芸能テロ

2chの芸能の反応をまとめています

    タグ:モデル

    37
    1: 名無しさん 2017/10/20(金) 19:18:27.80 _USER9
    モデルで女優の水原希子(27)が、「自分らしく、正直に生きるってこんなに大変なんだ」と辛い胸中を吐露した。

    水原は20日、ツイッターを更新。
    「朝から涙が出る。今日は何だか弱いな私」と書き出し、「自分らしく、正直に生きるってこんなに大変なんだ。でも嘘は嫌だよ」と意味深長につづった。

    何があったのか詳細は明かしていないが、ネット上で批判を浴びることも少なくない水原。先日は人種差別的な誹謗(ひぼう)中傷に対し、ツイッターで「1日も早く、この世の中の人種や性別などへの偏見がなくなってほしい。そして、世界中の人がどこにいても自分らしく生きていける世の中になるように、まずは私が私らしくこれからも強い心を持って、生きていこうと想います」とつづっていた。

    今回もそうした中傷を受けたのか、「HateよりLoveの方が気持ちが良い。そんなに嫌いにならないで」と呼びかけ、「私も皆と一緒。この世界に生きる1人の人間」と訴えた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171020-00032541-nksports-ent 
    【【モデル】水原希子「そんなに嫌いにならないで」涙で胸中訴え】の続きを読む

    ty
    1: 名無しさん 2017/10/06(金) 08:04:41.66 _USER9
    あびる優(31)が格闘家の才賀紀左衛門(28)と結婚したのは14年9月のこと。記者会見で二人はこんなラブラブなやりとりをしていた。

    ――アプローチはどちらから?

    紀左衛門「僕からです。優ちゃん、すごいキレイだし優しいので、大好きだよ、大好きだよ! って」

    ――どんなところが好き?

    あびる「とにかく優ちゃんが大好き過ぎるところ。思いやりや穏やかさ、正義感、癒し。年下なのになんでも協力しようとしてくれるところ」

    ――一日何回、大好きと?

    紀左衛門「50回以上」

    唯一、トーンが変わったのが「浮気の心配は?」との問いに対する答え。「いまのところはないです。ただ、彼もまだ若いですし」と歯切れが悪かった。

    「今年5月、あびるは『どうして家事も育児も全部私がやらなきゃいけないのか』とSNSに不満をブチまけ、ちょっとした話題になりました」(芸能プロ幹部)

    そして9月中旬、あびるはSNSにこんな投稿をしている。

    〈ちなみにまだ別居?は、してない段階です 相方さん、毎日、何処へ~ (中略)私はもう我慢したくなぁーい〉 

    真相を確かめるべく、二人の愛の巣へ向かうと、あびるは既に東京を離れていた。家事と育児に疲れた彼女は奄美大島へリフレッシュの旅に出ていたのである。

    そして本誌は衝撃の場面に遭遇する。彼女の留守中、紀左衛門は美人モデル宅にお泊りしたのである。試合終了のゴングが聞こえる日は近い――か。

    10月6日発売のフライデー最新号では、あびる、才賀の姿を掲載し、才賀の夜遊びについて報じている。

    PHOTO 原 一平

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171006-00010000-friday-ent

    9月下旬、あびるがリフレッシュ旅行から帰宅。その夜も夫はキャバクラへ
    y6
    【【芸能】あびる優ショック「留守中にイケメン夫が3年目の浮気」】の続きを読む

    5
    1: 名無しさん 2017/09/28(木) 23:43:03.25 _USER9
    9月28日発売の女性ファッション誌『Richesse』(リシェス)で、元女優の後藤久美子とフランス人の元F1ドライバーであるジャン・アレジの娘のエレナ・アレジ・後藤がモデルデビューする。

    エレナは後藤の長女で、スイスの高校を卒業後、イギリスの映画製作専門学校に入学している。10月1日から母の後藤と同じ芸能事務所のオスカープロモーションに所属し、11月に学校を卒業したあとは日本で本格的に芸能活動をするとみられている。

    リシェスでは高級ブランド『ブルガリ』とのタイアップで、総額1億円以上のジュエリーを身に着け、そのセレブぶりをいかんなく発揮している。だが、日本での芸能活動には、早くも先行きを不安視する声が広がっている。

    「後藤とアレジの娘ということで、2世タレントとしては申し分ない話題性があります。しかし、実際に活動していくとなるとその知名度以外に何が特徴なのかがはっきりしないのです。

    オスカーということでモデル業を中心にしていくのでしょうが、身長は母の後藤よりも小さい156センチ程度。端正なルックスといえば聞こえはいいですが、正直、父のアレジの血が濃く反映されていて、かつての“美少女ゴクミ”のルックスには到底及びません。

    語学堪能ということで、数年後には文化人枠で活躍することも可能でしょうが、それも会話術や頭の回転が相当よくないと厳しいでしょう」(芸能記者)

    https://myjitsu.jp/archives/32596 
    【【芸能】後藤久美子の娘・エレナに芸能界から厳しい声】の続きを読む

    yu
    1: 名無しさん 2017/09/16(土) 12:10:13.89 _USER9
    ネット上で差別的な誹謗中傷を受けているモデルで女優の水原希子(26)が、「この世の中の人種や性別などへの偏見がなくなってほしい」との願いをつづった。

    水原はアメリカ人の父と韓国人の母を両親にもつアメリカ生まれのハーフ。
    これまでもネット上では人種差別的な表現を含む書き込みが物議をことがたびたびあったが、水原がCM出演しているサントリービール「ザ・プレミアム・モルツ」の公式アカウントが7日に投稿したキャンペーン告知ツイートに対し、水原を起用していることへの批判などが多数書き込まれる事態となっていた。

    水原は15日、ツイッターを更新。
    「今この世の中では色んな争いが起きてますが、どこの国で生まれても、どこの国で育っても、どこの国に住んでいても、みんな地球人である事には変わりありません。でも、この世の中で私の事を理解してくれている人がこんなにもたくさんいるという事に気づく事ができました。

    一日も早く、この世の中の人種や性別などへの偏見がなくなってほしい。そして、世界中の人がどこにいても自分らしく生きていける世の中になるように、まずは私が私らしくこれからも強い心を持って、生きていこうと想います。全ての争いがなくなる事を心から祈っています。LOVE & PEACE」とつづった。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170916-00004193-nksports-ent 
    【【韓国人ハーフ】嫌われ女優の水原希子、差別に屈せず「みんな地球人」「私が私らしくこれからも」】の続きを読む

    67
    1: 名無しさん 2017/08/24(木) 12:37:45.75 _USER9
    モデルで女優の西内まりやに対して、長期休業や芸能界からの引退、さらには結婚など、さまざまな情報が飛びかっている。

    「西内は東京都港区の飲食店やクラブの常連客でしたが、ここ数カ月で急に姿を見せなくなりました。一部では重病なのではないかという話も出ているほどです。仕事仲間とも連絡を取っていないらしく、完全に音信不通になっているといいます」(芸能プロダクション関係者)

    西内のオフィシャルホームページは5月10日から更新されておらず、個人のツイッターもインスタグラムも投稿が途絶えている。

    「西内はモデル業のほかに女優や歌手としても仕事をしていますが、結局どれも中途半端になった印象です。ローティーン向けのファッション雑誌『ニコラ』からティーン向けの『Seventeen』の専属モデルになったあたりまではよかったのですが、2015年にSeventeenから卒業し、多くのジャンルで仕事をしたのですが、どれも成功していません」(同・関係者)

    特に西内が今年1~3月期に主演したフジテレビの“月9”ドラマ『突然ですが、明日結婚します』は、全話通じての平均視聴率が6.7%と、それまでの月9史上の最低記録を更新してしまった。あまりに低調だったため、1話分を短縮して打ち切られている。

    また、前年の2015年にも連続ドラマ『ホテルコンシェルジュ』(TBS系)で主演しているが、平均視聴率7.9%と大失敗に終わっている。さらにさかのぼると、2013年のドラマ『山田くんと7人の魔女』(フジテレビ)でも視聴率が6.3%と、主演ドラマが3連続で失敗をしている。

    「“棒”とか“大根”とか、単純に酷評できるレベルではありません。演技が下手な女優というようなランキングで、上位に頻繁に名前を出す佐々木希にも匹敵しているといわれています。もうドラマの主役は絶対に回ってこないと評判です」(テレビ雑誌編集者)

    昨年8月にはモデルの呂敏(ろびん)と自動車内でキスをしている写真を女性週刊誌に掲載されている。この呂敏とは現在、同棲中だという。

    「月9が終わった際、あまりのひどい視聴率だったことから、打ち上げ会すらなかったそうです。そういった周囲の冷たい態度に、西内も完全に仕事に対する意欲を失ってしまったのです。それで呂敏との交際にはまりこんで、同棲に至ったみたいです。芸能界を引退するのではないかという話はそういった現在の状況から出ているのです。だからツイッターの投稿なども放棄したみたいなのです」(女性誌記者

    https://myjitsu.jp/archives/29264
    【【芸能】西内まりやが恋人と同棲し「音信不通」で芸能界引退へ】の続きを読む

    37
    1: 名無しさん 2017/08/23(水) 10:54:36.05 _USER9
    下手な役者に薄っぺらい脚本、ベタな演出、そして、プロダクションへの忖度――。日本のドラマ業界が抱える数多の問題点を、各局の情報番組でコメンテーターを務めるデーブ・スペクター氏が敢えて喝破する。

    僕は日本のテレビ番組すべてがダメと言ってるワケではありません。ニュース、バラエティ番組は世界的に見てもレベルが高いと感じています。ただ、ドラマだけは本当にひどすぎる。20~30年前と比べて進歩するどころか、どんどんクオリティが下がっている。特に問題なのは役者の演技力。

    僕もテレビ業界で仕事をしてるから、あんまり厳しいことは言えませんが……。まぁ、演技のレベルはあらゆる先進国のなかでもぶっちぎりで最悪だと思いますね。

    デーブ・スペクター氏
    もちろん、なかには面白いと感じるドラマもあるんです。「家政婦のミタ」みたいに伝えたいテーマのハッキリした、ハイコンセプトな作品は欠かさず観ていました。役所広司や樹木希林、桃井かおりをはじめ、芝居のうまい役者もいる。名作として印象に残っているのは97年にTBS系で放映された「青い鳥」ですね。

    主演した豊川悦司と夏川結衣の不倫逃避行を描いているんですけど、オーバーな演技は一切なく、どのシーンも抑制が利いていて画面から緊張感が伝わってきた。でも、どうして20年も前のドラマを取り上げるのかと言えば、それ以降、大人の鑑賞に堪える欧米型のドラマが作られていないからです。

    連ドラに出演する役者の8割は、とにかく芝居が大げさで「わたし、いま演技してまぁす!」と顔に書いてある。それに、喋り方が不自然だからセリフに集中できない。以前から不思議に思ってるんですが、日本の役者はセリフの途中に奇妙な間を一拍置くんです。「なんで、そういうことを、言うんだ、君は?」といった感じで。

    あと、セリフの語尾で息を吐きますよね。「この前さ(はぁー)、どうして(へぇー)」、と。溜めを作って聞きやすくしているつもりかもしれないけど、セリフが隙間だらけで素人っぽい印象しか残らない。

    だって、僕らが会話をする時に、そんな勿体ぶった喋り方しないでしょ。その上、すぐに感情を剥き出しにして怒鳴る。大声でセリフを叫ぶことが、気持ちのこもった演技だと勘違いしてるんだろうね。

    とはいえ、役者だけを責めるのはかわいそう。何しろ、日本のドラマに出演してるのは、芝居経験に乏しい、モデルやアイドル上がりの素人同然の芸能人が多すぎるから。制作スタッフも大変ですよ。撮り直す時は、「こっちの技術的なことで、もう一回お願いします!」と言うんですけど、本当は芝居の技術が足りないだけ。

    しかも、厳しく指導して女優に泣かれたら面倒だし、どっちみち良くならないから、適当なところで切り上げる。これで傑作ができると思いますか。

    僕は単に日本のドラマの悪口を言いたいワケではありません。むしろ、素晴らしい作品を生み出すために建設的な議論がしたい。それだけに、いつまで経っても下手な役者を使い、海外ドラマに学ぼうとしないテレビ局のドラマ作りの姿勢には失望してるんです。

    実は、欧米ではここ10年ほどテレビドラマの「黄金時代」が続いています。火付け役となったのは99年にスタートした、現代版「ゴッドファーザー」と言うべき骨太な群像劇「ザ・ソプラノズ 哀愁のマフィア」。

    それ以降、ケビン・スペイシーが製作総指揮を務めた政治ドラマ「ハウス・オブ・カード」や、圧倒的なオリジナリティが魅力の「ブレイキング・バッド」といった話題作が続々と登場しています。

    第一次大戦前後を舞台に貴族と使用人の人間模様を描く、イギリス発の「ダウントン・アビー」は、世界で最もヒットしたドラマになりました。そして、「ゲーム・オブ・スローンズ」は言うまでもない。

    正直、こうした海外ドラマは制作費も映画並みなんですが、作品の完成度はもはやハリウッドを凌駕している。映画業界全体が儲からなくなったせいで、ハリウッドが手掛けるのは海外でもウケやすい大味なアクションや、コミック原作ばかり。

    僕もかなりの映画好きだったけど、いまや映画館に足を運ぶのは年に2、3回程度。一方で週5~6本の海外ドラマを欠かさず観ている。それくらい、いまの海外ドラマは面白い。たとえば、「ブレイキング・バッド」のストーリーはこうです。末期がんを宣告された田舎町のサエない化学教師が、障害を抱える息子に財産を残すため覚醒剤の密造に手を染め、闇社会とのトラブルに巻き込まれる――。

    ※続きます

    http://news.livedoor.com/article/detail/13498826/ 
    【【テレビ】デーブ・スペクター「日本の役者の演技力は先進国のなかでもぶっちぎりで最悪」「日本のテレビ局は2年間ドラマ制作をやめよ」】の続きを読む

    このページのトップヘ