芸能テロ

2chの芸能の反応をまとめています

    タグ:フリー

    7

    1 :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/05/30(月) 11:49:43.75 ID:CAP_USER9.net

    元日本テレビアナウンサーで、現在はフリーとして活動している宮崎宣子が、「局アナ時代にイジメを受けた」と明かした。

    そんな爆弾発言が飛び出したのは、5月16日に放送された「直撃!コロシアム!!ズバッと!TV」(TBS系)でのこと。

    この日は「フリー女子アナ 激論バトル!」をテーマに、フリーで活躍する女子アナ50人が一堂に会し、さまざまな質問に答えた。

    注目されたのは「局でイジメに遭ったことがあるか?」の問い。50人中24人が「YES」と答えた。

    その中の1人、宮崎アナが「ある先輩とアナウンス部で2人きりになると、原稿を宙に投げながら『あなたはアナウンサーじゃないのよ!』と必ず“指導”された」そうだ。それがいつも終電間際だったので、しかたなく徒歩で帰ることもあったという。

    だが、元日テレ関係者は「これは指導であって、イジメではない」と話す。

    「80年代後半から90年代前半は、フジテレビの八木亜希子、有賀さつき、河野景子から第1次女子アナブームが始まりました。

    日テレは、この3人の人気に追随しようと93年に薮本雅子、永井美奈子、米森麻美で女子アナユニット『DORA』を結成しCDデビューさせました。これに“女子アナはタレントじゃない”と猛反発したのが当時、キー局女性初のアナウンス部長だった石川牧子。

    だけど、女子アナの中にはタレント化してチヤホヤされる他局の人を羨ましがる人もいた。宮崎アナもその1人です。その指導が深夜になってしまったのは、人前で注意をしない先輩アナの思いやりですよ」

    結局、“指導”を“イジメ”と思うか否かは、本人次第ということか?


    http://dailynewsonline.jp/article/1137345/
    【元日本テレビアナウンサー宮崎宣子「局アナ時代にイジメを受けた。イジメはいつも終電間際だったので徒歩で帰った」】の続きを読む

    85


    1 :風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/04/12(火) 13:39:02.97 ID:3C7ixL5cd.net

    フリーアナウンサーでタレントの小林麻耶(36)が10日、ミニスカセーラー服姿を自身のブログで披露し、「超可愛い」「10代の高校生に見える」「違和感ない」と絶賛の声が相次いでいる。

    小林は「同じ事務所のみんなとパチリ。な、な、なんと! セーラー服で(≧∇≦)」とコメントを添えて、同じくフリーアナウンサーの川田裕美らと共に制服姿で写った同写真を公開。小林はプリーツのミニスカートを着用しており、細い美脚があらわになっている。

    ファンからは、「こんなにも似合うのか」「可愛すぎる」「こんなにセーラー服が似合う36歳は、世界中探しても麻耶さんだけ!!」と小林のかわいいセーラー服姿にコメント。

    また「足細い。顔小ちゃい」「若さの秘訣は何ですか??」「何故? そんなにも若くて可愛く見えるんでしょうか?」など、いつまでも若々しい小林に驚く声が寄せられている。

    バラエティー番組でも活躍する小林は、今夜放送の「踊る!さんま御殿!!」(日本テレビ系)に出演。1月には「ブリカマぶるーす」で歌手デビューを果たすなど、多方面で活躍している。

    http://www.cinematoday.jp/page/N0081935
    【小林麻耶、伊藤綾子、川田裕美アナのセーラー服姿に「超可愛い」「10代の高校生に見える」】の続きを読む

    このページのトップヘ