芸能テロ

2chの芸能の反応をまとめています

    タグ:スポーツ

    53

    1 :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/07/21(木) 20:45:53.79 ID:CAP_USER9.net

    2000年シドニー五輪でテレビ朝日のオフィシャルカメラマンを務めて以来、前大会のロンドンまで4大会連続でオリンピックに関わってきた福山雅治が、リオ五輪ではスペシャルキャスターを務めることが明らかになった。

    まずは開幕直前のスペシャル番組でリオの熱気と興奮を伝えるという。ところが、多くのスポーツファンから福山の就任に大ブーイングが沸き起こっている。

    「過去の大会で福山は素人同然のコメントを連発し、激しく批判されましたが、その一方で、イケメン俳優であることをうまく利用して、女性アスリートから独自のコメントを引き出すこともあった。

    しかし、残念ながら今ではその魔法も効き目は弱そう。となると、福山を起用する意味はどこにあるのかというわけです」(テレビ関係者)

    国際的なスポーツイベントと俳優の組み合わせといえば世界陸上の織田裕二が思い浮かぶが、福山には織田ほどの熱意も知識も感じられないのが拒否される理由のようだ。

    「開幕直前のスペシャル番組では、松岡修造と組んでレポートするそうです。松岡といえば熱血レポートで知られていますが、果たして福山とうまくかみ合うのかどうか。別の意味で注目ですね」(前出・テレビ関係者)

    これまでの五輪ではカメラマンを務めた福山。さすがにカメラマンは評判が悪かったことに気づいてのスペシャルキャスター就任なのかもしれない。


    http://dailynewsonline.jp/article/1167227/
    【福山雅治が五輪キャスター就任も批判と不安の声「浅い知識」「松岡修造との絡み」「世界陸上の織田裕二にはなれない」「ジャニーズよりまし」】の続きを読む

    51

    1 : Egg 2016/07/15(金) 10:49:25.36 ID:CAP_USER9

    7月13日深夜に放送された『ナカイの窓』(日本テレビ)に登場した、なでしこJAPAN・永里優季選手(28)が「野球」について強烈なダメ出しを行ったことで、野球好きとして知られるSMAP・中居が沈黙を見せる場面があった。

    【野球VSサッカー】と銘打たれたこの日、番組には、"サッカー派"として福田正博や永里優季、ペナルティのヒデが、"野球派"として元・大洋ホエールズの高木豊、ダレノガレ明美、トータルテンボスの藤田が参戦。  

    それぞれの魅力について語り、意見をぶつけ合った。その中で永里は「(サッカーは)世界中で愛されてますよね。4年に1度のワールドカップがあって、全世界が盛り上がる。これはもう野球にはないとこだと思うんですよ」と、サッカーの魅力について語り、

    「...で、やっぱり野球って思うんですけど、私、見てて、すごい眠くなっちゃうんですね。動いてる人が少なすぎるんですよ」とバッサリ。

    そのため、スタジオの観客からはどよめきの声が巻き起こり、野球好きとして知られる中居は、なんとも言えない表情を浮かべて沈黙。スタジオがなんとも言えない雰囲気となった。

    その後も「サッカーに比べたら動いてる選手が圧倒的に...(少ない)」と続けた永里は、「(野球の動きは)カイワレ大根の成長を見る時みたいでしょ?」と相槌を打つヒデの言葉に「そんな感じです」と頷いたため、さすがにトータルテンボス・藤田&中居からは「野球の見方を知らない」と指摘された。

    以前から「野球vsサッカー」というのは、市井の人々の間でも、しばしば議論されがちだが、そもそも、「球技」であることを除けば、まったくと言ってもいいほど、性質の違うスポーツであり、当然、それらを比較することも、対決させることも、無粋と言えば無粋。

    それぞが異なる良さを持つ魅力的なスポーツであると言えるだけに、誰しも排他的な言動をとらずに、自分なりのスタンスを尊重し合い、じっくりと楽しみたいところだ。


    http://news.aol.jp/2016/07/13/nakainomado/
    【野球VSサッカー!なでしこ永里優季「野球の動きはカイワレ大根の成長を見る時みたいでしょ?」SMAP中居正広も沈黙「野球の見方を知らない」】の続きを読む

    z1
    u5

    1 :きゅう ★@\(^o^)/:2016/07/02(土) 09:35:46.52 ID:CAP_USER9.net
     
    6月24日放送の『ウソかホントかわからない やりすぎ都市伝説スペシャル』(テレビ東京系)に、フリーの福澤朗アナ(52)が出演。タレントのタモリ(70)が、日本の卓球界に与えた影響について語った。

    日本の卓球は1950年代から60年代にかけて世界の頂点に君臨していたが、70年代以降は日本に代わって中国が頂点になってしまった。このことについて福澤アナは「ドン底時代に拍車をかけるような出来事が、芸能界にあった」と主張した。

    その主役となったのがタモリ。当時、タモリがテレビ番組でトークしているとき、趣味は卓球と答えたゲストに向かって「卓球って根暗だよね」と言ったことが影響し、中学校などの卓球部員が激減。そこから日本の卓球が弱くなったというのだ。

    その後、日本卓球協会は卓球人気を盛り返そうと卓球台の色を変更。白いピンポン球をオレンジ色に変えるなどして、卓球のイメージをアップさせた。そして福原愛選手(27)の登場もあり、再び、世界の強豪国になることができたのだという。

    「いまやすっかり“卓球の人”というイメージのついた福澤アナ。フリーになってからは、あちこちのテレビ番組で活躍していましたが、現在のレギュラーは『真相報道 バンキシャ!』(日本テレビ)と『開運!なんでも鑑定団』(テレビ東京)の2本で、決して売れっ子といえる状況ではありません。

    ここのところ卓球アピールが多いのは、世界卓球の実況を務めているだけではなく、仕事がなくなっても卓球界のスポークスマンとして食べていければ、という計算があるからなのでしょう」(芸能誌記者)??卓球人気を、さらにもり立てることができるか!?


    http://taishu.jp/23166.php
    【福澤朗アナ「タモリが日本の卓球をダメにした」テレビ番組で趣味は?「卓球って根暗なスポーツだよね」学校の部員が激減】の続きを読む

    11

    1 :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/06/30(木) 10:42:16.06 ID:CAP_USER9.net

    タレントで元テニスプレイヤーの松岡修造が、これまで誰も公にしなかった五輪選手村の環境を暴露して話題となっている。

    6月28日に行われた寝具メーカーのPRイベントに参加した松岡は、選手村の環境を聞かれると、「選手にとって選手村ほど環境が悪い所はない」と暴露。さらに、「集中できず部屋も狭い。相当つらい所」と続けた。

    「選手村の宿舎が快適ではないことは、選手であれば誰でも知っています。多くの選手を受け入れるために部屋数を多くしなければならず、そのせいで各部屋はとても狭くなっています。

    しかも内装はとても安っぽい。松岡はソウル、バルセロナ、アトランタ五輪に出場していますが、どこも似たようなものでしょう。ただそれを公にするのはなかばタブー視されてきました」(スポーツ紙記者)

    水泳の北島康介は北京五輪の際、選手村の食事についてわざわざ「今までで一番おいしい」とコメントしている。金メダリストの北島ですら運営サイドに気を使ってきたのだ。それなのに松岡はあっさりとバラしてしまったわけだ。

    「今回の発言は寝具をPRしようとして口が滑ってしまったのかと思ったのですが、その後も『(選手村を)どれだけ自分のホテルや宿舎のようにするかが大事』と選手村を批判するような発言をしていました。

    天然といったらいいのか、はたまた熱血といったらいいのか(笑)。松岡のキャラクターのせいなのか、まったく問題になっていないのはさすがです」(週刊誌記者)

    松岡がリオ五輪でどんなボケをかましてくれるのか、楽しみやら恐ろしいやら‥‥。


    http://dailynewsonline.jp/article/1154290/
    【「選手村は最悪の環境。食事も部屋も」松岡修造が五輪の禁断タブーを暴露!「ネット社会でバレてきた」谷亮子「楽しいところ」】の続きを読む

    z1
    z3
    z2
    z4

    1 :ゴアマガラ ★@\(^o^)/:2016/06/08(水) 23:25:32.38 ID:CAP_USER9.net

    アスリートタレントの武井壮が8日放送のテレビ朝日系バラエティー『あいつ今何してる?』2時間スペシャルに出演。

    「僕は中学・高校は6年間ずっと中間・期末テスト、全部学年トップだったんですよ」と軽く自慢。しかも「6年間通って学費は1円も払わず、100万円ぐらいもらって通っていた」と驚きの事実を明らかにした。

    「うちの学校は成績がトップだと学費も入学金も全部タダになるんですよ。しかも1番だと月に1万何千円か、学校から教科書代みたいな、参考書代みたいな奨学金がもらえるんです」。

    大学時代、十種競技の日本選手権で優勝する実力者だったことはよく知られているが、本格的に陸上を始めたのは神戸学院大学に進学してから。

    東京のスポーツ強豪校・私立修徳中学・高校時代の意外な“武勇伝”に、MCのネプチューンも「えーっ」とびっくり。原田泰造は15歳当時の武井の写真を指さして「この感じで?」と目を丸くしていた。

    また、番組では武井が陸上を始めるきっかけをつくった友人が“今何してる”かを紹介。その友人は中学時代に100メートルを10秒台で走っていた陸上界のエリート。その彼がスポーツテストで抜群の成績を出す武井を見て、陸上部に誘ったという。

    大学では野球かアメリカンフットボールか柔道をやろうと思っていた武井は、彼の一言で陸上部に入部。いきなりの100メートル走のデビュー戦で友人のベストタイムと同じ10秒9を叩きだした。武井の持つ十種競技の100メートル10秒54はいまも破られていない日本記録となっている。

    同番組は毎週水曜午後7時より放送。有名人の学生時代の同級生はいま何をしているのか? 番組スタッフがゲストの同級生の“いま”を徹底調査し、知られざるエピソードとともにゲストの素顔を掘り起こすバラエティー。次週15日は、ゲストに石塚英彦(ホンジャマカ)、田中律子が出演予定。


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160608-00000355-oric-ent

    【武井壮「僕は中学・高校は6年間ずっと学年トップ!学費は1円も払わず、100万円ぐらいもらって通っていた」】の続きを読む

    このページのトップヘ