芸能テロ

2chの芸能の反応をまとめています

    タグ:ツイッター

    65
    1: 名無しさん 2017/10/20(金) 19:34:50.48 _USER9
    衆院選(2017年10月22日投開票)の埼玉4区に立候補している無所属の豊田真由子・前衆院議員に「ハゲは怒ってます」と、声をかける頭の禿げた男性の様子がテレビで放送された。

    10月20日朝放送の情報番組「ビビット」(TBS系)で流れた場面だ。
    元秘書への「このハゲー!」などの暴言騒動で自民を離党した豊田氏は「うちの夫もそうなので...」などと対応、声をかけた男性は「(ハゲを)代表して許します」と応じていた。

    「そんなに怒ってない人もいます」

    20日の「ビビット」は冒頭の話題で、激戦の注目選挙区として埼玉4区を取り上げ、立候補者5人全員の活動を紹介した。既に暗くなった駅前。豊田氏の左手の方から、頭の禿げた男性が握手をしながら話しかけた。「ハゲは怒ってます」。

    豊田氏は、男性を無言でみつめながら何度かうなずく。男性が「そんなに怒ってない人もいます」と続けると、豊田氏は「うちの夫もそうなので。私はすごく愛しているんです」と答えた。男性は「じゃあ良かったです。(ハゲを)代表して許します」と応じていた。

    場面が変わり、女性リポーターがこの男性にインタビューをした。男性は「『このハゲー』っていう発言が独り歩きしていると思うんですけど、別に怒ってないハゲもいるよって一応言っときました」と説明。

    リポーターから、豊田氏は何と返答したのか、と尋ねられると、男性は「私の主人も同じ感じなんで、愛情を込めて言ってます、みたいな...」と紹介した。男性の属性について説明するテロップは表示されなかった。

    番組では、埼玉4区の話のあと、スタジオ陣のコメントははさまず、別の話題に移った。

    実は放送前の19日夜、漫談家の「ユリオカ超特Q」さんがツイッターで、

    「とりあえず 明日、金曜日は朝起きたら ビビットを観よう。話はそれからだ。何もないかもしれないが」とつぶやいていた。ユリオカ超特Qさんの公式ブログを見ると、額から頭頂部にかけて禿げている写真が公開されている。

    やりとりが面白く「吹いた」とツイッターで報告する人もユリオカ超特Qさんは、「爆笑オンエアバトル」(NHK)や「アメトーーク!」(テレビ朝日系)など人気お笑い・トーク番組への出演経験がある。

    前日夜の本人ツイートは知らずに20日のビビットの放送を見た人からは、ツイッターで「ビビットの豊田(前)議員に声かけてた禿げた人、ユリオカ超特Qじゃない?」「ユリオカさんじゃねえかw」といった反応が寄せられていた。ユリオカ超特Qさんとは認識せず、やりとりを見ていて面白くて「吹いた」と報告する人もいた。

    ユリオカ超特Qさんも関係場面の放送後、ツイッターで「歴史的和解!?勝手にハゲを代表してすいません」と投稿し、豊田氏に声をかけたのは自分だと認めた。

    埼玉4区には豊田氏の他に、いずれも新顔で、朝賀英義氏(共産)、青柳仁士氏(維新)、吉田芳朝氏(希望)、穂坂泰氏(自民)が立候補している(豊田氏以外は届け出順)。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13776383/
    2017年10月20日 18時51分 J-CASTニュース

    https://www.youtube.com/watch?v=DhupHceONGA

    【【衆院選挙】「ハゲは怒ってます」と声をかけられた豊田真由子候補の返答がテレビで流れる】の続きを読む

    6
    1: 名無しさん 2017/10/19(木) 06:48:14.13 _USER9
    俳優・いしだ壱成(42)が18日、フジテレビ系「良かれと思って!」に出演。髪が薄くなった、との世間の声に対し、「気にしてはいないです」と語った。

    髪の毛についての“世間の声”に「気にしてはないん…ですけど」とポツリ。同じくゲストとして出演した女優・加賀まりこが「でもこの辺(生え際)、てかってるわよ」とあっけらかんと指摘し、アンジャッシュ・児嶋が「ちょっとハゲたように見えるんだけど」とツッコむと、「(ハゲたかな、って意識は)多少…ありますけど、あんまり気にしようと思ってない」と困惑ぎみに答えた。

    壱成は「けっこう、ツイッターに“ハゲハゲハゲハゲ”って(書かれる)。カチンとはきますけど…」と穏やかな物言いで伝えていた。

    2017年10月18日 22時24分 デイリースポーツ
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13767123/ 
    【【芸能】<いしだ壱成>「けっこう、ツイッターに“ハゲハゲハゲハゲ”って(書かれる)。カチンとはきますけど…」】の続きを読む

    67
    1: 名無しさん 2017/08/24(木) 12:37:45.75 _USER9
    モデルで女優の西内まりやに対して、長期休業や芸能界からの引退、さらには結婚など、さまざまな情報が飛びかっている。

    「西内は東京都港区の飲食店やクラブの常連客でしたが、ここ数カ月で急に姿を見せなくなりました。一部では重病なのではないかという話も出ているほどです。仕事仲間とも連絡を取っていないらしく、完全に音信不通になっているといいます」(芸能プロダクション関係者)

    西内のオフィシャルホームページは5月10日から更新されておらず、個人のツイッターもインスタグラムも投稿が途絶えている。

    「西内はモデル業のほかに女優や歌手としても仕事をしていますが、結局どれも中途半端になった印象です。ローティーン向けのファッション雑誌『ニコラ』からティーン向けの『Seventeen』の専属モデルになったあたりまではよかったのですが、2015年にSeventeenから卒業し、多くのジャンルで仕事をしたのですが、どれも成功していません」(同・関係者)

    特に西内が今年1~3月期に主演したフジテレビの“月9”ドラマ『突然ですが、明日結婚します』は、全話通じての平均視聴率が6.7%と、それまでの月9史上の最低記録を更新してしまった。あまりに低調だったため、1話分を短縮して打ち切られている。

    また、前年の2015年にも連続ドラマ『ホテルコンシェルジュ』(TBS系)で主演しているが、平均視聴率7.9%と大失敗に終わっている。さらにさかのぼると、2013年のドラマ『山田くんと7人の魔女』(フジテレビ)でも視聴率が6.3%と、主演ドラマが3連続で失敗をしている。

    「“棒”とか“大根”とか、単純に酷評できるレベルではありません。演技が下手な女優というようなランキングで、上位に頻繁に名前を出す佐々木希にも匹敵しているといわれています。もうドラマの主役は絶対に回ってこないと評判です」(テレビ雑誌編集者)

    昨年8月にはモデルの呂敏(ろびん)と自動車内でキスをしている写真を女性週刊誌に掲載されている。この呂敏とは現在、同棲中だという。

    「月9が終わった際、あまりのひどい視聴率だったことから、打ち上げ会すらなかったそうです。そういった周囲の冷たい態度に、西内も完全に仕事に対する意欲を失ってしまったのです。それで呂敏との交際にはまりこんで、同棲に至ったみたいです。芸能界を引退するのではないかという話はそういった現在の状況から出ているのです。だからツイッターの投稿なども放棄したみたいなのです」(女性誌記者

    https://myjitsu.jp/archives/29264
    【【芸能】西内まりやが恋人と同棲し「音信不通」で芸能界引退へ】の続きを読む

    r
    1: 名無しさん 2017/08/22(火) 07:06:32.24 _USER9
    8/22(火) 6:33配信

    人気モデルでタレントのローラ(27)が所属事務所に対し、実質20年間の専属契約で不当に拘束されているとして、契約終了を求める申し入れ書を送付していたことが21日、分かった。ローラ側は、ボランティアのために拠出した2000万円の使途が不明になっているとも主張。信頼回復は「不可能」としており、独立を巡る法廷闘争に発展しそうだ。

    ツイッターのフォロワー数が400万人を超えるローラが「黒い心を持った人とは絶対に一緒にいたくない。10年の信頼を返して」と“謎のツイート”を投稿してから2カ月。沈黙を貫いていたローラが、ついに動いた。

    申し入れ書を送付したのは、2007年のデビュー時から所属する芸能事務所「LIBERA(リベラ)」。ローラは弁護士を代理人に立て、専属契約を終了する協議に応じるよう求めている。

    問題視しているのは、ローラがテレビで一躍脚光を浴びた直後の2010年7月に契約した内容。ローラの知人によると、有効期間が満10年と「芸能界でも相当長期な契約」(芸能プロ関係者)であるのに加え、期間満了の3カ月前までに契約更新しない意向を伝えても、事務所の了承がなければ、さらに10年間更新することができる内容になっている。

    「事務所の一方的な意向で実質20年間、不当に拘束できるわけで、これはさすがに公序良俗に反し無効であるというのが、彼女が相談した代理人の見解だった」という。

    現在、仕事などで渡米中のローラは友人らに「このままでは自分自身が壊れちゃう」と明かし、帰国した際に精神科に通院したことも。

    その原因は「デビュー時からずっと一緒に仕事をしてきたマネジャーや信頼していた女性役員など、5人ほどのスタッフがこの数年で次々と退社したことです。事務所社長と意見が対立した人がみんな辞めてしまい、信頼できる人がいなくなってしまった」(友人)という。

    ローラ自身も米国での仕事などで社長とは意見が対立。知人によれば「ボランティアのために使ってほしいと拠出した2000万円の使途が不明になっているなど信頼回復は不可能な状態」で、契約終了の協議を申し入れることになった。

    所属事務所はこの日、本紙の取材に「担当者が不在のためお答えすることができません」とコメント。一部では、昨年の同社の売り上げ推定8億円の9割がローラ関連だったとされるだけに“独立オッケー”と簡単にはいかないのが実情だ。

    ◆ローラ 1990年(平2)3月30日、東京都生まれ。父はバングラデシュ人、母はクオーター。雑誌「ViVi」の専属モデルを経て、CMやバラエティー番組などで活躍。タメ口キャラで人気となり、頬に手を当てる“オッケー”ポーズも流行。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170822-00000070-spnannex-ent
    【【芸能】ローラが所属事務所に“独立”要求!実質20年の専属契約は不当】の続きを読む

    7r
    1: 名無しさん 2017/08/20(日) 21:15:13.71 _USER9
    「顔が長い顔が長いとよく言われるので測ってみたら大体16センチ」
    菜々緒のインスタグラムにアップされたこの言葉は実は“桐谷潰し”だと言われている。菜々緒(28)が桐谷美玲(27)に“ガチバトル”を仕掛けたのだ。
     
    「菜々緒は7月29日、自身のインスタグラムに、顔にメジャーをあてた画像とともに“顔が長いとよく言われるので測ってみたら大体16センチ”という謎のコメントを突如アップしたのです。

    実は前日、桐谷もインスタでスタッフの手と比較するような自分の小顔写真をアップしており、“顔が小さい”と絶賛の声が相次いでいた。桐谷は顔の長さが18.5センチとされるだけに、ムキになった菜々緒が桐谷を公開処刑にしたと言われています」(芸能関係者)

    というのも、2人には因縁があった。菜々緒は、'16年7月期のフジテレビ系月9連ドラ『好きな人がいること』で主演の桐谷と共演。その時も桐谷を攻撃するツイートをし、緊張が走った過去があったのだ。
     
    「'16年7月、菜々緒はツイッターで“前髪ある人と顔の大きさ比べられたらそりゃ勝てないさ。あと身長も違うし、そりゃ勝てないさ”と意味不明のつぶやきをしたのですが、これは桐谷への攻撃だったとみられています。

    実は同ドラマ放送中、視聴者から“桐谷の顔って小さい。菜々緒と比べると歴然”の声がネット上で相次いだため、菜々緒が桐谷へのライバル心を増幅。現場では、口もきかない犬猿の仲になったそうです」(同)

    http://wjn.jp/article/detail/0710760/
    【【芸能】菜々緒がインスタグラムで“桐谷美玲潰し”小顔バトルでまたも勃発した犬猿の仲】の続きを読む

    76
    1: 名無しさん 2017/08/20(日) 11:34:43.43 _USER9
    人気女優の真木よう子(34)が、絶体絶命のピンチに陥っている。現在、主演を務めるドラマ「セシルのもくろみ」(フジテレビ系)が打ち切りになるばかりか、女優廃業の危機を迎える可能性が高いというから驚きだ。

    実は、真木主演の同ドラマは、今月17日に放送された第6話の平均視聴率が3・7%とワースト記録を更新した。だが、ピンチの原因は、この低視聴率ではないというから事態はより深刻。いったい真木は、どんなマズいことをやらかしたのか――。(視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区)

    「彼女のしたことは、ビデオリサーチ社の“資産”を侵害したに等しいんです。本人は軽い気持ちでつぶやいたのでしょうが、フジテレビの対応を見たら、その重大さ、深刻度が分かります」(フジ関係者)

    真木は何をつぶやいてしまったのか!? 問題のつぶやきは10日に放送された第5話の視聴率が判明した14日のことだ。

    「真木はその14日のうちに、『視聴率3・8%。こんなに視聴率が低いから是非、ドラマを見てください』とつぶやいてしまったんです。そもそも視聴率の数字は、ビデオリサーチが管理し契約会社だけに配布する“資産”でもある。それを何の断りもなく勝手に、視聴率データを個人のツイッターで公表してしまったから、マズいのひと言」(関係者)

    しかも、「ビデオリサーチ調べ」という表記もなかった。

    「それだけじゃない。自分のファンに対して個別に『ドラマを見て』と誘導までしている。万が一、ビデオリサーチ社に営業妨害、権利侵害だとフジと真木が訴えられたら、間違いなく負ける案件なんです」(同)

    実際に真木のツイッターは、つぶやいてから1時間もしないうちに削除された。さらにフジテレビの編成幹部らが、ガン首を揃え東京千代田区のビデオリサーチ社本社訪れ謝罪までしているのだ。

    「その後、フジの編成部から真木の事務所に対し厳重注意が出されたようです。でも、もとをただせば視聴率不振のドラマを少しでも盛り上げたいと思う気持ちからやってしまったこと。結果、フジテレビが全ての責任を負うことで、一応の決着をみたようです」(芸能プロ関係者)

    とはいえ、問題はその後だ。今回の真木のツイッター事件は瞬く間にテレビ界のみならず、芸能界や広告業界にも広まってしまった。

    「視聴率が3%台になったことで、スポンサーはもう降りたくて仕方がない。真木のこの不祥事をチャンス!とばかりにスポンサー降板をフジに申し入れたんです。結果、当初、10回予定のドラマですが7~8回の話数で打ち切りに向け話し合いが行われています」(広告代理店関係者)

    また、女優・真木に対するテレビ&芸能界の評価もダダ下がりだとも。

    「女優ならツイッターなどで放送元のフジに対しリップサービスをしないで演技力で挽回しろということです。今回のツイッター事件で“真木=やばい女優”というレッテルが貼られてしまった。ナショナルクライアントは、絶対に起用したがらない。要はスポンサーが付かないということ。今後、仕事は大激減する。下手をしたら引退ですよ!」(事情通)

    フジテレビとドラマに対する“愛”を見せたばかりに、とんだ目に遭ってしまった真木。もっとも、「視聴率を勝手に書き込んではいけない」という業界のルールを教えていなかったとしたら、事務所にも責任があるといわざるを得ない。

    2017年08月20日 11時00分
    http://www.tokyo-sports.co.jp/newsflash/738108/ 
    【【芸能】真木よう子“女優廃業危機”視聴率をツイッターで公表しフジテレビ幹部がビデオリサーチに謝罪】の続きを読む

    このページのトップヘ