芸能テロ

2chの芸能の反応をまとめています

    タグ:世代交代

    b

    1 :
    砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/06/11(土) 07:29:53.15 ID:CAP_USER9.net

    春期ドラマもいよいよ終盤に差し掛かっているが、今期ドラマにおいて好調な視聴率をキープしているのが、『99.9─刑事専門弁護士─』(TBS系)と『世界一難しい恋』(日本テレビ系)、そして『グッドパートナー 無敵の弁護士』(テレビ朝日系)の3本だ。

    とくに『99.9』と『世界一難しい恋』は、初回から視聴率2桁をキープし続けている。

    この2作でそれぞれ主演をつとめているのが、嵐の松本潤(32)と大野智(35)だ。『99.9』では松本が、優秀で型破りな弁護士役を好演。初の弁護士役の挑戦ということで、ファンからも注目を集めていたようだ。

    一方の大野は、『世界一難しい恋』で他人に厳しく自分に超甘い、“大人子ども”の主人公をコミカルに演じ好評だ。

    松本は、過去に主演をつとめた『失恋ショコラティエ』や『ラッキーセブン』(ともにフジテレビ系)でもわかるように、“正統派主人公”が似合うタイプ。今回もテンポのいいストーリー展開が相まって、キレ者ぶりがサマになっている。

    大野は、『歌のおにいさん』や『死神くん』(ともにテレビ朝日系)といったコメディタッチの作品で、コミカルな役どころをひょうひょうと演じることができる、“三枚目主人公”タイプだ。

    「ジャニーズ強し」とも言い切れる昨今の人気ドラマ事情であるが、完全に世代交代が進んだと見る評論家は多い。

    ■もはやSMAPは過去の人

    「これまではこういった”視聴率を取りそうなドラマ”は、SMAPのメンバーが主演をつとめる傾向にありました。

    嵐と同様、5人がそれぞれ役者としてキャラクターがあったので、その特性を生かしたキャスティングで数字を獲得していたのです。まさに今の嵐が“全盛期のSMAP”の位置にいると言えますね」(テレビドラマ評論家)

    かつては高視聴率を叩き出していたSMAPのメンバーも、ここ最近では主演を飾るも、苦しい結果を出すことも多い。

    実際に前クールにおいては、香取慎吾(39)が『家族ノカタチ』(TBS系)、草彅剛(41)が『スペシャリスト』(テレビ朝日系)で主演をつとめたが、草彅の方は2ケタの視聴率をキープできたものの話題性を欠き、香取は“大爆死”となっている。

    今期のドラマ視聴率の結果は、ジャニーズ事務所の人気を牽引するスターの世代交代が完了したことを如実に表しているのかもしれない。


    http://dailynewsonline.jp/article/1142744/
    【嵐の主演ドラマが軒並み好調でSMAPはもう過去の人!「完全に世代交代」「SMAPは視聴率が大爆死」】の続きを読む

    3a


    1 :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/04/27(水) 08:13:50.01 ID:CAP_USER9.net

    ドラマの視聴率不振にテレビ業界は長らく苦しんできた。ところが、今クールは嵐主演ドラマが絶好調だ。

    松本潤(32)主演の『99.9─刑事専門弁護士─』(TBS系)は、初回視聴率15.5%、第2話は19.1%を記録。そして大野智(35)が主演の『世界一難しい恋』(日本テレビ系)は初回12.8%で、第2話は12.9%をマーク。

    「視聴率一桁台が多い中、二桁キープはまさに驚異。特に『99.9』の叩き出した数字は昨年一大ブームを巻き起こした『下町ロケット』(TBS系)に迫るものです」

    とTBS社員も驚きを隠さない。そして、『99.9』のこの結果は、嵐に対する見方を変えるきっかけにもなると語る。

    「TBSは『99.9』の前が香取慎吾(39)主演の『家族ノカタチ』でしたが、平均視聴率9.1%とかなり物足りない結果でした。今回の松本は今期最高視聴率。

    異例ともいえる日曜劇場枠のジャニーズ連続主演は松本の圧勝で、嵐のポテンシャルの高さを証明してくれました。もはや、SMAPから嵐の時代へと完全に変わった印象さえある」

    4月からは相葉雅紀(33)が『グッと!スポーツ』(NHK)のMCにも抜擢され、9年ぶりのアリーナツアーを開催する嵐。まさに大躍進なのである。

    ■『99.9』にはパクリ疑惑もあるが…

    今回の『99.9』は、ある作品との類似性が指摘されている。主演は木村拓哉(43)、平均視聴率21.3%をたたき出した『HERO』(フジテレビ系)だ。

    弁護士と検察官という立場の違いはあれど、双方ともに型破りな主人公が真実を追究していく物語。ドラマ全体に漂うシリアスとコメディのバランスも似通っている。極めつけは、『99.9』の第1話で使われたトリックが、劇場版『HERO』と同じだったことだ。

    「しかしそれでも、批判の声は少なく、むしろ『HEROの弁護士版みたいですごく好きだ』と好意的な意見が寄せられました」(前出・TBS社員)

    これも今の嵐の勢いの成せるわざなのかもしれない。さらに、嵐の躍進はこれだけにとどまらない。今後の展開次第では、SMAPを完全に食ってしまうかもしれないのだ。

    テレビ業界で噂されているのは、なんとあの国民的人気番組の打ち切りだった。関係者が明かす。

    「フジテレビが9月以降も継続放送を確約した『SMAP×SMAP』ですが、それを白紙にして9月で打ち切り、嵐と関ジャニ∞がダブルMCとなる『アラカン~嵐&関ジャニ∞~』をスタートさせるなんて案も出ています。

    SMAPはセブン&アイ・ホールディングスとUSJとの契約が切れて、5人でのCMは消滅。いまや、ジャニーズの顔は確実に嵐。そして彼らは新番組もない。SMAPから嵐への世代交代は今後、加速しそうですね」

    あからさまなまでに、SMAPより嵐の露出増に力を入れ始めたジャニーズ事務所。本来なら、今年デビュー25周年を迎えるSMAP一色になるはずだったのだが……人気商売とはいえ、時代のうつろいは残酷である。

    http://dailynewsonline.jp/article/1121857/
    【松本潤が木村拓哉超え!ドラマ『99.9』の好調すぎる舞台裏「SMAPから嵐への世代交代」】の続きを読む

    このページのトップヘ