芸能テロ

2chの芸能の反応をまとめています

    タグ:バラエティ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    n1

    1 :
    砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/06/16(木) 08:59:40.75 ID:CAP_USER9.net

    6月13日放送の『しゃべくり007』(日本テレビ系)にタレントの小池栄子(35)が出演。バラエティ番組で活躍していた頃の自分と、女優業がメインになっている現在の自分との違いを、くりぃむしちゅーの上田晋也(46)らに語った。

    現在、舞台やドラマなどで精力的に活動している小池だが、かつてはバラエティ番組の仕事がほとんどだった。その頃のことについて聞かれた小池は「イライラすることが多かった」と語る。

    その理由として「前へ行かなきゃって必死だったから、周りを優しく見るっていう心がなかった。もっとギラギラしてた」と説明した。

    その後、当時のライバルたちについて聞かれた小池は、若槻千夏(32)、眞鍋かをり(36)、MEGUMI(34)らの名前をあげ、「彼女たちよりコメントが多く使われたらいいな」と、競争心があったことを認めた。

    小池は番組収録中、「気持ちを前かがみに、声をだす、大きくうなずく、司会者のそばに行って(自分が)映りやすくする」「字(テロップ)になりやすいよう、短い言葉でコメントする」ことをこころがけていたことを明かし、上田を「そんなことまで考えていたの?」と驚かせていた。

    また最近のバラエティタレントに対しては「たくさん(ライバルが)いるから大変」と気遣いながら、上田から「もっとガツガツいけと思わない?」と聞かれると、「イジられる側の子はたくさんいるけど、攻撃的なタレントさんがいると楽しい」と回答。

    若干の物足りなさを感じているように見えた。しかし現在はバラエティ番組から離れているため、家で番組を見ていても以前のようにイライラすることはなく、「全部が愛おしい」と、落ち着いた気持ちで見られるのだという。

    「女優として完全に地位を確立し、仕事は順風満帆な小池ですが、実生活はそうもいかないようです。2007年に結婚したプロレスラーの坂田亘(43)は所属団体の消滅や多額の借金問題を抱えるなどのトラブルがあったうえ、現在はプロレスラーとしても休業状態。

    小池が1人で稼ぎまくらなければ、どうにもならないみたいですね。まぁ、そういう追い込まれた状況だからこそ、頑張り続けられたとも言えますが」(芸能誌記者)??坂田も小池には頭が上がらない!?

    http://dailynewsonline.jp/article/1146378/

    【小池栄子「イライラすることが多かった。必死だったから、周りを優しく見るっていう心がなかった」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    a1
    a2
    a4
    a3

    1 :7代目副将軍 ★@\(^o^)/:2016/06/14(火) 21:06:48.23 ID:CAP_USER9.net

    お笑いコンビ「アンジャッシュ」の渡部建(43)が13日放送のTBS「7時にあいましょう」(月曜後7・00)に出演。共演NGを通告した元日本テレビの脊山麻理子アナウンサー(36)と対面した。

    2年前、バラエティー番組で共演。渡部が悩みのあるゲストにダメ出しをする企画で、フリーになったばかりの脊山にきつい言葉を連発。脊山は我慢し切れず「そこまで言われる筋合いは全くない」と一触即発になった。

    本番後、あいさつを交わすこともなく、渡部は芸能生活初の共演NGに。「挙句の果てに(脊山が)『私、悩んでいない』みたいなことを言い出したんですよね」と振り返り、企画を壊したことに怒りを感じた。

    この日はスタジオで対面。渡部は「あなたはやっていけないことをやっているんですよね。悩みを相談しに来ているところを、悩んでいないと言っちゃったら、破綻するぞ、あの企画が。

    1個の番組を台無しにしたことは、絶対的に悪いので。企画を壊すようなタレントとは、絶対に仕事したくないんですよ。命懸けでやっているんですよ、バラエティー番組は。そういうことを1回でもされちゃうと、信用はない」と熱弁。

    脊山は「当時、私としては女子アナの中で反論するキャラでバラエティーの場に居場所を見つけようという時だったんです。それが行き過ぎた、過熱してしまったという反省もあります。

    取り戻そうにも(渡部に)火がついている状態。(渡部と)話せるなら、話したいと思っていたので。番組を壊してしまって、嫌な思いをさせてしまったことは申し訳ないと思って」と“謝罪”。

    熱くなっていた渡部だが、謝罪を受け入れ、最後は2人で握手をして“和解”した。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160613-00000143-spnannex-ent
    【アンジャッシュ渡部建が共演NGの脊山麻理子アナに熱弁「バラエティ番組は命懸け!企画を壊す人とは仕事したくない」】の続きを読む

    このページのトップヘ