芸能テロ

2chの芸能の反応をまとめています

    タグ:中国

    33
    r4
    r5
    t5
    uj
    1: 名無しさん 2017/05/28(日) 22:16:40.40
    SNH48の首を絞めようとする不審者男性が乱入! 会場騒然となりライブも中断に
    秋元康がプロデュースする中国の上海を通信に活動する女性アイドルグループ、SNH48のメンバーがライブ中にとんでもない目にあった。

    ライブでメンバーが挨拶をしていると白い服の男性が真ん中の女性に首を捕まえる仕草で近づき、首を絞めようとしたのだ。

    真ん中の女性メンバーは後ろにのけぞり、男性の手から逃れ、また男性はどこかに連れて行かれたが、もしも男性に捕まっていたら何をされていただろうか。

    捕まりそうになった女性メンバーは会場の後ろに隠れてしまい、一度前に出てくるも3人とも撤収となった。

    SNH48はAKB48の姉妹グループ的存在だったが、SNH48運営団体がAKB48グループから独立すると表明。

    経緯としては、SNH48が姉妹グループBEJ48(北京市)とGNZ48(広州市)を無断で結成。AKB48運営のAKSは契約違反があったとし、BEJ48とGNZ48は無関係と発表。しかしそれに不服だったSNH48は独立を表明した。
    http://gogotsu.com/archives/29597

    https://www.youtube.com/watch?v=IHJWb7bJrZo

    【【放送事故】 AKB姉妹グループSNH48がライブ中、不審者がメンバーの首を絞めようと乱入、会場騒然】の続きを読む

    555

    1 : ブリティッシュショート 2016/07/19(火) 18:48:00.07 ID:CAP_USER9

    他者の議論を「妄想」呼ばわり、矛盾したことをいう鳥越俊太郎氏

    鳥越俊太郎氏の言うことは絶対に矛盾している。私がそう確信せざるを得ない、私にとっては忘れがたい「事件」があった。

    二〇一四年の八月一五日のことだ。NHKの終戦特番で「集団的自衛権」について議論となった。

    出席者は、集団的自衛権行使容認について、批判派として、鳥越俊太郎氏(ジャーナリスト)、加藤陽子氏(歴史学者)、瀬谷ルミ子氏(日本紛争予防センター理事長)。賛成派は、岡本行夫氏(外交評論家)、吉崎達彦氏(エコノミスト)、そして、私だ。

    私はあまりテレビを観ないので、鳥越氏がいかなる思想信条の持ち主なのか、ほとんど知らないままに出席したのだが、その主張の極端さというか、論理的な整合性のなさは凄まじいものだった。

    冒頭部分で鳥越氏は、多くの人々が日本が攻め込まれるという雰囲気になっているが、そんなことはあり得ない、「虚構」だと断じ、逆に「どこが攻めてくるんですか」と質問してきた。

    私は、攻められる可能性がまったくないと決めつけてしまうことはできないとして、たとえば、尖閣諸島の問題に関していえば、中国が攻めてくる可能性があると言った。

    どうも、鳥越氏の脳内では、本当に攻めてくる国などあり得ないという前提で議論が始まっている様子だった。

    話が中盤に差しかかってくると、鳥越氏が、「私は自衛隊の存在は認めている」と言うから、私は質問した。「攻めてくる国がないならば、個別的自衛権の行使も必要ではない、ということになりませんか」

    テレビでは、うまく映っていなかったが、このとき鳥越氏は「そうですね」と軽く答えた。その後、岡本氏が台湾有事の際に、日本が協力する方法などを述べ、戦後日本の平和は、日米安保を中心とした国際的ネットワークによって守られてきたと指摘すると、鳥越氏が質問してきた。

    「どこが日本の国を攻めてくるんですか?」岡本氏は冷静な方で、落ち着いて次のように返答した。中国の国防費の異常な膨張ぶり、南シナ海において実効支配を強めつつあるという現実。そして、仮に日米安保条約がなかったら、中国軍が尖閣諸島に向かう可能性があること。

    こうした岡本氏の説明を聞き、鳥越氏はさらに質問を続ける。尖閣は日本の領土だというが、尖閣には人が住んでいない。無人島を守るために、自衛隊を出動させる必要があるのか、と。

    岡本氏は、海上自衛隊が守るし、米軍も航空管制機を飛ばすなど支援するだろうと述べ、そして、万が一、中国軍が沖縄本島に近づくことがあったら、日米安保条約に従って、直接行動すると公言するだろうと答えた。

    これに対して、鳥越氏は「それは妄想だよ」と非難し、「そんなことあり得ない」と断言した。これに対して岡本氏が、では、岩田氏が言ったように、日本には自衛隊も防衛予算もいらないということかと聞いた。

    すると、鳥越氏は、「自衛隊は必要だ」と答える。岡本氏が「どこが攻めてくるんですか?」と問うと、「災害時に必要…」と答え、「災害のためだけか?」と更に聞かれると次のように答えた。

    「もし、万一、ないと思うけど、万一、中国なり、北朝鮮は来ないと思いますよ。北朝鮮は日本を攻める意味がまったくないので、中国はあるかもしれない…」

    番組の冒頭から、「どこの国が攻めてくるんだ」と大声をあげ、日本を攻めてくる国があるという想定そのものが「虚構だ」「妄想だ」と繰り返していた当人が、中国が攻めてくる可能性を否定できないから、自衛隊は必要だというのだ。

    舌の根も乾かぬうちに、ここまで態度を急変させる人物を初めて目撃した。国民を騙してやろうという悪意は感じなかったが、ここまで論理的に破綻した議論を堂々と展開する神経には正直、恐れ入った。

    要するに、鳥越氏は論理的な整合性を考えずに楽観論に立ち、リアリズムの立場から発言する人に対して「妄想だ」「虚構だ」と根拠のない罵声を浴びせ、相手の議論を封じようとするのだ。残念ながら、彼の脳内の世界観の方が「妄想」や「虚構」であることを自ら曝露したのである。

    これだけ出鱈目で矛盾したことを言ってのける人物に都知事を務めることは絶対に不可能だと断言しておく。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160719-00010009-agora-pol
    【鳥越俊太郎「尖閣は日本の領土だというが、尖閣には人が住んでいない。無人島を守るために、自衛隊を出動させる必要があるのか。中国は攻めてくるかも…」】の続きを読む

    r3

    1 : Egg 2016/07/18(月) 00:19:56.86 ID:CAP_USER9

    2016年7月15日、歌舞伎役者で俳優の市川海老蔵さんが、中国人観光客に対する見方についてつづったブログが反響を呼び、日中両国で活躍する俳優の矢野浩二さんもコメントを寄せている。

    海老蔵さんは、13日に更新した「なんかなみだでた」と題するブログの中で、フジテレビの番組内で放送された中国人観光客を追ったコーナーについて、

    「中国人観光客の方がばく買いでなくて修行体験やのんびり過ごす旅行が増えてるとか、嬉しいですね。語弊がないといいのですが、中国も今変わろうとしているのかもしれませんね。日本も以前は通った道なのかもしれないなぁと」(原文ママ)

    とし、若い中国人観光客が修行をしている様子に「感動した」「私自身、変な固定観念を持っている事を深く反省」などと感想をつづっている。

    これを受け、日本と中国で俳優として活躍する矢野浩二さんは、自身のフェイスブックで海老蔵さんのブログを伝えた記事をシェアし、「実は爆買いの中、(このように)日本を享受していた中国の方は沢山いたんです。

    ただ、メディアの報道などで爆買いの印象が固定観念化してしまった感じですね」とし、「良いも悪いも、僕たちはメディアや報道されたものの断片を見て自己判断してしまうところがある。そうして、偏見が生まれるケースがある」と指摘。

    「何事も『これは一部のこと』と冷静に理解できればいいんだけど。国と国もそう、人と人もそう」と、自身の考えをつづっている。


    http://news.infoseek.co.jp/article/recordchina_RC_145071/
    【市川海老蔵「中国も今変わろうとしている」俳優の矢野浩二「観光客の爆買い。僕たちはメディアや報道されたものの断片を見て自己判断してしまう」】の続きを読む

    w1

    1 :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/07/06(水) 22:03:41.67 ID:CAP_USER9.net

    セレブ妻タレントとしてテレビに出演する大沢ケイミが、海外に出国する際、高級ブランド店で買い物に熱中しすぎて飛行機に乗り遅れたことを5日のブログで明かした。「ホントにお客さんを置いて飛行機飛ぶなんて」と書き込んでいる。

    大沢が乗るはずだった台湾行きの飛行機の出発時刻は午前8時50分だった。出発時刻とは乗客全員が搭乗を済ませ、駐機場を離れる時刻。国際線の場合、通常、搭乗ゲートには30分前までに着くよう通知される。

    ビジネスクラス(もしくはファーストクラス)利用だった大沢は「空港に1時間半も早めについた」と強調。

    しかし、「シャネルが可愛すぎてついつい買い物スイッチが入って買い物夢中になり飛行機乗る時間をいつの間に過ぎちゃいました」と明かす。

    「8時50分出発なのに!8時55分までシャネルの中にいました!!ヤバっ ヤバすぎ!!!」と出発時刻を過ぎてもシャネルで買い物に熱中していたことをあっけらかんと告白した。

    出発時刻を過ぎてしまった理由について「店内では全く呼ばれる声聞こえなかったので 飛行機遅れたのかと勘違い…」と釈明。

    “名前を呼ばれなかった=飛行機が遅れている”という理論ならば、名前をアナウンスされるまで買い物するつもりだったのか?と疑問を抱いてしまうが、気がついて急いでゲートに向かった時には飛行機は出発していたという。

    大沢は「9時にゲートついてたら もう飛行機飛ばされたらしい!!えっ?!えっえっえっえっ?!こんなことあるぅ?!ウソでしょ…」と、出発時刻を10分過ぎて飛行機が出発したことが信じられなかった様子。

    「まさか映画中でしか見たことがないシーンだったからパニックになって泣いちゃいました」「ホントにお客さんを置いて飛行機飛ぶなんてこと絶対ないともずっと思ってました」と記した。

    結局、もう一度空港を出て、違う航空会社のチケットを買い直し、数時間後に台湾に出発したという。友人も一緒の旅だったそうで、「ギャグじゃないかって思いました」とつづっている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160706-00000100-dal-ent
    【セレブ妻タレントが飛行機に乗り遅れて不満告白「ホントにお客さんを置いて飛行機飛ぶなんて!シャネルが可愛すぎて買い物に夢中で」】の続きを読む

    z1
    u5

    1 :きゅう ★@\(^o^)/:2016/07/02(土) 09:35:46.52 ID:CAP_USER9.net
     
    6月24日放送の『ウソかホントかわからない やりすぎ都市伝説スペシャル』(テレビ東京系)に、フリーの福澤朗アナ(52)が出演。タレントのタモリ(70)が、日本の卓球界に与えた影響について語った。

    日本の卓球は1950年代から60年代にかけて世界の頂点に君臨していたが、70年代以降は日本に代わって中国が頂点になってしまった。このことについて福澤アナは「ドン底時代に拍車をかけるような出来事が、芸能界にあった」と主張した。

    その主役となったのがタモリ。当時、タモリがテレビ番組でトークしているとき、趣味は卓球と答えたゲストに向かって「卓球って根暗だよね」と言ったことが影響し、中学校などの卓球部員が激減。そこから日本の卓球が弱くなったというのだ。

    その後、日本卓球協会は卓球人気を盛り返そうと卓球台の色を変更。白いピンポン球をオレンジ色に変えるなどして、卓球のイメージをアップさせた。そして福原愛選手(27)の登場もあり、再び、世界の強豪国になることができたのだという。

    「いまやすっかり“卓球の人”というイメージのついた福澤アナ。フリーになってからは、あちこちのテレビ番組で活躍していましたが、現在のレギュラーは『真相報道 バンキシャ!』(日本テレビ)と『開運!なんでも鑑定団』(テレビ東京)の2本で、決して売れっ子といえる状況ではありません。

    ここのところ卓球アピールが多いのは、世界卓球の実況を務めているだけではなく、仕事がなくなっても卓球界のスポークスマンとして食べていければ、という計算があるからなのでしょう」(芸能誌記者)??卓球人気を、さらにもり立てることができるか!?


    http://taishu.jp/23166.php
    【福澤朗アナ「タモリが日本の卓球をダメにした」テレビ番組で趣味は?「卓球って根暗なスポーツだよね」学校の部員が激減】の続きを読む

    b7
    10
    n1
    n2

    1 :三毛猫 φ ★@\(^o^)/:2016/06/28(火) 11:22:12.45 ID:CAP_USER9.net

    女優で歌手の酒井法子(45)が28日、都内で行われた新スキンケアシリーズ『ORIGAMI(オリガミ)』の新商品発表会に出席。同ブランドで、2009年の覚せい剤事件から復帰後、初となるイメージキャラクターを務めることが発表された。

    酒井が持つ“大和撫子”のイメージや、中国での人気の高さが起用の決め手だという。赤のドレスで登場した酒井は「恐縮です」と照れながらも「イメージキャラクターにさせていただき、のりピー、マンモスうれピー!」と“のりピー語”で喜びを爆発させた。


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160627-00000363-oric-ent
    【ドン引き!酒井法子が薬物事件から復帰後初のイメージキャラクター就任「マンモスうれピー!」「介護の仕事は?」】の続きを読む

    このページのトップヘ