芸能テロ

2chの芸能の反応をまとめています

    タグ:ブーム

    7
    1: 名無しさん 2017/08/20(日) 15:04:51.89 _USER9
    女優の長谷川京子(39)が20日放送のフジテレビ系「ボクらの時代」(日曜・前7時)に出演し、20代の「ハセキョーブーム」のまっただ中で思っていたことを明かした。

    長谷川はモデルから女優へ転身し「25ぐらいの時に」ドラマ、CMで引っ張りだこの人気を獲得する「ハセキョーブーム」を起こした。

    当時は、「次のドラマがボンボンボンボン入って来て、広告もボンボンボンボン入って来て」と多忙を極め「2日間ぐらい家に帰れなかったこともあるし」と振り返った。

    ブームの中で自身は「休みもなかったんで、自分も子供だったし、仕事いっぱいいただいているという感謝って正直、なくて辛くて仕方なかった」と告白。

    「一個ずつじっくりやっていきたかったけど、ボンボンボンボンお仕事をいただけたことが、嬉しくもあり、すごく怖くって」と明かし、ブームと呼ばれていたことに「ブームなくなっちゃうと私のことどうしてくれんだい、みたいな感じがあった」と話した。

    「風が終わったらみんな、私のこと、忘れているんじゃないかなという恐怖心がすごく大きくて…そんな20代でした」と振り返っていた。

    現在も当時のことを取材で聞かれることもあるというが「ブームとか言われて、あんまり嬉しくなくないですか?だって今も頑張っている。当時とか言われると私、終わっちゃったみたい」と告白していた。

    http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170820-OHT1T50078.html 
    【【芸能】女優・長谷川京子が告白“ハセキョーブーム”は「嬉しくもありすごく怖かった」】の続きを読む

    36001459108817c
    01459108817c

    1 :湛然 ★@\(^o^)/:2016/03/28(月) 05:08:43.10 ID:CAP_USER*.net

    ブームが終わってレギュラー0本、あっけなく居場所を失ってしまったお笑いコンビ・はんにゃ(川島章良、金田哲)が、テレビ朝日系『しくじり先生 俺みたいになるな!!』2時間スペシャル(4月4日 後8:58~11:15)に登場。実力不足に気付かずイタイ目を見ないための授業を行う。

    かつて“ずくだんずんぶんぐんゲーム”のネタでブレークし、当時は「好きなお笑い芸人ランキング」で1位を獲得し、連続ドラマにも出演していたはんにゃ。

    そのブームも長くは続かず、キー局のレギュラー番組はすべて終了。「マジで笑えないお笑い芸人」で1位に選ばれるなど、目も当てられない状況に転落してしまった。

    はんにゃの2人は、自分たちがしくじった原因を「実力不足だったから」と潔く懺悔(ざんげ)。当時の自分たちのお笑いの実力は大学生レベルだったにもかかわらず、たまたま時代のタイミングとかみ合ったために人気者になってしまったのだと語る。

    授業では、実力が伴わないのに売れてしまったはんにゃが、どのように絶頂に上り詰め、どのように自らブームを終了させてしまったか。

    さらに、フィーバーが去った後、自分たちに待ち受けていた切なすぎる悲劇。最後は、自分が実力不足なことに気付かないまま、夢や理想を追いかけているすべての人々に向けて、どん底を味わった2人からメッセージを送る。

    このほか、4月4日放送の2時間スペシャルには、松村邦洋が登壇。“自分に甘く東京マラソンで心肺が停止しちゃった先生”として、“自分に甘すぎて死なないための授業”を行う。

    http://www.oricon.co.jp/news/2069190/full/
    【「力不足なのに売れちゃった」はんにゃが味わった悲劇『しくじり先生 2時間スペシャル』に登場】の続きを読む

    このページのトップヘ