページのトップヘ