芸能テロ

2chの芸能の反応をまとめています

    タグ:マスコミ

    73
    1: 名無しさん 2017/08/19(土) 19:17:31.08 _USER9
    バイキング(フジテレビ)がとんでもなく悪意ある捏造をやらかした。官僚たちが資料を見る際に下を向いたところ、バイキングがその瞬間を切り取って「居眠り」と報じたのだ。

    【酷い印象操作】先日の閉会中審査、衆院・安全保障委で答弁席の後ろの官僚が4人が居眠りしていると問題視。

    官僚全員が下を向いてたり書類を見ている一瞬を切り取って4人が居眠りしている間も税金が使われてる、垂れ流しにされてるとか本当に酷い番組。印象操作しかやることないのか。#バイキング
    — Mi2 (@YES777777777) 2017年8月15日

    「大臣の後ろで長い答弁に耐えられなかったのか、睡魔に負ける人たち…と」 
    u
    坂上忍「いや~やっぱりYOUさん、睡眠は大事ですよね」

    「これ何人寝てるんですか?」

    「4人ぐらい。あ、後ろもだ」

    坂上忍「お疲れなのかもしれないですけど、この方々がお眠りになられている間も我々の税金はつぎ込まれている!ありえない額の税金が垂れ流しにされていると考えて頂きたい」 
    2
    「1年間の国会の運営費が1,384億円。一日に換算しますと5億6,000万円」 
    5
    坂上忍「ヒロミさん、こんなにかかってるんですよ!」

    ヒロミ「え!?国会開くのに1日5億かかるの!?」

    しかしバイキングが切り取ったシーンを実際の中継映像で確認したところ、官僚たちは寝ておらず手元の資料を見ているだけということが分かった。それぞれ資料をめくったり頭を動かしたり、まばたきをしたりと起きていることは明白だ。

    一番後ろの女性は動きが分かりにくいが、頭を微かに左右に動かしたうえで最後に右手を動かしているのが映っている。 
    iu
    おそらくバイキングの制作スタッフもこの事実に気づいただろうから、これはもはや悪意をもってフェイクニュースをつくりあげたと言っても過言ではない。うっかり誤った情報を流してしまったのならともかく、これは完全に一線を越えている。

    ひるおびの握手拒否捏造報道に匹敵する酷さだ。きちんと番組で非を認めて謝罪してほしい。

    http://netgeek.biz/archives/101331 
    【【炎上】バイキングが国会での居眠りを捏造してマスコミ界のバイ菌キングに】の続きを読む

    32

    1 :三毛猫 φ ★@\(^o^)/:2016/07/21(木) 08:15:47.82 ID:CAP_USER9.net

    歌舞伎俳優の市川海老蔵(38)が21日、ブログを更新。妻・小林麻央の誕生日に会えない悲しみをつづった。

    この日、闘病中の麻央は34歳の誕生日を迎えたが、海老蔵は「会いたかったけど、多分会えない誕生日、はじめて…」と悲しみの胸中を明かす。

    舞台に立つ海老蔵は入院中の麻央と顔を合わす機会がないようで「今日は曇ってますね、今月の演目の流星、織姫と彦星 曇りや雨だと会えないとか…」と演目に例えた。

    前日のブログでは「明日は愛する人の誕生日」と麻央の誕生日について言及、週刊誌が麻央の姉・小林麻耶(37)の自宅周辺を取材していることについて「ただただ残念、ただただ残念、ただただ残念、ただただ残念、…」と、同じ文言を4回繰り返した。

    海老蔵はこれまでにも、ブログで自宅や実家周辺の取材自粛を求める書き込みをしている。


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160721-00000005-tospoweb-ent
    【市川海老蔵が妻・小林麻央の誕生日に会えず「会いたかったけど、多分会えない誕生日、はじめて…」小林麻耶の自宅周辺を取材に「ただただ残念」】の続きを読む

    35

    1 :
    シャチ ★@\(^o^)/:2016/06/25(土) 23:57:32.00 ID:CAP_USER9.net
     
    市川海老蔵夫人・小林麻央さんの闘病が報じられている。ずいぶんと前になるが、ある狂言師一家に密着したり、七代目市川染五郎さんら歌舞伎役者に取材した際、彼らの幼少時の稽古の厳しささながら、“梨園の妻”の大変さを教えてもらったことがある。

    歌舞伎役者に嫁ぐからには命をかける覚悟がなければ務まらないと言われたほどで、だから麻央さんの回復は私も願ってやまないが、他方、海老蔵氏が要請したという取材自粛のお願いにはちょっと首を傾げているのである。 

    〈人の命に関わることです。よろしくお願いします。マオ本人の負担になるような撮影はやめてください〉

    今月十日夜のブログに、海老蔵氏はこう綴った。そして、九日に会見を開き、麻央さんの病状を打ち明けたのは、実家周辺への取材を自粛してほしかったからだと説明する。

    その後も海老蔵氏は取材陣に自粛を要請する旨を綴り、十七日のお願いで自粛要請は五回を数えるに及んだとのことだ。

    〈多くの記事を目にします。まおのことに関しましては雑誌の方々、静かに見守ってください。よろしくお願いします。何度も何度も申し訳ございません〉(17日)

    海老蔵氏の気持ちは理解しているが、しかし、そこで“はい”と引き下がったら、雑誌メディアは存在意義を失う。と同時に、海老蔵氏はその自粛要請がご自身とメディアとの決別を意味していることを理解しているだろうか? 

    取材を自粛もしくは切り上げる条件として、私たち現場の取材者は海老蔵氏にこんなことを申し出るだろう。であれば、今後はご子息の襲名・ご披露に関する取材および舞台・公演の宣伝を自粛させてもらいます、と。

    これは海老蔵氏だけでなく、すべての芸能人に言えることなのだ。婚約だ結婚だの慶事のときにはマスコミを呼んで幸せアピールに余念がない一方で別居だ離婚だ不倫だとスキャンダルのときは逃げるのはどうなのかと。

    私たちは芸能人や著名人の慶事を報じさせてもらう。おめでたい話は皆で分け合いたいという気持ちがあるからだ。その代わり、祝い事を報じたように、訃報のような不幸をはじめゴシップやスキャンダルも同様に追わせてもらう。それがフェアな報道だからだ。

    海老蔵氏の気持ちを理解したうえで繰り返すが、彼の自粛要請は、このフェアさ、暗黙の了解を反故にする申し出でもあるのだ。

    書く・書かれるという双方の立場はあっても、書く・書かせないという関係性はないからだ。そんな理不尽があるとすれば、それは言論を封殺する軍事政権国家か彼の大国か北のあの国くらいのものだ。

    取材される側を含め、この理屈がわからない人は芸能界やマスコミで働けないだろうし、それでもなお週刊誌をひどいと思う人は週刊誌を読まなければいいだけの話だ。ワイドショーをひどいと思ったらワイドショーを見なければいい。(以下ソースで)


    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160625-00093630-diamond-soci&p=1
    【雑誌メディア「市川海老蔵はマスコミへの自粛要請の意味をわかっているのか?子供の舞台・公演の宣伝もしなくていいのか?」】の続きを読む

    77

    1 :
    Egg ★@\(^o^)/:2016/06/17(金) 13:20:42.65 ID:CAP_USER9.net

    ナインティナインの岡村隆史が、17日未明のラジオ番組「ナインティナイン 岡村隆史のオールナイトニッポン」で、“公私混同問題”により辞職に追い込まれた舛添要一東京都知事を一部擁護した。

    “公私混同問題”発覚以降、マスコミ、都民、都議からは大批判を浴び、日に日に騒動が過熱。舛添都知事は知事継続を頑なに主張していたが、全方位からの壮大な「辞めろ!」コールが飛び交うと、さすがに舛添都知事も降参。

    遂に辞職を決断した。あまりにも舛添都知事の批判が過ぎるため、ネット上などでは「舛添イジメ」と指摘する声も上がっていた。

    岡村は「限りなく透明に近いブルーの人間なんか、おんのかっていう話なんですよ」と前置きし、「人間なんて、絶対に叩いたらホコリ出るから。そんな完璧なパーフェクトな人が、ちゃんと人間としてね、そんな人が都知事になって、やっていけんのかなって」と疑問を投げかけた。

    そして「人間、そんなパーフェクトな人いる? いてへんやろ」と一部舛添都知事を擁護。

    「そんなことで、いちいちこう全部もう辞めさそう、辞めさそうってなったら、もうエライことやで」とコメントした。


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160617-00000006-reallive-ent

    【ナイナイ岡村隆史が舛添要一都知事を擁護!「人間なんて、絶対に叩いたらホコリ出る。そんなパーフェクトな人間いる?」】の続きを読む

    lt

    1 :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/06/11(土) 21:44:59.61 ID:CAP_USER9.net

    芸能活動を再開するベッキーが6月10日、番組収録に先駆けてマスコミの取材に応じた。

    数日前からスポーツ紙などで「ベッキーが会見にいどむ」などと煽られていたが、所属事務所のサンミュージックから各マスコミに送られてきた案内状について、「まるで指示書」といった批判が出ている。

    この日、ベッキーはBSスカパー!の音楽番組『FULL CHORUS~音楽は、フルコーラス~』の収録に参加。スタジオは都内・江東区のスカパー東京メディアセンターで、8日に各メディアに対してサンミュージックから案内状が送付されていた。

    「ベッキーは5月放送の『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(TBS系)内で、SMAP・中居正広との対話形式でゲスの極み乙女・川谷絵音との不倫騒動の顛末を釈明。

    1月の会見における『お友達』という説明を全面撤回し、不倫関係だったことを認めて涙ながらに謝罪しました。

    しかし、1社独占告白のみでは筋が通らないため、活動再開に当たっては各メディアからの質問に応える記者会見が必須とされていました」(スポーツ紙記者)

    こうして、約5カ月ぶりの会見に登場したベッキーだったが、本人の発言はもとより、会見の運営に関してメディア関係者からは批判が出ている。

    「案内状はサンミュージックから送られてきましたが、集合の時間と場所のほかに、長々と注意書きが記されていました。

    生中継の禁止や駐車場の使用NGなどは理解できるものの、各テレビ局は系列社ごとにレポーター1名、カメラマン1名、新聞や雑誌は2名まで、ウェブ媒体は1名のみと、人数制限まで指示されていたのです。

    また、前回の会見とは違い、案内状が送られてこなかった媒体はすべて取材NGとされていました。PRのために行う会見であればまだしも、謝罪や釈明のために行う場に『出入り禁止』をもうけてしまうのは問題です。

    案内状にはスカパー!側の配慮で時間や場所を提供してもらったために制限せざるを得ない旨が記されていたが、それならばサンミュージック内で会見を行えば済む話です」(テレビ局関係者)

    同関係者によれば、これ以外にも「制限」がもうけられていたという。

    「事前に詳細を問い合わせたところ、会話形式となる囲み取材もNGで、基本的に1社につき質問は1回だけという質疑応答形式、さらに時間は10分前後だと通達されたのです。

    これでは『金スマ』での発言以上の内容は期待できないと、ベテランレポーターの稼働を見合わせた局もあったようです。現場でも『もう一度サンミュージック内で正々堂々と会見すべき』という声が聞かれました」(同)

    同日には「フライデー」(講談社)で不倫を報じられた落語家の三遊亭円楽が囲み形式の記者会見を行い釈明したが、それと比べても消化不良だけが残るマスコミ対応となってしまった。

    芸能界復帰こそ叶ったものの、ベッキーの活動再開を良しとしない業界関係者をさらに増やす結果に終わってしまった。


    http://dailynewsonline.jp/article/1144099/
    【報道陣から批判噴出!「ベッキー側から指示されていた」「注文と制約だらけの不倫謝罪会見」】の続きを読む

    90

    1 :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/06/11(土) 11:06:29.97 ID:CAP_USER9.net

    不倫騒動の渦中にいたタレントのベッキー(32)が、6月10日にBSスカパー!の音楽番組『FULL CHORUS~音楽は、フルコーラス~』の収録で、ついにレギュラー番組の仕事に復帰した。

    しかし、その対応の悪さに報道陣も呆れかえっている。

    そもそも、翌日発売の『週刊文春』の不倫記事を受け、今年1月6日に都内の所属事務所内で行った会見が批判の的になった。記者からの質問を受け付けないという一方的な内容だったことが原因で、マスコミを敵に回したのだ。

    今回も、収録の2日前に、マスコミ各社にFAXで記者対応することを報告したものの、その案内には「ベッキーからお話させていただきます」と書かれていた。

    スポーツ紙記者も「(ベッキーの所属している)サンミュージックはいい芸能事務所なんですけど、謝罪会見での失敗を学んでないのか」と苦笑いする。

    しかし、同事務所に詳しい芸能事務所関係者は「この対応は全てベッキー自身の意向で、それに振り回されているスタッフが対応に困っている」のだという。

    「最初の仕事復帰となった『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(TBS系)の出演も、中居との対談形式でした。基本的に、彼女は会見を嫌がっています。

    厳しい質問を受けるのを怖がっているのです。事務所のスタッフは、どうすればいいかは分かっています」(同)

    こういったベッキー自身の問題が指摘されている。そして、事務所とベッキーの関係性については、根の深いものがあるそうだ。

    「ベッキーは一時、端から見ていても天狗になっているのが気になった。事務所のスタッフはもちろん、社長もベッキーには何も言えないようです。提案はできても、社長が彼女に会見を強要するということはできない関係なのです」(同)

    仕事復帰からテレビのレギュラー番組への復帰と、一歩ずつ復活への道を歩んでいるようにも見えるが、まずは事務所との関係性を見直すところから始めた方がよさそうだ。


    http://news.nifty.com/cs/entame/showbizddetail/myjitsu-6938/1.htm

    【マスコミ「ベッキーが天狗に逆戻りした!」事務所スタッフ「社長もベッキーには何も言えない!」】の続きを読む

    このページのトップヘ