芸能テロ

2chの芸能の反応をまとめています

    タグ:ドラマ

    g1
    g2
    g4

    1 : Egg 2016/07/12(火) 09:21:58.74 ID:CAP_USER9
     
    桐谷美玲主演の月9ドラマ「好きな人がいること」(フジテレビ系)が、7月11日からスタートする。

    「同ドラマは昨年、若者から人気を博したドラマ『恋仲』(フジテレビ系)のスタッフが再集結。旬のイケメンである三浦翔平、山崎賢人、野村周平を揃えるなど、ターゲットを完全に若者に絞っています。

    また今回は、放送終了後に台本や、俳優の音声付きノベルを配信するといった、初の試みも次々と行っていくとのことです」(テレビ誌記者)

    そんな中、今回の月9は放送形態に関しても、特殊な構成を行うようだ。翌週の7月18日は、フジが毎年行っている『FNSうたの夏まつり』が放送されるのだが、そのタイムテーブルが視聴者の間で物議を醸している。

    まず11時45分~16時50分までが第1部。そしてニュースを挟んだ後、17時20分から2部、3部となるのだが、なんと今年はFNS歌謡祭の途中で月9ドラマを放送するのだという。

    「21時からドラマを放送し、22時から再び歌謡祭に戻るという構成のようです。月9ドラマといえばフジの看板枠ですが、4月期の福山雅治主演『ラヴソング』は、歴代最低視聴率を記録してしまい、今の月9は壊滅状態。

    そこでフジは、毎年安定した高視聴率が出せる『FNSうたの夏まつり』に、無理やり月9をねじ込むことで、視聴率アップを狙っているのでしょう」(前出・テレビ誌記者)

    このフジのやり方に対し、視聴者からは「途中でドラマを放送するなんてありえない!」「この構成はひどい」「純粋に歌番組を見たいのに」と早くも批判が殺到している。

    はたして今回の月9は、フジの思惑通りに高視聴率を獲得することができるだろうか。


    http://www.asagei.com/62020
    【「ありえない!」「この構成はひどい」フジテレビの月9「好きな人がいること」視聴率獲得の秘策に批判殺到!「純粋に歌番組を見たいのに」】の続きを読む

    q1

    1 :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/07/10(日) 18:13:37.93 ID:CAP_USER9.net

    女優の米倉涼子(40)が主演をし、7月3日に放送されたドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系)のスペシャル版が、平均視聴率22.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)という高い数字を記録した。

    自身の離婚問題に決着が見えたこともあり、米倉は上機嫌が続いているという。

    「最近のドラマは平均視聴率が10%を超えればヒット作と言われるだけに、20%を超えた今作は大ヒットと言っていいでしょう。米倉は10月からも、2年ぶりの連続ドラマになる『ドクターX』の第4弾に主演することが決まっています。

    さらに、今回の高視聴率を受けて、『とてもうれしく思います! 連続ドラマに向け、大きな励みになりました。新たなシリーズを楽しみにしていてください!』と異例のコメントを出したほどでした」(テレビ朝日関係者)

    米倉は、2014年12月に結婚したが、わずか数カ月で別居したとされる、年下の会社経営者の夫と離婚協議が続いている状況だ。しかし、両者の間では、すでに離婚が内定しているといい、あとは離婚届を出すタイミングだけの段階だという。

    「『ドクターX』の特番で開放感に満ちた表情を見せた背景には、離婚問題がようやく決着したという事情があったためです。

    米倉は『41歳から人生をリスタートしたい』とこぼしており、8月1日の41歳誕生日前後に離婚届を提出しする可能性が 高いと予想されています。すっきりした状態で、10月からの『ドクターX』第4弾の放送に入りたいのでしょう」(芸能事務所関係者)

    離婚が成立して独り身になれば、誰にも気兼ねすることはない。

    「米倉は今年を『動に徹したい』とことあるごとに話しています。何か世間が驚くようなことを仕掛けたいと思っているようです」(芸能レポーター)


    https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/myjitsu-7583/
    【米倉涼子が離婚!「41歳から独身で人生をリスタートしたい。8月1日の誕生日前後に離婚届を提出する」数カ月で別居した年下の会社経営者の夫】の続きを読む

    b3
    b1
    b2

    1 :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/07/10(日) 17:38:26.60 ID:CAP_USER9.net[1/2]

    6月27日現在、週間平均視聴率が23.4%と12週連続の20%超えを記録し、絶好調のNHK朝ドラ『とと姉ちゃん』。その立役者はもちろん、ヒロインの高畑充希(24)だろう。「高畑は、平日は朝ドラの収録、週末は雑誌の取材やバラエティ番組への出演と、休みなしの毎日なんだとか。

    最近は、『三代目J Soul Brothers』随一のイケメン・岩田剛典(27)とのW主演映画『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』の宣伝活動で、寝る暇もないほど過密なスケジュールです」(スポーツ紙芸能記者)

    聡明で篤実――朝ドラでの役のように、ひたむきに働く高畑の意外すぎる“一面”が、かいま見えたのは、そのW主演映画の打ち上げの席でのことだった。

    「観客動員数が55万人を突破したこともあって、会はお祝いムードで大盛り上がり。主演の2人も酒豪ぶりを発揮して、高畑さんは大好きなスパークリングワインを手始めに、いろいろなお酒をガンガン飲んでいました」(製作会社関係者)

    すると、酔いも手伝ってか、話は恋愛トークに。「“運命の出会いを信じるか?”“ひと目惚れはアリかナシか?”という話題になったんです。

    すると、高畑さんが、“中身で好きになるから、ひと目惚れは絶対ない”と自らの恋愛観を語り始め、そして突如、岩田さんに向かって“(あなたは)そんなにタイプじゃない”とダメ出し。これに岩田が「ボクって、魅力ないですか……」と、ヘコんでみせると、周囲は大爆笑になったという。

    「酔っていたせいか、高畑さんも、つい本音が出ちゃったようですよ。もっとも彼女の“ぶちゃ顔好き”は、舞台関係者や共演者の間では有名ですから」(同) 

    事実、彼女の親友である前田敦子(24)が歌舞伎役者のイケメン、尾上松也(31)と交際中、あっちゃんから恋バナを聞かされるたびに“松也のどこがいいの?”と、真顔で聞いては嘆息していたのだとか。

    「酒席で、出演中のCMを自らパロディ化して、“痛いと私はぶちゃくなる、だから、私はぶちゃ顔が好き”と笑いを取ったこともあったとか。


    2 :
    砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/07/10(日) 17:38:49.05 ID:CAP_USER9.net[2/2]

    また、来年の朝ドラ『ひよっこ』ヒロインに決定した親友の有村架純(23)には、ジャニーズの岡本圭人との写真が流出した際、“男を顔で選んだら、ダメだよ”なんて、説教したこともあったそうです」(同) 

    高畑に告白をしたという柄本明の息子の個性派俳優、柄本時生(26)も、この高畑の趣味を知っていたから、自信を持って告白したなどという話もあるほど(結果は“桜散る”)。

    そもそも、なぜ彼女は、ぶちゃ顔好きなのか? ベテラン芸能記者によると、事務所の先輩・優香(36)が影響しているという。

    「高畑は、デビュー前から優香のファンで、尊敬していた。憧れの先輩である優香に“男を顔で選ぶと、振り回されるよ”と真剣に諭され、忠実に守っているんだとか」

    先日、同い年の俳優・青木崇高との電撃結婚を発表した優香だが、かつては妻夫木聡(35)や岡田准一(35)など、芸能界きってのイケメンとの熱愛が噂され、その都度、涙を流してきた。自らを生きた教材に、優香は後輩をビシビシ指導。

    「今年1月、高畑が写真誌に報じられた渋谷での焼き鳥デートの相手は自称“ブ男”のシンガーソングライターの高橋優(32)でした。ただ、高畑は朝ドラの後も舞台、映画、ドラマと、来夏まで大忙しで暇はない。高橋とも疎遠になってしまったようです」(前同)


     http://dailynewsonline.jp/article/1160717/
    【三代目のイケメン岩田剛典に「あなたはタイプの顔じゃない」高畑充希「男を顔で選んだらダメだよ」「意識高い系ブスの女優増えたな」】の続きを読む

    780

    1 :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/07/08(金) 09:05:59.50 ID:CAP_USER9.net

    「あまちゃん」や「ごちそうさん」、「花子とアン」などで高視聴率を叩き出し、現在放送中の「とと姉ちゃん」も爆発的ヒット。

    NHKの連続テレビ小説枠はすっかりドラマの雄としての座を復権した。注目度が安定するにつれて、朝ドラの主役はその後、民放ドラマや映画などのオファーが殺到するようにもなった。

    近年の朝ドラヒロインの中でもその恩恵を存分に受けたのは、土屋太鳳と言えるだろう。2015年度上半期に放映された「まれ」に主演すると、知名度と露出が一気に上昇した。

    「『まれ』のストーリー自体は、目まぐるしい展開が多く評判は芳しくなかった。平均視聴率も2013年の『あまちゃん』以降では唯一20%台を割ってしまっています。

    それでも、土屋さんのみずみずしい表情や演技、幼なじみ役を務めた山崎賢人さんのイケメンぶりなどが注目を集めて、2人とも仕事量が急増しました。

    土屋さんは天真爛漫なのに媚びるようなオーラを出さないので、男性だけでなく女性受けもいい。CMのキャスティング段階で名前が挙がる回数も急増しました」(広告代理店関係者)

    実際、一緒にドラマの仕事をしたことのあるテレビ局関係者も「例えば、間抜けにつまずくようなシーンの撮影も直前までゲラゲラ笑いながら打ち合わせして、本番で本気の格好悪いところを見せてくれる。気取ったところがないので、現場もやりやすいです」と評価の高さを明かす。

    各方面の評判が上々の土屋だが、唯一、「弱点」があるという。

    「動画だと問題ないのですが、静止画、いわゆるスチール撮影だとちょっと印象が変わってしまうのです。一般人に比べればはるかに小顔ですが、他の人気女優に比べるとやっぱり大きさだったり、輪郭だったりで違和感が出てしまう。

    よりきれいに見える角度を探しながら写真を撮るので、通常の女優やタレントに比べても、撮影時間は2~3倍かかってしまいますね。あれはカメラマンの腕が試されますよ」(前出の広告代理店関係者)

    これからもドラマや映画、CMなどで大いに活躍してもらいたいところだ。


    http://dailynewsonline.jp/article/1159373/
    【美人女優だけど「顔がデカい」関係者が語る!「顔が大きいといくら可愛くても消える」「土屋太鳳と有村架純はスタイルも悪いし綺麗じゃない」】の続きを読む

    7q

    1 :かばほ~るφ ★@\(^o^)/:2016/07/06(水) 11:39:34.76 ID:CAP_USER9.net

     俳優の水谷豊が、TBSの音楽バラエティ番組『Good Time Music』に出演。別局の人気テレビドラマ『相棒』にて、同番組MCの及川光博と共演していた水谷は、及川とともに撮影当時のエピソードを振り返った。

    かつて水谷が主演していたドラマ『熱中時代』の大ファンだったという及川。その熱烈な思いだけに、オファーが来た時に及川は「絶対に犯人役だと思っていました。『相棒』役って、わけがわからなかった」と驚いたという。

    そんな思いを汲んでか、水谷は劇中の設定に対して「いつでもまた会えるようにしてほしい」という思いがあったと明かす。そのため、同作で及川演じる神戸尊がいつでも再び登場できるような人物設定にしてもらったことを告白した。

    また、ドラマ収録時には水谷と及川に「不仲説」が流れ、打ち上げ時には一言もしゃべらなかったと噂されていたことに水谷は「歴代みんな仲悪くされちゃうんですけど、仲を悪くしたい人がいるんでしょうね」と一蹴。

    さらに打ち上げについて「あの時はずっと一緒にくっついて話しっぱなしだった」とのこと。水谷と及川の仲睦まじい様子を見て、MCのAmiは「見てて思ったんですけど、(距離が)近いなって」とツッコミ、笑いを誘う。

    また、及川がのちに妻となった女優・檀れいとの初共演を果たした『相棒』において、水谷は当時及川がまだ独身だったことを聞き「この撮影の間で、だれかお似合いの人が見つかると思うよ、と言っていました」と、及川の運命の出会いを予感していたらしい。

    及川と檀の関係を気付いていたのかは明言しなかったものの「お似合いだと思っていました」と当時を振り返っていた。


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160706-00044095-crankinn-ent
    【水谷豊と及川光博が「相棒」再タッグ!不仲説を一蹴「歴代みんな仲悪くされちゃうんですけど、仲を悪くしたい人がいるんでしょうね」】の続きを読む

    q1 
    71

    1 :かばほ~るφ ★@\(^o^)/:2016/07/05(火) 11:12:05.41 ID:CAP_USER9.net

    たびたび“相棒”が代わる『相棒』シリーズ(テレビ朝日系)で初回から最新のシーズン14まで鑑識課の課員・米沢守役で出演している六角精児。

    水谷豊が演じる杉下右京の捜査を助け、シリーズを通してみれば寺脇康文、及川光博、成宮寛貴、反町隆史といった歴代の“相棒”以上の相棒といえる存在だった。

    「16年もやってきて、新たなことをやりたかった。それを水谷さんも応援してくれたんです」落ち着いた口調でそう話した六角。なんと『相棒』を降板するという。

    「六角さんが演じる米沢は、最新のシーズン14の最終回で、突如、警察学校の教官に就任しました。劇中では、杉下右京との会話の中で“数年後にはまた現場に戻ってきたい”と話していましたが、最終回のサブタイトルが『ラストケース』だったこともあり、六角さんが降板するのではないか、というウワサが飛び交いました」(テレビ誌ライター)

    憶測はあったが、テレビ朝日からの正式な発表はない中、6月24日に東京・下北沢のライブハウスで彼の誕生日ライブが行われた。

    「彼は『六角精児バンド』というグループを友人と結成していて、定期的に音楽ライブを行っているんです。この日はちょうど自分の誕生日と重なったこともあり、バースデーライブとして開催したのでしょう」(芸能プロ関係者)

    ‘96年に仲間と組んで結成された。「バンドは'14年にアルバムもリリースしています。六角さんはボーカルとギターを担当。ちなみに俳優の相島一之さんもブルースハープ担当でときどき、参加しています」(音楽ライター)

    そんな自身の誕生日を祝うライブの途中、演奏が一段落すると、彼は静かにこう語りだした。「実は、このたび長らく出演させていただいていた『相棒』にひと区切りをつけることになりまして……」

    突然の告白に、場内も静まり返る。そして、ここから冒頭のセリフにつながったのだ。ただ、終始しんみりとしていたわけではない。

    「よ~く考えてみると、定期収入ってのはすごく大事だから、辞めないほうがよかったかなって今になって少し思ったりもするんですけどね」

    ライブの終盤には、そうハニカミながら話すと、場内からも笑い声が漏れた。六角の降板について、テレビ朝日に問い合わせてみた。

    「シーズン14の最終回で、警察学校の教官になっているので、これまでのように直接事件にかかわる鑑識という立場での登場はなくなりますが、米沢守というキャラクター自体は、立場を変えて引き続き『相棒』ワールドに存在しているので……。今後、登場するかしないかは、10月から始まる新シリーズを見ていただければと思います」

    あくまで「降板」という言葉は使わなかったが、出番はどうもなさそうだ。誕生日ライブで発表したこと自体については、未確認だった模様。「シーズンオフまで、役者さんの活動を追っているわけではないので……」(テレビ朝日宣伝部)

    六角の所属事務所に発言の真意について問い合わせるも、期日までに返答はなかった。


    http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1467684725/
    【人気ドラマ「相棒」からの降板を突如発表!「水谷豊さんも応援してくれた。辞めないほうがよかった」バンド結成し音楽ライブの六角精児】の続きを読む

    このページのトップヘ