芸能テロ

2chの芸能の反応をまとめています

    タグ:ロック

    20161
    1 : シャチ ★@無断転載は禁止 ©2ch.net2016/12/29(木) 18:04:17.88 ID:CAP_USER9
    ◇第67回NHK紅白歌合戦リハーサル(2016年12月29日) 

    今年5月に12年ぶりに再結成したロックバンド「THE YELLOW MONKEY(ザ・イエロー・モンキー)」が本番への意気込みを語った。 

    今年が初出場となるが、ボーカルの吉井和哉(50)は「デビューの早い段階から紅白は視野に入れて活動してきたが、これまでそういう機会がなかった。申年ですし、再結成したこのタイミングで出場させていただけて良かった」と喜んだ。 

    ベースの廣瀬洋一(53)も「集まるべくして集まったメンバー。イエモンをやることが人生のミッションだと感じる。深い絆で結ばれ、いろんなタイミングが重なったと思うので、今年でよかった」と笑顔を見せた。 

    歌唱曲はヒット曲「JAM」。吉井は「イエロー・モンキーが国とするなら、この曲は国歌。大人でもない、子供でもない年齢の時に作った曲なので、自分たちにとって特別な曲」と思い入れを語った。

    12年ぶりの再結成の思いを語った後、最後に吉井が「これだけは言いたいのが、4人ともカツラじゃないんで」と語気を強め、報道陣の笑いを誘っていた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161229-00000146-spnannex-ent
    【「4人ともカツラじゃない」紅白初出場イエモン吉井和哉「髪フサフサ」「誰もハゲてないし太ってない」】の続きを読む

    al

    ・在りし日の尾崎豊さんの面影を残す息子の尾崎裕哉。
    父にそっくりの力強いハイトーンボイスは必聴だ=東京・赤坂(撮影・小倉元司)


    l2
    ll3
    l4
    l5
    l6

    ・尾崎豊さん

    l1

    1 : 湛然 ★@2016/07/13(水) 05:27:31.53 ID:CAP_USER9

    1992年に急逝した歌手、尾崎豊さん(享年26)の長男で歌手、尾崎裕哉(ひろや、26)が、16日放送のTBS系音楽特番「音楽の日」(後2・0)に生出演し、テレビ番組で初歌唱することが12日、分かった。

    昨年から本格的に音楽活動を開始し、同番組では父の名曲「I LOVE YOU」など2曲を熱唱。豊さんが亡くなった26歳を迎えた裕哉は「父親は通過点。その先の景色も見たい」と抱負。親子の秘蔵ショットもサンケイスポーツで公開された。

    謎のベールに包まれていたカリスマ歌手の忘れ形見が、ついにお茶の間にナマ歌を披露する。

    尾崎裕哉は「15の夜」「卒業」など数々の名曲を残し、人気絶頂の中、天国に旅立った伝説のロッカー、尾崎豊さんの長男。シャープな顔立ちと芯のある優しい声が父をほうふつさせるクールなイケメンだ。

    父が亡くなったとき、裕哉は2歳。幼少期は米国で暮らし、慶大卒業後にラジオDJなどを経て、昨年10月に大阪で行った初ライブで本格的に音楽活動を開始した。

    これまで2004年に父の追悼アルバム「BLUE」に参加したり、10年にクレジットカードのCMで「I LOVE YOU」を披露したことはあるが、目立った活動はなく、テレビ番組での歌唱は今回が初めて。

    出演する「音楽の日」の制作側は、豊さんの遺志を継いで音楽に生きる息子の姿が番組テーマの「ツナグ」にピッタリだとオファー。裕哉も「とても意味のある素敵な機会」と快諾した。

    12時間に及ぶ同番組の目玉のひとつとして第2部(後6・30~後9・54)の後半部分に登場。「I LOVE YOU」と自身の楽曲の2曲をギターの弾き語りで披露する。

    父が死去した26歳で音楽活動を本格始動させた裕哉は「本番はとても緊張すると思いますが、自分なりの『I LOVE YOU』を披露したい」と気合十分だ。

    サンケイスポーツは在りし日の豊さんとの親子ツーショット写真も入手。裕哉は「父親との記憶はほとんどない。でも、家族から意外とソフトな性格で優しい人だと聞いている。僕もそういうタイプ」と自身を重ね、

    「まずは父親のように熱く人に訴えかけられる偉大なアーティストになりたい。でも父親は通過点。僕はロックだけじゃなくて、今の時代にあった音楽もやっていきたい」と自然体だ。

    豊さんの死から24年、クールなまなざしに熱い思いを秘めた裕哉が新たな“尾崎伝説”を作る。

    ◆尾崎裕哉(おざき・ひろや)

    1989(平成元)年7月24日生まれ、26歳。東京都出身。慶大大学院修了。故尾崎豊さんの長男。幼少時代は母親と米ニューヨークで暮らす。

    2004年、父の追悼アルバム「“BLUE”A TRIBUTE TO YUTAKA OZAKI」にHIRO名義で参加し、名曲「15の夜」を歌唱。10年、インターFM「CONCERNED GENERATION」でDJデビューした。

    http://www.sanspo.com/geino/news/20160713/geo16071305050007-n1.html
    【尾崎豊さん長男・尾崎裕哉が生放送でテレビ初歌唱「父親は通過点。僕はロックだけじゃない。偉大なアーティストになりたい」】の続きを読む

    このページのトップヘ