芸能テロ

2chの芸能の反応をまとめています

    タグ:テレビ

    24
    1 : 三毛猫 φ ★@無断転載は禁止2016/12/08(木) 15:02:49.46 ID:CAP_USER9
    7日放送の「マツコ&有吉の怒り新党」(テレビ朝日系)で有吉弘行が、飲食店で過剰とも思える「シェア」に、痛烈なツッコミを入れる場面があった。

    番組では「3人で来て料理1品だけ 『シェア』がひどすぎる!」と題して、家族で小さな飲食店を営む28歳の女性からの訴えを取り上げた。

    その訴えによると、店では最近「シェアするお客」が急増し、例えば3人で1人前の料理しか注文せず「シェアするので取り皿ください」と、当たり前にように言ってくるのだとか。

    店側は、お茶やおしぼりを客数分出すので、利益は減る一方なのだという。そして、このような「シェアする客をどう思うか?」と、有吉とマツコ・デラックスに意見を求めた。

    ふたりは、客が店を選んでやるべきとの意見で一致したが、番組によると10代~60代の男女500人へのアンケートで、「人数分をオーダーせずシェアするのはアリ」と答えた人は全体の63.8%にのぼるという。

    さらに、この視聴者の訴えに関連して、アシスタントの青山愛アナウンサーが、「ある焼き鳥屋さんでは、こんな困ったことがあるそうです」と、さらに別のケースを紹介した。

    それは「6人の女子会で2人前程度の焼き鳥を頼み、串から外してナイフで切り分けて、シェアしてるお客さんがいた」というもの。

    有吉は「バカじゃないの」と一蹴したが、マツコは「何?どういうこと?ナイフで切り分けてる?」と理解に苦しんだ。すると有吉が、身振り手振りを加えて「串の焼き鳥5本を外して…みんなでちょっとずつ小さくして…」と説明。しかし、すぐさま「ネズミのエサかよ!」と呆れた様子で吐き捨て、笑いを誘った。

    http://news.livedoor.com/article/detail/12386805/
    【有吉弘行「ネズミのエサかよ!」6人の女子会で2人前の焼き鳥を頼み「シェアする」客を批判】の続きを読む

    20161202narim
    1 : investment ★@無断転載は禁止2016/12/05(月) 16:30:55.43 ID:CAP_USER9
    先週発売の「フライデー」(講談社)がスクープした成宮寛貴コカイン報道が意外な展開を見せている。「フライデー」の記事は周知のように、成宮の友人・A氏が成宮のコカイン吸引を証言し、その吸引現場と称する写真を掲載したものだが、テレビのワイドショーが一斉にこれを後追いしているのだ。 

    いくら週刊誌が報道しているとはいえ、逮捕もされていない段階でテレビが芸能人のクスリ疑惑を名指しで報道するのはきわめて異例のこと。ASKAや清原和博のシャブ疑惑を「週刊文春」(文藝春秋)が報道した時もテレビはまったくふれなかった。 

    もちろん、各局とも一応は疑惑を否定するトーンでやっている。『とくダネ!』(フジテレビ)では、小倉智昭が「苦労した人がそんなことをするとは思えない」と報道に否定的な見解を示し、『直撃LIVE グッディ!』(フジテレビ)でも、八嶋智人らが「正義感が強い」「真面目な青年」と成宮をかばった。

    また、『ワイドナショー』(フジテレビ)の松本人志にいたっては、「下手したら廃刊ですよ」と「フライデー」を恫喝するようなコメントまで口にした。 

    しかし、一方で、中立的に取り上げている番組も多く、たとえば、爆笑問題の『サンデー・ジャポン』(TBS)は、成宮の所属事務所の「法的措置をとる」という全面否定コメントを紹介する一方で、「フライデー」編集部を直撃。来週、第二弾を準備しているというコメントを引き出していた。 

    しかも、前述したように、これまでテレビはこうした芸能人のクスリ疑惑について、逮捕前に踏み込むことなど、ほとんどなかったのだ。それが、今回、成宮のコカイン報道をすべてのテレビ局が大々的に後追いしたのはなぜか。スポーツ紙記者がこう解説する。

    「ASKA 事件で視聴率や部数がすごく伸びていましたからね。芸能人のクスリは数字を稼げると前のめりになっていたところに、このニュースが飛び込んできたので、一気に踏み込んだということでしょう。

    ただ、これがもしバーニングやジャニーズのタレントだったら、絶対に一秒も触れなかったとも思いますよ。やっぱり大きいのは、成宮の所属事務所の問題ですよ」 

    成宮の所属事務所のトップコートは、松坂桃李、菅田将暉、杏、佐々木希など、今をときめく若手俳優やタレントが所属しているが、規模はさして大きくなく、芸能界の後ろ盾も弱いといわれている。

    「トップコートを立ち上げたのは、ナベプロ(ワタナベエンターテインメント)の渡辺ミキ社長の妹さんで、いちおう系列ではありますが、お姉さんとの関係は微妙で、ナベプロが後ろ盾になっているわけではない。芸能マスコミとしてはやりやすかったんですよ」(前出・スポーツ紙記者)

    https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12218-5351/
    【嵐 大野智の大麻報道は一切無視したテレビ局が成宮寛貴コカイン疑惑を報道した理由】の続きを読む

    17
    1 : 三毛猫 φ ★@無断転載は禁止2016/12/04(日) 13:22:14.98 ID:CAP_USER9
    「ダウンタウン」の松本人志(53)とタレントの石原良純(54)が4日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」(日曜・前10時)で、写真週刊誌が俳優の成宮寛貴(34)が「薬物を使用している」とする記事を掲載したことを批判した。 

    石原は「こんな物出していいの?ASKA容疑者のは警察が出した後の報道だからいいと思うけど、白と黒はっきりつかない、何も範疇が無いものに、こんなに大きく報道していいの?写真もさ、例えばボクが殴ろうとしても、血のりだったら分からないじゃん」と記事の信ぴょう性を疑った。 

    松本は「あの写真見て詳しい人は分かるのかな?よっぽど自信持ってやってるんだろね、下手したら廃刊ですよ。クスリってね『あいつクスリやってるで』って言われたら何となくそう見えてくる。検査やったらやったで、何日前から抜いてたんだとかどうせ言われるし、真っ白はもう無理」と危惧した。 

    石原も「裏付けがあるって言っても、雑誌側がそこにないデータ。成宮さんの名前が出てくるだけでかわいそうだと今の時点では思う。

    こちら側は徹底的に、警察も含めてやってもらって、違った場合には、やった雑誌を潰すつもりでやった方がいい。真実はまだ分からないけど、雑誌社はそのくらいの覚悟で出してきてるんでしょ?」と持論を展開した。 

    さらに松本は「白やったときは、この番組でしっかり白やったってやってあげないと」と約束していた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161204-00000113-sph-ent
    【松本人志が成宮寛貴コカイン吸引報道を批判「真っ白はもう無理。下手したら廃刊」石原良純「警察も徹底的にやって」】の続きを読む

    025168
    4735
    001
    1 : o(^・-・^)o ★@無断転載は禁止2016/11/30(水) 14:54:01.35 ID:CAP_USER9
    【簡単に説明すると】
    ・『マツコの知らない世界』でスキ間掃除特集
    ・キーボード掃除のビフォア、アフターが別物に?
    ・Windowsキーのロゴが全く違う

    11月29日の21時20分から放送された『マツコの知らない世界(TBS系)』にて「スキ間掃除の世界」の特集が行われた。お手軽すき間掃除グッズベスト7が公開されその中にキーボードなどの隙間を掃除する『サイバークリーン』が6位として紹介された。

    マツコが「きったないキーボードね」「テレビ局って汚いでしょ」としながら掃除を開始。するとビフォア、アフターで掃除前と掃除後が別のキーボードなのだ。何故同じキーボードじゃなくて別のキーボードでビフォア、アフターなのか?

    予想以上にゴミが取れずにアフターとしての絵が撮れなかった。何個かキーボードを持って来て掃除している内にごちゃごちゃになり間違えてしまった……などなどいろいろ推測できるがハッキリとした理由は不明。

    ビフォア、アフターのキーボードの違いはWindowsキーのロゴで分かる。ビフォアのキーボードは汚れだけでなく、キーボードの文字もかすれており、アフターになるとそのかすれたボタンの文字が復活しているのだ。

    まるで新品同様状態に。今回の『マツコの知らない世界』は12月6日(火)20:56までTVerで無料で観ることができる。

    http://gogotsu.com/archives/24101
    【TBS「マツコの知らない世界」で捏造!スキ間掃除の世界の掃除後のキーボードが別物に】の続きを読む

    5336
    1 : Egg ★@無断転載は禁止 ©2ch.net2016/11/28(月) 22:09:49.63 ID:CAP_USER9
    警視庁組織犯罪対策5課は28日、覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで、歌手のASKA(本名・宮崎重明)容疑者(58)を逮捕した。

    ASKA容疑者はこの日午後、報道各社が覚醒剤使用の疑いを一斉に報じると、テレビをチェックしながら行っているかのように、自身のブログを頻繁に更新。一貫して容疑を否定し続けた。

    まず「はいはい。みなさん。落ち着いて」というタイトルで更新。

    「間違いですよ。詳しくは、書けませんが、先日、僕の方から被害届けを出したのです。被害の内容は、想像して下さい。そしたら、逆に疑われてしまいまして、尿検査をうけました。何の、問題もありません。ずべて(原文ママ)、フライングのニュースです。これから、弁護士と話をいたします」と事態の沈静化を図った。

    2度目の更新では「陽性は、ありません。100%ありません」と念を押した。さらに、日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」(月~金曜後1・55)には、「ミヤネ屋さんへ。」と名指しで批判。

    「『人が、信じられなくなってる。』なんて、電話はしてませんよ。Appleのアカウントを、週に2回も乗っ取られ、インターネット、メールも一切出来なくなってしまいました。相手も特定出来ていたので、直ぐに警察に電話もしました。『サイバーを紹介して下さい』と。それだけです。幻聴、幻覚など、まったくありません」と生放送中にメッセージを放った。

    夕方のニュースでも大きく取り上げられると、反響の大きさに「とにかく驚いています」と心境をつづり、「もし、科研が調べたのであれば、無実は証明されているはずです。尿から、覚せい剤反応が出るわけなんてことは、あるわけがなのですから。これは、マスコミのフライングです。今は、これしかお伝えすることはありません」と持論を展開した。

    一方、民放テレビ各社は「覚醒剤使用の疑いで逮捕へ」に続いて、ASKA容疑者が東京・目黒区の自宅に戻った午後6時半ごろの様子や、午後7時前にASKA容疑者を乗せた車が自宅を出ようとするとテレビカメラが殺到し、車のエンブレムが壊れるほどの混乱となって一度は外出を断念していた模様を生中継した。

    午後7時には通常の番組に戻ったが、フジテレビが運営するニュース専門チャンネル「ホウドウキョク」などネットのニュースサイトが生中継し続け、午後8時半前にASKA容疑者を任意同行する様子を伝えた。

    AbemaTVはオートバイで、ASKA容疑者が乗った捜査車両を追跡し、東京・桜田門の警視庁に入るまで“完全中継”する異例の展開となった。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161128-00000588-sanspo-ent
    【ASKA容疑者を逮捕“異例”の展開「テレビ見ながらブログで反論し続け、ネットTVは完全中継」】の続きを読む

    ref
    1 : 砂漠のマスカレード ★@無断転載は禁止2016/11/27(日) 13:52:24.29 ID:CAP_USER9
    今年3月に『週刊新潮』で不倫を報じられた作家の乙武洋匡氏(40)が、27日に放送されたフジテレビ系トーク番組『ワイドナショー』(毎週日曜10:00~11:15)に出演し、9カ月ぶりにテレビ復帰を果たした。

    過去に5人の女性との関係があったことを認めた乙武氏は、公式サイトで妻と共に謝罪文を掲載。今年9月には離婚が成立していた。同番組にはコメンテーターとしてたびたび出演していたが、この日はダウンタウン・松本人志(53)、司会の東野幸治(49)らが自宅を訪問。騒動後の生活や心境を語った。

    最近は大学生との勉強会に備えて日本史の勉強をしたり、大学院の論文を書いたりと自宅にこもる毎日。「ある意味、謹慎生活。ずっとこもって」と自嘲しながら、「いろいろなことを考えさせられます。そんな中でいろいろな人のありがたさみたいなものをあらためて実感しています」と自らの過ちを重く受けとめている。

    また、「私がしでかしたこと自体は、妻はずっと前から知っていたこと」「それ自体が2人の間で揉め事になることはなかった。世間様はいろいろ思うところはあるかもしれませんが」と不倫が黙認されていたことを告白。想像を超える騒動に発展したことから妻への大きな負担となり、子どもを守るためにも離婚を決意した。

    3人の子どもとは約7カ月会っていない状態で、「一生会わさないと言われてるわけではないんですけど、まだちょっと……」。

    その理由の1つが、マスコミの張り込みがいまだに続いていること。最近も美容院に行った際に車で尾行された。長男には、「世間の人から怒られちゃった。お母さん以外の女の人と仲良くしていた」などと正直に事情を説明したという。

    「自分が障害者であることで、下駄をはかせていただいていた部分があると思う」と振り返る乙武氏。

    「叩かれてプラマイゼロどころかマイナスからもう一回スタートしてどこまでやれるのかというのが私自身の真価が問われているところ」と現状を受けとめ、「本格的に復帰させていただく際は、"ゲスの極み乙武"としてがんばっていきたい」と最後は笑いを交えつつ意気込みを語った。

    http://news.livedoor.com/article/detail/12338612/
    【不倫離婚の乙武洋匡がテレビ復帰で真相語る「自宅に引きこもる毎日。子供を守るためにも離婚を決意した」】の続きを読む

    このページのトップヘ