芸能テロ

2chの芸能の反応をまとめています

    タグ:ベッキー

    lt

    1 :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/06/11(土) 21:44:59.61 ID:CAP_USER9.net

    芸能活動を再開するベッキーが6月10日、番組収録に先駆けてマスコミの取材に応じた。

    数日前からスポーツ紙などで「ベッキーが会見にいどむ」などと煽られていたが、所属事務所のサンミュージックから各マスコミに送られてきた案内状について、「まるで指示書」といった批判が出ている。

    この日、ベッキーはBSスカパー!の音楽番組『FULL CHORUS~音楽は、フルコーラス~』の収録に参加。スタジオは都内・江東区のスカパー東京メディアセンターで、8日に各メディアに対してサンミュージックから案内状が送付されていた。

    「ベッキーは5月放送の『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(TBS系)内で、SMAP・中居正広との対話形式でゲスの極み乙女・川谷絵音との不倫騒動の顛末を釈明。

    1月の会見における『お友達』という説明を全面撤回し、不倫関係だったことを認めて涙ながらに謝罪しました。

    しかし、1社独占告白のみでは筋が通らないため、活動再開に当たっては各メディアからの質問に応える記者会見が必須とされていました」(スポーツ紙記者)

    こうして、約5カ月ぶりの会見に登場したベッキーだったが、本人の発言はもとより、会見の運営に関してメディア関係者からは批判が出ている。

    「案内状はサンミュージックから送られてきましたが、集合の時間と場所のほかに、長々と注意書きが記されていました。

    生中継の禁止や駐車場の使用NGなどは理解できるものの、各テレビ局は系列社ごとにレポーター1名、カメラマン1名、新聞や雑誌は2名まで、ウェブ媒体は1名のみと、人数制限まで指示されていたのです。

    また、前回の会見とは違い、案内状が送られてこなかった媒体はすべて取材NGとされていました。PRのために行う会見であればまだしも、謝罪や釈明のために行う場に『出入り禁止』をもうけてしまうのは問題です。

    案内状にはスカパー!側の配慮で時間や場所を提供してもらったために制限せざるを得ない旨が記されていたが、それならばサンミュージック内で会見を行えば済む話です」(テレビ局関係者)

    同関係者によれば、これ以外にも「制限」がもうけられていたという。

    「事前に詳細を問い合わせたところ、会話形式となる囲み取材もNGで、基本的に1社につき質問は1回だけという質疑応答形式、さらに時間は10分前後だと通達されたのです。

    これでは『金スマ』での発言以上の内容は期待できないと、ベテランレポーターの稼働を見合わせた局もあったようです。現場でも『もう一度サンミュージック内で正々堂々と会見すべき』という声が聞かれました」(同)

    同日には「フライデー」(講談社)で不倫を報じられた落語家の三遊亭円楽が囲み形式の記者会見を行い釈明したが、それと比べても消化不良だけが残るマスコミ対応となってしまった。

    芸能界復帰こそ叶ったものの、ベッキーの活動再開を良しとしない業界関係者をさらに増やす結果に終わってしまった。


    http://dailynewsonline.jp/article/1144099/
    【報道陣から批判噴出!「ベッキー側から指示されていた」「注文と制約だらけの不倫謝罪会見」】の続きを読む

    7c

    1 :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/06/11(土) 06:19:13.10 ID:CAP_USER9.net

    タレントのベッキー(32)が10日、不倫騒動による休業後初めて番組にレギュラー復帰し、都内の収録スタジオで報道対応。

    BSスカパー!の音楽番組「FULL CHORUS~音楽は、フルコーラス~」(火曜後9・00)に司会として復帰することを報告。

    「今日からお仕事をスタートします。ゼロから頑張りたい」と意気込んだ。この日の収録の模様は来月5日に放送される。

    今後の仕事については「まだ、この番組以外は未定なので分からない」としたが、スポニチ本紙の取材では、次のレギュラー復帰はフジテレビ「人生のパイセンTV」(日曜深夜0・30)が最有力。

    深夜帯放送のため、視聴者層が不倫を嫌う主婦をターゲットにしていないなどの理由からスポンサー問題がクリアできる見通しだ。

    「仕事をする場があるということはありがたくてうれしい」。初心に帰ったベッキーが徐々にテレビに戻ってくる。

    http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/06/11/kiji/K20160611012760160.html

     
    【ベッキーが「人生のパイセンTV」復帰!「視聴率崩壊で打ち切られる」「出る番組クレームの嵐」】の続きを読む

    90

    1 :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/06/11(土) 11:06:29.97 ID:CAP_USER9.net

    不倫騒動の渦中にいたタレントのベッキー(32)が、6月10日にBSスカパー!の音楽番組『FULL CHORUS~音楽は、フルコーラス~』の収録で、ついにレギュラー番組の仕事に復帰した。

    しかし、その対応の悪さに報道陣も呆れかえっている。

    そもそも、翌日発売の『週刊文春』の不倫記事を受け、今年1月6日に都内の所属事務所内で行った会見が批判の的になった。記者からの質問を受け付けないという一方的な内容だったことが原因で、マスコミを敵に回したのだ。

    今回も、収録の2日前に、マスコミ各社にFAXで記者対応することを報告したものの、その案内には「ベッキーからお話させていただきます」と書かれていた。

    スポーツ紙記者も「(ベッキーの所属している)サンミュージックはいい芸能事務所なんですけど、謝罪会見での失敗を学んでないのか」と苦笑いする。

    しかし、同事務所に詳しい芸能事務所関係者は「この対応は全てベッキー自身の意向で、それに振り回されているスタッフが対応に困っている」のだという。

    「最初の仕事復帰となった『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(TBS系)の出演も、中居との対談形式でした。基本的に、彼女は会見を嫌がっています。

    厳しい質問を受けるのを怖がっているのです。事務所のスタッフは、どうすればいいかは分かっています」(同)

    こういったベッキー自身の問題が指摘されている。そして、事務所とベッキーの関係性については、根の深いものがあるそうだ。

    「ベッキーは一時、端から見ていても天狗になっているのが気になった。事務所のスタッフはもちろん、社長もベッキーには何も言えないようです。提案はできても、社長が彼女に会見を強要するということはできない関係なのです」(同)

    仕事復帰からテレビのレギュラー番組への復帰と、一歩ずつ復活への道を歩んでいるようにも見えるが、まずは事務所との関係性を見直すところから始めた方がよさそうだ。


    http://news.nifty.com/cs/entame/showbizddetail/myjitsu-6938/1.htm

    【マスコミ「ベッキーが天狗に逆戻りした!」事務所スタッフ「社長もベッキーには何も言えない!」】の続きを読む

    y4
    y3
    y2
    y1

    1 :Egg ★@\(^o^)/:2016/06/10(金) 13:16:32.58 ID:CAP_USER9.net

    ロックバンド「ゲスの極み乙女。」のボーカル・川谷絵音(27)との不倫騒動以来、報道陣との質疑に応じていなかったタレント・ベッキー(32)が10日、都内でのBSスカパー!の音楽番組「FULL CHORUS~音楽は、フルコーラス~」(火曜・後9時)の収録前に会見した。

    狭いスタジオに詰めかけた約80人の取材陣の熱気の中、白いブラウスに紺のウスカート姿で登場したベッキー。

    「一連の報道で多くの方にご迷惑をおかけしました。申し訳ありませんでした。本日からお仕事させていただけることがありがたいです。頑張りたいです」と深々と頭を下げた。

    固い表情で「お仕事できることが本当にありがたいです」と繰り返した。

    5月13日に放送された「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」(金曜・後8時57分)出演後、報道対応がなかったベッキー。公の場に姿を見せるのも、不倫報道後の1月6日夜、都内で緊急会見を開いて以来、5か月ぶりだった。


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160610-00000033-sph-ent

    【ベッキーが復帰後初の会見!「仕事できることが本当にありがたい。不倫という自分の行動は軽率だった」】の続きを読む

    q1
    q2

    1 :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/06/09(木) 21:15:27.71 ID:CAP_USER9.net

    12年にEXILEのHIROと結婚した女優の上戸彩が「家庭内別居状態」になりそうだと、「女性セブン」(小学館)が伝えている。

    上戸といえば、2015年に第1子を出産し、順風満帆なイメージがあっただけに意外なニュースだ。最近はまたテレビで見る機会も増えていたが、そんな状況にあったとは……。

    どうやら、EXILEのパフォーマーを引退し「経営者」として活動するHIROが多忙で、すれ違いになることが多いようだ。

    子育てもほぼ上戸が一人でこなしており、家族3人で仲睦まじい様子、という場面が少ない、つまりは「すれ違い」の生活になってしまっているとか。上戸が知り合いに愚痴ることもあるのだとか。

    上戸としても、常にではないにしろ家族生活を送りたいと思っているに違いない。社長としてHIROが多忙なのはどうしようもない部分もあるかもしれないが……。

    また、関係者の間では、単に子育ての疲れやすれ違い生活で上戸がナーバスになっているわけではないという声もある。

    「HIROは女性に非常にモテますからね。モデルの佐田真由美との交際が有名ですが、他にも女性関係のウワサは多かった。

    その理由で上戸に結婚を反対する声が多かったのも事実です。長く家を空ける夫の“女性関係”を心配するのは当然の心理だと思いますよ」(記者)

    なるほど、「モテすぎる旦那」だけに上戸の心配もより大きくなっているということか。

    HIROがあまりにも多忙すぎて「新婚生活」もほとんど送れなかったという2人。世間から見れば「すべてを手に入れた」印象の夫婦だったが、かといって必ず幸せともいえないようだ。


    http://dailynewsonline.jp/article/1143039/
    【上戸彩とHIROが家庭内別居生活!「親友ベッキーの呪い」「離婚するなら早い方がいい」】の続きを読む

    2o

    1 :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/06/09(木) 09:25:25.10 ID:CAP_USER9.net

    7日付のスポーツニッポンによって、タレントのベッキーが、報道陣と直接質疑応答する場を、今月10日に設ける予定でいることが報じられたのだが、「いや、もう訊くことないでしょ」「まだ復帰するつもりでいるの?」などと、批判の声が殺到してしまっているようだ。

    ベッキーは、ロックバンド・ゲスの極み乙女。の川谷絵音との不倫報道後、出演を控えていたレギュラー番組『FULL CHORUS~音楽は、フルコーラス~』(BSスカパー!)の収録参加に伴い、その収録が行われるスタジオ内で、マスコミの取材に応じるよう最終調整に入っているという。

    「今回の会見は、川谷との関係について『お付き合いということはなく、友人関係であることは間違いありません』と発言し、ベッキー自身が先月13日に放送された『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(TBS系)で『ウソがありました』と認めた。

    1月に行った一方的な釈明会見とは違い、いくつかの質問にも答える予定だということですが、その『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』でベッキーはすでに、川谷と不倫関係であったことは認めていたため、『今さら何を語るの?』とネット上では冷めた意見が飛び交ってしまっているようです。

    10日に収録される『FULL CHORUS~』は、早ければ今月中にもオンエアされる予定ということですが、ベッキーに対する世間の風当たりは依然として厳しく、『ベッキー擁護するなら、スカパー解約しようかな』と考える人も少なくないようです」(芸能関係者)

    不倫スキャンダルを起こして世間から総バッシングを食らっても、その後、しばらく冷却期間を置いてから復帰し、活躍する芸能人は少なくないのだが、ベッキーに関しては「早すぎる」「反省しろ」の声が止まないようだ。

    「ベッキーと、ベッキーが所属するサンミュージックプロダクションが、これほどまでに復帰に焦っている背景には、不倫報道がきっかけでCM契約が打ち切られ、5億円ともいわれる莫大な損害金が発生してしまっているからだといわれている。

    13年に不倫が発覚した矢口真里にしても、復帰までには1年半近くの冷却期間を置いていましたから、ベッキーの復帰はあまりにも焦りすぎといわざるを得ません。

    先月には、損害金を支払うためなのか、神奈川県内にある実家を担保に多額の借金をしている、との報道も流れていましたが、『同情を買う作戦に出た?』『借金返すためにバラエティ番組に出演する人を見ても楽しめない』などと、批判の声は増すばかり。

    不適切支出が発覚したものの、現職続投を表明した東京都知事の舛添要一同様、『往生際が悪い』『潔く、さっさと引退しろ!』などと、辛辣な意見を浴びせられてしまっているようです」(同)

    ベッキーも舛添都知事も、「週刊文春」(文藝春秋)によってスクープされてしまったのだが、2人を引退に追い込む、さらなる追撃砲を『週刊文春』に期待する声が高まっているようだ。


    http://dailynewsonline.jp/article/1142766/
    【ベッキーの嫌われ方が凄い!「ベッキー出すならスカパー解約する!」「実家担保で同情作戦も失敗」】の続きを読む

    このページのトップヘ