芸能テロ

2chの芸能の反応をまとめています

    タグ:バナナマン

    b4
    b3
    b2
    b1

    1 :
    三毛猫 φ ★@\(^o^)/:2016/06/23(木) 11:49:35.82 ID:CAP_USER9.net
     
    お笑いコンビ・ダウンタウンの松本人志、バナナマンの設楽統、女優の小池栄子がMCを務めるTBSの紀行バラエティ「クレイジージャーニー」が、7月18日の午後9時45分から特番を放送することが22日、発表された。

    2015年元旦に特番が放送され、同年4月から深夜レギュラーとして番組がスタート。1年の放送期間を経て、ゴールデン進出が決定。

    今回も濃すぎるメンバーがスタジオに集結。番組でしか見ることのない決定的なシーンも満載となっている。


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160623-00000005-reallive-ent
     

    【松本人志MC「クレイジージャーニー」ゴールデン進出決定「既にネタ切れ感」「深夜だから良かった」】の続きを読む

    7


    1 :きゅう ★@\(^o^)/:2016/04/29(金) 10:54:03.76 ID:CAP_USER9.net
     
    4月26日に放送された『徳井と後藤と芳しの指原が今夜くらべてみました』(日本テレビ系)のテーマは「パスポート真っ黒け女」。プライベートで色々な国へ旅行に行っている女性3人が、この日は招集された。

    中でも注目は、フリーの神田愛花アナウンサー(35)だろうか。毎年2回、必ずアメリカで洋服をまとめ買いすることを自分に課しており、アメリカの気になるお店は夜な夜なネットでチェック。そして休みができると、すぐにアメリカへ買い物旅行に出かける。

    神田アナは、“大のアメリカ好き女”なのだ。それだけではない。彼女は「自分がアメリカ人だったら」と妄想し、母親と外国人の名前で呼び合ってまでいるらしい。神田アナの希望は「シャーロット」という名なのだが、母親からは「ジェイコブ」と呼ばれているという。

    もちろん神田アナは恋愛についても好みは同様で、かねてより「外国人と交際してみたい」という希望を持っている。

    ちなみに彼女の中にある“人類最高の好みのタイプ”は、レオナルド・ディカプリオ(41)。すかさず、司会のフットボールアワー・後藤輝基(41)から「あんた、今、誰と付き合ってんのかわかってんの?」とツッコまれた。

    たしかに神田アナが交際中のバナナマン・日村勇紀(43)とディカプリオは、あまりに違い過ぎる。この指摘を受け、神田アナが熱弁し始めた。

    彼女の自論は「外国人はカッコいい。一方、日本人が容姿面で越えられる壁には限界がある。だから、日本人の基準は顔じゃない!」というもの。

    また、番組には俳優の伊藤英明(40)がゲスト出演していたのだが、神田アナは「一般的に伊藤さんはすごいカッコいいけど、私の中では彼(日村)も伊藤さんも同じなんです。“筋肉が多め”が“贅肉が多め”かっていう」と、とんでもない極論まで言い出した。

    この熱弁には、後藤も「早よ、Zoff行ってメガネ買うといで」と呆れ顔に……。

    そんな神田アナには、当然「アメリカに住みたい」という願望があるのだが、現在、彼女が交際しているのは日本で活躍中の芸人、バナナマン日村。

    神田アナは「彼(日村)はアメリカで通用するかなって思ってるんですよ」と共にアメリカへ移住することまで想定していたようだが、日村からは「僕は無理かな」と返されてしまったそうだ。(寺西ジャジューカ)

    http://taishu.jp/22002.php
    【神田愛花アナ「バナナマン日村勇紀と伊藤英明の容姿は同レベル」「外国人はカッコいい。日本人の基準は顔じゃない!」】の続きを読む

    iew

    1 :ダークホース ★@\(^o^)/:2016/04/09(土) 10:24:49.80 ID:CAP_USER*.net

    いまお笑いタレントで大きな話題となっているのが、バナナマンの設楽統(42)だ。テレビ界では「ダウンタウンや爆笑問題、くりぃむしちゅーらの年収を抜き去ってしまうのでは」と噂されるほど勢いがある。

    ニホンモニターが昨年末に発表した「2015タレント番組出演本数ランキング」を見ると、50歳以下の芸人では設楽が556本でダントツの人気ぶりを示した。

    50歳以下の芸人限定の2~10位は以下の通り。

    2位・澤部佑(29=458本)、3位・加藤浩次(46=456本)、4位・有吉弘行(41=452本)、5位・春日俊彰(37=421本)、6位・後藤輝基(41=419本)、

    7位・博多大吉(45=411本)、8位・若林正恭(37=405本)、9位・大久保佳代子(44=378本)、10位・上田晋也(45=377本)

    だが意外なことに、設楽は年収ではトップ10どころか30位内にも入らないという。

    「若手の年収トップは加藤と上田。次いで有吉やオードリーの若林らが入っています。設楽はあれだけ番組に出演しているのに、1億円の大台もまだ夢の世界ですよ」(芸能プロ関係者)

    実は、設楽にお声がかかるのもギャラの安さに秘密があるという。

    「来た仕事は『スケジュールの許す限り、絶対に断らない』という姿勢で有名ですが、知名度の割に出演料がリーズナブルなんです。あれだけ売れていながら年収は5000万円弱。

    本来ならば設楽クラスの知名度とキャリアだと、ゴールデン&プライム帯で1本80万円が相場ですが、20万円でも喜んで受ける。ディレクターと気が合うとギャラは二の次で仕事を受けてしまう」(放送作家)

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160409-00000009-tospoweb-ent
    【テレビ出演本数トップのバナナマン設楽統「あれだけ売れていながら年収は5000万円届かず」】の続きを読む

    このページのトップヘ