芸能テロ

2chの芸能の反応をまとめています

    タグ:バンド

    25
    q1
    1 : YG防衛軍 ★@無断転載は禁止2017/02/21(火) 15:42:14.45 ID:CAP_USER9
    人気ロックバンド「KANA-BOON(カナブーン)」のベーシスト、飯田(めしだ)祐馬(26)が宗教法人「幸福の科学」に出家した女優、清水富美加(22)と過去に不倫交際していたことが明らかになった件で21日、コメントを発表した。 

    ウェブサイトでは「飯田祐馬の報道につきまして」と題して文章を掲載した。 

    一連の報道にあった通り、私、KANA-BOONベース担当 飯田祐馬は、既婚の身であることを隠し、清水富美加さんと交際をしておりました。

    私は2014年4月に一般人女性と入籍致しました。しかし、私は、既婚の身でありながら、そのことを隠し、2015年6月から、清水さんと交際を始めました。

    2015年9月に清水さんに既婚の事実を打ち明け、謝罪しましたが、清水さんに対する自分の気持ちを断ち切ることができず、妻との離婚をほのめかしつつ、2016年1月まで交際関係を続けてしまいました。

    このことで、清水さんや妻を傷付けてしまったのは事実であり、その事実に誠意を持って向き合い、深く反省しております。 

    また、清水さんと交際していたことについて、妻と妻の両親に謝罪をし、夫婦間では解決しております。私の軽率な行動で、清水さん、関係者のみなさまにご迷惑をおかけしてしまい、本当に申し訳ございません。

    また、いつも応援してくださっているファンの皆様を悲しませてしまったことを心よりお詫び申し上げます。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170221-00000533-sanspo-ent
    【KANA-BOON・飯田祐馬、清水富美加との不倫は「妻との離婚をほのめかしつつ交際を続けた」】の続きを読む

    20161
    1 : シャチ ★@無断転載は禁止 ©2ch.net2016/12/29(木) 18:04:17.88 ID:CAP_USER9
    ◇第67回NHK紅白歌合戦リハーサル(2016年12月29日) 

    今年5月に12年ぶりに再結成したロックバンド「THE YELLOW MONKEY(ザ・イエロー・モンキー)」が本番への意気込みを語った。 

    今年が初出場となるが、ボーカルの吉井和哉(50)は「デビューの早い段階から紅白は視野に入れて活動してきたが、これまでそういう機会がなかった。申年ですし、再結成したこのタイミングで出場させていただけて良かった」と喜んだ。 

    ベースの廣瀬洋一(53)も「集まるべくして集まったメンバー。イエモンをやることが人生のミッションだと感じる。深い絆で結ばれ、いろんなタイミングが重なったと思うので、今年でよかった」と笑顔を見せた。 

    歌唱曲はヒット曲「JAM」。吉井は「イエロー・モンキーが国とするなら、この曲は国歌。大人でもない、子供でもない年齢の時に作った曲なので、自分たちにとって特別な曲」と思い入れを語った。

    12年ぶりの再結成の思いを語った後、最後に吉井が「これだけは言いたいのが、4人ともカツラじゃないんで」と語気を強め、報道陣の笑いを誘っていた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161229-00000146-spnannex-ent
    【「4人ともカツラじゃない」紅白初出場イエモン吉井和哉「髪フサフサ」「誰もハゲてないし太ってない」】の続きを読む

    o5
    3c

    1 : 湛然 2016/07/15(金) 22:06:17.79 ID:CAP_USER9

    女優・瀧本美織が率いる5人組ガールズバンド・LAGOONが15日、公式サイトで解散を発表した。2014年11月にデビューした同バンドは、1年8ヶ月で終止符を打った。

    公式サイトで「この度、『LAGOON』は2016年7月15日をもって解散することとなりました」と報告。

    解散理由について、「二足のわらじを持つバンドとして『自分の職業、音楽活動』ともに全力で両立を続けてまいりましたが、この先もバンドとしてメンバー5人で活動を続けていくことが困難だと判断し、それぞれの成長をメンバー・スタッフともに真剣に話し合った結果、解散という選択をすることとなりました」と説明した。

    今後については「全員音楽をやめることなく、一人一人が新しい道で音楽を続けていきますので、変わらぬ応援とご支援の程、宜しくお願いいたします」と呼びかけた。

    各メンバーのコメントも掲載され、瀧本は「文章だけではなく直接伝えたい気持ちがありましたが、それが叶わず本当にごめんなさい。それぞれが成長していくために、この決断は自分達にとって必要なことだと思っています」と謝罪。

    続けて「バンドでの経験と学んだことを生かし、これからも、音楽にのせていく気持ちを大切に歌っていきたいと思っています。必ず音楽でもみんなと出逢えることを約束するので、私瀧本美織、そしてyuri、NANA、YUKINO、AMI。それぞれ応援していただければとても嬉しいです」とファンに感謝した。

    LAGOONはソニー・ミュージックレコーズが企画した「女性の夢を叶える応援プロジェクト」として結成。全く異なる職業の女性5人がそれぞれ「二足のわらじを履くガールズバンド」で、オーディションを経て、カフェ店員、一児のママ、学生、救急救命士がメンバーに決まり、ボーカルは瀧本が務めた。

    14年11月に「君の待つ世界」でデビュー、15年6月にギターのRINOが脱退し、同年10月に女子高生ギタリストのAMIが加入していた。


    http://www.oricon.co.jp/news/2075255/
    【瀧本美織のバンド・LAGOONが解散発表した理由!「ジャニーズと付き合ったら干される」「大倉忠義と熱愛の吉高由里子、二宮和也と交際の伊藤綾子も」】の続きを読む

    g3
    g2
    g1
    g4

    1 : リサとギャスパール 2016/07/14(木) 17:51:11.90 ID:CAP_USER9
     
    明日7月15日(金)放送の日本テレビ系「アナザースカイ」に、布袋寅泰がゲストとして出演する。布袋はこの番組のロケで、デヴィッド・ボウイとBOOWYの歴史をたどるためドイツ・ベルリンへ。

    BOOWYのアルバム「BOOWY」をレコーディングした名門スタジオを訪れ、当時の仲間と再会するほか、ドイツ名物のビールとソーセージを堪能、デザイン博や音楽イベントに潜入と、異国の地を満喫する。

    また、BOOWYというバンド名の由来にもなったデヴィッド・ボウイゆかりの地で自らのルーツを振り返り、新たに見つけた夢を語る。

    ♦日本テレビ系「アナザースカイ」
    2016年7月15日(金)23:00~23:30
    <出演者>
    ゲスト:布袋寅泰
    MC:今田耕司 / 瀧本美織
    ※「BOOWY」の2つ目のOはストローク符号付きが正式表記。

    http://natalie.mu/music/news/194566
    【布袋寅泰「アナザースカイ」でデヴィッド・ボウイとBOOWYの歴史をたどるためドイツ・ベルリンへ「自分で壊したバンド」「人間性はない」】の続きを読む

    w0

    1 : 三毛猫 2016/07/11(月) 13:43:22.91 ID:CAP_USER9

    ロックバンド氣志團のボーカル綾小路翔(37)が、「歩き煙草」をする喫煙者について「民度低い」とマナーの悪さを批判した。

    綾小路は10日、参院選の投票後に都内でジョギングしたことをツイッターで報告するとともに、「しかし、池尻から三茶までの間、歩き煙草をしている人の多さにびっくり」と喫煙マナーを守らない人が多数いたことを明かした。

    「あんなお洒落な街に住んでいるのに民度低いな~」と綾小路。「まず灰皿のないとこで吸うのは危ないし、みっともないからやめようぜ。

    ただでさえ、喫煙者は肩身の狭い世の中。愛煙家ならば、自分達の首を自分達で締める様な真似はやめようぜ」(原文まま)と呼びかけた。


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160711-00000091-nksports-ent
    【「歩きタバコする奴は民度が低い」綾小路翔がマナーの悪さを批判!「お前の髪型と音楽の方が民度低い」「子連れの若い夫婦がしててドン引きした」】の続きを読む

    q1 
    71

    1 :かばほ~るφ ★@\(^o^)/:2016/07/05(火) 11:12:05.41 ID:CAP_USER9.net

    たびたび“相棒”が代わる『相棒』シリーズ(テレビ朝日系)で初回から最新のシーズン14まで鑑識課の課員・米沢守役で出演している六角精児。

    水谷豊が演じる杉下右京の捜査を助け、シリーズを通してみれば寺脇康文、及川光博、成宮寛貴、反町隆史といった歴代の“相棒”以上の相棒といえる存在だった。

    「16年もやってきて、新たなことをやりたかった。それを水谷さんも応援してくれたんです」落ち着いた口調でそう話した六角。なんと『相棒』を降板するという。

    「六角さんが演じる米沢は、最新のシーズン14の最終回で、突如、警察学校の教官に就任しました。劇中では、杉下右京との会話の中で“数年後にはまた現場に戻ってきたい”と話していましたが、最終回のサブタイトルが『ラストケース』だったこともあり、六角さんが降板するのではないか、というウワサが飛び交いました」(テレビ誌ライター)

    憶測はあったが、テレビ朝日からの正式な発表はない中、6月24日に東京・下北沢のライブハウスで彼の誕生日ライブが行われた。

    「彼は『六角精児バンド』というグループを友人と結成していて、定期的に音楽ライブを行っているんです。この日はちょうど自分の誕生日と重なったこともあり、バースデーライブとして開催したのでしょう」(芸能プロ関係者)

    ‘96年に仲間と組んで結成された。「バンドは'14年にアルバムもリリースしています。六角さんはボーカルとギターを担当。ちなみに俳優の相島一之さんもブルースハープ担当でときどき、参加しています」(音楽ライター)

    そんな自身の誕生日を祝うライブの途中、演奏が一段落すると、彼は静かにこう語りだした。「実は、このたび長らく出演させていただいていた『相棒』にひと区切りをつけることになりまして……」

    突然の告白に、場内も静まり返る。そして、ここから冒頭のセリフにつながったのだ。ただ、終始しんみりとしていたわけではない。

    「よ~く考えてみると、定期収入ってのはすごく大事だから、辞めないほうがよかったかなって今になって少し思ったりもするんですけどね」

    ライブの終盤には、そうハニカミながら話すと、場内からも笑い声が漏れた。六角の降板について、テレビ朝日に問い合わせてみた。

    「シーズン14の最終回で、警察学校の教官になっているので、これまでのように直接事件にかかわる鑑識という立場での登場はなくなりますが、米沢守というキャラクター自体は、立場を変えて引き続き『相棒』ワールドに存在しているので……。今後、登場するかしないかは、10月から始まる新シリーズを見ていただければと思います」

    あくまで「降板」という言葉は使わなかったが、出番はどうもなさそうだ。誕生日ライブで発表したこと自体については、未確認だった模様。「シーズンオフまで、役者さんの活動を追っているわけではないので……」(テレビ朝日宣伝部)

    六角の所属事務所に発言の真意について問い合わせるも、期日までに返答はなかった。


    http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1467684725/
    【人気ドラマ「相棒」からの降板を突如発表!「水谷豊さんも応援してくれた。辞めないほうがよかった」バンド結成し音楽ライブの六角精児】の続きを読む

    このページのトップヘ