芸能テロ

2chの芸能の反応をまとめています

    2017年07月

    gt
    1: 名無しさん 2017/07/21(金) 15:43:41.63 ID:CAP_USER9
    タレント松居一代(60)と離婚調停中の俳優船越英一郎(57)の所属事務所ホリプロが21日、松居に対して法的措置の準備に入ったことが分かった。同社が報道各社に報告した。

    理由については以下のように説明した。

    「松居一代氏の、当社所属タレント船越英一郎に対する一連の言動には、裁判所の判断を仰ぐべきものが多く、これ以上、看過することのできない問題であり、本日、当社として、名誉毀損(きそん)及び、業務妨害などを理由とする法的措置の準備に着手しましたことをお伝えします」

    松居はこれまで、ブログや投稿動画などによって、船越の不倫交際疑惑などを繰り返し訴えてきた。

    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/1859261.html
    【【芸能】船越英一郎の所属事務所が松居一代に対し法的措置の準備「これ以上、看過することのできない問題」】の続きを読む

    j
    1: 名無しさん 2017/07/20(木) 16:53:17.76 ID:CAP_USER9
    歌舞伎俳優の市川海老蔵(39)が6月22日に乳がんで亡くなった妻・小林麻央さん(享年34)が通っていた病院に対して訴訟も辞さない構えであると発売中の『女性自身』(光文社)が報じ、波紋が広がっている。

    海老蔵は麻央さんに対する検診や治療方針が間違っていたのではないかと不信感を募らせ、その再検証を求めるために3000万円以上の治療費の支払いをストップ。病院側の対応が不十分なら訴訟準備を進めるつもりだというのだ。

    ■「入院費3000万円払わない!」海老蔵が怒りの訴訟準備か

    麻央さんは2014年2月に海老蔵と二人で受診した人間ドックで乳房の腫瘍を指摘され、その8カ月後に多忙のために遅れてしまった再診で乳がんを告知された。それと同時に脇のリンパ節にがんが転移していることが発覚し、当時通っていた有名総合病院からは「早めに切るべき」と提案されたが、麻央さんと海老蔵は「切らずに治す」という治療法を模索する道を選んだ。

    だが、その後もがんの進行は止まらず、同誌によると昨年2月に都内屈指の大病院に入院。最先端の放射線治療や抗がん剤投与を受けたはずだったが、海老蔵はその治療法に納得がいかず、わずか5カ月後の同年7月に別の有名大学付属病院に転院したという。しかしそれでも病状は一向に回復の兆しを見せず、今年5月には在宅治療に切り替えることになっている。

    苦しい闘病の末に麻央さんが亡くなった後、海老蔵は検診や治療方針が間違っていたのではないかと主張し、病院側に治療が正しかったのかどうかの再検証を求めているという。麻央さんの入院で掛かった治療費は1泊5万円の個室や保険適用外の新薬などで総額3000万円以上にのぼるが、海老蔵は再検証の結論が出るまで支払いをストップ。十分な検証がされない場合は「怒りの訴訟」を起こす構えだという。

    「昨今は『セカンドオピニオン』という言葉が広まり、ひとりの医師の見立てだけでなく他の病院を回ってより自分に合った治療法を模索するという選択肢が増えた。しかし、それでも三つの大病院を転々とするというケースは非常に稀です。それだけ当時の海老蔵さんと麻央さんの心は揺れ動いていたのでしょう。

    そういった時期に適切な検診や治療を受けられなかったすれば海老蔵さんの怒りも理解できますが、何をもって治療が不適切だったのかというのは証明が難しく、大病院に“医療ミス”を認めさせるのは容易なことではありません」(医療関係者)

    この報道にネット上でも賛否両論が飛び交った。

    「気持ちはわかる」「病院はちゃんと対応すべきだね」「医療ミスをなくすためにも頑張ってほしい」などと賛同の声がある一方で、「最初に標準治療を断ったのは海老蔵なのでは」「気持ちはわかるけど病院に怒りをぶつけても仕方ない」「治療法が合うかどうかはやってみなきゃ分からないでしょ」と病院側に同情的な意見もあり、議論が巻き起こっている状況だ。

    「医療ミスの真偽はともかく、海老蔵さんは『切らずに治す』という治療法を模索する中で水素水や気功などを使った民間療法に傾倒してしまった時期があるといわれている。大病院に入院するまでの空白の期間があるため、それが今回の訴訟報道で反発の声が上がる原因にもなっているのでは。

    しかし、最初の検診でがんを見落とさずに早期発見したり、医師が標準治療の重要性をもっと説いていれば治療が早まった可能性もあり、どちらに責任があるとは言い難い状況です」(前出・関係者)

    海老蔵は自身のブログに「この世に彼女がいない事がまだ受け入れられない」などと綴り、17日朝に掲載された自撮り写真に「やつれたように見えます」「大丈夫ですか?」といった声が寄せられるなど心身ともにダメージが心配されている。ここで訴訟騒動が起きるようなら、さらに心労が蓄積してしまいそうだが、どのような道を選ぶことになるのだろうか。

    http://dailynewsonline.jp/article/1335674/?page=all
    【【芸能】市川海老蔵「小林麻央さんの入院費は払わない」 病院と法廷闘争の可能性】の続きを読む

    67
    1: 名無しさん 2017/07/19(水) 10:38:50.76 ID:CAP_USER9
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170719-01858192-nksports-ent
    日刊スポーツ 
     
    タレントの松居一代(60)が、離婚調停中の夫で俳優の船越英一郎(56)がMCを務めているNHK「ごごナマ」の出演料を暴露した。 
     
    船越が不倫をしていると主張する松居は、夫がNHKの番組に出演することに不服を述べ、降板を求めている。自身のファンに向け、NHKに苦情を入れるようにブログを通じて呼びかけているが、19日のブログでは「電話代は、しばらく立て替えてください 祝賀パーティーするときに必ず、お返しをします 松居、絶対に、嘘はつきません」と、苦情のための電話代も支払うと宣言。

    「引き続き、今日も正しい要望をNHK様に、頼みますよ 今、すぐに、司会者を変えていただこう」と呼びかけた。 
     
    さらに松居は、「正しい判断をNHK様に仰いでいただこう 妻の親友と、不倫だよ それで、一回の出演料40万円だ」と船越の出演料を暴露した。
    【【芸能】松居一代、船越のごごナマ出演料「1回40万」】の続きを読む

    79
    1: 名無しさん 2017/07/14(金) 14:49:37.40 ID:CAP_USER9
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170714-00000065-dal-ent
     
    大のサッカーファンとして知られるタレントの土田晃之が14日、フジテレビ系「バイキング」で、15日に行われるサッカー「浦和対ドルトムント」戦で解説者デビューを果たす歌手の小柳ルミ子について、サッカーの知識は「芸能界で1番じゃないですか」と語った。 
     
    番組では15日にフジテレビ系で放送予定の「浦和対ドルトムント」の副音声で小柳が解説を務めることを取り上げた。小柳は年間のサッカー試合観戦数が2190試合にものぼるといい、前回のサッカーワールドカップも、全64試合を生放送で見たという。 
     
    その他にも小柳がサッカーを見る日の1日のスケジュールも明かされたが、早朝から深夜にかけてびっしりとテレビ中継のスケジュールが書かれていた。これには出演陣もどよめき。雨上がり決死隊の宮迫博之も「これ、どういうこと?」と、いつ仕事をして、いつ寝ているのか分からないほど過密なスケジュールに驚きの声。 
     
    土田は「日本のサッカー解説者でもこれだけ見ている人はいない」と語り「以前番組でサッカーを語っているのを見たんですけど、知識すごいです。芸能界で一番じゃないですか?」と感想を語っていた。
    【【テレビ】土田晃之「小柳ルミ子はサッカー知識は芸能界一」サッカー解説デビュー】の続きを読む

    i
    1: 名無しさん 2017/07/14(金) 13:03:43.52 ID:CAP_USER9
    2017年7月14日 11時24分

    13日深夜放送のラジオ番組「おぎやはぎのメガネびいき」(TBSラジオ)で、おぎやはぎの小木博明が、松居一代と船越英一郎の離婚騒動に突如巻き込まれた友人で脚本家の大宮エリー氏について「絶対事実ではない」と否定した。

    泥沼化しているふたりの騒動だが、松居は投稿したYou Tube動画において原因とする直筆の手紙を朗読。「最高に粋な夜、やんちゃな約束、待ち合わせでしたネ」などと記された手紙の末尾には、たしかに「大宮エリー」とのサインが確認できる。

    番組ではオープニングから、おぎやはぎが松居の話題を取り上げた。大宮氏の友人でもある小木は「絶対事実ではないと思うんですけどね」と船越との関係を否定した。相方の矢作兼に「なんで?」と問われると小木は「アイツがすげぇブスだからだよ」「あのブスにいかないだろ」と身も蓋もない理由を挙げ、スタジオは爆笑に。さすがの矢作も「やめなさいよ!」とツッコミを入れていた。

    小木は、大宮氏を「いい子だよ」とし、泥酔したら下ネタを連発する人物だと明かすも、「イヤらしいこととはまた別だからさ」と指摘する。矢作も「確かに、下ネタ盛り上がる女の子とは、あまり何もないケースが多いよね。基本的には」と同意していた。

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13336022/
    【【芸能】小木博明「すげぇブス」大宮エリー氏に痛烈!松居一代騒動に巻き込まれた友人】の続きを読む

    3
    1: 名無しさん 2017/07/14(金) 10:49:38.58 ID:CAP_USER9
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170714-00000075-spnannex-ent
    スポニチアネックス  
       
    松居一代(60)が泥沼離婚騒動中の船越英一郎(56)の別宅で警報騒ぎを起こしていたことが13日、分かった。  
       
    関係者によると、完全に別居状態にあった4月23日、自宅から徒歩1分の距離にある船越の別宅マンションの室内に入った際に、民間警備会社の警報器が鳴りだした。松居は業者を呼ぶなどして解錠したようで、正規の鍵以外で開けたのが原因とみられる。別宅マンションは船越名義で、松居は合鍵を持っていなかった。  
       
    警備会社はすぐに船越に連絡。船越のスタッフが急行して警備員とともに室内に入ると、誰もおらず、玄関に「私の死に場所はここだと思い開けました」という松居のメモが残されていた。  
       
    関係者は「メモを見て心配した船越さんは周囲に連絡して、松居さんを捜し回った。数日後に生きていると分かって安心していた」と当時を振り返った。  
       
    松居は警報が鳴る中で室内に入り、そこで船越のパスポートとノート、スケジュール帳を発見。船越の不倫などを裏付ける証拠として持ち帰った。本紙の取材では、船越がこれらが持ち出されたことに気づいたのは今月5日。松居が一方的に船越を糾弾したユーチューブへの投稿動画を見た後だった。  
       
    松居は6月27日のブログで「恐怖のノートを見つけた」「あたしは死んでる場合じゃなくなった」などと明かした。ブログには、4月22日とあるが、実際は翌23日という。  
       
    5日の動画でも「死に場所は夫のマンションだと思いました」と説明した上で「これは船越のノートです。この中に私がおかしいと思っていることが全て書いてありました」と訴えた。別宅マンションで見つけたことを示唆しているが、どうやって室内に入ったかは言及していない。  
       
    船越の関係者は「住居侵入だ。元々パスポートなどを探し出す目的で部屋に入ったのではないか」と違法行為だと訴えている。
    【【芸能】松居一代 船越別宅で警報騒ぎ 業者呼び解錠?ノート持ち去る】の続きを読む

    このページのトップヘ