芸能テロ

2chの芸能の反応をまとめています

    タグ:ファン

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    13


    1 :Egg ★@\(^o^)/:2016/04/12(火) 13:00:01.35 ID:CAP_USER*.net
     
    元AKB48のメンバーでアイドル時代はカリスマ的人気を誇っていたが、現在はとても順風満帆とは言えない芸能活動を送っている板野友美。

    そんな板野がインタビューでの発言により、古巣であるAKBのファンたちを激怒させてしまったようだ。

    ネットニュースにもなっている夕刊フジのインタビュー記事で、AKB加入当初を振り返った板野だが、「当時の秋葉原はオタクなイメージが強くて辛かった」「オタク系のイメージがつけられていることに対し、『本当は違うんだよ』というところを見せたかった」などとコメント。

    この本音に対し、AKBファンたちからは「オタクを相手に商売してるのに都合良すぎだろ」「『本当は違う』って、ふざけるのもいい加減にしろ!」など、強烈な批判が飛び交っている。

    「板野の発言は良くも悪くもオブラートに包まずストレートなので、ファンの間では物議を醸すことが多い。つい最近も雑誌のインタビューで『売れてからグループ(AKB)に入ってきた子は、みんな打たれ弱い。

    総選挙で落ちたことぐらいで倒れて運ばれていたら、1期生は入った頃に全員死んでたと思う』と、ジョークを交えながら、板野ら1期生と比べて現役の若手メンバーは打たれ弱いと主張しました。

    言いたいことはわかりますが、あれだけの女子がいたら性格もさまざまですし、だからこそ人気が続いている。『じゃあAKBに頼らず、俺たちをうならせてみろ!』というファンのツッコミも当然です」(アイドル誌ライター)

    叩かれることでしか話題がなくなった板野だが、4月2日公開の初主演映画「のぞきめ」も大コケという状況が聞こえている。本人の発言から考えるにメンタルは鉄板らしいので心配は無用だろうが。

    (佐伯シンジ)

    http://www.asagei.com/56170
    【元AKB48板野友美「秋葉原はオタクなイメージが強くて辛かった」本音告白にファンから強烈批判!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    n


    1 :三毛猫 φ ★@\(^o^)/:2016/04/11(月) 15:08:19.40 ID:CAP_USER*.net
     
    歌手のきゃりーぱみゅぱみゅ(23)が、ベッキーとの不倫騒動渦中にあるゲスの極み乙女。の川谷絵音(27)と一緒に撮った写真を公開し、一部ファンからは批判の声があがっている。

    きゃりーやゲスの極み乙女。、RIP SLYMEなどが所属するワーナーミュージック・ジャパン内のレーベルunBORDE(アンボルデ)の5周年を記念したイベントが10日、幕張メッセイベントホールで開催された。

    きゃりーは11日、その出演者たちと舞台裏で写した集合写真をインスタグラムで公開。

    その中央に川谷の姿があったことに複雑な思いのきゃりーファンも少なからずいたようで、「ゲスの写真載せて欲しくないです。。」「ゲスは自粛するべき!!」

    「キャリーも所詮ゲスの味方かー同じ女としてがっかりした」「ゲスと仲良くするのはいいとしても、わざわざインスタにあげちゃうきゃりーちゃんもどうかと」といった声も寄せられた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160411-00000086-nksports-ent
    【きゃりーぱみゅぱみゅがゲスの極み乙女の川谷絵音との写真を公開にファンから批判の声】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    9


    1 :湛然 ★@\(^o^)/:2016/04/11(月) 06:10:43.63 ID:CAP_USER*.net

    女優上野樹里(29)が、3人組ロックバンドTRICERATOPS(トライセラトップス)のボーカル兼ギター、和田唱(40)と交際していることが10日、分かった。

    上野は以前から同グループのファンであることを公言。2人は音楽を通じて距離を縮め、真剣交際に発展した。交際期間は約半年とみられ、将来的には結婚も視野に入れている。

    ◆上野樹里(うえの・じゅり)
    1986年(昭61)5月25日、兵庫県生まれ。02年女優デビュー。04年主演映画「スウィングガールズ」で人気に。11年NHK大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」で初主演。連ドラはフジ系「のだめカンタービレ」など。趣味は音楽鑑賞。3姉妹の三女で長女はDJ SAORI、次女は歌手上野まな。血液型A。

    ◆和田唱(わだ・しょう)
    1975年(昭50)12月1日、東京都生まれ。文化学院専門課程美術科卒。97年にメジャーデビューし、99年シングル「GOING TO THE MOON」が「ポカリスエットのCMに起用され、注目度がアップ。趣味は映画観賞など。ディズニーランド好き。血液型O。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160411-00000007-nksports-ent
    【上野樹里がTRICERATOPS和田唱と真剣交際「結婚も視野に入れている」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ew


    1 : 閃光妖術(catv?)@\(^o^)/:2016/04/10(日) 10:18:39.09 ID:Ha+jKvaL0.net PLT(13121) ポイント特典

    乃木坂46に続く“坂道シリーズ”第2弾として結成されたアイドルグループ「欅坂46」(けやきざかフォーティーシックス)が、グループ名にちなんだ4月6日、1stシングル「サイレントマジョリティー」でデビューを飾った。

    初日だけで19.1万枚を売り上げる好スタートを切るなか、最年少14歳でセンターを務める平手友梨奈のずば抜けた存在感にアイドルファンのみならず、音楽関係者や芸能人からも熱い視線が注がれている。

    作詞家・秋元康氏が総合プロデュースを務める欅坂46は、昨年8月21日、乃木坂46結成から4年後の同じ日、同じ場所(東京・赤坂 SME乃木坂ビル)で結成され、応募総数2万2509人の中から選ばれた1期生20人で構成される。

    もともと「鳥居坂46 1期生オーディション」を受けたメンバーたちは、合格発表の場で「欅坂46」に“改名”したことを運営から告げられ話題となったが、「AKB48の公式ライバル」として鳴り物入りでデビューした乃木坂46とは異なり、「坂道シリーズ第2弾」とトーンを下げ、静かに滑り出した。

    そのなかでも一躍脚光を浴びているのが、最年少でセンターを任された平手だ。21世紀(2001年6月25日)生まれの平手の低い声での歌い出し、強いまなざし、たたずまいに「センターにふさわしいオーラ」「うちのセンターすごい」と他のメンバーのファンをも納得させてしまったほど。

    音楽関係者の間でも「14歳にして風格すら感じさせる圧倒的な存在感」に伝説のアイドル・山口百恵の面影を重ねる人もいれば、当時13歳だった後藤真希がモーニング娘。に加入したときの衝撃に例える人もいる。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160410-00000306-oric-ent
    http://www.oricon.co.jp/news/2069936/full/

    【乃木坂46に続く「欅坂46」のセンター「平手友梨奈(14)」が山口百恵の再来…らしい】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    39
    9

    1 :ダークホース ★@\(^o^)/:2016/04/09(土) 10:07:47.68 ID:CAP_USER*.net

    4月11日スタートの連続ドラマ「ラヴソング」(フジテレビ系)に放送前から暗雲が立ち込めている。

    ヒロインを務める藤原さくらは所属事務所の“ゴリ押し”と批判され、47歳の福山雅治が20歳の藤原と恋仲になるというストーリーは、女子たちから「気持ち悪い」とさえ言われる始末だ。

    そんな状況を打破するためか、4月16日放送の特番「めちゃ×2イケてるッ!~20周年記念大感謝スペシャル(仮)」にて、ナインティナインの岡村隆史がドラマ撮影現場を訪れるシーンが盛り込まれることがわかった。

    福山にとっては初の「めちゃイケ」出演となるが、テレビ誌のライターはこの番宣はむしろ逆効果だと語る。

    「ドラマ『ガリレオ』の大ヒットでフジテレビに貢献した福山にしてみれば、『めちゃイケ』など視聴率急落中の落ち目番組に過ぎません。しかも、バラエティゆえに純粋な番宣ができるはずもなく、岡村のイジりも受けることは確実。

    その状況を受け入れてまで番宣に励む姿は悲哀すら感じさせ、ファンの気持ちに刺さらないのではと危惧されます」

    そしてもう一つ、危惧されるポイントがあるという。それは福山が作詞作曲し、藤原が歌うドラマ主題歌の「soup」だ。音楽ライターはこう語る。

    「福山主演の『ガリレオ』では、自身が作詞作曲を手掛け、柴咲コウが歌った『KISSして』が週間ランキング3位のヒットとなりました。それが今回の『soup』ではベストテン入りも難しいと予測されているのです。

    藤原にとっては記念すべき初のシングル作品ですが、彼女自身にさしたる人気があるわけでもなく、ドラマ主題歌という話題性だけでランキング上位を狙うのは厳しいでしょうね」

    この月9では、前クールの「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」が史上最低視聴率に沈んだばかり。そこからのV字回復を図るはずが、主題歌と共に爆死してしまうようでは、福山の神通力が衰えた作品として記憶されてしまいそうだ。

    http://news.infoseek.co.jp/article/asageiplus_56039/
    【福山雅治が主演ドラマの番宣で『めちゃイケ』初出演は逆効果「落ちぶれた感が…」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    アイドルとアイドルのツーショット(島崎遥香のツイッターから)
    1

    1 :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/04/08(金) 20:27:28.09 ID:CAP_USER*.net

    AKB48の島崎遥香(22)が8日夜、女優の中山美穂(46)との珍しいツーショットをツイッターで公開した。

    中山の主演舞台「魔術」を見に行ったという島崎は、「ツーショット...緊張!!笑」と、いつになくかしこまった様子。

    カメラにほほえむ中山に、ピンと背筋を伸ばして寄り添っている。島崎は中山と同じ事務所に所属しており、先輩の仕事ぶりに身が引き締まったようだ。

    ファンからは<凄いツーショット 感激です><美穂さんって、中山さんじゃん!>など驚きの声が殺到。

    <同じ事務所でしたか~ママ世代のアイドルですね><(ちょっと失礼な意味も込めて)…嘘みたいですね>といったコメントも寄せられている。

    世代を超えたアイドルの“レアな1枚”に、双方のファンから歓喜の声が上がったようだ。

    http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/179067
    【AKB48島崎遥香が中山美穂との「緊張」のツーショット公開】の続きを読む

    このページのトップヘ