芸能テロ

2chの芸能の反応をまとめています

    タグ:いじめ

    no title

    1 :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/06/27(月) 09:33:12.27 ID:CAP_USER9.net

    黒木瞳(55)が声を上げて泣いた。初監督映画「嫌な女」が先週末、封切られた。昨年夏の撮影2日目。自宅に戻ると、無力感や自分のふがいなさに涙があふれた。日本映画界では、ほとんど例がない女優の監督挑戦。作品完成の喜びと苦闘の日々を聞いた。

    撮影2日目となる地方ロケを終え、黒木が都内の自宅に戻ったのは午前2時すぎだった。寝ているはずの夫と娘がリビングで待っていた。

    心配する2人に「大丈夫だったよ。何とかやったよ」と答えたが、張り詰めていたものが切れた。涙があふれた。号泣した。「何も言わないで、30分ぐらい泣かせてくれました」。

    慣れない監督業。「大変だと分かっていたのですが力不足を痛感しました。メンタルが落ちました」。現場でスタッフに自分の思いを伝え切れない。

    ロケでは当然ながら天候や状況を自分でコントロールなどできない。無力感と焦り。現場で表情に出さなかったが、家族の顔を見ると、気持ちを抑えられなかった。「もう迷惑は掛けられない。覚悟も決まりました」。

    自分が女優だけに「役者に対する甘えがあったかな」。本番でOKを出した後、すぐに撮影や録音のスタッフに意見を聞いた。

    「役者は自分の演技がどうだったのかすぐに知りたいと自分で分かっているのに、遠慮したのか自信がなかったのか、意識がまずスタッフに向いてしまいました」。徐々に軌道修正していった。

    主演は吉田羊と木村佳乃。吉田は感情を抑える演技が求められ、表現が難しかった。「首を少しかしげて」「もう少し前に出て」など「演技という領域ではないようなことをなるべく言葉にしました」。

    木村が演じた女性は感情むき出しのキャラクター。「常に天真らんまんにテンションを上げてほしかった。見事にやってくれました。すごい根性です(笑い)」。

    編集も手掛けた。「自分が見たいと思うつなげ方をするので、どんどん自分好みになっていく。細かい作業が好きなので楽しかったですね」。

    女優としてあらためて思ったことがある。「初心に帰りました。撮影現場では求められたら何度でもやり直して演じますという気持ちになりました。監督からすれば、材料がたくさんあった方が助かりますからね」。涙も不安も喜びも、全てが今後の女優人生につながっていく。

    ◆「嫌な女」 桂望実氏の同名小説の映画化。初対面の相手でもたちまち懐に入り込む夏子(木村佳乃)は生来の詐欺師。

    遠戚関係にある徹子(吉田羊)は仕事一筋の堅物の弁護士で、夏子がトラブルを起こすたびに解決に引っぱり出されていく。人生なんてつまらないものと思っていた徹子だが、夏子に翻弄(ほんろう)されながら徐々に変化していく。


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160627-00000025-nksports-ent
    【嫌な女!黒木瞳が号泣「甘えがあったかな。娘が心配。もう迷惑は掛けられない」「映画監督より子供の監督」「娘がいじめ」】の続きを読む

    13
    1b
    1c
    1a
    1d

    1 :Egg ★@\(^o^)/:2016/06/23(木) 19:24:21.33 ID:CAP_USER9.net
     
    6月21日に辞職した舛添要一元都知事についてのフジテレビの報道に「さすがにこれはやりすぎなのでは?」と、ネット上がざわついている。

    問題視されているのが19日に放送された情報番組「Mr.サンデー」。番組には舛添氏の故郷・福岡県北九州市に住む「舛添氏の初恋の相手」と紹介された女性がVTRで登場。

    その初恋相手は舛添氏と高校時代に数年間文通を続けていたようで、番組で舛添氏から送られてきたという大量の手紙を公開した。

    また、その初恋相手はたくさんの手紙の中で印象に残っている言葉があると話して、「正しく・強く・美しく生きていこう」と書かれたメッセージを披露。「“正しく”がちょっと欠けている」と舛添氏に苦言を呈した。

    舛添氏の少年時代を知る人物の証言でもあり、説得力があるのもわかるのだが、プライベートなラブレターを公開する必要性まであったのか、さまざまな意見が寄せられているようだ。

    「もちろん、都民をとことんまでイラ立たせた舛添氏が元凶ではあるわけですが、初恋相手への恋文まで引っ張り出して叩くことに、さすがに嫌悪感を示している人も多い。

    『ざまあみろとも思うけど、これだとただのイジメ』『なぜ、ここまでフジテレビはするの?』など、今回の報道について批判の声も殺到しています」(週刊誌記者)

    今回の一連の舛添批判に最も熱くなっていたのがフジテレビだ。

    「今回は頑張っている」「そうだ、舛添をもっと追い込め!」「応援します」という声も多かっただけに、つい突っ走ってしまったのかもしれないが、ともすれば行き過ぎた報道は、追い込まれた悪党たちの逆襲の手段として使われかねない。

    報道の自由を「やりたい放題」とはき違えず、庶民の気持ちをうまく反映したニュース作りに徹してほしいものだ。(田中康)

    http://www.asagei.com/60819


    【フジテレビが舛添要一元都知事の初恋ラブレターを晒し批判殺到「ただのイジメ」「やり過ぎ」】の続きを読む

    97

    1 :7代目副将軍 ★@\(^o^)/:2016/06/21(火) 18:22:17.08 ID:CAP_USER9.net

    トップモデル美女との交際で世間を賑わせ、レギュラー番組も多数抱え売れっ子芸人だったインパルスの堤下敦。シュールなボケで人気の相方、板倉俊之との作り込まれた絶妙なコントはお笑いファンを唸らせた。

    しかし、最近テレビで見かけることが少なくなったのはなぜだろうか。

    「ネット配信サービスで、悩み相談を吐露した一般女性に対し『喧嘩してぇのか、コラ!』と暴言を吐いたことが原因と言われていましたが、実際は違うようです。

    森三中・大島が生放送のバラエティ番組で、堤下が黒沢かずこに陰湿なイジメをしていたことを暴露し、『堤下テメエ! コノヤロウ!』と、ブチギレたんです。

    ヒートアップする大島を周りの芸人も止めることができず、CM明けに大島が画面から消えていたことから、“放送事故”と話題になりました。

    大島の旦那は数々の人気番組を手がける放送作家の鈴木おさむ氏。テレビ局から声がかからなくなったのもうなずけます」(テレビ関係者)

    「その後、芸能界での堤下ポジションにはハライチ澤部が収まり、大活躍しています。社長令嬢の妻を持つ2児のパパとイメージも良くトラブルとは無縁であるため、局としても使いやすい。トラブルメーカーである堤下の需要はなくなりました」(前出・テレビ関係者)

    昨年、20キロのダイエットに成功したという堤下だが、デブキャラよりも暴言を封印しないと再ブレイクは難しそうだ。


    http://www.asagei.com/excerpt/60569


    【インパルス堤下敦が消えた理由!「一般女性に暴言。森三中・大島美幸が生放送で陰湿なイジメを暴露」】の続きを読む

    57

    1 :Egg ★@\(^o^)/:2016/06/16(木) 00:13:55.54 ID:CAP_USER9.net

    東京都の舛添要一知事(67)が15日、知事を辞職する意向を固め、都議会議長に辞表を提出したことについて、漫才師・西川のりおさんが産経新聞の取材に対し、

    「舛添知事を擁護する気はないが」と断った上で、他の政治家について、「自分のことを棚に上げて大勢で舛添知事をいじめているような形になっている」などとコメントした。

    今回の件は、正直いって、他の政治家も大なり小なり同じようにやっているにも関わらず、自分のことを棚に上げて大勢で舛添知事をいじめているような形になっている。

    本当に他の政治家は公私混同、500円の喫茶店の領収書(の処理)も行っておらず、清廉潔癖なのだろうかと疑問に思う。100%潔癖なのだろうか。舛添知事を擁護する気はないが、他の政治家に対して怒りさえ感じる。

    そして、特に思うのが、自分は東京都民ではないが、舛添知事は給料も返還し、無報酬で知事をやってもよいと言っていたのだから、辞任させることなく、無報酬で続投させた方が得であったのではないか。

    舛添知事は仕事はやる男だと思うし、選挙をもう一度行うよりかは良かったのではないかと思う。東京都民は彼を許し、働かせてやった方がよかったのではないかと考える。


    http://www.sankei.com/smp/west/news/160615/wst1606150077-s1.html


    【西川のりお「他の政治家は100%潔癖なのか!自分のことを棚に上げて大勢で舛添要一知事をいじめている」】の続きを読む

    1z
    5w

    1 :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/06/04(土) 11:20:53.46 ID:CAP_USER9.net

    6月1日放送の『マツコ&有吉の怒り新党』(テレビ朝日系)で、マツコ・デラックス(43)、有吉弘行(42)が、青山愛アナウンサー(27)に敵意をむき出しにするシーンが見られた。

    この日、紹介された視聴者からのお怒りメールは『自分のイヤホンを勝手に使う上司が嫌だ』というもの。

    これにマツコは同意しながらも、そもそも「自分の耳汁みたいなものがついてる物を、人に使わせるのも嫌じゃない? 私、携帯を渡すのもめちゃめちゃ拭いてから渡すもん」と発言。

    有吉も「ご飯とかでも、自分のを渡すのもなんか申し訳ないなと。『俺みたいなもんの残りを食べるなんて信じられないでしょ?』って思っちゃうから」と、同じように相手のことを考えるとシェアができないと発言した。

    これに反論したのが青山アナだ。「私は貸し借りは全然平気なので」という青山アナに、有吉は「俺らのイヤホンは嫌でしょ?」と念を押したところ、

    なんと青山アナは「有吉さんはよくて、マツコさんはちょっと戸惑いますけど」と、素直な気持ちを明かしてしまった。さらにその理由について「ついてる耳汁が少し多そう」と説明。

    そして「ただ、ウエットティッシュさえあれば全然拭いて使えます」とフォローにならないフォローをしたところ、さすがにマツコもブチ切れ、「大丈夫。お前みたいなのが一緒の職場だったら、ぜってーいじめるから!」と反撃していた。

    「天然お嬢様な青山アナの発言にマツコと有吉がツッコミを入れる、というスタイルが定着してきましたね。最初はぎこちなくて思い切りが悪かった青山アナも、だんだんこなれてきたようです。

    前任の夏目三久アナとのコンビもよかったんですが、青山アナの天然ぶりは予想以上。これは化けるかもしれませんね」(女子アナウォッチャー)今後の発言に期待!


    http://dailynewsonline.jp/article/1140258/

    【マツコ・デラックスが青山愛アナの差別発言にブチ切れ!「一緒の職場だったら、ぜってーいじめる!」】の続きを読む

    20


    1 :Egg ★@\(^o^)/:2016/05/02(月) 20:02:32.50 ID:CAP_USER9.net

    タレントのダレノガレ明美(25)が2日、フジテレビ系「バイキング」(月~金曜、前11・55)にゲスト出演し、肥満していた当時に遭ったハラスメント、嫌がらせを具体的に明かした。

    この日の番組テーマは「怒れるぽっちゃり芸能人と生激論」で、ダレノガレはかつて肥満していた立場からゲストに呼ばれた。

    冒頭、かつての「ぽっちゃり体型」を尋ねられ、ダレノガレは「私、67キロあったんですよ。(野球の)キャッチャーやってたんで」と明かした。現在の体重は43から45キロの間だという。

    そして肥満時代に遭った体験として「ひどかったですね、男子のイジりが。『スカートは絶対履くな』『歩くダルマ』、『転がれ』とか言われてました」と、言葉いじめに遭っていたことを打ち明けた。

    ダレノガレは中学時代から、体重が65キロあった。数年前からそんな過去を明かし、昨年にはウエストが80センチ(現在54センチ)あったころの写真をインスタグラムに投稿、「このときにはもどりたくない」という文章を添えている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160502-00000042-dal-ent&pos=3


    【ダレノガレ明美が肥満時代の言葉いじめを告白!「ひどかったですね。私、67キロあったんですよ」】の続きを読む

    このページのトップヘ