芸能テロ

2chの芸能の反応をまとめています

    カテゴリ:芸能

    7o
    1 : YG防衛軍 ★@無断転載は禁止2017/03/04(土) 17:40:11.71 ID:CAP_USER9
    歌手の青山テルマ(29)が3月1日放送の「モシモノふたり」(フジテレビ系)に出演し、意外すぎる大学時代を告白した。
     
    青山といえば、08年発売のシングル「そばにいるね」で一世を風靡。しかし、デビュー当初は極貧生活を送っていたという。
     
    「荻窪駅のドア閉めたらビル全体が揺れるくらいのボロいアパートに住んでた。お母さんと1LDKの築何年やろうってぐらいの」
     
    そして、07年にメジャーデビューしてからわずか3カ月。「そばにいるね」の大ヒットでいきなり有名人になった当時19歳の彼女は、突然の変化に困惑したことを明かした。
     
    「現実と起こってることが全然イコールじゃなかった。起きたら世界が変わった」
     
    天真爛漫で自由奔放なイメージの彼女だが、大学時代の“壮絶過去”をこう振り返った。
     
    「大学の時もみんな学食でごはん食べるやん。けど、隠し撮りがすごかったから。トイレで1人でおにぎり食べてた。トイレが1番落ち着いた。友達も2人しかできへんかった」
     
    しかし木下優樹菜(29)や清水翔太(28)など芸能人の友人と付き合ううちに「もっと自分をさらけだしてもいいんだ!」と思えるようになったという。
     
    同番組では、私生活でも仲が良いという宮川大輔(44)と共演。彼を終始困惑させるほど“テルマワールド”を炸裂させていた。
     
    デビューから10年経った現在、彼女はようやく自分らしさを取り戻せたようだ――。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170304-00010006-jisin-ent
    【青山テルマがトイレで “ぼっち飯” 辛かった大学時代を明かす「1人でおにぎり食べてた。友達も2人しか」】の続きを読む

    w0
    7t
    1 : 豆次郎 ★@無断転載は禁止2017/03/02(木) 08:48:31.95 ID:CAP_USER9
    ― 男が選ぶ[好きな男嫌いな男] ― 

    SPA!恒例企画「男が選ぶ[好きな男・嫌いな男]」。
    各ランキングに1人1票という形で30~49歳の男性500人へのアンケートを敢行。
    集められた公正でリアルな声によってランキングを作成した。
    時代の映し鏡とも言われるこのランキング。今回はどんな現代の諸相が映し出されたのだろうか!?

    ◆驚異の6連覇を福山が達成 

    今回で26回目を数えるSPA!の恒例企画「男が選ぶ[好きな男・嫌いな男]」。昨年5連覇を達成した福山雅治が、好きな男部門で堂々の6連覇を成し遂げた。

    「かっこいいが、それを鼻にかけない気さくな人柄が好き」(40歳・出版)、「自分を冷静に見ている感じがする」(47歳・メーカー)と、まさに死角なしの人気ぶり。 

    一方、福山と同数で1位に輝いたイチローは昨年、メジャー通算3000本安打という偉業を達成。

    「ストイックに野球人生を送っているから」(37歳・無職)、「年齢を感じさせない活躍がすごい」(36歳・品質管理業)と、その求道的な姿勢に評価が集まった。そのほかには朝ドラでブレイクしたディーン・フジオカ、“二刀流”大谷翔平、“恋ダンス”で一世を風靡した星野源といったニューフェイスも。

    <好きな男ランキング>

    1位 福山雅治…71票(’15年1位)

    1位 イチロー…71票(’15年5位)

    3位 阿部 寛…37票(’15年3位)

    4位 松本人志…22票(’15年9位)

    5位 大谷翔平…19票(’15年圏外)

    6位 ディーン・フジオカ…15票(’15年圏外)

    7位 明石家さんま…12票(’15年6位)

    8位 タモリ…11票(’15年9位)

    8位 ビートたけし…11票(’15年4位)

    10位 星野 源…8票(’15年圏外)

    次点:錦織 圭、有吉弘行、黒田博樹、山田孝之、所ジョージ

    ◆嫌いな男1位には川谷が 

    嫌いな男部門では、ベッキーとの不倫騒動などで世間を大いに騒がせたゲスの極み乙女。の川谷絵音が一同納得の1位に。「あまりにも自己中心的」(48歳・自由業)、「男から見ても最低」(46歳・研究開発員)と、いまだに相当な嫌われよう。 

    また、自らの政治資金問題で都知事を辞任した舛添要一に対しても、「男らしくない」(44歳・会社役員)など手厳しい意見が寄せられた。そして、都知事選落選の鳥越俊太郎、ドナルド・トランプ大統領も圏外からランクイン。嫌いな男ランキングで毎回上位に食い込む政治家勢が、ご多分に漏れず結果を残した形となった。

    <嫌いな男ランキング>

    1位 川谷絵音…65票(’15年圏外)

    2位 舛添要一…38票(’15年圏外)

    3位 安倍晋三…21票(’15年2位)

    4位 坂上 忍…17票(’15年3位)

    5位 中田敦彦(オリエンタルラジオ)…16票(’15年圏外)

    5位 鳩山由紀夫…16票(’15年4位)

    5位 鳥越俊太郎…16票(’15年圏外)

    8位 りゅうちぇる…15票(’15年圏外)

    8位 木村拓哉…15票(’15年6位)

    10位 ドナルド・トランプ…11票(’15年圏外)

    次点:山本圭壱、松本人志、ASKA

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170301-01291745-sspa-soci
    【男が選ぶ「好きな男・嫌いな男」ランキング!イチローが福山雅治と同数で1位 嫌いな男は川谷絵音に舛添要一】の続きを読む

    01
    21
    1 : Egg ★@無断転載は禁止 ©2ch.net2017/02/28(火) 13:24:18.06 ID:CAP_USER9
    「突然ですが、明日結婚します」月9史上初の5%台 3週連続ワースト更新 

    フジテレビ「突然ですが、明日結婚します」(月曜後9・00)の第6話が27日に放送され、平均視聴率は5・0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが28日、分かった。 

    第4話(13日)6・6%、、第5話(20日)6・2%と、昨年4月クール「ラヴソング」の6・8%(第6話=5月5月16日、第7話=5月23日)を下回り、2週連続で月9史上最低を更新していたが、今回も、さらに1・2ポイント下落。初の5%台となる月9ワースト記録となった。 

    初回=8・5%から第2話=6・9%と急落。第3話=7・6%と持ち直したが、以降は下降線。テレビ視聴のスタイルの変化もあり、若年層を狙った作品はリアルタイムの世帯視聴率に反映されにくくなっていることもあり、数々の名作・ヒット作を生み出した看板枠ながら昨年から苦戦を続けている。 

    原作は月刊コミック誌「プチコミック」(小学館)で連載中の宮園いづみ氏の同名漫画。専業主婦になりたい女=OLの高梨あすか(西内まりや)と、絶対に結婚したくない男=イケメン人気アナウンサーの名波竜(flumpool山村隆太)が繰り広げるラブストーリー。脚本は山室有紀子氏、倉光泰子氏。演出は並木道子氏、石井祐介氏。プロデュースは後藤博幸氏、大木綾子氏。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170228-00000094-spnannex-ent
    【フジテレビ月9史上初の5%台「突然ですが、明日結婚します」3週連続ワースト更新「可愛くない」「女が憧れない」「男顔」】の続きを読む

    ti
    1 : Egg ★@無断転載は禁止 ©2ch.net2017/02/24(金) 08:24:49.56 ID:CAP_USER9
    先日テレビ復帰した、昨年8月に強姦致傷容疑で逮捕され不起訴処分になった元俳優の高畑裕太の母である女優の高畑淳子が報道陣相手に大暴れしていることを、発売中の「週刊文春」(文芸春秋)が報じている。 

    高畑は今月13日、裕太の事件以前にレギュラー出演していたNHKの「スタジオパークからこんにちは」でテレビ復帰。同局に集まった報道陣にはまったく対応しなかったというが、同誌によると、午後6時ごろ、生放送を終え自家用車で都内の一軒家に戻ると、復帰についてのコメントをもらおうと待機していた報道陣を一瞥。

    途端に表情を一変させ、運転席から飛び降りると、報道陣に向かって般若のような形相で、「あなたたち、何やってるの! 私が何をしたんですかぁッ!」と言い放ったという。 

    さらに、「カメラを下ろしなさい! ひとりひとり名刺を出しなさいよ!」と名刺を出させ、あるテレビ局のカメラマンだけ名刺を持参していなかったところ、「名前を言いなさい!」と詰め寄り、「私も写真を撮らせてもらいます!」と絶叫。報道陣にスマホを向け、約50センチの至近距離からひとりひとりの写メを撮影。 

    高畑の所属事務所は「絶対、取材を受けるな」と命じ、徹底的にガード。昨年末から事務所スタッフが自宅をパトロールし、記者を見つけると110番通報を繰り返しているというが、高畑は事件について「息子はハメられた」と未だに納得せず。その一方で、逮捕で発生した億単位の賠償金に頭を悩ませ、母親が住んでいた実家を売却してしまったという。 

    「裕太の事件で騒動の際は、主演舞台の全国公演を控えていたこともあり、無言を貫きかなりガマンしていたことでストレスが溜まってしまったようだ。現状では大きな仕事を抱えていないため、溜まったストレスを報道陣にぶつけているのでは。もともと、気性が激しいだけに、そのうち、報道陣とひと悶着起こして仕事にダメージを与えることにならなければいいのだが…」(演劇関係者) 

    この記事を見たら、自宅を訪れる報道陣が減りそうだ。

    http://news.livedoor.com/article/detail/12712193/
    【高畑淳子が報道陣に敵意むき出し「カメラを下ろしなさい!名前を言いなさい!私も写真を撮らせてもらいます!」と絶叫】の続きを読む

    tc
    1 : Egg ★@無断転載は禁止 ©2ch.net2017/02/23(木) 12:20:34.45 ID:CAP_USER9
    「去年7月、彼女はLINEのアカウントを突然消したんです。それまでの人間関係をリセットしたかったのか…。ちょうどその頃、“人肉を食べる役”をやっていたみたいなので、今思うといろいろと考える部分もあったのかな」 

    清水富美加(22才)の知人はそう呟く。宗教団体『幸福の科学』への出家を発表してから10日あまり、騒動は収束を見ない。2月17日には、清水が告白本『全部、言っちゃうね。』を出版した。

    《役作りのために飛んでる虫だって食べたし、苦手な貝類を毎日必ず食べるって決めて食べました。(中略)居酒屋で、飛んできたハエを、おしぼりでつかまえて食べました》

    《16歳の誕生日の日、死のうとして、ガムテープを口と鼻に貼ったんです》《ある時、「自分はなんにもできない。もう死のう」ってなってしまって、暴れてカッターで部屋をぐちゃぐちゃにして、腕を切りつけて。(中略)その時の傷は今も右手首に残っています》 

    著書には赤裸々な言葉が続く。一方、清水の所属事務所は《このタイミングで清水富美加の書籍が出版されたことについては、誠に不可解であると言わざるを得ません。この書籍には事実と異なる部分も多々含まれております》と意見は真っ向から対立している。 

    2月21日には、一部スポーツ紙が、清水が著書で綴った《悩みの種だった好きな人》が、人気ロックバンド『KANA-BOON』のベーシスト・飯田祐馬(26才)で、既婚者の飯田と清水は2015年6月から昨年1月まで不倫関係にあったと報じた。だが、女性セブンの取材では、別の男性の影も浮上した。前出の知人が明かす。

    「清水さんと同年代の若手俳優・Aです。2014年頃に交際していて、周囲にもその彼にも“つきあってるのは絶対に内緒にして!”って徹底していました。ただ、交際1年ほどで破局してしまったんです」 

    その頃、清水は酒に酔うと「もうイケメンはこりごり!」と口走ることもあったという。

    「春先に、同じ事務所の若手女優仲間たちと暮らしていた事務所の寮を出たことで、恋愛や仕事の悩み相談をする機会がなくなっていたみたいです」(前出・知人) 

    そのせいか、もともと多かったお酒の量がさらに増えていったという。

    「午前11時から仕事かレッスンが入っていたのに、正午過ぎまでお酒を飲んでいて、予定をすっぽかしてしまったこともありました」(芸能関係者)

    http://news.livedoor.com/article/detail/12710330/
    【清水富美加が若手俳優・Aと交際の過去!酒に酔うと「居酒屋で、飛んできたハエを、おしぼりでつかまえて食べました。もうイケメンはこりごり!」】の続きを読む

    25
    q1
    1 : YG防衛軍 ★@無断転載は禁止2017/02/21(火) 15:42:14.45 ID:CAP_USER9
    人気ロックバンド「KANA-BOON(カナブーン)」のベーシスト、飯田(めしだ)祐馬(26)が宗教法人「幸福の科学」に出家した女優、清水富美加(22)と過去に不倫交際していたことが明らかになった件で21日、コメントを発表した。 

    ウェブサイトでは「飯田祐馬の報道につきまして」と題して文章を掲載した。 

    一連の報道にあった通り、私、KANA-BOONベース担当 飯田祐馬は、既婚の身であることを隠し、清水富美加さんと交際をしておりました。

    私は2014年4月に一般人女性と入籍致しました。しかし、私は、既婚の身でありながら、そのことを隠し、2015年6月から、清水さんと交際を始めました。

    2015年9月に清水さんに既婚の事実を打ち明け、謝罪しましたが、清水さんに対する自分の気持ちを断ち切ることができず、妻との離婚をほのめかしつつ、2016年1月まで交際関係を続けてしまいました。

    このことで、清水さんや妻を傷付けてしまったのは事実であり、その事実に誠意を持って向き合い、深く反省しております。 

    また、清水さんと交際していたことについて、妻と妻の両親に謝罪をし、夫婦間では解決しております。私の軽率な行動で、清水さん、関係者のみなさまにご迷惑をおかけしてしまい、本当に申し訳ございません。

    また、いつも応援してくださっているファンの皆様を悲しませてしまったことを心よりお詫び申し上げます。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170221-00000533-sanspo-ent
    【KANA-BOON・飯田祐馬、清水富美加との不倫は「妻との離婚をほのめかしつつ交際を続けた」】の続きを読む

    このページのトップヘ