芸能テロ

2chの芸能の反応をまとめています

    タグ:ゲスの極み乙女

    332
    1: 名無しさん 2017/05/07(日) 16:23:07.90 ID:CAP_USER9
    当時未成年だった交際相手のタレント・ほのかりん(20)と一緒に飲酒したとして謹慎していたロックバンド「ゲスの極み乙女。」のボーカル・川谷絵音(28)が7日放送のフジテレビ「ワイドナショー」(日曜前10・00)に出演。

    活動自粛後初のテレビ出演で一連の騒動などについて語る川谷の姿にSNS上でも大きな話題になっている。「かなり印象が変わった」「やっぱり嫌い」など川谷の印象について賛否両論が巻き起こった。 
     
    昨年1月にベッキー(33)との不倫騒動が発覚して以来、テレビ番組で一連の騒動について語るのは初めてで、番組MCの東野幸治(49)らから質問攻めに遭ったが、冷静な口調で対応した。 
     
    放送中から「川谷」がYahoo!の話題なうの1位にランクイン。

    ツイッターでは、質問の一つ一つに真しに応える川谷に「かなり印象が変わった」「悪くない」「すごい素直」「こりゃモテるわなーってのが率直な印象」「爽やかな印象」「顔も言葉も優しい」「ああいう場での程よく端的なコメントって一番難しいからね」「歌ってないほうが印象が良い」などと好印象を受けたというつぶやきが多数寄せられた。 
     
    しかし、メディアが報道していた川谷の姿と、番組で一連の騒動について語る姿から受ける印象の違いに驚く視聴者がいる一方で、「反省してんの」「人ごと感がすごくてただの無責任野郎」「天然のゲス」「喋れる真性のクズ」「言ってること全部クズじゃん なんで好印象みたいになってんの」「やっぱり嫌い」「だいたいどんな人でも実際会ってみるといい人なことが多い」と拒否反応を示すツイートも散見され、大きく意見が割れた。

    http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/05/07/kiji/20170507s00041000173000c.html

    【【芸能】ゲス川谷の印象変化?「ワイドナ」出演で「爽やか」「こりゃモテる」の声…一方で「やっぱり嫌い」など、SNSで賛否】の続きを読む

    q1

    1 :Egg ★@\(^o^)/:2016/06/15(水) 08:26:53.17 ID:CAP_USER9.net

    久々にベッキー(32)が報道陣の前に姿を見せた。

    ロックバンド・ゲスの極み乙女。のボーカルの川谷絵音(27)との不倫騒動から約半年が経った6月10日、出演を見合わせていたレギュラー番組のひとつである、BSスカパー!の音楽番組『FULL CHORUS~音楽は、フルコーラス』への復帰収録終了前のことだった。

    不倫発覚当初の謝罪会見では報道陣からの質問をシャットアウトしたため「言い分だけを一方的に述べている」と猛烈なバッシングを受けた。

    その後に不倫が発覚したミュージシャンの石井竜也(56)、歌手のファンキー加藤(37)らが潔く謝罪したため、なおさらにベッキーの対応のマズさが目立った。ワイドショー芸能デスクが言う。

    「それでもベッキーが報道陣との直接対決を避けてきたのは、痛い所を追及されたくなかったからです。でも『金スマ』(TBS系)で、あれだけ“ない”と言い張っていた不倫を認めたので、もう怖いものはなくなったのでしょう。

    前回の失敗を踏まえて、レギュラー番組復帰という、このタイミングで質疑応答に応じたわけです」

    川谷の元妻とも“和解”し、報道陣への“禊ぎ”も済ましたベッキー。これで一気に復帰への動きが加速するかと思いきや、そうはいかない事情があるとテレビ局関係者は明かす。

    「今回の復帰はスポンサーへの影響が小さい有料放送だからできたこと。民放とは状況が違います。実は各局内でベッキーを番組に起用したいという声は多いのですが、最終的には上層部から『まだ早い』と判断が下されている」

    前述した『金スマ』の影響が大きい。視聴率は24%と番組史上最高を記録したが、それ以上に批判の声が圧倒的に多かった。前出のテレビ局関係者は続ける。

    「視聴者の反発が怖くて、どの番組も二の足を踏んでいる状態です。特に主婦層がメイン視聴者の番組では、過去にスポンサーの保険会社に『なんでベッキーを出しているんだ』とクレームが殺到したため、慎重姿勢を貫いています」

    今回のレギュラー復帰でスカパー!契約者の中には「ベッキーを擁護するなら解約する」という声も出る始末。ベッキースマイルが見られる日はまだ遠そうだ。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160615-00000004-pseven-ent
    【テレビ局上層部「ベッキーはまだ早い!視聴者の反発が怖くて」ネット「まだ川谷絵音と繋がっている!」】の続きを読む

    7b
    n1

    1 :Egg ★@\(^o^)/:2016/06/08(水) 12:35:40.56 ID:CAP_USER9.net

    ファンキー加藤(37)が7日にダブル不倫を謝罪し、その余波はベッキーとの不倫騒動を起こしながら会見しないゲスの極み乙女。の川谷絵音(27)にも及んで、そのツイッターが再び炎上している。

    しばらくは鎮まっていた川谷のツイッターに、加藤が会見した7日昼ごろからまた非難、からかいの投稿が相次いだ。

    「ファンキー加藤さん 迅速謝罪会見良かったと思います アナタも逃げずに会見したらどうですか?」「ファンキー加藤さんのW不倫が報道されましたが、川谷からなにかコメントください」という批判から、

    「不倫の先輩としてファンキーにアドバイスしてやるのが男ってもんだろ」「ファンキーさんの件で気持ち楽になったとか?」とからかいのコメントも。

    不倫した点では同じでも、それに関する対応がまるで違った川谷と加藤。同じミュージシャンでどちらも多くのファンを抱えているだけに、今後も2人は事あるごとに比較されそうだ。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160608-00000032-dal-ent
    【ファンキー加藤の不倫謝罪会見がゲスの極み乙女の川谷絵音に飛び火で再び炎上!「逃げるな」「男らしくない」】の続きを読む

    36
    75

    1 :三毛猫 φ ★@\(^o^)/:2016/06/06(月) 19:34:28.40 ID:CAP_USER9.net

    ロックバンド・indigo la End、およびゲスの極み乙女。の川谷絵音(27歳)が6月6日、自身のInstagramで、スマホがバキバキに割れてしまったことを報告している。

    この日、川谷はindigo la EndのInstagramアカウントで「携帯がバキバキになりました。見づらすぎてこれキッカケに携帯見る回数減りそう。脱スマホ依存症」とコメントを添え、画面が激しく割れ、悲惨な状態になっている写真を投稿。

    我慢すれば大丈夫…というレベルではなく、操作するたびに指を傷つけそうなほどのため「テンションめちゃくちゃ下がったよ朝から。チクショー」と嘆いている。

    これにファンからは「落としたにしてはバキバキすぎません???」「どうしてそんなバキバキに」「だいぶロックな画面」「流行りのバキフォンですねw」などに加え、励ましの声が寄せられているようだ。

    http://www.narinari.com/Nd/20160638005.html
    【ゲスの極み乙女の川谷絵音「チクショー!携帯がバキバキになりました。脱スマホ依存症」】の続きを読む

    8b
    95
    a3

    1 :れいおφ ★@\(^o^)/:2016/06/01(水) 19:36:43.16 ID:CAP_USER9.net

    最近は芸能ネタが豊富でワイドショーが盛り上がっています。盛り上がりの理由はネタそのもののインパクトもありますが、コメンテーターの過激な発言も注目を集めていますよね。

    叩かれてついには休業に追い込まれるような人もいれば、自ら過激な発言をくり返して注目を浴びてもへっちゃらな人もいます。しかし、上から目線や勘違い行動が目立ち、天狗になっている人もちらほら見かけるような……。

    そこで、恋愛jpでは、「天狗になってるなと感じる芸能人は?」 といったアンケート調査を実施。気になる結果をランキング形式で発表したいと思います!

    ●天狗になってるなと感じる芸能人は?

    ・1位:中田敦彦(オリエンタルラジオ)……19%(45人)
    ・2位:川谷絵音(ゲスの極み乙女。)……14%(33人)
    ・3位:坂上忍……9%(20人)
    ・同率4位:広瀬すず……8%(19人)
    ・同率4位:ベッキー……8%(19人)
    ・6位:藤原紀香……7%(17人)
    ・7位:二階堂ふみ……5%(12人)
    ・8位:指原莉乃……5%(11人)
    ・9位:野村周平……4%(10人)
    ・10位:宮迫博之(雨上がり決死隊)……4%(9人)
    ※11位以下、省略

    ●第1位:中田敦彦(オリエンタルラジオ)
    1位はオリエンタルラジオの「中田敦彦さん」で19%(45人)という結果でした。最近は不倫騒動のあったベッキーさんへの歯に衣着せぬ発言で注目を集めましたよね。

    『偉そうで見ていていい気分はしません。PERFECT HUMANがヒットしたからまた天狗になっちゃったんですかね?本当に自分のことをパーフェクトだと思ってそう 』(20代女性/医療事務)

    『キャラなのかもしれないけれど、上から目線は腹が立つ! 本業に専念して、そっちで話題をつくるべきだと思う』(30代女性/営業職)

    『天狗なのも含めて面白いと思うけど、また鼻をへし折られちゃったらもったいない 』(20代男性/IT関連)

    上から目線感は否めませんが、その発言には説得力があり妙に納得させられてしまうため、「インテリ天狗」ともいわれる中田さん。「あっちゃんは正論」と支持する声もあり賛否両論といったところですが、注目度が高いのは確かですね。

    ●第2位:川谷絵音(ゲスの極み乙女。)
    2位はゲスの極み乙女。の「川谷絵音さん」で14%(33人)という結果でした。1位に引き続きベッキーさん関連ですね。

    『売れて天狗になって、芸能人と付き合いたくなっちゃったんですかね。下積み時代を支えた人を裏切るのも、天狗になっている証拠だと思います』(20代男性/塾講師)

    『不倫しといて「もっといい写真使え」って何様!? これは炎上商法に味をしめて調子に乗っていそう 』(10代女性/学生)

    一部では、不倫騒動後のライブで“うさぎの着ぐるみ”を着て登場したことが物議を醸したそうですが、この衣装は騒動以前のライブでも使っていたようですね。“ゲス”な上に“天狗”、そして叩かれても表舞台に立ち続けるとは、やはりなかなかの強者です。

    ●第3位:坂上忍
    3位は「坂上忍」さんで9%(20人)という結果でした。ベッキーさんを差し置いてのランクインです。

    『ズバッと言うキャラも最初は好きだったんですが、だんだん毒舌というよりただ当たり散らしているだけ になってきたような。人の言葉を遮って大声で被せるところも、品がなさすぎる……』(20代女性/金融関係)

    『本当はいい人なのかもって思えるようなギャップとか隙がなくて、いつも偉そう。ずっとだと疲れます』(20代女性/事務職)

    見たことはないので本当かどうかわかりませんが、ウワサでは収録前に控室で酒盛りをしているとか。人間に対しても愛犬の前で見せるようなちょっとかわいらしい一面を見せてくれれば、世間の評判も変わるかもしれません。


    http://netallica.yahoo.co.jp/news/20160530-13308261-renaijp
    【天狗になっていると思う芸能人ランキング1位オリラジ中田敦彦 2位ゲスの極み乙女川谷絵音 3位坂上忍】の続きを読む

    6t

    1 :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/06/03(金) 11:04:59.53 ID:CAP_USER9.net

    「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音との不貞問題で休業を余儀なくされたベッキー。

    5月13日放送の「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」(TBS系)で復帰を果たし、川谷の元妻が「終焉宣言」をしたことで“本格的に芸能活動を再開か?”と思われたが、簡単にはいかないようだ。

    ベッキーの出演再開について、27日のフジテレビ定例会見では、亀山千広社長が「何も決まっていない」と発言。

    続いて30日の日本テレビ定例会見でも小杉善信専務が「現場の番組から『復帰はこうしたい』という提案もありませんので、すべて未定」と語った。

    芸能ジャーナリストは「すべてはベッキー自身が招いたこと」という。

    「質疑応答なしの謝罪会見をさせたうえ、その内容が嘘だったこと。その会見前日に、『ありがとう文春』などの能天気なLINEを交わしていたこと。

    『金スマ』で『正式には付き合ってないんです』と言い訳をしたこと。川谷の元妻に直接謝罪をすることで、それを免罪符にしようと利用したこと。

    これら一連の言動で、世間のイメージは、“いい子のベッキー”から“ブラック・ベッキー”に変わってしまった。復帰するには、改めて会見を開くことが不可欠です。

    フルボッコ覚悟で時間も区切らず、質問にはすべて正直に答える。その反応を見て‥‥が順当でしょう」(前出・芸能ジャーナリスト)

    視聴者からは“ベッキー不要論”が流れる中、会見に臨むのは辛いかもしれないが、誠実な姿を見せるしかないようだ。


    http://dailynewsonline.jp/article/1139676/
    【テレビ局と視聴者に広まるベッキー不要論!「もう過去の人」「終わった子」】の続きを読む

    このページのトップヘ