芸能テロ

2chの芸能の反応をまとめています

    タグ:テレビ

    7y
    1: 名無しさん 2017/08/25(金) 10:12:14.61 _USER9
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170825-00000088-spnannex-ent
    スポニチアネックス

    HKT48の指原莉乃(24)が25日、NHK総合「あさイチ」(月~金曜前8・15)に生出演。年上や目上の人とうまく付き合うための独自の処世術を明かした。

    タレントのタモリ(71)や「ダウンタウン」松本人志(53)など、大御所芸能人とうまくなじみ、共演の際にも違和感を感じさせない指原。視聴者からも「年配の方とうまく付き合うスキルはどうやって身につけたのか」と質問が寄せられる中、「偉い方とはフランクに話した方がいい」と持論を披露した。

    総合プロデューサーの秋元康氏(59)と話している時に気づいたという。トップの立場にいる人は、部下から常に気を使われたり、敬語で応対されるなどお堅い現場にいることが多いことから「若い人が“〇〇なんですよね~”って話しても怒らないし、逆に面白い子だと思われる」のだという。

    ただ、「ここは気を付けてください」と強調したのは“ちょっと偉い人”への対応。トップの人間は下から敬ってもらえるが、「自分の上にも下にも人がいる(中間管理職)方には、なれなれしくしてはダメ。敬う。低姿勢というのがいい」と話した。

    相手の立場の見分け方については、話しかけた際のリアクションで分かるとも。「なれなれしく話しかけて“あ、そうなんだよ…”って当たり前に返してきたらフランクにいって、抵抗感があるようだったら、一気に下からいくようにする。ちょっとやらしい感じですけど」。

    指原のスキルに、MCを務める「V6」の井ノ原快彦(41)、同局の有働由美子アナウンサー(48)も感心。井ノ原は「さっしー(指原)が低姿勢できたら、“俺はちょっと偉いんだ”って思っていいんですね」と話して笑わせていた。
    【【テレビ】指原莉乃の処世術“ちょっと偉い人”に気を付けろ「なれなれしくしてはダメ」】の続きを読む

    ik
    1: 名無しさん 2017/08/25(金) 13:13:22.65 _USER9
    8月22日に放送される『火曜サプライズ』(日本テレビ系)で、不倫疑惑が報じられている雨上がり決死隊の宮迫博之(47)に代役が立てられ、出演が見送られることが分かった。

    すでに番組の収録は済ませているが、『週刊文春』(文藝春秋)によって報じられた二股不倫報道の影響を鑑みた結果、宮迫を起用するリスクは高いと判断された。代役には、ANZEN漫才のみやぞん(32)が抜擢されるという。

    また宮迫は、これまでイメージキャラクターをつとめてきた、大手保険会社「アフラック」とのCM契約の解除も伝えられている。2014年からCMキャラクターに起用されており、がん保険をPRするCMが昨年の6月まで放送され、その後はホームページ上で動画が公開されていた。

    CMの契約料は1000万円以上とも言われており、宮迫はこれらを年々返還する可能性があるようだ。さらに新たに浮上しているのが、今月26日・27日放送の『24時間テレビ40 愛は地球を救う』(同)の出演降板だ。

    所属事務所では降板に関しては否定しているが、VTRでの出演や、登場シーンの差し替えなどの措置がとられるのではないかという声もあがっている。宮迫自身は11日放送の『バイキング』(フジテレビ系)で騒動に関して謝罪しているものの、想像以上に尾を引いているようだ。

    「今や芸人であれ、不倫は仕事に大きく影響するご法度な行為です。真っ白ではなく『オフホワイト』と主張したことから、ことのほかメディアが面白がって取り上げるようになりました。

    CMはタレントイメージが生命線でもあるため、早々に手を引いたのでしょう。また、チャリティーの部分が大きい『24時間テレビ』も同様の理由で、宮迫に対する待遇を変更することが予想されるでしょうね」(芸能記者)円満解決を強調した宮迫にとっては、予想外の事態となっている。

    ■芸人きっての“遊び人”として知られていた宮迫の今後は?
    こうした状況において、宮迫からはどんどん業界関係者が離れてしまっているという。こうした事態は、自身の番組にも影響が及ぶだろうとされている。

    「『火曜サプライズ』も出演が見送られた背景には、大手保険会社のスポンサーがついているため、その意向が強いと言われています。これは以前のベッキー(33)と同じ話。スポンサー企業に直接宮迫に関するクレームが来ることもあるようで、こうした影響を受けてスポンサーが局側に出演を取りやめよう迫るという流れになっているようです。業界全体が宮迫排除へ向かっているのは間違いない。宮迫のレギュラー番組に関しても、今後同様のことが起こるのではないでしょうか」(前出・芸能記者)
     
    また宮迫については、今回の報道以前も『女遊び好き』に関する噂は絶えなかった。こうした過去の女性問題も、今後掘り返されるのではないかと関係者は語る。

    「女性問題については、以前から事務所もかなり注意していたと言われています。これまでは宮迫が上手く立ち回っていたことや、芸歴が上がるにつれ周囲も黙認していたがそれが裏目に出た。過去にも不倫疑惑が何度も報じられ、今回も複数女性と疑惑を振りまいた。テレビ業界の関係者の間では宮迫は完全に信頼を失った。もう危なかったしくて使えないという判断が広まりつつあります」(同・記者)

    不倫の重すぎる代償はまだ始まったばかりなのかもしれない。

    https://news.infoseek.co.jp/article/dailynewsonline_1347029?ptadid= 
    【【二股不倫】雨上がり宮迫博之がテレビから消える?不倫釈明も業界内で失った信頼は戻らず】の続きを読む

    67
    1: 名無しさん 2017/08/25(金) 06:52:42.54 _USER9
    元EE JUMPのユウキこと後藤祐樹さん(31)が、25日にAmazonプライム・ビデオで配信されるバラエティー番組『今田×東野のカリギュラ』に出演。芸能界を引退してから約15年ぶりに番組収録に参加した。その後、ORICON NEWSのインタビューに応じ、今の心境や逮捕時に話題となった首の入れ墨などについてたっぷりと語った。

    “カリギュラ”とは“禁止されるほど試してみたくなる心理現象”。25日に配信される第13話「地上波ではなかなか会えないあの人は、今?!」に後藤さんが出演。MCの今田耕司と東野幸治から呼び込まれると、緊張した面持ちで15年ぶりにカメラの前に姿を見せた。

    番組は後藤さんの人生をクローズアップ。1999年に姉・後藤真希が『モーニング娘。』としてデビュー。その会場で事務所の目に留まり、スカウトされて自身も芸能界に入ることになった後藤さん。ここまでは順風満帆だったが、その直後から運命の歯車が狂い出す。

    バンド活動を希望していたが、男女2人組ユニットでデビュー。そのため「恥ずかしかった」という思いから事務所の仕事をバックレるようになり、15歳だった2002年にキャバクラでの飲酒が週刊誌に掲載された。事務所からは残る選択肢も提示されたが、芸能界引退の道を選んだ。

    引退後は「芸能界で入れ墨というのは、まだまだ厳しい。入れることで戻れないのであれば、それでも構わない」と覚悟を決めてタトゥーを入れた。首筋にある鯉の入れ墨は18歳前後の荒れた時期に「後先を考えずに入れた」と述懐。どんどん増えていくタトゥーに姉の真希は「バカだなぁ」と漏らしたという。その後は坂道を転げ落ちるように悪の道へ。

    工事現場から銅線を盗むようになり、07年には強盗致傷で逮捕。懲役5年6ヶ月の実刑判決を受け、川越少年刑務所に服役した。その際に母親から言われた一言は生涯、忘れることはできないと番組で語った。さらに過酷な刑務所内での生活をVTRで再現し、12年に出所して以降は改心。全ての出来事を受け入れて前向きに生活をしている。

    収録を終えて、後藤さんは「15年ぶりというのもあって、収録前から緊張しました。でも、東野さんと今田さんがやりやすくしてくれて、話しやすかったです」と破顔一笑。現在は2番目の姉の夫の会社でアンテナ工事の仕事しているという。18歳のときに結婚した女性とは離婚し、今は4年ほど前に知り合った一般の女性と再婚しており、番組には奥さんも出演している。

    15年ぶりに出演した経緯を聞くと「今回、僕の妻と僕が一緒に通っている美容師さんからお話をいただいた。今まで雑誌だったり、映画の出演だったり、オファーは何件かあったんです。でも、その方の素性が怪しかったりした。でも、今回は妻が信用している美容師さんでした。あと、東野さんと今田さんを妻がすごく好きという理由もありましたし、僕でよければと思いました」と明かした。

    >>2以降に続きます

    2017-08-25 06:00

    http://www.oricon.co.jp/news/2096168/full/
    【【芸能】後藤真希の弟、祐樹さんが15年ぶりに番組収録!騒動全て糧に再婚し「今は幸せです」】の続きを読む

    i
    1: 名無しさん 2017/08/24(木) 14:37:25.17 _USER9
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170824-00000112-sph-ent
    スポーツ報知

    24日放送のフジテレビ系「バイキング」(月~金曜・前11時55分)では、ネットで“炎上”しているPR動画について特集した。

    最近では、俳優の新井浩文(38)が出演する「牛乳石鹸」のPR動画が話題に。新井演じる会社員の男性が、息子の誕生日に妻からの電話を無視し、部下と飲み行く…というストーリーで、スタジオで全編を見たMCで俳優の坂上忍(50)は「これの何が悪いのか…さっぱり分からない」と不思議顔。

    しかし、コメンテーターで出演したタレントの山田邦子(57)は「男の人と女の人の考え方(の違い)。私は働いているから男の人の気持ちも分かるんですけど、部下のことを励ましたんでしょ。でも大切な日ってあんのよ、女には」とし、「せめて電話に出てほしい」とした。

    また、新井がツイッターで「うちの事は嫌いでも、牛乳石鹸は嫌いにならないでください」とつぶやいたことも紹介。坂上は「えらいよ。役者にこんなことさせちゃダメだよね」と話していた。
    【【テレビ】坂上忍“炎上”の牛乳石鹸ネットCMに「何が悪いのか…さっぱり分からない」】の続きを読む

    75
    1: 名無しさん 2017/08/24(木) 10:15:28.03 _USER9
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170824-00000085-sph-ent
    スポーツ報知

    フジテレビ系「とくダネ!」(月~金曜・前8時)で芸能リポーターを務める平野早苗さんが24日、前日に行われた女優・高畑淳子(62)の会見で“口封じ”された瞬間のことを語った。

    昨年8月23日は、長男で俳優の高畑裕太(23)が強姦(ごうかん)致傷容疑で逮捕された日。後に示談が成立し不起訴になった騒動から、ちょうど1年の節目だった。行われた会見は主演舞台「土佐堀川 近代ニッポン―女性を花咲かせた女 広岡浅子の生涯」(東京・日比谷シアタークリエで10月4日~28日、演出・田村孝裕)の製作発表。

    ヒロインの娘(三倉茉奈)が反抗期になる設定でもあり「お子さんにも反抗期は…」との問い掛けに対して、高畑が質問した平野さんの口を自らの手でふさぐ猛ディフェンス。いずれも笑顔の和やかムードではあったが、直後に高畑は「あ、ごめんなさいね! お化粧が…。暴力的ですよね。ごめんなさい」とお詫びしつつ「ごめんなさい。皆さんもお仕事だと分かりますけど、お察しください」とお願いしていた。

    会見では舞台のこと以外の質問はNG。そこで平野さんらは「舞台に関わることから遠回しに聞く」ことで質問をぶつけることが続いていた。その最中での高畑の行動で「会場の雰囲気がちょっと変わった。それまで質問は高畑さんだけにぶつけられるという状況だった。そうすると周りの(出演者の)人たちも少し引く感じなる。それ一気にワッと笑いになってやわらいだ雰囲気になった」という。

    さらに高畑の気遣いを感じたのは会見終了後。去り際に直接「本当にごめんなさいね」と謝られたという。

    大女優と芸能リポーターの一連のやりとりに、MCの小倉智昭氏は(70)は「面白いよね。さすが機転も効いて」と絶賛。女優の新妻聖子(36)も「座長としての気遣いで、他の俳優さんも映るように『田山さん?』とか言って助けを求めて。その結果、みなさんも映るので、それも高畑さんの気遣いなのかな」と話していた。

    なおこれまで、芸能人と丁々発止のやりとりを長年してきた平野さんも「口を封じられたのは初めて」と話していた。
    【【テレビ】高畑淳子に“暴力的口封じ”された芸能リポーターが感じた大女優としての気遣い】の続きを読む

    5
    1: 名無しさん 2017/08/23(水) 18:55:05.40 _USER9
    「乙武クン」と愛人を「糟糠の妻」が訴えた!!(1)

    世間は誤魔化せたのかもしれない。だが、糟糠の妻の目は誤魔化せなかった──。目下、言論活動を再開している「5人不倫」の乙武洋匡(ひろただ)氏(41)。今なお「いい人」として発言しているように映るが、そこに元夫人が「待った」を掛けた。彼とその不倫相手を提訴したのだ。

    8月4日、東京地裁。ひとりの弁護士が2通の訴状を携えていた。その前日、そこから1キロしか離れていない総理官邸では、内閣改造による「刷新」が試みられていた。

    だがこの日、裁判所を訪れた件(くだん)の弁護士は、生活の「刷新」を踏みにじられたある女性の代理人として、彼女の傷付き、憤懣やるかたない思いとともに、訴状を提出したのである。

    原告、つまり被害を訴え出たのはある男性の元夫人。そして被告、すなわち彼女に訴えられたのは、かつて非の打ちどころのない「日本一いい人」と持て囃された男性だった。

    彼の名を、乙武洋匡と言う。

    詳細は後に改めて触れるが、1年5カ月前に不倫が発覚し、別居、離婚を経て、彼の「虚像」は崩れさった。これで「乙武問題」は解決したかに見えた。

    しかし、映画と違って現実は、エンドロールが流れて一件落着とは行かず、人生は「その後」も続いていく。不倫発覚後もなお「仮面」を被り続けていたという乙武氏の「罪つくり物語」にも終止符は打たれておらず、ついに法廷の場に持ち込まれたのだ。その引き金を引いたのは、今や押しも押されもせぬ芸能界の「ご意見番」の座にある、超大物お笑い芸人だった──。

    >>2以降に続きます

    芸能週刊新潮 2017年8月17・24日夏季特大号掲載
    https://www.dailyshincho.jp/article/2017/08230801/?all=1 
    【【芸能】乙武洋匡「5人不倫」第2幕「ワイドナショー」で語った身勝手な言い分】の続きを読む

    このページのトップヘ