芸能テロ

2chの芸能の反応をまとめています

    タグ:メディア

    23
    24
    4
    1: 名無しさん 2017/05/28(日) 18:32:17.12
    AKB48 峯岸みなみ、チャン・グンソクに関する発言に批判殺到…韓国でも報じられる

    AKB48の峯岸みなみのチャン・グンソクに向けた発言が議論となっている。

    27日、日本のメディアは26日に放送されたフジテレビ「ダウンタウンなう」でチャン・グンソクがMCたちと一緒に飲みながら、本音を打ち明ける時間を過ごしたと報道した。

    問題の発言はトークの後半に出た。ゲストのチャン・グンソクとのトークが終わり、一行が二軒目に移動する中で峯岸みなみは「(チャン・グンソクに) 聞きたいことが聞けなかった」とし、「整形してますよね?」と聞きたかったと話した。これを受け、MCの坂上忍&浜田雅功らが峯岸みなみに「それはダメだ」と笑いながら注意した。

    しかし、後から問題が発生した。峯岸みなみのSNSには彼女の発音を叱責する日韓両国のネットユーザーのコメントが殺到したのだ。

    峯岸みなみの発言が軽率だと指摘するネットユーザー、性格を指摘するネットユーザーのコメントで峯岸みなみのTwitterやInstagramが炎上している状況だ。あるネットユーザーは「日本で整形をしたのかと聞くことは、非常に無礼なことだ。基本的なマナーは守って欲しい」と指摘したりもした。
    http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2070923
    【【炎上】AKB48峯岸みなみ チャン・グンソクに「整形してますよね?」発言に批判殺到 「非常に無礼」 韓国メディアに波紋】の続きを読む

    r3

    1 : Egg 2016/07/18(月) 00:19:56.86 ID:CAP_USER9

    2016年7月15日、歌舞伎役者で俳優の市川海老蔵さんが、中国人観光客に対する見方についてつづったブログが反響を呼び、日中両国で活躍する俳優の矢野浩二さんもコメントを寄せている。

    海老蔵さんは、13日に更新した「なんかなみだでた」と題するブログの中で、フジテレビの番組内で放送された中国人観光客を追ったコーナーについて、

    「中国人観光客の方がばく買いでなくて修行体験やのんびり過ごす旅行が増えてるとか、嬉しいですね。語弊がないといいのですが、中国も今変わろうとしているのかもしれませんね。日本も以前は通った道なのかもしれないなぁと」(原文ママ)

    とし、若い中国人観光客が修行をしている様子に「感動した」「私自身、変な固定観念を持っている事を深く反省」などと感想をつづっている。

    これを受け、日本と中国で俳優として活躍する矢野浩二さんは、自身のフェイスブックで海老蔵さんのブログを伝えた記事をシェアし、「実は爆買いの中、(このように)日本を享受していた中国の方は沢山いたんです。

    ただ、メディアの報道などで爆買いの印象が固定観念化してしまった感じですね」とし、「良いも悪いも、僕たちはメディアや報道されたものの断片を見て自己判断してしまうところがある。そうして、偏見が生まれるケースがある」と指摘。

    「何事も『これは一部のこと』と冷静に理解できればいいんだけど。国と国もそう、人と人もそう」と、自身の考えをつづっている。


    http://news.infoseek.co.jp/article/recordchina_RC_145071/
    【市川海老蔵「中国も今変わろうとしている」俳優の矢野浩二「観光客の爆買い。僕たちはメディアや報道されたものの断片を見て自己判断してしまう」】の続きを読む

    13

    1 : 砂漠のマスカレード 2016/07/16(土) 09:46:59.99 ID:CAP_USER9

    アンガールズの田中卓志(40)が7月11日放送のラジオ番組『アッパレやってまーす!』(MBSラジオ)で、最近の子役について「メディアが作り上げた天才」と発言し波紋を呼んでいるようだ。

    田中はある番組で“セリフ覚えもよくてなんでもできる”といわれている子役とコントを一緒にする機会があったことを明かしたが、その子役の演技が田中の期待よりも悪かったらしい。

    田中はそのことについて、「どんだけスゲェのかって思ってたんだけど。始まったら、すげぇミスるの」「全然セリフ入ってないし」「全然聞いてたのと違うじゃんって」と愚痴をこぼした。さらに「メディアが作り上げた天才だったんだなって思った」と厳しく批判した。

    「最近もTOTOのCMでブレイクした寺田心くん(8)や、『朝が来た』(NHK)で主人公の子ども時代を演じた鈴木梨央ちゃん(11)みたいに天才子役が続々と登場してます。

    この二人は演技も上手いし表情も豊かで、まごうかたなき天才なんですが、“天才”といえば世間からの注目が集まりやすくなるからと、ニセ“天才子役”が増殖しているんです」(芸能関係者)

    この田中の発言にはリスナーも納得したようだが、しかし一方では、「そんなん言って大丈夫か?」「同じメディアで働いててその発言いいのか?」

    といった心配の声も上がり、また「子役に文句いう大人って情けなくないか」「子どもにそんなに言ってやるなよな」と、ラジオで愚痴を吐露する田中に対しての冷たい意見もあった。

    現在、“天才子役”であふれかえっている芸能界。田中も「必死にセリフ入れてきたのに」「ガッカリしたんだよなぁ」と肩を落としたというから、共演者からするとつらいところだろう。

    ただ、現在活躍する小栗旬(33)や山田孝之(32)など、子役を経て俳優として大成した人物も少なくない。温かい目で見守るのが、大人の役目なのかも?


    http://dailynewsonline.jp/article/1164072/
    【アンガールズ田中卓志が子役批判!「メディアが作り上げた天才だった。すげぇミスるの。全然セリフ入ってないし。ガッカリしたんだよなぁ」】の続きを読む

    35

    1 :
    シャチ ★@\(^o^)/:2016/06/25(土) 23:57:32.00 ID:CAP_USER9.net
     
    市川海老蔵夫人・小林麻央さんの闘病が報じられている。ずいぶんと前になるが、ある狂言師一家に密着したり、七代目市川染五郎さんら歌舞伎役者に取材した際、彼らの幼少時の稽古の厳しささながら、“梨園の妻”の大変さを教えてもらったことがある。

    歌舞伎役者に嫁ぐからには命をかける覚悟がなければ務まらないと言われたほどで、だから麻央さんの回復は私も願ってやまないが、他方、海老蔵氏が要請したという取材自粛のお願いにはちょっと首を傾げているのである。 

    〈人の命に関わることです。よろしくお願いします。マオ本人の負担になるような撮影はやめてください〉

    今月十日夜のブログに、海老蔵氏はこう綴った。そして、九日に会見を開き、麻央さんの病状を打ち明けたのは、実家周辺への取材を自粛してほしかったからだと説明する。

    その後も海老蔵氏は取材陣に自粛を要請する旨を綴り、十七日のお願いで自粛要請は五回を数えるに及んだとのことだ。

    〈多くの記事を目にします。まおのことに関しましては雑誌の方々、静かに見守ってください。よろしくお願いします。何度も何度も申し訳ございません〉(17日)

    海老蔵氏の気持ちは理解しているが、しかし、そこで“はい”と引き下がったら、雑誌メディアは存在意義を失う。と同時に、海老蔵氏はその自粛要請がご自身とメディアとの決別を意味していることを理解しているだろうか? 

    取材を自粛もしくは切り上げる条件として、私たち現場の取材者は海老蔵氏にこんなことを申し出るだろう。であれば、今後はご子息の襲名・ご披露に関する取材および舞台・公演の宣伝を自粛させてもらいます、と。

    これは海老蔵氏だけでなく、すべての芸能人に言えることなのだ。婚約だ結婚だの慶事のときにはマスコミを呼んで幸せアピールに余念がない一方で別居だ離婚だ不倫だとスキャンダルのときは逃げるのはどうなのかと。

    私たちは芸能人や著名人の慶事を報じさせてもらう。おめでたい話は皆で分け合いたいという気持ちがあるからだ。その代わり、祝い事を報じたように、訃報のような不幸をはじめゴシップやスキャンダルも同様に追わせてもらう。それがフェアな報道だからだ。

    海老蔵氏の気持ちを理解したうえで繰り返すが、彼の自粛要請は、このフェアさ、暗黙の了解を反故にする申し出でもあるのだ。

    書く・書かれるという双方の立場はあっても、書く・書かせないという関係性はないからだ。そんな理不尽があるとすれば、それは言論を封殺する軍事政権国家か彼の大国か北のあの国くらいのものだ。

    取材される側を含め、この理屈がわからない人は芸能界やマスコミで働けないだろうし、それでもなお週刊誌をひどいと思う人は週刊誌を読まなければいいだけの話だ。ワイドショーをひどいと思ったらワイドショーを見なければいい。(以下ソースで)


    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160625-00093630-diamond-soci&p=1
    【雑誌メディア「市川海老蔵はマスコミへの自粛要請の意味をわかっているのか?子供の舞台・公演の宣伝もしなくていいのか?」】の続きを読む

    このページのトップヘ