芸能テロ

2chの芸能の反応をまとめています

    タグ:フジテレビ

    13
    1b
    1c
    1a
    1d

    1 :Egg ★@\(^o^)/:2016/06/23(木) 19:24:21.33 ID:CAP_USER9.net
     
    6月21日に辞職した舛添要一元都知事についてのフジテレビの報道に「さすがにこれはやりすぎなのでは?」と、ネット上がざわついている。

    問題視されているのが19日に放送された情報番組「Mr.サンデー」。番組には舛添氏の故郷・福岡県北九州市に住む「舛添氏の初恋の相手」と紹介された女性がVTRで登場。

    その初恋相手は舛添氏と高校時代に数年間文通を続けていたようで、番組で舛添氏から送られてきたという大量の手紙を公開した。

    また、その初恋相手はたくさんの手紙の中で印象に残っている言葉があると話して、「正しく・強く・美しく生きていこう」と書かれたメッセージを披露。「“正しく”がちょっと欠けている」と舛添氏に苦言を呈した。

    舛添氏の少年時代を知る人物の証言でもあり、説得力があるのもわかるのだが、プライベートなラブレターを公開する必要性まであったのか、さまざまな意見が寄せられているようだ。

    「もちろん、都民をとことんまでイラ立たせた舛添氏が元凶ではあるわけですが、初恋相手への恋文まで引っ張り出して叩くことに、さすがに嫌悪感を示している人も多い。

    『ざまあみろとも思うけど、これだとただのイジメ』『なぜ、ここまでフジテレビはするの?』など、今回の報道について批判の声も殺到しています」(週刊誌記者)

    今回の一連の舛添批判に最も熱くなっていたのがフジテレビだ。

    「今回は頑張っている」「そうだ、舛添をもっと追い込め!」「応援します」という声も多かっただけに、つい突っ走ってしまったのかもしれないが、ともすれば行き過ぎた報道は、追い込まれた悪党たちの逆襲の手段として使われかねない。

    報道の自由を「やりたい放題」とはき違えず、庶民の気持ちをうまく反映したニュース作りに徹してほしいものだ。(田中康)

    http://www.asagei.com/60819


    【フジテレビが舛添要一元都知事の初恋ラブレターを晒し批判殺到「ただのイジメ」「やり過ぎ」】の続きを読む

    86

    1 :
    Egg ★@\(^o^)/:2016/06/23(木) 16:58:37.70 ID:CAP_USER9.net

    TOKIOの城島茂(45)が23日、フジテレビ系「TOKIOカケル」(水曜後11・0)に出演。「何をしてる時が一番楽しいか」との質問に「『ニコニコ動画』見てるとき」と答える場面があった。

    この日は、「生まれて初めて聞かれました」のコーナーに俳優の山崎賢人(21)と野村周平(22)がゲストとして登場し、2人がさまざまな質問に答えながら、TOKIOのメンバーとトークを展開した。

    終盤、「何をしてる時が一番楽しいか」という質問が飛び出し、山崎は友人と旅行に行き、テニスをしたり、温泉に入ったりしたエピソードを披露した。

    すると、国分太一(41)が城島に同じ質問を投げかけた。城島は「僕はそんなスポーツせえへんからねえ…」と少し悩むそぶりをみせた後、「『ニコニコ動画』見てるときかなあ。あれ結構面白くない?」と答え、スタジオは笑いに包まれた。

    「ニコニコ動画」とは、ユーザーがコメントを投稿できる日本の動画共有サイトの1つで、番組でも「こんな感じにコメントを流せる動画サイト」というテロップとともに、同サイトを模したコメントが多数流れた。

    城島は部屋で一人動画を見ているようで、「軽く(お酒)飲みながら…面白いなあって思って。みんなよう突っ込むなあみたいな」と、しみじみ語った。


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160623-00000541-sanspo-ent


    【TOKIO城島茂「ニコニコ動画を見てるときが一番楽しい。あれ結構面白くない?」】の続きを読む

    y1

    1 :シャチ ★@\(^o^)/:2016/06/20(月) 23:18:51.75 ID:CAP_USER9.net
     
    女優の二階堂ふみが20日、フジテレビ系の「中居正広の神センス☆塩センス!! あの時どうすりゃよかったの!?」に出演し、デートの際は「割り勘派」であることを明かした。

    番組ではデートの際の割り勘について「許せる?許せない?」とトークを展開。鈴木奈々は「ダンナさんはずーっとお付き合いしてるけど出してくれてました」と話し、MCの中居を驚かせた。

    中居は「収入でいったら向こうのほうが低いんじゃない」と、やんわり尋ねた。

    鈴木は「ダンナさんは工場のC班のリーダーなんですけど」と普段通り述べ、「でも全部出してくれてました。一生懸命お仕事を頑張って支払ってくれている姿を見て愛を感じた」と話した。

    中居が二階堂に意見を求めると、二階堂は「おごられるのが当然だと思わない。どちらかというと出したいって思う方」と割り勘派であることを告白。「必ずおごられるっていうのは嫌です。その辺は対等でいたい」と話した。


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160620-00000110-dal-ent
    【二階堂ふみ「デート代は割り勘派!おごられるのが当然だと思わない。その辺は対等でいたい」】の続きを読む

    w1
    w2
    w3
    w4
    w5
    w6
    w7
    w8

    1 :三毛猫 φ ★@\(^o^)/:2016/06/20(月) 09:16:52.92 ID:CAP_USER9.net
     
    18日に生中継されたフジテレビ「AKB48総選挙SP」が平均(第3部=後8・51~9・24)17・6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と高視聴率をマークしたことが20日、分かった。

    速報値2位のHKT48指原莉乃(23)が史上最高の24万3011票を獲得し、史上初の連覇を達成した。総得票数は325万5400票と過去最多だった昨年の328万7736票より減少したが、過去の選挙と変わらぬ高い注目を集めた。

    昨年の放送は「メンバーコメントをぶった切ってCMに入るタイミングが最悪」とインターネット上に批判の声が相次いだが、今年はCMを番組前半に多めに投入し、後半は余裕のある進行。

    6位から1位の発表はノーCMで会場の臨場感を伝えた。「余計な演出がなくて良かった」「会場の進行と中継のCMがコントロールされていた」など評価する声が見られた。

    フジテレビがAKB選抜総選挙の生中継特番を組むのは5年連続。平均視聴率は2012年(1位・大島優子)が18・7%、13年(1位・指原莉乃)が20・3%、14年(1位・渡辺麻友)が16・2%、15年(1位・指原莉乃)が18・8%だった。


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160620-00000069-spnannex-ent
    【フジテレビ「AKB総選挙は視聴率17・6%」ネット「卑怯すぎる詐欺行為」「酷い分割」「過去最低」】の続きを読む

    7w

    1 :casillas ★@\(^o^)/:2016/06/19(日) 13:59:50.86 ID:CAP_USER9.net

    業績も純利益でテレビ東京に抜かれ、期待の“月9”も超低空飛行のフジテレビ。

    やることなすこと面白くて、ちょっとやんちゃなところも魅力だったクラスの人気者が、急に真面目な優等生になっちゃった……みたいな寂しさも感じる。私たちを夢中にさせてくれたあのころみたいに、どうすれば元気になってくれるのか?

    そんな、元気のないフジテレビが心配な本誌へのデーブ・スペクター(62)緊急寄稿。フジテレビには足を向けて寝られないほどの愛着があるという、彼の考える再生計画とは――?

    ちまたや業界内で「フジテレビ、どうしちゃったの?」という声を毎日のように聞く。自分もいつも頭のどこかに入ってるし、知人ともよく話す。

    もうシャレとか言ってる場合じゃないけど、月9が“月苦”になったり、上層部が『しくじり先生』に出たり、奥の手として『僕のヤバイ妻』にジョニー・デップが特別出演(!)したり、『きょうのわんこ』を24時間放送してみたりすればいいのかな?

    でも真面目な話、ここまでのダウンワード・スパイラルは悲しい。自分は何しろ『笑っていいとも!』でデビューして、それがきっかけで人生が変わり、日本に永住することになったのだから。

    フジテレビのイケイケ時代を代表する『夕やけニャンニャン』や「オレたちひょうきん族」にも出演させてもらったので、今はお台場に足を向けて寝られない(幸いベッドの位置は別なほうに向いている)。

    特別に愛着を持っていることを認めたうえで、勝手ながら検証したい。

    今も変わらないフジテレビの特徴として経験から言えるのはまず“研究熱心”。他局と比べてアナウンサーも外交的で、お芝居やイベントや映画など、仕事とは関係なく出かけていく。外国のテレビにもいつも敏感で、よく勉強している。

    でも、いつの間にか方向性が見えなくなった。どんどん第一線のやり手が現場を離れて管理職になり、リーマン・ショック以来、余裕がなくなって、新しい媒体やネットやスマホなどとの競争の渦巻きに入り、フジテレビらしいぶっ飛んだ発想がなかなか発揮しにくくなった。そのうえ、老舗の番組をどんどん打ち切るから「大丈夫?」との心配の声がますます挙がる。

    もっとも不毛なエリアがドラマ。『101回目のプロポーズ』は自分でも恥ずかしいくらい泣きながら見ていた。今のドラマはフジに限らず全く進化しておらず、むしろ退化している。

    これだけ海外ドラマが簡単に見られる時代なのに、何の学習もせず相変わらず脚本も演技も全てがマニュアルどおりで古臭い。人間がしゃべらないようなセリフばかり。セットもいかにもセット。何よりも人気、事務所優先のキャスティングばかり。

    厳しい提案をするならば、今から2年間ドラマを100%やめてみたらどうだろう?休むと言ったほうがいいかな。その間にプロダクションとのしがらみとか、ややこしい関係を全部切る。

    そして2年後にリセットして、オーディションもやって、きちんと演技力でキャスティングする。ま、そこまでは割り切れないでしょうが、理想的ではある。

    底力を信じて前のように復活して「いいとも!」。


    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160619-00010003-jisin-ent


    【デーブ・スペクター「フジテレビはドラマをやめろ!脚本も演技も全てが古臭い。事務所優先のキャスティング」】の続きを読む

    ty

    1 :三毛猫 φ ★@\(^o^)/:2016/06/19(日) 12:21:08.24 ID:CAP_USER9.net

    ダウンタウンの松本人志(52)が14日、フジテレビ「ワイドナショー」(日曜前10・00)に出演。マーリンズのイチロー外野手(42)が達成した日米通算4257安打を巡る記録論争についてコメントした。

    イチローが15日のパドレス戦で2安打を放ち、ピート・ローズ氏の持つメジャー通算記録を更新。

    これに対し、ローズ氏が「自分の記録とは比較対象にならない」とその記録について否定したほか、記録の見解については米国内でも論争が湧き上がっていた。

    松本は今回の“イチロー論争”について、自身が身を置くエンターテインメントの舞台を引き合いに出して言及。

    「お笑いの審査員を任されることもあるが、思うのは、現役でやっている奴らは偉い。ステージに立っている奴らが、こっちより絶対偉いから、そこを忘れてはいけない」とし、その考えを前提にすれば「ピート・ローズのような意見は出ない」と力説した。

    また、レベルについては「大リーグの方が、プロ野球より上かもしれないですけど」と前置きしつつ「イチローより、ピート・ローズの方が人間としてのレベルはだいぶ下かなと思う」と、ローズ氏の見識の狭さを皮肉った。


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160619-00000087-spnannex-ent

    【松本人志「イチローより、ピート・ローズの方が人間としてのレベルはだいぶ下かなと思う」】の続きを読む

    このページのトップヘ