芸能テロ

2chの芸能の反応をまとめています

    タグ:テレビ局

    a

    1 :
    YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/06/26(日) 16:53:47.66 ID:CAP_USER9.net

    今につづくプロ野球、職業野球のリーグ戦は、一九三六年にはじまった。その仕組みをととのえたのは、東京巨人軍をひきいた読売新聞である。

    プロ野球そのものも、読売新聞がてがける興行だと、当時はみなされた。読売以外の新聞は、だから試合の結果などをほとんどつたえていない。

    戦後にプロ野球人気が高まってからは、やや様子がかわりだす。読売以外の新聞も、紙面をさくようになっていく。

    とはいえ、他紙の報道も、人気の高いジャイアンツを中心にすえつづけた。テレビの時代になっても、読売グループの日本テレビが、このチームをもりたてている。他の地上波各局も、それに追随した。おかげで、ジャイアンツの人気は、ますます高まっている。

    関西圏では、一九六九年に開局したサンテレビが、事態をかえだした。同局がはじめた阪神戦の中継は、地元で阪神ファンをふやす、その起爆剤になっている。今では、関西でくらす野球好きの大半が、阪神を応援するまでになったと、前回のべた。

    しかし、こうした現象は、関西圏以外でもおこっている。中部地方や中国地方でも、中日ドラゴンズや広島カープが、ファンをふやしていった。

    二十世紀の後半には、地方局が地元のチームを、いっせいにあとおしする。放映権料の高い読売ではなく、コストがかからない地元球団の放映に、ふみきった。これにあおられ、地元にチームのある野球好きは、そちらへ心をよせるようになる。読売への気持ちは、払拭して。

    野球に関するかぎり、各地の地方局が、地元の自立をうながしたのだとみなしうる。関西圏の阪神ファンも、この全国共通といってよい趨勢(すうせい)によって、おおきくふくらんだ。そこに、関西や大阪の固有性は、量的な面をべつにすれば、見られない。

    この傾向は、全国的に読売のひいき筋をへらしている。かつては、読売対どこそこの中継を見たい読売ファンが、圧倒的な多数をしめていた。読売戦が全国ネットで高い視聴率を獲得したのは、そのためである。読売への一極集中こそが、野球放送を地上波の優良ソフトたらしめていた。

    しかし、今は野球好きの思いが、各地の地方球団へ分散されている。もう、どの球団も、全国ネットで視聴者をひろくひきつけることは、できなくなった。東京のキー局が、野球中継を見はなしたゆえんである。(国際日本文化研究センター教授)


    http://www.sankei.com/west/news/160626/wst1606260003-n2.html
    【テレビ局「野球中継は今後しない。必要ない」「視聴率が低い」「放映権料でも完全にサッカーに追い越された」「阪神ファンが怖い」】の続きを読む

    q1

    1 :Egg ★@\(^o^)/:2016/06/15(水) 08:26:53.17 ID:CAP_USER9.net

    久々にベッキー(32)が報道陣の前に姿を見せた。

    ロックバンド・ゲスの極み乙女。のボーカルの川谷絵音(27)との不倫騒動から約半年が経った6月10日、出演を見合わせていたレギュラー番組のひとつである、BSスカパー!の音楽番組『FULL CHORUS~音楽は、フルコーラス』への復帰収録終了前のことだった。

    不倫発覚当初の謝罪会見では報道陣からの質問をシャットアウトしたため「言い分だけを一方的に述べている」と猛烈なバッシングを受けた。

    その後に不倫が発覚したミュージシャンの石井竜也(56)、歌手のファンキー加藤(37)らが潔く謝罪したため、なおさらにベッキーの対応のマズさが目立った。ワイドショー芸能デスクが言う。

    「それでもベッキーが報道陣との直接対決を避けてきたのは、痛い所を追及されたくなかったからです。でも『金スマ』(TBS系)で、あれだけ“ない”と言い張っていた不倫を認めたので、もう怖いものはなくなったのでしょう。

    前回の失敗を踏まえて、レギュラー番組復帰という、このタイミングで質疑応答に応じたわけです」

    川谷の元妻とも“和解”し、報道陣への“禊ぎ”も済ましたベッキー。これで一気に復帰への動きが加速するかと思いきや、そうはいかない事情があるとテレビ局関係者は明かす。

    「今回の復帰はスポンサーへの影響が小さい有料放送だからできたこと。民放とは状況が違います。実は各局内でベッキーを番組に起用したいという声は多いのですが、最終的には上層部から『まだ早い』と判断が下されている」

    前述した『金スマ』の影響が大きい。視聴率は24%と番組史上最高を記録したが、それ以上に批判の声が圧倒的に多かった。前出のテレビ局関係者は続ける。

    「視聴者の反発が怖くて、どの番組も二の足を踏んでいる状態です。特に主婦層がメイン視聴者の番組では、過去にスポンサーの保険会社に『なんでベッキーを出しているんだ』とクレームが殺到したため、慎重姿勢を貫いています」

    今回のレギュラー復帰でスカパー!契約者の中には「ベッキーを擁護するなら解約する」という声も出る始末。ベッキースマイルが見られる日はまだ遠そうだ。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160615-00000004-pseven-ent
    【テレビ局上層部「ベッキーはまだ早い!視聴者の反発が怖くて」ネット「まだ川谷絵音と繋がっている!」】の続きを読む

    r2

    1 :Egg ★@\(^o^)/:2016/06/08(水) 16:07:08.34 ID:CAP_USER9.net

    5月13日放送の『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(TBS系)でテレビ復帰を果たしたベッキー。だが、その後も本格的な活動再開には至っていない。

    それどころか、苦しい台所事情が明らかになる報道が。一部週刊誌に、ベッキーの母が実家を借金の担保にしたという記事が掲載されたのだ。

    「限度額は7000万円と報じられています。今回の不倫騒動によって、事務所が受けた損害は約5億円ともいわれ、ベッキーがその半分以上を払うとされていますから、そのための苦肉の策でしょう」(ワイドショースタッフ)

    レギュラー番組にも戻れず、CMも流れない現状では、そうでもするしかない。それにしても、損害が5億とはかなり高額な数字だが、その中身はどういうものか?

    「実は、ここまで金額がふくらんでしまった要因は、あるスポンサーにあります。当時、ベッキーさんは10社とスポンサー契約を結んでいました。その中の1社が、彼女を出演させたスポットCMを2月ごろから各局で流す予定だったんです」(芸能プロ関係者)

    ちなみに、スポットCMとは、企業の新しい商品やサービスのキャンペーンを短期間で、大量に流すものだ。つまり、スポットCMは期間のわりに費用がかさむことになる。その企業も、各テレビ局の広告枠を確保するために、広告代理店に約5億円で発注していたという。

    「CMが流れることになっていた直前に『週刊文春』の記事が出たんです。その結果、すべてストップせざるをえなくなってしまいました。このキャンペーンは短期間の実施だったので、記事が少し遅れて出ていれば、こんな多額の損害は生まれなかったでしょう」(テレビ局関係者)

    しかも、CMにかかる費用はそれだけではない。例えば、スタジオを押さえて撮影し、編集をするという制作費。たとえテレビで流れなくても、CMを作った時点でそれなりの金額が発生しているわけだ。

    「ここにもたくさんの会社が絡んでいますし、制作費はベッキー側が支払わないといけないでしょう。また、そのスポンサーにとっては、CMキャンペーン後に入るであろう利益もなくなってしまったことは、もっと甚大な問題で、5億円の損害ではすみません。

    これは目に見えないお金なので、今後ベッキー側がスポンサーにいくら支払えばいいのか話し合いをすることになるのではないでしょうか」(前出・テレビ局関係者)

    その話がまとまれば、違約金が決まるものの「こじれてしまうと、裁判に発展することも十分にありうる」(前出・テレビ局関係者)という。

    さらに、冒頭で触れた『金スマ』についても、こう話す。

    「その回は2社のCM枠が『ACジャパン』に差し替えになっていました。テレビ局側がベッキーの出演を前もってスポンサーに知らせなかったことで2社は憤慨。

    直前にCMを流さぬようテレビ局側に要求したことで『ACジャパン』に差し替えたようです。要は、2社ともベッキーの復帰をまだ早いと思っていたのでしょう」(前出・テレビ局関係者)

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160608-00028032-jprime-ent
    【スポンサー2社がベッキーに憤慨!「出演するならCMを流すな!」とテレビ局側に要求】の続きを読む

    6t

    1 :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/06/03(金) 11:04:59.53 ID:CAP_USER9.net

    「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音との不貞問題で休業を余儀なくされたベッキー。

    5月13日放送の「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」(TBS系)で復帰を果たし、川谷の元妻が「終焉宣言」をしたことで“本格的に芸能活動を再開か?”と思われたが、簡単にはいかないようだ。

    ベッキーの出演再開について、27日のフジテレビ定例会見では、亀山千広社長が「何も決まっていない」と発言。

    続いて30日の日本テレビ定例会見でも小杉善信専務が「現場の番組から『復帰はこうしたい』という提案もありませんので、すべて未定」と語った。

    芸能ジャーナリストは「すべてはベッキー自身が招いたこと」という。

    「質疑応答なしの謝罪会見をさせたうえ、その内容が嘘だったこと。その会見前日に、『ありがとう文春』などの能天気なLINEを交わしていたこと。

    『金スマ』で『正式には付き合ってないんです』と言い訳をしたこと。川谷の元妻に直接謝罪をすることで、それを免罪符にしようと利用したこと。

    これら一連の言動で、世間のイメージは、“いい子のベッキー”から“ブラック・ベッキー”に変わってしまった。復帰するには、改めて会見を開くことが不可欠です。

    フルボッコ覚悟で時間も区切らず、質問にはすべて正直に答える。その反応を見て‥‥が順当でしょう」(前出・芸能ジャーナリスト)

    視聴者からは“ベッキー不要論”が流れる中、会見に臨むのは辛いかもしれないが、誠実な姿を見せるしかないようだ。


    http://dailynewsonline.jp/article/1139676/
    【テレビ局と視聴者に広まるベッキー不要論!「もう過去の人」「終わった子」】の続きを読む

    57

    1 :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/06/02(木) 06:35:30.83 ID:CAP_USER9.net

    5月28日放送の「メレンゲの気持ち」(日本テレビ系)に、1000回記念スペシャルとしてマツコ・デラックスがゲストとして出演した。

    過去には情報番組「ピンポン!」(TBS系)でコメンテーターを務めたほか、敬愛する黒柳徹子が司会の「徹子の部屋」(テレビ朝日系)に出演したこともあるが、最近ではマツコが昼の番組に登場するのは極めて異例の出来事だ。

    「これまで、マツコはプライベートを披露することがあまりありませんでしたから、放送前から『マツコの知られざる私生活か明らかに!』と積極的にあおっていました。しかし、マツコはプライベートを語ることも、昼の番組に出ることも自信がなかったようですね。

    意識して明るい色の衣装を選び、メイクも薄くしたと言っていました。自分でも無事に役目を果たせたと思ったのか、最後に『これでいいなら、また出てもいいわ』と気を良くしたようでした。

    これで本当に昼の時間帯に進出してきたら大変なことになりますよ。歯切れのいいマツコのトークは主婦層にも人気があるので、どの局もマツコは欲しい人材のはずです」(テレビ誌記者)

    すでに多数のレギュラー番組を抱え、多忙な日々のマツコだけに、リップサービスと見るのが自然だろう。しかし、本当に昼の番組に意欲があるとすれば、テレビ局による争奪戦が始まるかもしれない。

    http://dailynewsonline.jp/article/1139023/


    【マツコ・デラックス「昼の番組」テレビ局が争奪戦!「暑苦しいデブ見たくない」「稼ぎ過ぎ、出過ぎ」】の続きを読む

    81

    1 :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/05/31(火) 19:34:01.50 ID:CAP_USER9.net

    今月13日に『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(TBS系)でテレビ復帰したベッキー(32)が再び窮地に陥っている。

    不倫相手だったゲスの極み乙女。の川谷絵音(27)の元妻が終息宣言をしたことで世間の嫌悪感がやわらぎ、このまま一気に本格復帰となるとみられていた。ところが、いまだ肝心のレギュラー復帰のメドがまったく立っていないのだ。

    ■仁義なき「見切り復帰」で他局から総スカン

    日本テレビは5月30日に行われた定例社長会見で、ベッキーの同局レギュラー番組復帰について「未定」と明かした。

    同局では『世界の果てまでイッテQ!』『真実解明バラエティー!トリックハンター』『天才!志村どうぶつ園』にレギュラー出演していたが、同局の小杉善信専務(62)が「全て未定です。現場から『復帰はこうしたい』という提案もない」と説明した。

    3本もレギュラーを持っていたタレントに対する言葉としては、かなり突き放した印象である。

    また、スポーツニッポンによると、今月下旬に2本のレギュラー番組の収録に参加して本格復帰する予定だったが、どちらも立ち消えになってしまったという。

    『金スマ』でのベッキーの釈明は、司会を務める中居正広(43)の絶妙なリードが大きな助けとなり、世間でも好印象だったはずだが……。

    「テレビ復帰はごく一部の身内や『金スマ』関係者にしか知らされておらず、他局は寝耳に水だった。突然の休業で迷惑を掛けた他局スタッフやスポンサーに仁義を欠いており、ベッキーの復帰を応援しようとしていた関係者たちは『蚊帳の外』にされてシラケムードになっている。

    ベッキー側は復帰を焦るあまり、直前まで秘密にしておきたいTBSサイドの思惑に乗せられてしまったようです。

    事務所側はスポーツ紙に情報を漏らして根回しの代わりにしようと画策しましたが、それが今度はTBSサイドの逆鱗に触れてしまった。現場から復帰プランが聞こえてこないのも自業自得ですから仕方ない」(テレビ関係者)

    ベッキーはCM降板で数億円の違約金が発生したが、その半分を負担するとも報じられた。

    実際、発売中の『女性自身』(光文社)では川崎でベッキーが家族とともに暮らしている自宅が根抵当権に設定され、7000万円の担保にされたと伝えられている。所属事務所の損害も大きく、とにかく復帰を急ぎたい事情があるのにもどかしい状況となっている。

    ■ベッキーのレギュラー再起用は貧乏くじ?

    また、スポンサーや関係者に対する仁義とは別の問題もある。

    「ネット上では、ベッキーの復帰に合わせて番組やスポンサーへの抗議活動をしようとする動きが活発化。番組への苦情ならまだしも、スポンサーへの直接抗議はテレビ局の生命線にかかわってくる。

    以前よりは批判がやわらいだとはいえ、これはテレビ局にとって脅威となります。特にスポンサーの主要顧客である主婦層からの嫌悪感が根強く、何食わぬ顔でレギュラー復帰すれば抗議が殺到するのは確実。なかなかベッキーの復帰が進まない要因のひとつになっています」(前同)

    最初の復帰はTBSに取られてしまったのだから、他番組のレギュラー復帰はどうしても注目度が落ちる。となれば、せっかく復帰させても抗議に見合うものが得られず、単に貧乏くじを引くことになる危険性がある。

    元妻の「許し」を得ての準備万端の復帰と思われたが、実際は見切り発車でやることなすこと裏目。違約金の損害をカバーするためには前にも増して稼ぎまくらなくてはならないが、その前段階となるレギュラー復帰すら厳しい状態だ。

    果たして、ベッキーが本格的にお茶の間に帰ってくるのはいつになるのだろうか。


    http://dailynewsonline.jp/article/1138153/
    【ベッキーがテレビ局から総スカン!「主婦層からの嫌悪感が根強い」「矢口真里より印象が悪い」】の続きを読む

    このページのトップヘ