芸能テロ

2chの芸能の反応をまとめています

    タグ:テレビ

    A

    1 :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/07/20(水) 15:37:43.82 ID:CAP_USER9.net

    7月14日放送の『じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~』(テレビ東京系)に、ものまねタレントの清水アキラ(62)が出演。全盛期のギャラ事情について語った。

    番組中盤、この日三番目のゲストとして登場した清水は、五木ひろしと村田英雄のマネをしたら、それでレパートリーがなくなってしまったため、この先どうやって生きていこうかと悩んでいたところ、楽屋にセロテープがあるのを発見。

    自分の顔に貼ってみたら、「あれ、研ナオコさんだ」「あれ、谷村新司さんだ」と次々に新しいネタを思いついたという。

    そして清水は当時のギャラについて語り始めた。「ものまね(大会)で優勝すると、ギャラが上がるわけですよ。それで(営業)1本、売値が50万くらいになった。

    それでブームが来て100万になって、200万になって」と、当時の営業1本あたりの金額を暴露。最高額は1本500万円だったが、事務所に所属していたため給料は月50万円だったという。

    そのため、清水が知り合いの某有名ものまねタレントに相談すると、そのタレントは月に1000万もらっていると聞いて驚き、事務所と相談し個人事務所を立ち上げた。

    すると清水の月収はすぐに1500万円になり、最高で4000万円にもなった。当時32~33歳だったが、テレビのものまね番組のギャラは1本600万円。清水は「10年ほどで45億円を稼いだ」と暴露し、その金額に、出演者たちは騒然としていた。

    「ものまねタレントは本人より気軽に呼べる印象があり、複数のレパートリーがあるとお得感があるので、地方の営業仕事に向いています。

    営業仕事はテレビよりギャラが高いのが一般的で、有名なテレビタレントより稼いでいるケースも多いのですが、清水アキラの稼いだ金額は驚愕ですね。現在は引退をほのめかしていますが、それも当然でしょう」(芸能誌記者)――もはやどっちが“本物”か分からない?

    http://dailynewsonline.jp/article/1166347/
    【「10年で45億円稼いだ」大物ものまねタレントがギャラ事情を公開「事務所の給料は月50万円。独立すると1500万円になり、最高で4000万円」】の続きを読む

    u7
    21

    1 : YG防衛軍 2016/07/19(火) 23:31:20.98 ID:CAP_USER9

    タレント・藤本美貴が料理中にフライパンで「火傷しました」とブログに腕の傷の写真を投稿。10センチにわたり切ったように見える傷で「思いっきりざっくりと…大丈夫ですか?」などと心配する声が寄せられている。

    藤本は19日夜、「いたーい」のタイトルでこの日初めてのブログを更新。「急いでたらフライパンで火傷しました」と右腕の内側の写真をアップ。「いたい」「気をつけよう」とコメントした。

    火傷というよりも、腕の内側の柔らかい皮膚の部分を斜めに約10センチにわたり切ったように見える傷。うっすら赤くなっている部分もあり、傷痕から推測すると、フライパンのフチで火傷したとも考えられる。

    ファンからは「結構ガッツリいっちゃったね この時期だと目立っちゃうし(中略)子育てで忙しいかもだけど自分も大切にしてください」「大丈夫!?痛そう~」「うわっ!!思いっきりざっくりと…大丈夫ですか?痛そう」などと、心配するコメントがブログに次々に寄せられていた。


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160719-00000120-dal-ent
    【藤本美貴が火傷で腕に10センチの傷「料理中にフライパンで」心配の声「DVだろ」「かまってほしいんだな」「結婚したから問題ない」「離婚まだ?」】の続きを読む

    q1

    1 : 砂漠のマスカレード 2016/07/20(水) 06:22:39.79 ID:CAP_USER9

    どうする!? マツコ! タレントのマツコ・デラックス(43)が「2016上半期タレントCM起用社数ランキング」(ニホンモニター調べ)で、女性部門初の単独トップ(12社)に輝いた。このおめでたい出来事の裏で、実は深刻な苦悩に直面していることがわかった。

    マツコをCM起用している複数の大手スポンサー関係者が「頼むからもうやめてくれ!」と降板を懇願している番組があるというのだ。それはTOKYO MXの「5時に夢中!」。マツコ人気のキッカケとなった番組とスポンサーの板ばさみにマツコは――。

    昨年末に発表された2015年の同ランキングでは4番目の起用社数だったマツコが、契約会社を2社増やし、初の栄冠に輝いた。

    「テレビ東京以外の民放はすべてレギュラーを持っているように、いまマツコの影響力は大きい。実際、『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)や、『夜の巷を徘徊する』(テレビ朝日系)などの番組で紹介した商品や『これイイ!』とマツコが言ったモノが品薄になるなど“売れる”実績を積んでいる」とはあるテレビ局関係者。

    それだけのレギュラー番組、CMを持つマツコの人気を支えているのは、独特の歯に衣着せぬ本音トークなのは間違いない。だが、このトークにいまさらながら広告関係者たちがおびえているという。

    ある芸能プロ関係者は「代理店の人たちが『もう降りてくれ』と悲鳴を上げているのが、TOKYO MXの『5時に夢中!』なんです」。

    東京ローカルの番組だが、なぜ、そこまで恐れられているのかというと「マツコが持っているレギュラー番組の中で唯一の生放送で、時事ネタを斬る番組。

    何らかの発言が視聴者の反感を買うようなことで炎上しようものなら、CM自粛にまで発展しかねないのが、今のネット社会です。生放送、時事ネタなど、代理店の人たちにとっては不安定要素がいっぱいなんです」と同関係者は語る。

    確かに、これまでCMランキングの上位の常連たちの顔ぶれを見ると有村架純(23)、吉田羊(年齢非公表)、広瀬すず(18)、そして歴代女王も上戸彩(30)、武井咲(22)と女優の肩書がほとんど。テレビでの発言が炎上する心配はあまりない。

    だからといってマツコにも「5時に夢中!」を簡単には降りられない事情がある。

    「何といっても、マツコはこの番組に出たのが大ブレークのきっかけだった。東京ローカルだったことで、ある程度バシバシものが言えたし、そのキレのあるトークが面白くてみんなが起用するようになったんです。

    つまりマツコを育てて、羽ばたかせたのが『5時に夢中!』。マツコは情に厚いところがあるから、周りから『辞めて』といわれて、ハイわかりました、とは言えないし、言わない」と同関係者。

    とはいえ、CMクライアントや代理店の気持ちも分からないマツコでもない。

    「たまに見ていると、反感を買わないように、いろいろ考えて発言しているなって感じる。以前ほどのキレもかげり気味。これでいいのか?って思ってしまいますけどね」(前出の関係者)

    CM女王というきらびやかな冠をいただいてはいるが、マツコの苦悩の日々は続く――。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160720-00000004-tospoweb-ent
    【CM女王マツコ・デラックスが苦悩!スポンサーが「もう降りてくれ」番組降板を懇願「生放送で時事ネタを斬る番組。発言が視聴者の反感を買う」】の続きを読む

    555

    1 : ブリティッシュショート 2016/07/19(火) 18:48:00.07 ID:CAP_USER9

    他者の議論を「妄想」呼ばわり、矛盾したことをいう鳥越俊太郎氏

    鳥越俊太郎氏の言うことは絶対に矛盾している。私がそう確信せざるを得ない、私にとっては忘れがたい「事件」があった。

    二〇一四年の八月一五日のことだ。NHKの終戦特番で「集団的自衛権」について議論となった。

    出席者は、集団的自衛権行使容認について、批判派として、鳥越俊太郎氏(ジャーナリスト)、加藤陽子氏(歴史学者)、瀬谷ルミ子氏(日本紛争予防センター理事長)。賛成派は、岡本行夫氏(外交評論家)、吉崎達彦氏(エコノミスト)、そして、私だ。

    私はあまりテレビを観ないので、鳥越氏がいかなる思想信条の持ち主なのか、ほとんど知らないままに出席したのだが、その主張の極端さというか、論理的な整合性のなさは凄まじいものだった。

    冒頭部分で鳥越氏は、多くの人々が日本が攻め込まれるという雰囲気になっているが、そんなことはあり得ない、「虚構」だと断じ、逆に「どこが攻めてくるんですか」と質問してきた。

    私は、攻められる可能性がまったくないと決めつけてしまうことはできないとして、たとえば、尖閣諸島の問題に関していえば、中国が攻めてくる可能性があると言った。

    どうも、鳥越氏の脳内では、本当に攻めてくる国などあり得ないという前提で議論が始まっている様子だった。

    話が中盤に差しかかってくると、鳥越氏が、「私は自衛隊の存在は認めている」と言うから、私は質問した。「攻めてくる国がないならば、個別的自衛権の行使も必要ではない、ということになりませんか」

    テレビでは、うまく映っていなかったが、このとき鳥越氏は「そうですね」と軽く答えた。その後、岡本氏が台湾有事の際に、日本が協力する方法などを述べ、戦後日本の平和は、日米安保を中心とした国際的ネットワークによって守られてきたと指摘すると、鳥越氏が質問してきた。

    「どこが日本の国を攻めてくるんですか?」岡本氏は冷静な方で、落ち着いて次のように返答した。中国の国防費の異常な膨張ぶり、南シナ海において実効支配を強めつつあるという現実。そして、仮に日米安保条約がなかったら、中国軍が尖閣諸島に向かう可能性があること。

    こうした岡本氏の説明を聞き、鳥越氏はさらに質問を続ける。尖閣は日本の領土だというが、尖閣には人が住んでいない。無人島を守るために、自衛隊を出動させる必要があるのか、と。

    岡本氏は、海上自衛隊が守るし、米軍も航空管制機を飛ばすなど支援するだろうと述べ、そして、万が一、中国軍が沖縄本島に近づくことがあったら、日米安保条約に従って、直接行動すると公言するだろうと答えた。

    これに対して、鳥越氏は「それは妄想だよ」と非難し、「そんなことあり得ない」と断言した。これに対して岡本氏が、では、岩田氏が言ったように、日本には自衛隊も防衛予算もいらないということかと聞いた。

    すると、鳥越氏は、「自衛隊は必要だ」と答える。岡本氏が「どこが攻めてくるんですか?」と問うと、「災害時に必要…」と答え、「災害のためだけか?」と更に聞かれると次のように答えた。

    「もし、万一、ないと思うけど、万一、中国なり、北朝鮮は来ないと思いますよ。北朝鮮は日本を攻める意味がまったくないので、中国はあるかもしれない…」

    番組の冒頭から、「どこの国が攻めてくるんだ」と大声をあげ、日本を攻めてくる国があるという想定そのものが「虚構だ」「妄想だ」と繰り返していた当人が、中国が攻めてくる可能性を否定できないから、自衛隊は必要だというのだ。

    舌の根も乾かぬうちに、ここまで態度を急変させる人物を初めて目撃した。国民を騙してやろうという悪意は感じなかったが、ここまで論理的に破綻した議論を堂々と展開する神経には正直、恐れ入った。

    要するに、鳥越氏は論理的な整合性を考えずに楽観論に立ち、リアリズムの立場から発言する人に対して「妄想だ」「虚構だ」と根拠のない罵声を浴びせ、相手の議論を封じようとするのだ。残念ながら、彼の脳内の世界観の方が「妄想」や「虚構」であることを自ら曝露したのである。

    これだけ出鱈目で矛盾したことを言ってのける人物に都知事を務めることは絶対に不可能だと断言しておく。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160719-00010009-agora-pol
    【鳥越俊太郎「尖閣は日本の領土だというが、尖閣には人が住んでいない。無人島を守るために、自衛隊を出動させる必要があるのか。中国は攻めてくるかも…」】の続きを読む

    07

    1 : YG防衛軍 2016/07/19(火) 11:32:59.50 ID:CAP_USER9

    お笑いトリオ・安田大サーカスのクロちゃんが19日、日本テレビ系「PON!」で、6月の月収について「87万円!」と公表し、一緒にいたモデルで女優の菜々緒をドン引きさせた。

    番組では、海で行われたイベントに登場した菜々緒をクロちゃんが直撃インタビューするコーナーを放送。クロちゃんが「儲かってますよね~。独占情報ということで、先月のギャラを言ってください」などと無茶ぶりした。

    すると、逆に菜々緒から「クロちゃんは?人に質問するときは、まず自分が言わないと」などと突っ込まれ、クロちゃんは動揺。

    「え?マジで言うの?こんなに人がいるのに?」などと言いながらも、菜々緒からの重圧に耐えかねたように「87万!」と答え、菜々緒も爆笑しながら驚きの表情。「リアルだね~」などと突っ込まれていた。

    スタジオでも「すごいもらってるんだね」などと突っ込まれ、「ゴールデンウィークに営業とかたくさん行ったから…」などしどろもどろに説明していた。


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160719-00000032-dal-ent
    【クロちゃん「月収は87万円」菜々緒の重圧に耐えかね告白「上場企業のサラリーマン程度」「芸能界は儲かるな」「モデル連中もバラエティー番組」】の続きを読む

    nt

    1 : YG防衛軍 2016/07/19(火) 01:19:52.86 ID:CAP_USER9

    「フリーになってからのあたしの3年間の稼ぎなんて、カトパンの1年分ぐらいよ。もーイヤんなっちゃう」

    先日、あるバラエティー番組の収録前に飛び出したビックリ発言。この言葉の主があの人だったから、テレビ局関係者はさらに驚いたという。

    「真麻さんが仲のいいスタッフと控室で談笑してたんですが、加藤綾子アナウンサーの稼ぎぶりと自分を比較して、冗談ながらも嫉妬しているように話してました」

    そう、冒頭の言葉は高橋真麻のものらしい。'13年3月末にフジテレビを退社し、翌月から父で俳優の高橋英樹が所属、母が経営する事務所でフリーアナウンサーとして活動している。

    「情報番組やバラエティー番組を合わせると、現在6本のレギュラーを持っています。それだけでなく、CMも3本を持つ売れっ子ですね」(芸能プロ関係者)

    ノリにノッていても、どうしても後輩のことが気になっちゃうのは同じフジテレビの元先輩アナウンサーとしてのサガ? なにより今年4月に同局を退社したばかりのカトパンのスタートダッシュは元局アナの中でも“驚異的”だ。

    「フジテレビのバラエティー番組『ホンマでっか!? TV』やスポーツ番組『スポーツLIFE HERO'S』など、3本のレギュラー番組を持っています。加えて、芸能事務所に入ってから増えた仕事といえばCMです。

    大手家電メーカーと大手飲料メーカーと契約しています。今後も好感度の高さを生かして大手企業のCMを狙っているそうです」(前出・テレビ局関係者)

    レギュラー番組ではメインMC、CM契約も超大手クライアントと大成功のカトパンに対して、「実は、真麻さんのCMでの1本当たりの単価は低いんです。また企業も大手ではない。約3倍の収入の差発言は、そこから生まれたのではないでしょうか」(前出・テレビ局関係者)

    とはいえ、私生活では“勝ち組”と報じられているのは真麻。今年4月に『週刊文春』に熱愛を報じられている。

    「お相手は、不動産会社の社長さん。彼の祖父が会社を興して、それを継いだ2代目の社長です。いわゆるエリートでお金持ち。そんな彼と1年ぐらい交際しています」(ワイドショースタッフ)

    そうなればそろそろ……。

    「真麻ちゃんも今年で35歳。“すぐにでも彼と結婚したい”と言っていましたよ。後輩のカトパンに収入の面では負けていても、“今お付き合いしている彼と、幸せになれればいい”とも話してました。恋愛が順調にいっているからこその余裕なんでしょうね」(真麻の知人)


    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160719-00029540-jprime-ent
    【高橋真麻の年収が加藤綾子の1/3で嫉妬するも余裕の理由!「私生活は勝ち組で不動産会社の社長と交際。すぐにでも彼と結婚したい」】の続きを読む

    このページのトップヘ