芸能テロ

2chの芸能の反応をまとめています

    タグ:ブス

    b3
    b1
    b2

    1 :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/07/10(日) 17:38:26.60 ID:CAP_USER9.net[1/2]

    6月27日現在、週間平均視聴率が23.4%と12週連続の20%超えを記録し、絶好調のNHK朝ドラ『とと姉ちゃん』。その立役者はもちろん、ヒロインの高畑充希(24)だろう。「高畑は、平日は朝ドラの収録、週末は雑誌の取材やバラエティ番組への出演と、休みなしの毎日なんだとか。

    最近は、『三代目J Soul Brothers』随一のイケメン・岩田剛典(27)とのW主演映画『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』の宣伝活動で、寝る暇もないほど過密なスケジュールです」(スポーツ紙芸能記者)

    聡明で篤実――朝ドラでの役のように、ひたむきに働く高畑の意外すぎる“一面”が、かいま見えたのは、そのW主演映画の打ち上げの席でのことだった。

    「観客動員数が55万人を突破したこともあって、会はお祝いムードで大盛り上がり。主演の2人も酒豪ぶりを発揮して、高畑さんは大好きなスパークリングワインを手始めに、いろいろなお酒をガンガン飲んでいました」(製作会社関係者)

    すると、酔いも手伝ってか、話は恋愛トークに。「“運命の出会いを信じるか?”“ひと目惚れはアリかナシか?”という話題になったんです。

    すると、高畑さんが、“中身で好きになるから、ひと目惚れは絶対ない”と自らの恋愛観を語り始め、そして突如、岩田さんに向かって“(あなたは)そんなにタイプじゃない”とダメ出し。これに岩田が「ボクって、魅力ないですか……」と、ヘコんでみせると、周囲は大爆笑になったという。

    「酔っていたせいか、高畑さんも、つい本音が出ちゃったようですよ。もっとも彼女の“ぶちゃ顔好き”は、舞台関係者や共演者の間では有名ですから」(同) 

    事実、彼女の親友である前田敦子(24)が歌舞伎役者のイケメン、尾上松也(31)と交際中、あっちゃんから恋バナを聞かされるたびに“松也のどこがいいの?”と、真顔で聞いては嘆息していたのだとか。

    「酒席で、出演中のCMを自らパロディ化して、“痛いと私はぶちゃくなる、だから、私はぶちゃ顔が好き”と笑いを取ったこともあったとか。


    2 :
    砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/07/10(日) 17:38:49.05 ID:CAP_USER9.net[2/2]

    また、来年の朝ドラ『ひよっこ』ヒロインに決定した親友の有村架純(23)には、ジャニーズの岡本圭人との写真が流出した際、“男を顔で選んだら、ダメだよ”なんて、説教したこともあったそうです」(同) 

    高畑に告白をしたという柄本明の息子の個性派俳優、柄本時生(26)も、この高畑の趣味を知っていたから、自信を持って告白したなどという話もあるほど(結果は“桜散る”)。

    そもそも、なぜ彼女は、ぶちゃ顔好きなのか? ベテラン芸能記者によると、事務所の先輩・優香(36)が影響しているという。

    「高畑は、デビュー前から優香のファンで、尊敬していた。憧れの先輩である優香に“男を顔で選ぶと、振り回されるよ”と真剣に諭され、忠実に守っているんだとか」

    先日、同い年の俳優・青木崇高との電撃結婚を発表した優香だが、かつては妻夫木聡(35)や岡田准一(35)など、芸能界きってのイケメンとの熱愛が噂され、その都度、涙を流してきた。自らを生きた教材に、優香は後輩をビシビシ指導。

    「今年1月、高畑が写真誌に報じられた渋谷での焼き鳥デートの相手は自称“ブ男”のシンガーソングライターの高橋優(32)でした。ただ、高畑は朝ドラの後も舞台、映画、ドラマと、来夏まで大忙しで暇はない。高橋とも疎遠になってしまったようです」(前同)


     http://dailynewsonline.jp/article/1160717/
    【三代目のイケメン岩田剛典に「あなたはタイプの顔じゃない」高畑充希「男を顔で選んだらダメだよ」「意識高い系ブスの女優増えたな」】の続きを読む

    71

    1 :Egg ★@\(^o^)/:2016/07/10(日) 11:32:38.16 ID:CAP_USER9.net

    お笑いコンビ「ダウンタウン」の松本人志(52)が10日放送のフジテレビ「ワイドナショー」(日曜前10・00)に出演。NHKアナウンサー同士による不倫報道について言及した。

    1日発売の写真週刊誌「FRIDAY」が、NHKの平日情報生番組のキャスターを務める30代の男性アナウンサーと20代の女性アナウンサーの不倫をスクープ。

    松本は「何で路チューするの?ホント意味分からん!俺は路チューなんてしたことない」とコメント。

    フリーアナウンサー赤江珠緒(41)が「恋は人をおろかにするって言うじゃないですか」と返し、イラストレーターのみうらじゅん(58)が「野外が好きな人ってもともといるんですよ」と反応する。

    松本は「でもそれって、野外が好きなだけで相手に対する配慮というか、愛はないと思うんですよね。本当にこの子が好きやなって思った人とは、やっぱり車の中とかではしないですね。だから車の中でそういうこと求められた人は愛されてないと思っておいた方がいいですよ」と持論を展開した。


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160710-00000102-spnannex-ent
    【松本人志がNHKアナ同士の不倫報道に持論!「この女性は愛されてない。本当に好きやなって思った人とは」「女がブス顔だから完全に遊び」】の続きを読む

    123

    1 :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/07/08(金) 13:17:52.62 ID:CAP_USER9.net

    7月3日放送の『ハッキリ5~そんなに好かれていない5人が世界を救う~』(ABC朝日放送)にオアシズの光浦靖子(45)が出演。過去に目撃した女性タレントの行動を非難し、お笑いタレントの小籔豊和(42)に共感される場面が見られた。

    この日のテーマは「ズルい女」。その中で光浦は「被害者のポジションを取る女がズルい」と主張した。光浦が紹介したのは、あるテレビ番組収録の前室で、実際に起こった出来事。年配の女性タレントが座っていたところ、ある新人の女性タレントがお茶をこぼしてしまったのだという。

    そしてその若い女性は大声で謝り始め、年配のタレントが「いいよいいよ。大丈夫」と言ったにもかかわらず、さらに大声で謝り続けたのだ。

    そうすることによって若い女性は「だんだん空気が、まるで年配の人が若い子をいじめてるようにスライドさせていく」のを、光浦は目撃したというのだ。

    この女性を光浦は「すっごーいズルーいと思って。当たり屋、この野郎! と思って。すげえ腹立っちゃって。大嫌いなの、そういう若い女が」と、激しく非難。

    さらに「男の人とかが単純に“年増の女=お局=イジワル=若い女に嫉妬=イジメ”っていう、簡単な引き出ししかないわけ」と指摘。

    年配の女性が若い女性をいじめているような空気になったのは、周りの男性たちが原因でもあると主張し、小籔から「わかるわかる」と共感されていた。

    「いわゆる不細工キャラの光浦ですが、女性ファンからは『実はキレイ』という声が多く聞かれます。『キレイ」といってもモデルのような美しさではなく、親しみが持てるレベルですけどね。

    ただ、その親近感が、女性ファンの共感を呼んでいるのでしょう。今回の番組での発言も、『あるある~』とテレビの前で納得していた女性ファンは、かなりいたんじゃないでしょうか」(女性誌記者)――女性の代弁者!

    http://dailynewsonline.jp/article/1159446/
    【光浦靖子「若い女性タレントが大嫌い。被害者のポジションを取る女がズルい。年配の女性が若い女性をいじめているような空気になった」】の続きを読む

    y2
    2w

    1 :シャチ ★@\(^o^)/:2016/07/08(金) 08:26:04.39 ID:CAP_USER9.net

    元AKB48の女優・前田敦子(24)が8月2日に東京・渋谷のパルコ劇場で行われる朗読劇「ラヴ・レターズ」で、プライベートでも親交の深い俳優の柄本時生(26)と共演することが7日、分かった。恋心を抱きながら、すれ違う男女の物語。

    「週1、2回は会っている」という大親友との共演に前田は「時生とは(週刊誌に)写真を撮られる心配がないから楽ちん」と性別を超えた信頼関係を強調し、柄本は「振り回される役柄が、実際の関係に近いかも」と苦笑した。

    4月期のTBS系ドラマ「毒島ゆり子のせきらら日記」で大人の魅力も見せた前田。気心の知れた柄本との初の朗読劇に「思いっきり感情をぶつけたい」と胸を躍らせている。

    柄本とは2010年の日本テレビ系ドラマ「Q10」で共演した高畑充希(24)、池松壮亮(25)と共に意気投合。それ以来、「ブス会」と称する飲み会を頻繁に開き、仕事や恋愛の悩みを打ち明けてきた。

    柄本への信頼は厚く「時生なら(マスコミに)写真を撮られる心配もないし、楽ちんなんです」。深夜に呼び出しておきながら、ひたすら英語の勉強をする前田の様子を柄本が黙って見守ることもあるという。

    1990年から26年間、460組の俳優、女優が出演し、男女の愛憎を表現してきた人気朗読劇。自由奔放なメリッサを演じる前田は「お互いを異性として意識しているのにすれ違ったり、『恋愛って難しいな』って胸を締め付けられる」とイメージを膨らませている。

    口下手なアンディー役の柄本は親友との共演に「とにかく恥ずかしい」とはにかみ、「振り回される役柄が実際の関係に近いかも」と話す。

    劇中では愛の告白もあるが、前田は「時生とは絶対にない。仕事仲間として一生、一緒にやっていきたいので」と強調。

    一般女性との交際を公言している柄本も「彼女とは変わらず付き合っています。舞台では単純に本を読むことが、いかに難しいかを確認したい」と仕事に集中している。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160708-00000001-sph-ent
    【前田敦子「週1、2回は会っているが恋愛関係は絶対にない。仕事仲間として一生、一緒にやっていきたい」大親友の柄本時生と朗読劇】の続きを読む

    53

    1 :ジョーカー ★@\(^o^)/:2016/07/07(木) 18:56:52.99 ID:CAP_USER9.net

    7月6日(水)、HKT48の指原莉乃がツイッターで自身の容姿に関するツイートを連投した。

    指原は6日「移動中。寝たらもったいない気がしてずっとtwitter。キラキラ系、美容系アカウントだいすき。。たくさん努力しなきゃいけないって気付いたのが遅かった。

    twitter廃人になるのがもう少し早ければ。。とりあえず早く矯正のワイヤーしめにいきたい!肌白くなりたい!誰か顔変えてくださ」と自身のツイッターへ投稿。

    その後も「性格も下品だから、せめてプライベートでは女の子らしくしよう!!そうしよう!!!」

    「好きな系統のアカウントのみなさんに垢抜けたと言ってもらえるように頑張る。。たまに指原の話出てくるけど顔の悪い部分指摘されてるだけだわ。。。がんばろ。。」とツイートを続けた。

    これに対して、AKB48の柏木由紀からは「早く寝ようダイエットしよう半身浴しよう」とのリプライが届き、これに対し「かわいくなりたい痩せなきゃと泣きながら寝て、起きたら忘れて、夜になり、また泣く。。」と返信するなどしていた。

    ファンからは「莉乃ちゃんこれ以上可愛くなったら毎日テレビの前で鼻血流しちゃう」「今のままで十分可愛いよぉぉぉぉぉ」

    「もったいない事を言うんじゃないよ」「最後の“い”忘れてるとこかわいい」「今のままでいいよ」などと、応援や励ましの声が寄せられていた。


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160707-00010005-etalent-musi
    【指原莉乃が自分のブスな容姿に耐えられないと告白「誰か顔変えて!肌白くなりたい!」「かわいくなりたい痩せなきゃと泣きながら寝て」】の続きを読む

    56

    1 :Hero syndrome ★@\(^o^)/:2016/07/07(木) 11:38:33.25 ID:CAP_USER9.net

    新人がいけないのか、大人がいけないのか

    さいきんはキャスティング担当さんが、先方さんに声優の候補をあげると「この子はTwitterのフォロワーが少ないから違う声優を探してくれ」って言われる事もたまにあるとかないとかあるとかないとか

    まだ何も分からず、とにかく何とか成功したい新人ちゃんが声優はとにかく人気がないといけない有名にならないといけないと思って芝居の稽古よりもTwitterのフォロワーを増やすことに必死になっても仕方のないこと。

    とにかく若くないと選ばれない若くてかわいくなくちゃいけないウケのいい外見でいなくちゃって焦っている

    実際にアニメのオーディションには年齢制限がある時もあるし雑誌の人気投票で10位までの人から選んでくださいなんてオーダーが来る時もあったりなかったりあったりなかったりでも「最近の新人は芝居できないのに人気ばかり気にする」なんて言われちゃう

    まわりの大人がそうゆう世界にしたんじゃないの?子供は大人に認めてもらうために、少ない知識で何かを感じ取ろうと一生懸命なのよ彼らが人気が…人気がなきゃ…人気つけなきゃ……人気…って感じ取ったのは当たっているじゃない

    そうゆう選び方をしてそうゆう世界にしたのは大人達なのにいざとなると人気だけあるけど、かわいいけど、芝居ができないとか言われちゃう

    そりゃそうよ 新人だらけの現場ばかりでベテランの先輩とお仕事できる機会が少ないんだもの心震える機会がないんだものいくら勉強したって、実際にいいものを見なきゃどうにもならない

    いちおうショービジネスだから時代によって色々な基準や流行りが変わる事は別にいいんじゃない?と思うし売り上げの為にとにかく人気のある人を…!っていうのも仕方のないことと思っている

    なんやかんや言っても声優はやっぱりお芝居が第1であり、お芝居はしっかりがんばらなきゃねとも思っている しかし選ぶ側は一体全体芝居が欲しいのか人気のあるカワイコちゃんがほしいのか

    最近はなんだかブレブレな雰囲気を感じる時もあるタレントとしてはどちらも持ち合わせているに越したことはないけれど。

    人気のある先輩はお芝居ができたから人気が出た。だからとにかく芝居をきちんと。なんてよく言われるし、決してそれは間違っていないけれどなんていうか今は順番が逆で

    とにかくなんでもいいから人気!とにかく人気を先につけて、お芝居は後から何とかしていこうって感じなのかな それもビジネスとしての作戦ならば仕方ないけれど

    でも流れを変えた張本人たちが流れにのろうとしている子供たちを責めるのはかわいそうだなあ 現場の名誉の為に補足ですが新人ちゃんをきちんと育ててくれる現場やスタッフさんもたくさんいるよ

    まあそんなこんなで新人ちゃんがいろいろ言われるのはどの世界でもよくあることまずはふるいにかけられるからね あとはふるわれないようにするしかない

    わたしも新人時代に 「いいよねー、仕事たくさんあってー。た だ 顔 が い い だ け で」 って言われたことあるけどあたまきたから 「ほんとラッキーでした。親に感謝です」 って返して睨まれたことあるわ そんなもんよ


    朝です 素敵な1日を

    http://ameblo.jp/tacit/entry-12178075986.html
    【「顔がいいのは親に感謝」おばさん声優が最近の業界に不満爆発!「若くて可愛いくて人気の子ばかり選ぶくせに、芝居ができないとか新人を責めるのは可哀想」】の続きを読む

    このページのトップヘ