芸能テロ

2chの芸能の反応をまとめています

    タグ:不倫

    76
    1: 名無しさん 2017/07/25(火) 18:45:04.38 ID:CAP_USER9
    夫で俳優の船越英一郎(57)との泥沼離婚騒動が続くタレントの松居一代(60)が結成していた「チーム松居」が“崩壊”したことが明らかになった。船越が所属する大手芸能事務所ホリプロから法的措置を取られることに萎縮した松居の支援者が同チームから離脱。松居が自慢していたシンガポールの法律事務所も本紙に弁護の受任を否定した。反撃ののろしを上げた夫に対し、鬼嫁側は一転して、2人だけとなり、窮地に陥っている。 
     
    鬼嫁・松居が夫やホリプロに容赦ない“爆弾発言”を連発して攻めまくっていた事態が急転したのは、21日昼だった。堪忍袋の緒が切れたホリプロ側が松居に対し、名誉毀損、業務妨害などを理由に法的措置の準備に着手したことを表明した。 
     
    それでも松居はひるまない。翌22日のブログで「弱っている体にムチ打って なんとか裁判所に来てもらいたいものだね」と船越へ裁判に出廷するよう“挑発”。23日のブログでは、船越の亡き両親の位牌の画像を公開し、位牌に彫った死去日に誤りがあるとして「不倫ばかりしているから間違うんですよ」と強烈に皮肉った。 
     
    ファイティングポーズを崩さない鬼嫁だが、立場が危うくなっている。松居は3~4人の支援者をかき集めてチーム松居を結成し、得意のSNS攻撃を展開していたが“崩壊”したのだ。

    「松居が『デッチ』と呼んでいた支援者は彼女に日に日に距離をおくようになっていた。そこへ、ホリプロが提訴の準備を表明したことで、彼らはチームから完全に離脱。デッチは本業の広告関連業に支障が出ると判断して手を引いたのです」(広告代理店関係者) 
     
    15日の一部報道では、計4人だったチーム松居が解散、松居は新たに男性2人を招いたと報じられたが「これは違う。松居が『たっくん』と呼ぶ20代男性は一貫してチームの一員として支え、SNSの作業を担っている」と松居の知人。 
     
    松居は23日のブログで「私は、マスコット君と二人です」と厳しい現状を示唆したが、この「マスコット君」の正体が「たっくん」であり、23日現在、チーム松居は瓦解して「松居&たっくん」のコンビの2人だけに縮小した。 
     
    代理人弁護士もいまだ不在とみられている。 
     
    松居は、ホリプロが法的措置を表明する直前の21日朝、ブログに「私の、パートナーはシンガポール、ナンバーワン いや、いや いまや、アジア
    №1の法律事務所 ラジャータン法律事務所の№1女性弁護士ですよ」「才女の彼女は、ビジネスパートナーになってくれたのです」などと記している。 
     
    松居が語るのは、600人以上の弁護士を擁し、東南アジア地域最大規模の法律事務所で、シンガポールにある「ラジャ・タン法律事務所」だ。 
     
    本紙が、離婚調停・裁判において松居の代理人を務めるかと質問すると返事が返ってきた。

    「一般論として、クライアントであるかを含め法律事務所として守秘義務がございます」としつつ「弊事務所はシンガポール法の弁護士事務所ですので、日本における法律問題については、関知するところではございません」と回答。つまり、今回の松居の騒動では担当外で離婚調停・裁判で弁護を受任しないという。 
     
    鬼嫁は2人だけとなったチームで新たなマツイ砲を放って反撃できるか。

    2017年7月25日 11時0分 東スポWeb
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13382755/
    【【芸能】<チーム松居>ホリプロ法的措置表明で支援者が離脱!鬼嫁側は一転して、2人だけとなり、窮地に】の続きを読む

    gt
    1: 名無しさん 2017/07/21(金) 15:43:41.63 ID:CAP_USER9
    タレント松居一代(60)と離婚調停中の俳優船越英一郎(57)の所属事務所ホリプロが21日、松居に対して法的措置の準備に入ったことが分かった。同社が報道各社に報告した。

    理由については以下のように説明した。

    「松居一代氏の、当社所属タレント船越英一郎に対する一連の言動には、裁判所の判断を仰ぐべきものが多く、これ以上、看過することのできない問題であり、本日、当社として、名誉毀損(きそん)及び、業務妨害などを理由とする法的措置の準備に着手しましたことをお伝えします」

    松居はこれまで、ブログや投稿動画などによって、船越の不倫交際疑惑などを繰り返し訴えてきた。

    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/1859261.html
    【【芸能】船越英一郎の所属事務所が松居一代に対し法的措置の準備「これ以上、看過することのできない問題」】の続きを読む

    67
    1: 名無しさん 2017/07/19(水) 10:38:50.76 ID:CAP_USER9
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170719-01858192-nksports-ent
    日刊スポーツ 
     
    タレントの松居一代(60)が、離婚調停中の夫で俳優の船越英一郎(56)がMCを務めているNHK「ごごナマ」の出演料を暴露した。 
     
    船越が不倫をしていると主張する松居は、夫がNHKの番組に出演することに不服を述べ、降板を求めている。自身のファンに向け、NHKに苦情を入れるようにブログを通じて呼びかけているが、19日のブログでは「電話代は、しばらく立て替えてください 祝賀パーティーするときに必ず、お返しをします 松居、絶対に、嘘はつきません」と、苦情のための電話代も支払うと宣言。

    「引き続き、今日も正しい要望をNHK様に、頼みますよ 今、すぐに、司会者を変えていただこう」と呼びかけた。 
     
    さらに松居は、「正しい判断をNHK様に仰いでいただこう 妻の親友と、不倫だよ それで、一回の出演料40万円だ」と船越の出演料を暴露した。
    【【芸能】松居一代、船越のごごナマ出演料「1回40万」】の続きを読む

    ew
    1: 名無しさん 2017/05/26(金) 05:55:05.85 ID:CAP_USER9
    '17年5月24日、自宅前で矢口真里を直撃すると「いよいよふたりの結婚が決まったそうですね。6月の中旬に大々的に発表しようと思っているみたいですよ」(ワイドショー関係者) 
     
    矢口真里の不倫を『週刊女性』がスクープしてから4年。当時の夫だった中村昌也との離婚後、不倫相手だった梅田賢三とは長らく真剣交際を続けてきたが、ついに再婚を決意したという。 
     
    「ずっと梅田さんのご両親が結婚には反対していたんです。モデルという夢を追って上京してきた息子の将来を、台無しにされてしまった思いがあったのでしょう。 
     
    でも矢口さんが“一時の感情ではなく、本当に好きなんです”という彼への正直な思いを粘り強く伝えていくうちに、ご両親も“それほど強い思いがあるのなら”と認めてくれたそうです。 
     
    4月のことだったというので、つい最近ですね」(前出・ワイドショー関係者) 
     
    5月15日からは妹の結婚式のため、家族と一緒にハワイを訪れていた矢口だが、もちろんそこには梅田の姿もあった。 
     
    「ブログでは彼の姿こそアップしていませんでしたが、幸せそうな笑顔の写真をたくさん載せていましたね。妹さんの結婚式というのはもちろんですが、彼女にとっても、婚前旅行のような意味合いがあったのではないでしょうか」(芸能プロ関係者) 
     
    帰国後の5月24日、矢口を自宅前で直撃すると、 
     
    ――このたびはご結婚おめでとうございます。 
     
    「え? なんの話ですか?」 
     
    意外にも、驚いた素振りを見せた。…

    http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20170526/Jprime_9759.html
    【【芸能】矢口真里、不倫相手だった梅田賢三との真剣交際を経て決意した再婚】の続きを読む

    w0
    7t
    1 : 豆次郎 ★@無断転載は禁止2017/03/02(木) 08:48:31.95 ID:CAP_USER9
    ― 男が選ぶ[好きな男嫌いな男] ― 

    SPA!恒例企画「男が選ぶ[好きな男・嫌いな男]」。
    各ランキングに1人1票という形で30~49歳の男性500人へのアンケートを敢行。
    集められた公正でリアルな声によってランキングを作成した。
    時代の映し鏡とも言われるこのランキング。今回はどんな現代の諸相が映し出されたのだろうか!?

    ◆驚異の6連覇を福山が達成 

    今回で26回目を数えるSPA!の恒例企画「男が選ぶ[好きな男・嫌いな男]」。昨年5連覇を達成した福山雅治が、好きな男部門で堂々の6連覇を成し遂げた。

    「かっこいいが、それを鼻にかけない気さくな人柄が好き」(40歳・出版)、「自分を冷静に見ている感じがする」(47歳・メーカー)と、まさに死角なしの人気ぶり。 

    一方、福山と同数で1位に輝いたイチローは昨年、メジャー通算3000本安打という偉業を達成。

    「ストイックに野球人生を送っているから」(37歳・無職)、「年齢を感じさせない活躍がすごい」(36歳・品質管理業)と、その求道的な姿勢に評価が集まった。そのほかには朝ドラでブレイクしたディーン・フジオカ、“二刀流”大谷翔平、“恋ダンス”で一世を風靡した星野源といったニューフェイスも。

    <好きな男ランキング>

    1位 福山雅治…71票(’15年1位)

    1位 イチロー…71票(’15年5位)

    3位 阿部 寛…37票(’15年3位)

    4位 松本人志…22票(’15年9位)

    5位 大谷翔平…19票(’15年圏外)

    6位 ディーン・フジオカ…15票(’15年圏外)

    7位 明石家さんま…12票(’15年6位)

    8位 タモリ…11票(’15年9位)

    8位 ビートたけし…11票(’15年4位)

    10位 星野 源…8票(’15年圏外)

    次点:錦織 圭、有吉弘行、黒田博樹、山田孝之、所ジョージ

    ◆嫌いな男1位には川谷が 

    嫌いな男部門では、ベッキーとの不倫騒動などで世間を大いに騒がせたゲスの極み乙女。の川谷絵音が一同納得の1位に。「あまりにも自己中心的」(48歳・自由業)、「男から見ても最低」(46歳・研究開発員)と、いまだに相当な嫌われよう。 

    また、自らの政治資金問題で都知事を辞任した舛添要一に対しても、「男らしくない」(44歳・会社役員)など手厳しい意見が寄せられた。そして、都知事選落選の鳥越俊太郎、ドナルド・トランプ大統領も圏外からランクイン。嫌いな男ランキングで毎回上位に食い込む政治家勢が、ご多分に漏れず結果を残した形となった。

    <嫌いな男ランキング>

    1位 川谷絵音…65票(’15年圏外)

    2位 舛添要一…38票(’15年圏外)

    3位 安倍晋三…21票(’15年2位)

    4位 坂上 忍…17票(’15年3位)

    5位 中田敦彦(オリエンタルラジオ)…16票(’15年圏外)

    5位 鳩山由紀夫…16票(’15年4位)

    5位 鳥越俊太郎…16票(’15年圏外)

    8位 りゅうちぇる…15票(’15年圏外)

    8位 木村拓哉…15票(’15年6位)

    10位 ドナルド・トランプ…11票(’15年圏外)

    次点:山本圭壱、松本人志、ASKA

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170301-01291745-sspa-soci
    【男が選ぶ「好きな男・嫌いな男」ランキング!イチローが福山雅治と同数で1位 嫌いな男は川谷絵音に舛添要一】の続きを読む

    tc
    1 : Egg ★@無断転載は禁止 ©2ch.net2017/02/23(木) 12:20:34.45 ID:CAP_USER9
    「去年7月、彼女はLINEのアカウントを突然消したんです。それまでの人間関係をリセットしたかったのか…。ちょうどその頃、“人肉を食べる役”をやっていたみたいなので、今思うといろいろと考える部分もあったのかな」 

    清水富美加(22才)の知人はそう呟く。宗教団体『幸福の科学』への出家を発表してから10日あまり、騒動は収束を見ない。2月17日には、清水が告白本『全部、言っちゃうね。』を出版した。

    《役作りのために飛んでる虫だって食べたし、苦手な貝類を毎日必ず食べるって決めて食べました。(中略)居酒屋で、飛んできたハエを、おしぼりでつかまえて食べました》

    《16歳の誕生日の日、死のうとして、ガムテープを口と鼻に貼ったんです》《ある時、「自分はなんにもできない。もう死のう」ってなってしまって、暴れてカッターで部屋をぐちゃぐちゃにして、腕を切りつけて。(中略)その時の傷は今も右手首に残っています》 

    著書には赤裸々な言葉が続く。一方、清水の所属事務所は《このタイミングで清水富美加の書籍が出版されたことについては、誠に不可解であると言わざるを得ません。この書籍には事実と異なる部分も多々含まれております》と意見は真っ向から対立している。 

    2月21日には、一部スポーツ紙が、清水が著書で綴った《悩みの種だった好きな人》が、人気ロックバンド『KANA-BOON』のベーシスト・飯田祐馬(26才)で、既婚者の飯田と清水は2015年6月から昨年1月まで不倫関係にあったと報じた。だが、女性セブンの取材では、別の男性の影も浮上した。前出の知人が明かす。

    「清水さんと同年代の若手俳優・Aです。2014年頃に交際していて、周囲にもその彼にも“つきあってるのは絶対に内緒にして!”って徹底していました。ただ、交際1年ほどで破局してしまったんです」 

    その頃、清水は酒に酔うと「もうイケメンはこりごり!」と口走ることもあったという。

    「春先に、同じ事務所の若手女優仲間たちと暮らしていた事務所の寮を出たことで、恋愛や仕事の悩み相談をする機会がなくなっていたみたいです」(前出・知人) 

    そのせいか、もともと多かったお酒の量がさらに増えていったという。

    「午前11時から仕事かレッスンが入っていたのに、正午過ぎまでお酒を飲んでいて、予定をすっぽかしてしまったこともありました」(芸能関係者)

    http://news.livedoor.com/article/detail/12710330/
    【清水富美加が若手俳優・Aと交際の過去!酒に酔うと「居酒屋で、飛んできたハエを、おしぼりでつかまえて食べました。もうイケメンはこりごり!」】の続きを読む

    このページのトップヘ