芸能テロ

2chの芸能の反応をまとめています

    2017年08月

    37
    1: 名無しさん 2017/08/23(水) 10:54:36.05 _USER9
    下手な役者に薄っぺらい脚本、ベタな演出、そして、プロダクションへの忖度――。日本のドラマ業界が抱える数多の問題点を、各局の情報番組でコメンテーターを務めるデーブ・スペクター氏が敢えて喝破する。

    僕は日本のテレビ番組すべてがダメと言ってるワケではありません。ニュース、バラエティ番組は世界的に見てもレベルが高いと感じています。ただ、ドラマだけは本当にひどすぎる。20~30年前と比べて進歩するどころか、どんどんクオリティが下がっている。特に問題なのは役者の演技力。

    僕もテレビ業界で仕事をしてるから、あんまり厳しいことは言えませんが……。まぁ、演技のレベルはあらゆる先進国のなかでもぶっちぎりで最悪だと思いますね。

    デーブ・スペクター氏
    もちろん、なかには面白いと感じるドラマもあるんです。「家政婦のミタ」みたいに伝えたいテーマのハッキリした、ハイコンセプトな作品は欠かさず観ていました。役所広司や樹木希林、桃井かおりをはじめ、芝居のうまい役者もいる。名作として印象に残っているのは97年にTBS系で放映された「青い鳥」ですね。

    主演した豊川悦司と夏川結衣の不倫逃避行を描いているんですけど、オーバーな演技は一切なく、どのシーンも抑制が利いていて画面から緊張感が伝わってきた。でも、どうして20年も前のドラマを取り上げるのかと言えば、それ以降、大人の鑑賞に堪える欧米型のドラマが作られていないからです。

    連ドラに出演する役者の8割は、とにかく芝居が大げさで「わたし、いま演技してまぁす!」と顔に書いてある。それに、喋り方が不自然だからセリフに集中できない。以前から不思議に思ってるんですが、日本の役者はセリフの途中に奇妙な間を一拍置くんです。「なんで、そういうことを、言うんだ、君は?」といった感じで。

    あと、セリフの語尾で息を吐きますよね。「この前さ(はぁー)、どうして(へぇー)」、と。溜めを作って聞きやすくしているつもりかもしれないけど、セリフが隙間だらけで素人っぽい印象しか残らない。

    だって、僕らが会話をする時に、そんな勿体ぶった喋り方しないでしょ。その上、すぐに感情を剥き出しにして怒鳴る。大声でセリフを叫ぶことが、気持ちのこもった演技だと勘違いしてるんだろうね。

    とはいえ、役者だけを責めるのはかわいそう。何しろ、日本のドラマに出演してるのは、芝居経験に乏しい、モデルやアイドル上がりの素人同然の芸能人が多すぎるから。制作スタッフも大変ですよ。撮り直す時は、「こっちの技術的なことで、もう一回お願いします!」と言うんですけど、本当は芝居の技術が足りないだけ。

    しかも、厳しく指導して女優に泣かれたら面倒だし、どっちみち良くならないから、適当なところで切り上げる。これで傑作ができると思いますか。

    僕は単に日本のドラマの悪口を言いたいワケではありません。むしろ、素晴らしい作品を生み出すために建設的な議論がしたい。それだけに、いつまで経っても下手な役者を使い、海外ドラマに学ぼうとしないテレビ局のドラマ作りの姿勢には失望してるんです。

    実は、欧米ではここ10年ほどテレビドラマの「黄金時代」が続いています。火付け役となったのは99年にスタートした、現代版「ゴッドファーザー」と言うべき骨太な群像劇「ザ・ソプラノズ 哀愁のマフィア」。

    それ以降、ケビン・スペイシーが製作総指揮を務めた政治ドラマ「ハウス・オブ・カード」や、圧倒的なオリジナリティが魅力の「ブレイキング・バッド」といった話題作が続々と登場しています。

    第一次大戦前後を舞台に貴族と使用人の人間模様を描く、イギリス発の「ダウントン・アビー」は、世界で最もヒットしたドラマになりました。そして、「ゲーム・オブ・スローンズ」は言うまでもない。

    正直、こうした海外ドラマは制作費も映画並みなんですが、作品の完成度はもはやハリウッドを凌駕している。映画業界全体が儲からなくなったせいで、ハリウッドが手掛けるのは海外でもウケやすい大味なアクションや、コミック原作ばかり。

    僕もかなりの映画好きだったけど、いまや映画館に足を運ぶのは年に2、3回程度。一方で週5~6本の海外ドラマを欠かさず観ている。それくらい、いまの海外ドラマは面白い。たとえば、「ブレイキング・バッド」のストーリーはこうです。末期がんを宣告された田舎町のサエない化学教師が、障害を抱える息子に財産を残すため覚醒剤の密造に手を染め、闇社会とのトラブルに巻き込まれる――。

    ※続きます

    http://news.livedoor.com/article/detail/13498826/ 
    【【テレビ】デーブ・スペクター「日本の役者の演技力は先進国のなかでもぶっちぎりで最悪」「日本のテレビ局は2年間ドラマ制作をやめよ」】の続きを読む

    77
    1: 名無しさん 2017/08/23(水) 10:29:51.21 _USER9
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170823-01875905-nksports-ent
    日刊スポーツ

    フジテレビ系の窪田正孝(29)主演の火曜ドラマ「僕たちがやりました」(午後9時)の22日第6話の平均視聴率が5・2%(関東地区)だったことが23日、ビデオリサーチの調べでわかった。自己ワーストだった第5話の5・4%を下回った。

    同ドラマは、累計発行部数120万部を突破する人気漫画が原作。平凡な高校生グループが、別の高校生と敵対していくうち、事件に巻き込まれていく、テンポのある「青春逃亡サスペンス」ドラマ。今月29歳になった窪田が、最後?の高校生役を熱演している。

    第6話は、パイセン(今野浩喜)が釈放され、自分たちに責任はないとパイセンから告げられたトビオ(窪田正孝)は、ようやく罪の意識から解放される。一方、事件の結末に納得がいかない飯室(三浦翔平)は、闇社会のドン・輪島(古田新太)が何か関わっているのではないかと疑う。

    翌日、トビオたちはパイセンが菜摘(水川あさみ)からデートに誘われた聞き驚く。1人で心細いパイセンは、菜摘との会話をこっそりモニターするようトビオたちに頼む。しかし、菜摘には全く別の思惑が隠されていた、という内容だった。
    【【ドラマ】窪田正孝「僕たちがやりました」視聴率5・2%ワースト更新】の続きを読む

    gt
    1: 名無しさん 2017/08/22(火) 22:12:11.34 _USER9
    木村拓哉(44)が8月2日の『マジガチランキング』(AbemaTV)で10代の男女が選ぶ「父親にしたくないタレント」の4位に選ばれ、業界関係者に波紋を呼んでいる。

    番組によると、木村は1位の坂上忍(50)、2位の梅沢富美男(66)、3位の石田純一(63)に続くという不名誉な順位。あとにも5位小出恵介(33)、6位渡辺謙(57)と周りは”お騒がせタレント”ばかりという結果に。

    SMAP解散騒動以後、何かと風当たりの強かった木村だが、『週刊女性』(8月1日号/主婦と生活社)の「抱かれたい男グランプリ2017」で1位の斎藤工(35)らに水を開けられたものの4位に留まっていた。ある映画関係者は「大きな調査ではないが」と前置きした上で「この数字はリアル」ゆえに深刻だという。

    「同番組はカンニング竹山(46)が司会のランキング番組で”大人の事情で操作されたマスコミ情報”へのアンチを謳っている。芸能界と利害関係の薄いAbemaTVとあって集計自体はタイトル通りの”ガチ”。

    民放バラエティ番組では”天下のキムタク様”と持ち上げられて出演してますが、今後中心的な視聴層となるT層(13~19歳の男女)の子どもたちは木村拓哉のことを、”お騒がせおじさんタレント”という認識で見ている可能性が浮き彫りになった。地上波ではとても放送できない衝撃的なランキングです」

    ちなみに木村は「父親にしたいランキング」でも20位にすら入っていない。木村の全盛期を知る世代では人気を維持しているが、ティーンにとってはSMAP騒動で叩かれている印象しかないのか。キャスティングに携わる別のドラマ関係者は、今後のキムタクの「立ち位置」にも厳しい予想をしている。

    http://dailynewsonline.jp/article/1347269/ 
    【【芸能】「父親にしたくないタレント」1位坂上忍 4位木村拓哉に衝撃的なランキング】の続きを読む

    3
    1: 名無しさん 2017/08/22(火) 22:13:59.31 _USER9
    8/22(火) 21:39配信 スポニチアネックス
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170822-00000144-spnannex-ent

    女優の加藤貴子(46)が22日夜、自身のブログを更新。夫による代理報告で、第2子となる男児を帝王切開で無事出産したことを報告した。

    ブログでは「旦那さんからの報告です」と題して、「本日16:30過ぎ、皆様に見守られ、無事に帝王切開の手術を終えて3124グラムの元気な男の子を出産することが出来ました」と報告。

    さらに、「落ち着きましたら、あらためて本人から報告させていただきます。取り急ぎ、失礼いたします。応援してくださり、本当にありがとうございました」として結んでいる。

    加藤はこの日の午後1時過ぎ、同ブログにて「これから、帝王切開の手術です。おかげさまで、全前置胎盤にもかかわらずここまで大量出血することなく、予定通り、本日手術する事が出来ます」と報告していた。

    また、本来の予定日は9月だったため「通常の分娩より1ヶ月ほど早い出産です」とつづっていた。またお腹の子に対し、「パイちゃんともっと一緒に居たかった~ というのが今の正直な心境です。

    胎動をもっと楽しんで語りかければ良かった~」と反省を口にしながらも「無事に手術が終わり、母子共に笑顔で退院出来ることを願い、確信して、“新たな幕開け”に向けて、行ってきます!!」と気合を入れ、大きなお腹をあらわにした写真をアップしていた。 
    90
    【【芸能】女優の加藤貴子(46)第2子男児を帝王切開で出産】の続きを読む

    t6
    1: 名無しさん 2017/08/22(火) 18:52:38.46
    前田敦子、欅坂46ライブ参戦を宣言
    https://mdpr.jp/news/detail/1708836

    【前田敦子/モデルプレス=8月22日】女優の前田敦子が21日、パーソナリティを務めるラジオ番組『前田敦子のHEART SONGS』(TOKYO FM/月~木、21:50~21:55)にて、開催中の欅坂46全国ツアー『真っ白なものは汚したくなる』に参戦することを宣言した。

    同番組では、リスナーが夏の思い出ともに曲をリクエストする「HEART SONGS 真夏のリクエスト大会」という企画を実施。

    アイドルのライブに毎年行くというリスナーからのメッセージを読んだ前田は、「私も行くよ今年の夏、欅坂。うふふ」と欅坂46のライブに行くことを報告。続けて、「欅坂46ちゃんたちのライブに行く予定です。すごい楽しみ。ちょっとまた報告しますね」と伝えた。

    前田のライブ参戦宣言に、ネット上では「あっちゃんが欅坂ライブに!!それは夢の空間すぎる」「欅坂ちゃんのこと気にかけてくれてる感じが嬉しい」「アイドルの先輩として見守ってるあっちゃんかっこいい」「本当に来られるといいな~楽しみ!」「ライブに行けたら感想聞きたい!」とファンから歓喜の声が上がっている。

    また、前田は16日放送の同番組で、全国ツアーの愛知・日本ガイシホール公演を体調不良のため欠席した、センターの平手友梨奈についても言及。

    「平手ちゃんの体調も気になる中、30日の幕張メッセまで駆け抜けるそうです」と紹介し、平手を気遣う言葉を紡ぐと、「みんなでぜひぜひ、みんなの声援で応援してあげてください」とファンへ呼びかけていた。(modelpress編集部)
    【【大悲報】前田敦子がAKB48を裏切って欅坂46のライブを見に行く】の続きを読む

    i
    1: 名無しさん 2017/08/22(火) 19:41:36.91 _USER9
    http://news.livedoor.com/article/detail/13504424/
    2017年8月22日 12時48分 トピックニュース

    20日放送のラジオ番組「山下達郎のサンデー・ソングブック」(TOKYO FM)で、歌手・山下達郎が、聴覚検査を受けた際にケンカしてしまった過去を明かした。

    番組では、山下がゲスト出演した妻の歌手・竹内まりやとトークを展開し、リスナーメールを紹介した。48歳男性からの便りは、老化とともに自身の聴覚が衰えたとの内容で、山下や竹内を心配する内容だった。

    そこで竹内が、過去に山下が聴覚検査を受けたときのエピソードを披露する。「病院に行ったときに『聞こえたらボタン押してください』っていうのあるじゃない? 達郎さ、あれずっと押してさ『冗談やめてください』と言われた」というのだ。

    すると山下は「ヘッドホンのSNが悪すぎる。こんな性能の悪いヘッドホンで音なんか聞こえるワケがない。ケンカになった」と早口でまくし立てたのだった。

    「SN」とは、信号に含まれるノイズの割合を示す「SN比」のことと思われる。山下がボタンをずっと押していた理由を「面倒くさいんだもん」と告げると、竹内は「達郎っぽいなって」と笑っていた。
    【【音楽】山下達郎が聴覚検査でケンカ「ヘッドホンのSNが悪すぎる」「こんな性能の悪いヘッドホンで聞こえるワケない」】の続きを読む

    このページのトップヘ