芸能テロ

2chの芸能の反応をまとめています

    タグ:ベッキー

    3

    1 :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/07/01(金) 07:16:07.39 ID:CAP_USER9.net

    “不倫休業”を経て5月にレギュラー出演していた「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」(TBS系)で一時復帰したものの、本格的な復帰のメドが立たないベッキー(32)が、人気バラエティー番組「しくじり先生 俺みたいになるな!」(テレビ朝日系)への出演を真剣に検討しているという。

    かつて10本のテレビレギュラー番組を抱えていたベッキー。だが「金スマ」での復帰が、他局への根回しナシだったことから反感を買ったとされるだけに、騒動すべてを総括して反省する計画だという。

    ベッキーは5月13日放送の「金スマ」で、実に104日ぶりのテレビ復帰を果たした。6月10日には、司会を務めたBSスカパー!「FULL CHORUS~音楽は、フルコーラス~」(7月上旬放送予定)の収録に臨み、報道陣の取材にも応じ、不倫騒動を改めて謝罪した。

    だが、本紙既報通り、「金スマ」の収録が、不倫相手のロックバンド「ゲスの極み乙女。」のボーカル、川谷絵音(27)の妻(のちに離婚)への謝罪前だった上に、他局のレギュラー番組への説明もなかったことなどから、反感を買ってしまったのも事実。それが、他のレギュラー番組で復帰できない理由といわれている。

    一連の不倫騒動では、ベッキーサイドの失敗はそれだけではなかった。

    「週刊文春発売前日の1月6日に行った会見は、質問を受け付けず、内容も『(川谷とは)友達』などと、後に語ったようにウソばっかり。CMや番組のスポンサー対策だったが、結果としては最悪だった」(テレビ関係者)

    そんな状況でオファーが来たのが「しくじり先生」だ。同番組は「人生を盛大にしくじった人から、しくじりの回避法を学ぶ」を基本コンセプトに、ミスを犯した芸能人自ら“しくじり先生”として、同じ過ちを繰り返さないよう伝授する。

    「ベッキーには川谷との不倫に至るまでの話や、その対処法について何が正解で、何が間違えたのかを自らの口で語ってもらいたい。本人にとっても、素直に総括し、反省すれば道も開けるし、番組も成立するというわけです」(制作関係者)

    同番組ではこれまでに元ライブドア社長・ホリエモンこと堀江貴文氏(43)や元衆議院議員・杉村太蔵氏(36)、元サッカー日本代表・前園真聖氏(42)らが“先生”として、これまでの過ちを自ら振り返って話題になった。

    「ベッキーの場合、不倫そのものをスポンサーが相変わらず嫌っているので、このままでは地上波での番組復帰は難しい。復帰を果たせたとしても騒動前の優等生キャラからの路線変更は必要だ。私生活をぶっちゃけるキャラにならないと再生できない。その転機として『しくじり――』は最適かも」(制作会社幹部)

    果たして、出演が実現するのか。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160701-00000005-tospoweb-ent
    【ベッキーがテレビ朝日「しくじり先生」出演を検討中!「出ても批判殺到」「不倫女は嫌いで不快」「嘘をついて逃げる卑怯な人間」】の続きを読む

    o3
    o2

    1 :かばほ~るφ ★@\(^o^)/:2016/06/30(木) 18:24:21.63 ID:CAP_USER9.net

    週刊誌『週刊文春』が、30日に放送されたフジテレビ系情報番組『ノンストップ!』(毎週月~金9:50~11:25)で、下半期の"不倫スクープ"を予告した。

    ベッキーと川谷絵音、宮崎謙介議員(当時)といった不倫騒動のほか、ショーンK氏の経歴詐称、野球賭博、甘利大臣(当時)の金銭授受疑惑など、今年上半期にスクープを連発した『週刊文春』。

    同番組はベッキーと川谷の不倫をスクープした担当記者を直撃し、取材秘話にまつわるインタビューを放送した。VTR後、谷岡慎一アナウンサーは「下半期、『すでにマークしている人がいる』ということなんですね」と報告。

    「なかなかこういうことは教えていただけないんですけども、ヒントだけ教えていただけました」と前置きし、ボードの紙をめくって出てきた文字が「歌舞伎俳優」だった。

    司会のバナナマン・設楽統は「いや、めちゃめちゃ怖いでしょ、これは。歌舞伎俳優の方は『えーっ!』となる」と代弁。『週刊文春』によると名前は明かせないらしいが、「すでに証拠をつかんでいる」「年末までに出したい」という。


    http://news.mynavi.jp/news/2016/06/30/192/
    【週刊文春「歌舞伎俳優の不倫の証拠つかんだ」と予告!「市川海老蔵なら小林麻央の病気が」「藤原紀香と結婚した片岡愛之助」】の続きを読む

    no title

    1 :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/06/30(木) 11:01:51.67 ID:CAP_USER9.net

    7月10日にフジテレビ系で放送される参院選特番「みんなの選挙」にモデル兼タレントの藤田ニコルがゲスト出演することが決定。この大胆過ぎるキャスティングに注目が集まっている。

    今回の参院選から選挙権が18歳以上に引き下げられたことに伴って、18歳の代表として藤田に白羽の矢が立ったようだが、世間からは「藤田に何を言わせたいんだ?」と心配の声が殺到している。

    「藤田は『選挙の番組っていっつもつまんない! だから、にこるんが出ることで、少しでも同世代の子が選挙に興味をもって見てくれたらうれしいです』と出演への意気込みをさっそくキャラまる出しで語っていますが、そもそも選挙番組が面白い必要性があるのか否かで批判が増大。

    藤田が現在、もっとも旬な18歳のタレントの1人であることはわかりますが、フジならではの選挙のバラエティ化に疑問の声が多いですね」(エンタメ誌記者)

    一般コメントを見ても「この女が18歳のアベレージじゃないから出す意味がわからない」「いつもつまんないって、観たことあんのか?」「ごく当たり前にテレ東の池上彰さんのほうを見ます」など、言われたい放題だ。

    ここで真面目なところを見せて好感度を上げるつもりではという一部の推測もあるが、どのみち国政選挙はタレント一人のものではない。きちんと一人の18歳として、誰もが聞き耳を立てる意見を語ってもらいたいものだ。


    http://dailynewsonline.jp/article/1154297/
    【フジテレビ「彼女が18歳の代表。藤田ニコルを選挙特番に起用」に批判「意味がわからない」「視聴率取るなら舛添要一とベッキー」】の続きを読む

    78

    1 :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/06/29(水) 05:29:51.42 ID:CAP_USER9.net

    議長や答弁する取締役に対して、最後まで怒号とやじが飛び続ける。株主の質問にも罵声が飛ぶ。何とも殺伐とした3時間35分だった。

    6月22日、フジ・メディア・ホールディングスはホテル グランパシフィックLE DAIBA(東京・お台場)で第75回株主総会を開催した。

    最終的に、会社側が提案した議案である「剰余金の処分の件」「取締役17名選任の件」は承認され、株主側の提案はすべて否決された。3時間以上に渡って議論が続き、お世辞にも和やかとは言えない総会となった。

    ■ 「ドラマにときめきがない」? 

    株主提案の議案は「総会で社員やOBの株主が質問する際に、その旨を明かすこと」「独立性のある取締役が存在しないため、山口三尊氏(3万株を保有する個人投資家)を取締役候補に加えること」「ROE(株主資本利益率)が5%未満の場合、25年以上在任する役員について、選任の理由を説明すること」の3つだった。

    質疑応答では、視聴率の苦戦が続くフジテレビジョン(フジテレビ)について、多くの意見や質問が寄せられた。
    「テロップが多すぎる、若い人にはいいのかもしれないが、笑い声がうるさい」「ドラマに往年のようなときめきがない」

    「嫌いなテレビ局1位に選ばれた。抗議デモに対しても『嫌なら見るな』と放置した」

    「バブルを経験した世代ばかりで、若い人に権限を委譲できていないのが視聴率低迷の要因だ」などと辛辣なものばかりだった。

    これに対し、フジテレビの亀山千広社長は、現状を「忸怩たる思い」とした上で、「まずはドラマで話題を呼び、バラエティで視聴習慣を根付かせ、最後は報道番組で信頼を得る。

    そのためには何としてでもヒットドラマを生まなくてはならない。7月にスタートしたドラマでは30代のプロデューサーを中心に制作している」などと説明していた。

    ちなみに、「嫌なら見るな」とされる方針に関して、稲木甲二取締役は「フジテレビからそのように打ち出したことは一度もない」と明確に否定している。

    また、フジテレビのトップに就任して28年になる日枝久会長に対する質問も多く寄せられた。「名誉会長としてグループを見守ったほうがいい」「業績や株価が低迷しているのに、なぜいつまでもトップを務めているのか」「日枝会長が怖くて、ほかの役員は何も言えないのではないか」といったものだ。

    ■ 「会長は口出ししていない」

    こうした問いに対し、豊田皓(とよだ・こう)副会長は日枝会長のこれまでの実績を強調した。

    「ライブドアショックやリーマンショックがあったが、日枝会長の判断で乗り越えてきた。ビーエスフジやサンケイビルを子会社化し、昨年にはグランビスタホテル&リゾートを買収するなどで、バランスのとれたポートフォリオを構築できた。

    業績もリーマンショック時から大幅に回復している。日枝会長のリーダシップのもとでやってきた」と絶賛。また、フジテレビに関して「亀山社長が陣頭指揮を執っている。現場に任せているので、会長は口出しはしていない」と語った。

    日枝会長は例年、議長として議事進行に務めており、関係する質問の答弁もすべて嘉納修治社長以下の担当取締役がこなしたが、「われわれ株主はどうしても日枝会長の生の声を聞きたいんです。お願いします」といった株主の声にうなずく場面もみられた。

    そのほか、株主優待についても、再三、改善を求める意見が上がっていた。現在、100株以上(同社の売買単位も100株)を保有する株主にオリジナル手帳を送付しているが、「手帳は好みがある」「毎年捨てている」などと評判はいまいち。代わりにディノスの通販の割引や新番組の説明会や試写会、番組観覧などを提案する声もあった。

    2 :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/06/29(水) 05:30:11.53 ID:CAP_USER9.net

    議事進行中、株主から修正動議は計4回ほど提案された。「配当を1株20円ではなく30円にする」「取締役17名を全員名簿から削除する」

    「取締役候補に元フジテレビアナウンサーの平井理央、ベッキー、ゲスの極み乙女のボーカルである川谷絵音を加え、炎上商法をとるべき」「議長の不信任動議」といったものだが、いずれも否決されている。

    長時間に渡った総会だが、一部の株主の過激な発言を差し引いて考慮しても、不満を持つ株主は多いように感じられた。

    ■ フジテレビの改善しか、道はない

    フジメディアHD全体で見ると、2015年度の業績は売上高が前期比0.4%減の6405億円、営業利益は同4.8%減の243億円とわずかな減益にとどまっている。

    ただ、株主は中核のフジテレビが営業益でほぼ半減の55億円に沈んだ事実、そして、視聴率に底入れの兆しが見えないことに苛立ちを募らせているようだ。

    実際、フジメディアHDの株価は2013年に2度、2300円台の高値をつけたが、それ以降は長期下落トレンドとなり、足元は1100円前後の推移となっている。中核であるフジテレビの視聴率が改善しないため、今後の広告収入も減少する、とみられていることが大きいだろう。

    今年こそはと、毎年テコ入れに向けた決意を語ってきたフジテレビ。それでも、まだ結果は出ていない。ドラマのヒット作を生み出し、浮上のきっかけを見いだせなければ、来年の株主総会も荒れ模様が続きそうだ。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160629-00124918-toyo-bus_all
    【「取締役に平井理央アナ、ベッキー」「岡村隆史の発言」視聴率低迷のフジテレビに株主の不満が炸裂】の続きを読む

    90

    1 :Egg ★@\(^o^)/:2016/06/28(火) 12:49:18.35 ID:CAP_USER9.net

    6月23日深夜放送の『ヨソで言わんとい亭~ココだけの話が聞ける(秘)料亭~』(テレビ東京系)の「ヤバすぎて放送できなかった! 芸能人暴露話大公開SP!!」に、タレントの矢口真里(33)が出演した。

    矢口は番組冒頭で「もうあの、色々言いすぎて、私、今、バッチバチに叩かれているんですよ」と話を切り出した。

    ネプチューンの名倉潤(47)が、「何を言い過ぎたん?」と問いかけると、矢口は少し言いづらそうに、「ベッキーちゃんの事について語ってたんですけど、『お前が言うな』という形で……」と、視聴者から多数の批判を浴びたという。

    矢口は「それもそうだな、と思ったんで、私ももう……」と発言を控えたい、と語ったのだが、名倉に「『女はみんな浮気している』みたいなの(発言)は無しやなって、普通に真面目に生きてる人は言ってたよ」と苦言を呈されると、「そうなんですよね」と苦笑いしていた。

    また矢口は、週刊誌の記者が全員矢口の住所を把握しているため、芸能界で何かスキャンダルが起こると自宅のインターホンが鳴り、コメントを求められてしまう、と不満を述べた。

    名倉が「でも、ちゃんと(テレビに)出てるからええやんね?」と、問いかけると、矢口は「そうですね。まぁ意外と。でも出たらまた叩かれる」と、戸惑った様子でコメントしていた。

    「矢口真里は先日、BSの番組で過去の熱愛騒動について『これを踏まえて這い上がっていく人生も悪くない』『物足りなくなったら自分で奈落の底に落ちるんじゃないかって』

    『人生波乱万丈の方が味がある』など、かなり開き直った発言をしていました。どうやら過去のポジションに戻ろうとするのではなく、しばらくは“炎上キャラ”として生きる覚悟を決めたようですね」(芸能誌記者)

    現在はネット番組やローカル局を中心に活動中の矢口真里。叩かれるのも仕事のうち?

    http://dailynewsonline.jp/article/1153062/
    【矢口真里「不倫でテレビに出ると叩かれる。炎上キャラとして生きる覚悟。這い上がっていく人生も悪くない」】の続きを読む

    78
    54
    55

    1 :Egg ★@\(^o^)/:2016/06/28(火) 06:51:29.19 ID:CAP_USER9.net

    元俳優の高知東生(のぼる、本名・大崎丈二)容疑者(51)が24日に覚醒剤取締法と大麻取締法違反(所持)の疑いで現行犯逮捕されたことを受け、妻の女優・高島礼子(51)が花王のCMを降板したことが27日、分かった。

    高島は2006年から同社の白髪用カラーリング剤「ブローネ」のCMに出演。26日までは同社のホームページにも写真が掲載されていたが、27日昼までに削除された。

    スポーツ報知の取材に花王の担当者は「高知さんの逮捕を受け、イメージを考えて終了させていただくことになりました」と打ち切りを認めた。

    高島は花王以外に太田胃散、アパレルメーカーの「キング」とCM契約を結んでいる。太田胃散とキングは今後の対応について「担当者が不在」として明言しなかった。太田胃散は今年1月に不倫騒動があったベッキーのCM起用を打ち切っている。

    所属事務所では24日に逮捕の一報が入って以来、詳しい内容は「ノーコメントとさせてください」とした。本人の不祥事ではないが、夫の薬物と不倫が報じられることで、上品で美しい印象を持たれている高島のイメージダウンは避けられない。

    特に花王は、優れたマーケティング戦略を持つことで知られ、スキャンダルに敏感な主婦層を主な顧客としているため、迅速に対応した。ほかの2社も打ち切りにならなくても休止は避けられそうにない。

    高島はこの日も京都市内の撮影所で警察官役で主演するテレビ朝日系ドラマ「女たちの特捜最前線」(7月21日スタート、木曜・後8時)の撮影に参加。

    関係者によると夫の逮捕にショックを受けているが、気丈に高畑淳子(61)、宮崎美子(57)らと息の合った掛け合いを見せていたという。ドラマへの影響も考えられるが、同局では「現在のところ、予定通り放送します」としている。


    http://www.hochi.co.jp/entertainment/20160627-OHT1T50230.html
    【高島礼子が花王のCM降板!担当者「夫の高知東生さんの逮捕を受け、イメージを考えて終了し打ち切ります」】の続きを読む

    このページのトップヘ