芸能テロ

2chの芸能の反応をまとめています

    2017年11月

    yu
    1: 名無しさん 2017/11/06(月) 10:42:24.83 _USER9
    松本人志、亭主関白批判に「俺、間違ってない!」
    11/6(月) 10:10配信

    ダウンタウンの松本人志(54)が、賛否を呼んだ「嫁にイラッとする」エピソードについて、再び「絶対、俺まちがってない」と主張した。

    松本は5日放送の日本テレビ系「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」で、最近のテレビ番組は過激な言動をするとすぐに苦情が来ると嘆き、「文句言おうと思ってテレビ観てる人、いっぱいいますから」と私見を述べた。

    その例として、過去に放送されたフジテレビ系「ワイドナショー」で、妻に対する不満を語ったときのことを振り返った。松本は、夫が帰宅した時、妻は電話をしていたとしても切るべきだと主張したが 「『考えられへん。昭和の古い考え方や』みたいなこと言われて」と、亭主関白ぶりを批判されたことに不満をもらした。

    今回も「いやいやいや、『切れや!』って思うじゃないですか。旦那帰って来てるし」と同じ主張を繰り返したが、観覧客からは不満の声。それでも松本は「出た、この空気。絶対、俺まちがってないからな!」と引かず、

    「旦那が仕事から帰ってきて、1回切ったらええと思わへん? 『ちょっと今、主人が帰ってきたんで、1回切ってまた後で掛け直します』が正解やと思う。それで(電話を)切って『おかえり』って」と説明。

    しかし相方の浜田雅功は「(電話は)用事があるからしょうがないんじゃないの。何がムカつくかわからへん」と首を傾げた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171106-00046315-nksports-ent
    【【芸能】松本人志、亭主関白批判に「俺、間違ってない!」】の続きを読む

    ty
    1: 名無しさん 2017/11/06(月) 09:08:25.28 _USER9
    フジテレビの看板バラエティー「めちゃ×2イケてるッ!」(土曜後7・57)が来年春に終了することが4日の放送で発表され、平均視聴率は6・6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが6日、分かった。

    番組終盤、ナインティナインの岡村隆史(47)に、番組総監督の片岡飛鳥氏から告げられる形で発表された。

    岡村は収録直後でコスプレ姿。移動車の中で、片岡氏から「めちゃイケ、終わります」と報告を受けると「えっ」と絶句。「リアルなやつですか?」と確認すると、片岡氏から「マジなやつです」「来年の春」と告げられた。

    斬新なコントや体を張った企画で若者のハートをキャッチ。2004年10月には番組最高の平均視聴率33・2%を記録した。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171106-00000083-spnannex-ent 
    【【テレビ】「めちゃイケ」終了発表の平均視聴率 6・6%】の続きを読む

    67
    1: 名無しさん 2017/11/06(月) 09:02:06.22 _USER9
    女優の吉永小百合(72)が5日、来日したトランプ米大統領に物申した。
    「(ハワイ滞在中の3日にツイッターで)“パールハーバーを忘れるな”とおっしゃったようですが、広島や長崎、福島、そして第五福竜丸のことも忘れないでほしい」と語った。

    吉永はこの日、東京都江東区の第五福竜丸展示館を訪問。
    1954年にビキニ環礁で米軍の水爆実験による“死の灰”を浴びた第五福竜丸が建造70年を迎えたのを記念した特別展「この船を描こう 森の福竜丸 男鹿和雄と子どもたちの絵」展のオープニング記念会に出席し、報道陣の問い掛けに答えた。

    北朝鮮の核実験などもあって不穏な空気が漂う世界。
    吉永は「ノーベル平和賞にICAN(核兵器廃絶国際キャンペーン)が選ばれました。日本もきちんと考えて行動してほしい」とも訴えた。

    特別展には元乗組員の大石又七氏(83)や絵を出品した子供たちも姿を見せた。
    核兵器廃絶の祈りを込めて原爆詩の朗読を続ける吉永は「しゃべられる限りは続けていきたいと思います」と誓いを新たにした。

    戦後を力強く生きた女性を演じた新作「北の桜守」は来年3月10日公開。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171106-00000069-spnannex-ent

    5
    【【女優】吉永小百合、トランプ氏に物申す「広島や長崎、福島、第五福竜丸も忘れないで」】の続きを読む

    このページのトップヘ