芸能テロ

2chの芸能の反応をまとめています

    タグ:ドラマ

    w1
    w7

    1 :三毛猫 φ ★@\(^o^)/:2016/06/14(火) 10:18:59.80 ID:CAP_USER9.net

    フジテレビ“月9”ドラマ「ラヴソング」(月曜後9・00)の最終回(第10話)が13日に放送され、平均視聴率は9・3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが14日、分かった。

    初回10・6%、第2話9・1%、第3話9・4%、第4話8・5%、第5話8・4%、第6話6・8%、第7話6・8%、第8話7・4%、第9話8・0%、第10話9・3%と推移し、全10話の期間平均視聴率は8・5%。

    今年1月クールの「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」(全10話)が記録した期間平均9・7%を下回り、月9史上最低となった。

    歌手で俳優の福山雅治(47)が3年ぶりに月9主演。ヒロインは約100人に上るオーディションから選ばれた演技未経験のシンガー・ソングライター、藤原さくら(20)。

    夢破れた元プロミュージシャンで臨床心理士の神代広平(福山)と孤独を背負った女性・佐野さくら(藤原)が音楽を通じて心を通わす姿を描いた。

    最終回は、さくら(藤原さくら)に披露宴でスピーチをしてもらうため、真美(夏帆)は野村(駿河太郎)との結婚式を前倒しし、手術の前に行うことにした。万が一、手術でさくらが声を失ったら、その願いはかなわなくなるからだ。

    そのスピーチ前に、さくらは神代(福山雅治)に今まで言えなかったことを伝えようとする。そこへ、空一(菅田将暉)がスピーチの時間だと迎えに来る。やがて、手術の前日を迎える。しかし、さくらが手術の同意書へのサインを拒絶しているという…という展開だった。


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160614-00000086-spnannex-ent

    【月9史上最低記録!福山雅治主演「ラヴソング」最終回視聴率9・3%「フジテレビが悪い」「酷いドラマだった」】の続きを読む

    7t
    o

    1 :三毛猫 φ ★@\(^o^)/:2016/06/13(月) 10:15:54.24 ID:CAP_USER9.net

    俳優の堺雅人(42)が主演を務めるNHK大河ドラマ「真田丸」(日曜後8・00)の第23話が12日に放送され、平均視聴率は18・9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが13日、分かった。前週の22話から、2・3ポイント数字を上昇させた。

    大坂編がスタートした第14話は17・1%。第15話は第5話の19・0%以来10週ぶりの18%超えとなる18・3%を記録。

    第16話16・9%、第17話17・0%、第18話19・1%、第19話17・0%、第20話18・7%、第21話16・8%、第22話16・6%と推移し、今回も好調をキープした。

    初回19・9%と好発進。第2話は20・1%で、NHK大河ドラマの20%超えは2013年「八重の桜」の初回21・4%以来3年ぶり。

    大河ドラマ55作目。戦国時代最後の名将・真田幸村=本名・真田信繁(のぶしげ)の生涯を描く。ヒットメーカー・三谷幸喜氏(54)が「新選組!」(2004年)以来、2度目の大河脚本。

    タイトルの「真田丸」は大坂冬の陣で信繁が築いた最強の砦。同時に、家族の物語として一艘の船に例えた。演出は木村隆文氏ほか。

    第23話は「攻略」。秀吉(小日向文世)は20万を超える兵を集め、小田原を包囲する。だが、関東の覇者としての自尊心を捨てられない北条氏政(高嶋政伸)は、絶望的な状況になっても降伏を拒否する。

    一方、昌幸(草刈正雄)と信幸(大泉洋)は北条方の拠点、忍城(おしじょう)を攻めあぐねる。そこへ、秀吉から武功を立てるよう命じられた三成(山本耕史)が乗り込み、昌幸らと対立する。そんな中、信繁(堺雅人)は、家康(内野聖陽)と大谷吉継(片岡愛之助)に呼び出される…という展開だった。


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160613-00000106-spnannex-ent


    【大河ドラマ「真田丸」視聴率上昇!第23話は18・9%「戦闘シーン手抜き過ぎ」「高嶋政伸が不憫」】の続きを読む

    71
    7z

    1 :Egg ★@\(^o^)/:2016/06/10(金) 15:02:33.21 ID:CAP_USER9.net
     
    松下奈緒(31)が主演のフジテレビ系ドラマ「早子先生、結婚するって本当ですか?」(木曜午後10時)の9日の平均視聴率が5・9%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)だったことが10日わかった。

    前回2日の平均視聴率が5・7%だったことからは微増した。早子先生は“婚活同盟”のほかの人の世話を焼いている。自分の婚活はジリジリ進まない。

    初回が6・8%、第2話が6・1%で第3話は4・9%。第4話は5・0%、第5話は5・4%。第6話が5・2%、第7話が5・7%で第8話が5・9%となっている。

    婚活ドラマでは、女優中谷美紀(40)が主演のTBS系ドラマ「私結婚できないんじゃなくて、しないんです」が前回3日放送の第8話で8・1%を記録している。最終的に、どちらがハッピーエンドか。


    http://www.asahi.com/and_M/interest/entertainment/Cfettp01606100031.html
    【松下奈緒が主演「早子先生結婚」視聴率5・9%「見合い相手の坂上忍は酷かった」「打ち切り」】の続きを読む

    b

    1 :
    砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/06/11(土) 07:29:53.15 ID:CAP_USER9.net

    春期ドラマもいよいよ終盤に差し掛かっているが、今期ドラマにおいて好調な視聴率をキープしているのが、『99.9─刑事専門弁護士─』(TBS系)と『世界一難しい恋』(日本テレビ系)、そして『グッドパートナー 無敵の弁護士』(テレビ朝日系)の3本だ。

    とくに『99.9』と『世界一難しい恋』は、初回から視聴率2桁をキープし続けている。

    この2作でそれぞれ主演をつとめているのが、嵐の松本潤(32)と大野智(35)だ。『99.9』では松本が、優秀で型破りな弁護士役を好演。初の弁護士役の挑戦ということで、ファンからも注目を集めていたようだ。

    一方の大野は、『世界一難しい恋』で他人に厳しく自分に超甘い、“大人子ども”の主人公をコミカルに演じ好評だ。

    松本は、過去に主演をつとめた『失恋ショコラティエ』や『ラッキーセブン』(ともにフジテレビ系)でもわかるように、“正統派主人公”が似合うタイプ。今回もテンポのいいストーリー展開が相まって、キレ者ぶりがサマになっている。

    大野は、『歌のおにいさん』や『死神くん』(ともにテレビ朝日系)といったコメディタッチの作品で、コミカルな役どころをひょうひょうと演じることができる、“三枚目主人公”タイプだ。

    「ジャニーズ強し」とも言い切れる昨今の人気ドラマ事情であるが、完全に世代交代が進んだと見る評論家は多い。

    ■もはやSMAPは過去の人

    「これまではこういった”視聴率を取りそうなドラマ”は、SMAPのメンバーが主演をつとめる傾向にありました。

    嵐と同様、5人がそれぞれ役者としてキャラクターがあったので、その特性を生かしたキャスティングで数字を獲得していたのです。まさに今の嵐が“全盛期のSMAP”の位置にいると言えますね」(テレビドラマ評論家)

    かつては高視聴率を叩き出していたSMAPのメンバーも、ここ最近では主演を飾るも、苦しい結果を出すことも多い。

    実際に前クールにおいては、香取慎吾(39)が『家族ノカタチ』(TBS系)、草彅剛(41)が『スペシャリスト』(テレビ朝日系)で主演をつとめたが、草彅の方は2ケタの視聴率をキープできたものの話題性を欠き、香取は“大爆死”となっている。

    今期のドラマ視聴率の結果は、ジャニーズ事務所の人気を牽引するスターの世代交代が完了したことを如実に表しているのかもしれない。


    http://dailynewsonline.jp/article/1142744/
    【嵐の主演ドラマが軒並み好調でSMAPはもう過去の人!「完全に世代交代」「SMAPは視聴率が大爆死」】の続きを読む

    la
    7g
    2

    1 :ジョーカーマン ★@\(^o^)/:2016/06/08(水) 09:19:46.58 ID:CAP_USER9.net

    SKE48松井珠理奈(19)が、連続ドラマで初めて主演を務めることが7日、分かった。TBS系ドラマ「死幣」(来月13日スタート、水曜深夜0時10分)で、人が死んでいく姿が見えてしまう予知能力を持つ女子大生、南由夏を演じる。

    ドラマはホラーサスペンス作品。「死幣」と呼ばれる「呪われた1万円札」を手にした同じゼミ生が、次々と不可解な死を遂げていく。

    他人の死を予見できる由夏は、戸次重幸(42)が演じる刑事の若本と「死幣」の謎に迫っていくが、やがて由夏にも呪いが迫ってくるというスリリングな展開が見どころになる。

    松井は「ホラーが一番苦手です」と言うが「このドラマのセンターだと思って頑張ります!」と意気込んでいる。

    同ドラマ放送枠は現在、「毒島ゆり子のせきらら日記」が放送され、主演の前田敦子(24)の演技が話題になっている。

    松井は「大先輩の枠を引き継ぐということで、前田さんには、アドバイスと励ましをいただきました」という。

    松井は、同局系で放送中の連続ドラマ「私 結婚できないんじゃなくて、しないんです」(金曜午後1 0時)に出演中。

    中谷美紀(40)が演じているヒロインの高校時代を、黒髪にセーラー服というみずみずしい姿で演じ、女優としても注目され始めている。

    ゼミの教授を筧利夫(53)が演じるほか、葉山奨之(20)中村ゆりか(19)西田麻衣(27)白洲迅(23)山田裕貴(25)吉岡里帆(23)らが出演する。


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160608-00000034-nksports-ent

    【SKE48松井珠理奈が連続ドラマ初主演!「大先輩の前田敦子さんの枠を引き継ぐ」ネット「顔がデカい」「大コケする」】の続きを読む

    a1

    1 :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/06/05(日) 10:52:18.90 ID:CAP_USER9.net

    6月1日、7月スタートのドラマ「グ・ラ・メ!~総理の料理番~」(テレビ朝日系)で、剛力彩芽が主演を務めることがわかった。

    現在放送中の「ドクターカー」(日本テレビ系)でも主演している剛力だが、第7話では視聴率2.7%という爆死ぶりを見せており、なかなか結果を出せずにいる。

    にもかかわらず、またもや主演に抜擢されることに、ネット上には“所属事務所のゴリ押し”の言葉が多数書き込まれている。

    「剛力主演というだけで“誰トク?”感が漂います。脇を固める俳優陣はドラマ『民王』(テレビ朝日系)で人気に火が点いた高橋一生、

    『半沢直樹』(TBS系)でブレイクした滝藤賢一、『あさが来た』(NHK)で亀助を演じて知名度を上げた三宅弘城、

    『真田丸』(NHK)で面白味のある豊臣秀吉役で人気を再確認させてくれた小日向文世など。彼らが深みと厚みのある演技を見せてくれるのは確実なんですが‥‥」(テレビ誌ライター)

    さらにモヤッとした気分にさせるのが、天才的料理人の主人公が「官邸料理人」となり、料理で政治家たちを虜にしていくというストーリーだ。

    「これは昨年春に佐藤健が主演した人気ドラマ『天皇の料理番』(TBS系)をイメージしてしまいます。好演した佐藤健の女版を剛力が演じるとあっては、いくら脇を固めても高視聴率は望めない。

    それどころか、『ドクターカー』を超える爆死なる可能性は高そう。そうなればあの脇役陣たちも“低視聴率ドラマ出演者”のレッテルを貼られて役者人生の危機に陥るかもしれません」(テレビ番組制作会社社員)

    剛力をゴリ押しすることが、本当に彼女のためになるのだろうか?


    http://dailynewsonline.jp/article/1140448/


    【視聴率2%でも剛力彩芽が主演で爆死確実「低視聴率で脇役陣も役者人生危機」「ゴリ押しのドラマ潰し」】の続きを読む

    このページのトップヘ