芸能テロ

2chの芸能の反応をまとめています

    タグ:テレビ朝日

    uy

    1 :Egg ★@\(^o^)/:2016/06/05(日) 13:33:38.23 ID:CAP_USER9.net

    タレントのビートたけし(69)が5日に放送されたテレビ朝日系「ビートたけしのTVタックル」(日曜・前11時55分)に出演し、2020年の東京五輪返上をぶち上げた。

    番組では、東京都の舛添要一知事(67)の政治資金の私的流用疑惑や辞任論について議論。現時点で舛添氏が辞任して都知事選となると、4年後の都知事選が東京五輪の時機と重なることが指摘された。

    さらに番組に出演していた前宮崎県知事の東国原英夫氏(58)が、もし舛添氏が辞任した場合の都知事選に出馬するかを問われ「全然ないです。ないです」と否定する一幕などがあった。

    番組は出演者が口々に持論を語って収拾が付かない状況となり、たけしが「一番えらいのは五輪をIOC(国際オリンピック委員会)に返還というヤツ。一番えらい。東京都はお返ししますと。五輪をやっている状態じゃなくなったから、お返ししますと」と、混乱する都政の現状について苦笑いしながら極論をぶち上げた。

    これに対し、元参院議員の田嶋陽子氏(75)が「それでいいよ」と真顔で同調。スタジオは笑いに包まれていた。

    なお東京での五輪開催を巡っては、東京で開催予定だった1940年大会を日中戦争の影響などで38年に返上した歴史がある。


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160605-00000055-sph-ent


    【ビートたけし「舛添要一知事の辞任で東京五輪をやっている状態じゃなくなったから、お返しします」】の続きを読む

    a1

    1 :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/06/05(日) 10:52:18.90 ID:CAP_USER9.net

    6月1日、7月スタートのドラマ「グ・ラ・メ!~総理の料理番~」(テレビ朝日系)で、剛力彩芽が主演を務めることがわかった。

    現在放送中の「ドクターカー」(日本テレビ系)でも主演している剛力だが、第7話では視聴率2.7%という爆死ぶりを見せており、なかなか結果を出せずにいる。

    にもかかわらず、またもや主演に抜擢されることに、ネット上には“所属事務所のゴリ押し”の言葉が多数書き込まれている。

    「剛力主演というだけで“誰トク?”感が漂います。脇を固める俳優陣はドラマ『民王』(テレビ朝日系)で人気に火が点いた高橋一生、

    『半沢直樹』(TBS系)でブレイクした滝藤賢一、『あさが来た』(NHK)で亀助を演じて知名度を上げた三宅弘城、

    『真田丸』(NHK)で面白味のある豊臣秀吉役で人気を再確認させてくれた小日向文世など。彼らが深みと厚みのある演技を見せてくれるのは確実なんですが‥‥」(テレビ誌ライター)

    さらにモヤッとした気分にさせるのが、天才的料理人の主人公が「官邸料理人」となり、料理で政治家たちを虜にしていくというストーリーだ。

    「これは昨年春に佐藤健が主演した人気ドラマ『天皇の料理番』(TBS系)をイメージしてしまいます。好演した佐藤健の女版を剛力が演じるとあっては、いくら脇を固めても高視聴率は望めない。

    それどころか、『ドクターカー』を超える爆死なる可能性は高そう。そうなればあの脇役陣たちも“低視聴率ドラマ出演者”のレッテルを貼られて役者人生の危機に陥るかもしれません」(テレビ番組制作会社社員)

    剛力をゴリ押しすることが、本当に彼女のためになるのだろうか?


    http://dailynewsonline.jp/article/1140448/


    【視聴率2%でも剛力彩芽が主演で爆死確実「低視聴率で脇役陣も役者人生危機」「ゴリ押しのドラマ潰し」】の続きを読む

    ta
    20

    1 :湛然 ★@\(^o^)/:2016/05/30(月) 05:08:22.09 ID:CAP_USER9.net

    女優の武井咲(22)が、テレビ朝日のスペシャルドラマ「瀬戸内少年野球団」(今秋放送)に主演する。

    作詞家で作家の故阿久悠さんの自伝的小説が原作で、84年に夏目雅子さんの主演で映画化。翌年、27歳の若さで亡くなった夏目さんの遺作となり、93年にはフジテレビで鈴木保奈美(49)主演でドラマ化された。

    敗戦直後の兵庫県淡路島が舞台で、子供たちが憧れる国民学校初等科の美人教師・中井駒子が主人公。明るく楽天的な性格で、野球を通して夢と希望を与えようと、夫と野球チーム「江坂タイガース」を結成。監督としてチームを率い、子供たちを勇気付ける。

    武井は撮影前に映画を見たといい「ただただ夏目さんが美しくて…。この方が演じられた役を私がやるという緊張感は物凄いものでした」と振り返る。

    撮影は関東近郊で行われ、教壇に立つ姿のほか、野球の試合の場面でユニホーム姿も披露。教師役は初めてだが「子供たちが試合をしている姿は、役を通り越して胸を打たれました。最後は、ありがとうという思いで子供たち全員に手紙を書きました」とすっかり教師の顔になっていた。

    紅一点で野球団に所属する少女役で人気子役の本田望結(11)が出演。島の名物おばさんを友近(42)、友近とNHK「あさが来た」で共演して注目を集め、84年の映画版には子役として出演した山内圭哉(44)が旅芸人を演じる。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160529-00000173-spnannex-ent


    【武井咲が「瀬戸内少年野球団」主演!「夏目雅子さんが美しくて…。緊張感は物凄いものでした」】の続きを読む

    このページのトップヘ