芸能テロ

2chの芸能の反応をまとめています

    カテゴリ:芸能

    al

    1 :BaaaaaaaaQφ ★@\(^o^)/:2016/04/22(金) 18:09:41.82 ID:CAP_USER*.net

    4月15日放送の『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)にPUFFYが出演した。今年はデビュー20周年にあたり「アジアの純真」や「愛のしるし」といったヒット曲メドレーを披露した。

    驚きなのはその容姿だろう。黄色いワークシャツスタイルに茶髪という、40代とは思えない奇抜なルックスだ。されど、ただのヤンキーおばさんや、イタいサブカル系不思議ちゃんに成り下がっていない。

    このところアイドルや女優の劣化が叫ばれて久しいが、PUFFYはほぼ劣化なしといえる。これはなぜだろうか。

    「まずPUFFYはコンスタントに活動を続けているミュージシャンです。新作も毎年のようにリリースしていますし、国内外のロックフェスにも多く出演しています。

    劣化を指摘されるきっかけは、久しぶりにテレビに出た場合ですよね。彼女たちは常に露出を続けているので、それが当てはまらないと言えます」(音楽ライター)

    もともと、PUFFYは“ユルさ”を売りにした音楽デュオだった。特定の世代に愛されるアイドル的な人気というよりは、老若男女に愛されるキャラクターであった。

    「若いころから親しみやすい近所のお姉さんキャラでしたし、人気の乱高下もない。マイペースに売れ続けているため『劣化した』『消えた』とネガティブな言葉を向けられることもありません。

    同様のコンセプトで売りだしたHALCALIは先に消えてしまいましたし、PUFFYの“ユルさ”は真似できそうでできない存在と言えるでしょう」(同)

    PUFFYは日本国内だけでなく海外での知名度も高い。嶺川貴子、カヒミ・カリィからきゃりーぱみゅぱみゅまで連なる“カワイイ”カルチャーを象徴する存在でもある。「アジアの純真」をはじめ日本人なら誰もが知るヒット曲を持つ彼女たちは、世界のPUFFYにもなりつつあるのだ。

    http://otapol.jp/2016/04/post-6458_entry.html


    【デビュー20周年で40歳オーバーのおばさんPUFFYはなぜ“劣化”しないのか?】の続きを読む

    e

    1 :動物園φ ★@\(^o^)/:2016/04/22(金) 14:28:24.49 ID:CAP_USER*.net

    タレント・みのもんた(71)が22日、自身のツイッターを更新。20日に投稿した熊本地震の救助などにあたる自衛隊をめぐるツイートを謝罪した。

    みのは20日に「俺なんかの役目はね、広めること。今回の震災もね、熊本だけじゃなくて九州全体だから。支援のやり方も甘い。自衛隊きちんとしてほしいね。あと、過去の震災、阪神淡路、もっと遡れば関東大震災の教訓活かせてないでしょ?」などとツイート。

    これに対し「自衛隊は必死にやっている」などと批判の声が殺到し、みののツイッターは炎上した。

    この日になり、みのは「『自衛隊きちんとしてほしいね』という僕の言葉で現場で活動されている方々や、その御家族に不快な思いをさせてしまったことに対しては本当に陳謝したい。本当に申し訳ありませんでした」と謝罪。

    「僕としては世界中で唯一、今まで一度も戦死者を出さず人を救い続けてきた自衛隊だからこそ、その力を活かし、きちんとしてほしいね、という激励のつもりだったんだけど明らかに言葉足らずだったね」と釈明し、真意を説明した。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160422-00000103-spnannex-ent
    【みのもんた謝罪「自衛隊きちんとしてほしいね」ツイートが炎上】の続きを読む

    82
    e

    1 :名無し募集中。。。@\(^o^)/:2016/04/22(金) 12:59:04.23 0.net

    能年はこの日、「私もくまモンがんばれ絵、を書かせていただきました。熊本県、大分県、九州にお住まいの皆様。どうか、少しでも不安が和らぎますように」というコメントを添えて、水彩画タッチで描かれたくまモンと女の子の絵を掲載。おびえた表情の少女を、後ろからくまモンが優しく包み込んでいる。

    熊本地震で被害に遭った方たちへの思いが込められたこのイラストに、ファンからは「素晴らしい絵をありがとう。ピュアという言葉がピッタリの絵です」「心のこもった素敵な絵 女の子がくまモンをぎゅっと握っているところがジーンときました」

    「日本全体で力を合わせ、乗り越えていきたいですね!熊本の皆様に玲奈ちゃんの想いが届きますように」など感動の声が相次いでいる。

    震災後、Twitterでは「#くまモン頑張れ絵」のハッシュタグを付けて、くまモンのイラストを投稿し、被災地にエールを送ろうという試みが広がっており、漫画家から一般ユーザーまで多くの人が参加している。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160422-00000015-flix-ent
    【能年玲奈がくまモンのイラストを公開「熊本県、九州にお住まいの皆様の不安が和らぎますように」】の続きを読む

    523a

    1 :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/04/22(金) 10:53:53.63 ID:CAP_USER*.net

    4月20日スタートのドラマ「毒島ゆり子のせきらら日記」(TBS系)で“超恋愛体質女”を演じる前田敦子。毎回男性とのキスシーンがあることで話題になっているが、そんな前田の“ビッグでビックリ”な発言が聞こえてきた。

    「前田は現在上映中の映画『モヒカン故郷に帰る』で主役の松田龍平の恋人役で出演しています。AKB48を卒業してからの4年間で9本の映画に出演しており、その数は確かに多いのですが、まさかこの映画の告知取材で『映画に出続けて歴史に名を残したい』『“前田敦子映画祭”のように名前が残る女優になりたい』などと言い出すとは思いませんでした。

    自分を“女優”だと思っているようですが、女優の仕事をする“トウが立ったアイドル”ですよ。夢を見るのは自由ですが、あまりのビッグ発言に現場スタッフからは『お前が言うな!』『映画を舐めている』『呆れ果てた』などとソッポを向かれた状態です」(映画製作会社関係者)

    覆水盆に返らず。前田がスタッフの気持ちを取り戻すためには、誰もが認める女優に成長するしかないだろう。

    http://dailynewsonline.jp/article/1119741/
    【前田敦子「映画で歴史に名を残したい」のビッグ発言に現場スタッフは呆れ顔!】の続きを読む

    p1
    -p2

    1 :三毛猫 φ ★@\(^o^)/:2016/04/21(木) 18:48:51.79 ID:CAP_USER*.net

    女優の井上真央(29)と俳優の玉木宏(36)が21日、東京都内で行われた宝酒造「松竹梅白壁蔵『澪』スパークリング清酒」の新CM発表会に出席した。

    子役時代から活躍する井上は、お酒のCM出演に「大人になったんだな」としみじみ。「月に1回くらい飲む」「最初の1杯で赤くなる」という玉木とは対照的に、「ほぼ毎日飲んでますよ」と意外な酒豪ぶりも告白した。

    飲むと褒め上戸になり、相手を褒めまくるそうだが、「だんだんウソっぽく聞こえるみたいなので、気をつけないと」と反省。1人で飲むこともあるといい、「『ほぼ毎日』とか『1人酒』とか、おじさんみたいですよね」と苦笑いだ。

    2人は今回のCMが初共演で、玉木から「すごく大人の女性の色気が漂う方」と褒められた井上は、「色気があるなんて今まで言われたことない」と大喜び。互いに朝ドラ経験者だけに、「よく“朝ドラあるある”を話していました」と撮影秘話も披露した。

    母親が北九州市出身という井上は「九州男児が好き」といい、去り際、熊本地震について聞かれると「何かやれることがあれば、やりたい」とキッパリ。

    2人が出演する新CMは22日から放送。宝酒造では、「澪」公式インスタグラムアカウントを展開中で、井上や玉木と乾杯できるオリジナルアプリも作成するなど、デジタル施策にも力を入れている。

    http://www.sanspo.com/geino/news/20160421/geo16042116110028-n1.html
    【井上真央が酒豪ぶり告白「毎日飲んでますよ『1人酒』とか、おじさんみたいですよね」】の続きを読む

    12
    8
    li

    1 :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/04/21(木) 12:30:02.87 ID:CAP_USER*.net

    結婚後、同じ事務所に所属していた歌手の絢香と俳優で小説家の夫・水嶋ヒロだが、4月から別々の会社に所属していることを、発売中の「週刊文春」(文芸春秋)が報じている。

    2人は09年2月に結婚。同じ大手芸能プロに所属していたが、それぞれ別の時期に退社。同誌によると、退社後、09年12月に絢香の親族と大手レコード会社エイベックスの幹部が立ち上げた事務所が2人のマネジメント活動を行っていたという。

    同社在籍時、絢香は自主レーベルを立ち上げて再び音楽活動をしたり、水嶋は本名で書き応募した小説「KAGEROU」でポプラ社小説大賞を受賞し“作家デビュー”するなど順調に活動。

    ところが、それ以降、絢香は妊娠・出産をしながらも音楽活動を続ける一方、水嶋は「表現者になりたい」などと言って事務所の取ってきた仕事をしたがらず、すっかり“開店休業状態”となっていた。

    そんな中、今年の4月1日、もともと2人が所属していた会社の名称が変更され、水嶋が社長に就任。

    同じ日に、2人が所属していた事務所と同じ名称の新たな会社が立ち上がり、代表者は元の会社の社長がつとめ、取締役にはエイベックス代表・松浦勝人氏の名前があり、その会社が絢香のマネジメントを行うというのだ。

    「ここに来て、ついに袂を分かつことになった2人。絢香はもともと水嶋にべた惚れで、やたら自分の側に置きたがり、水嶋はまるでマネージャーのような状態だった。

    ところが、いつまで経っても小説の第2作が書けず、おまけに俳優業の仕事もしないので、ついに“三くだり半”を突きつけてしまったようだ」(芸能プロ関係者)

    そんな夫をよそに、絢香は松浦氏がバックアップする、エイベックスの看板アーティスト地位に昇り詰めたようだ。

    「浜崎あゆみ、倖田來未らの人気が続々と凋落する中、ライブでもCDでも稼げるのは今や安室奈美恵と絢香ぐらい。秋からは絢香にとって最大規模の全国ツアーがスタートするので、もはや“ヒモ状態”の夫に構っているヒマはないのだろう」(レコード会社関係者)

    離婚危機に至らなければいいのだが…。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160421-00000006-reallive-ent
    【“激太り”絢香と水嶋ヒロが離婚危機!「ヒモ状態の夫に構っているヒマはない」】の続きを読む

    このページのトップヘ