芸能テロ

2chの芸能の反応をまとめています

    タグ:主演

    76
    1: 名無しさん 2017/09/20(水) 20:24:10.44 _USER9
    瑛太(34)が20日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われた主演映画「ミックス。」(石川淳一監督、10月21日公開)完成披露舞台あいさつで、新垣結衣(29)に「好きです。告白です。大好き」と言い、観客を驚かせ、引かせ、笑わせた。

    舞台あいさつでは、劇中で卓球のミックスダブルス役を演じたキャスト2人ずつに「今だから言えるお互いの印象は?」と質問が飛んだ。瑛太は新垣との共演が初で「ガッキーとは、いつか共演してみたいと思っていたので、念願かなって幸せだった」と振り返った。

    卓球の練習がファーストコンタクトだったが、「横並びになった時に『これはいけますよ、気持ちいいですよ!』とテンション上がって、スイッチが入って」と、その後の共演に向けて好感触を感じたという。

    瑛太 初日からガッキーを知りたくて、質問攻めにした。僕が作品に対して、どういう熱量で(撮影を)やりたいか、今まで俳優をどういう心持ちでやってきたのか、とかを話し過ぎて、少し引かれた。周りの空気感を和ませる、気持ちのいい空間に、黙っていてもしてくれる。

    その上で、瑛太が「好きです。告白です…今だから言っていいことですよね…大好き」と言うと、新垣は「今だけじゃなく結構、前から言ってくれるんじゃないですか。ありがとう。引いてないですよ」と笑みを返した。【村上幸将】

    日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170920-00007956-nksports-ent
    映画「ミックス。」の初日でレッドカーペットを歩く瑛太(右)と新垣結衣(撮影・酒井清司)
    t

    映画「ミックス。」完成記念イベントでファンにピンポン球を放つ新垣結衣(撮影・村上幸将)
    k
    【【芸能】瑛太、新垣結衣に「好きです。告白です。大好き」】の続きを読む

    97
    1: 名無しさん 2017/08/31(木) 06:53:22.31 _USER9
    女優の真木よう子(34)がフジテレビの主演ドラマ「セシルのもくろみ」(木曜後10・00)の29日の撮影をキャンセルしていたことが30日、分かった。真木は資金募集サイトを利用して自身の写真集を制作し、コミックマーケット(同人誌即売会)に参加すると表明したところ、その手法にインターネット上で批判が殺到。謝罪コメントを出す事態に追い込まれ、主演ドラマも視聴率が低迷しているだけに、体調が心配されていた。

    真木は25日、東京・有明で12月29~31日に開催予定のコミックマーケット93(冬コミ)で自身のフォトマガジンを頒布すると表明。しかし、参加者の抽選も終わっていない段階で、広く一般から資金を調達するクラウドファンディングの専用サイト「CAMPFIRE」を利用して、写真集制作には高額の800万円の支援を求めたため、自費出版が原則のコミケへの理解を含めて批判的なコメントが相次いだ。

    これを受け28日、自身のフェイスブックで参加撤回を発表。コミケへの理解が足らなかったことを謝罪した上で「すべては無知な私の責任」とした。

    しかし、翌29日に自身のツイッターのアカウント名が「????騙(だま)された????」になり、説明がないままアカウント自体を削除。真木の様子が心配されたが「実はその日のドラマの撮影を突然キャンセルしたため、制作担当者は相当困惑していた。30日は現れたのですが…」(番組関係者)という。

    真木を利用し、苦境に陥れた存在として浮上してきたのが、クラウドファンディングを募った専用サイトの運営者ら。IT関係者は「有名芸能人に近づいて商売する彼らのお膳立てに、真木さんが乗っかってしまった」と背景を説明。スポニチ本紙の取材に運営者の一人は「彼女への提案を僕からはしていない。1カ月以内に私から経緯を説明します」と話した。

    ▼コミックマーケット 通称「コミケ」。漫画愛好家によるサークルなどが自主制作の同人誌などを販売。直近では今月11~13日に行われ延べ50万人を動員。タレントの叶姉妹の参加が話題を呼ぶ。

    【真木よう子“トラブル”の経過】

     ▼6月28日 ツイッター開設。100件以上コメントを返すマメさで話題に

     ▼7月11日 ベッドで土下座する写真をツイッターで公開し反響

     ▼同13日 第1話放送。初回平均視聴率は5・1%(関東地区、ビデオリサーチ調べ、以下同じ)

       ▼8月17日 第6話が放送。平均視聴率が同ドラマ最低の3・7%に

     ▼同25日 クラウドファンディングや制作費を募り、今冬「コミックマーケット93」でフォトマガジンを発売する計画を発表。批判を浴びる

     ▼同28日 自身のフェイスブックで批判への謝罪文を掲載

     ▼同29日 ドラマ収録をキャンセル。ツイッターを削除

    [ 2017年8月31日 06:45 ]
    http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/08/31/kiji/20170831s00041000016000c.html

    【【芸能】真木よう子に異変…主演ドラマ収録ドタキャン、“コミケ参加計画”利用されショック?】の続きを読む

    76
    1: 名無しさん 2017/08/20(日) 11:34:43.43 _USER9
    人気女優の真木よう子(34)が、絶体絶命のピンチに陥っている。現在、主演を務めるドラマ「セシルのもくろみ」(フジテレビ系)が打ち切りになるばかりか、女優廃業の危機を迎える可能性が高いというから驚きだ。

    実は、真木主演の同ドラマは、今月17日に放送された第6話の平均視聴率が3・7%とワースト記録を更新した。だが、ピンチの原因は、この低視聴率ではないというから事態はより深刻。いったい真木は、どんなマズいことをやらかしたのか――。(視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区)

    「彼女のしたことは、ビデオリサーチ社の“資産”を侵害したに等しいんです。本人は軽い気持ちでつぶやいたのでしょうが、フジテレビの対応を見たら、その重大さ、深刻度が分かります」(フジ関係者)

    真木は何をつぶやいてしまったのか!? 問題のつぶやきは10日に放送された第5話の視聴率が判明した14日のことだ。

    「真木はその14日のうちに、『視聴率3・8%。こんなに視聴率が低いから是非、ドラマを見てください』とつぶやいてしまったんです。そもそも視聴率の数字は、ビデオリサーチが管理し契約会社だけに配布する“資産”でもある。それを何の断りもなく勝手に、視聴率データを個人のツイッターで公表してしまったから、マズいのひと言」(関係者)

    しかも、「ビデオリサーチ調べ」という表記もなかった。

    「それだけじゃない。自分のファンに対して個別に『ドラマを見て』と誘導までしている。万が一、ビデオリサーチ社に営業妨害、権利侵害だとフジと真木が訴えられたら、間違いなく負ける案件なんです」(同)

    実際に真木のツイッターは、つぶやいてから1時間もしないうちに削除された。さらにフジテレビの編成幹部らが、ガン首を揃え東京千代田区のビデオリサーチ社本社訪れ謝罪までしているのだ。

    「その後、フジの編成部から真木の事務所に対し厳重注意が出されたようです。でも、もとをただせば視聴率不振のドラマを少しでも盛り上げたいと思う気持ちからやってしまったこと。結果、フジテレビが全ての責任を負うことで、一応の決着をみたようです」(芸能プロ関係者)

    とはいえ、問題はその後だ。今回の真木のツイッター事件は瞬く間にテレビ界のみならず、芸能界や広告業界にも広まってしまった。

    「視聴率が3%台になったことで、スポンサーはもう降りたくて仕方がない。真木のこの不祥事をチャンス!とばかりにスポンサー降板をフジに申し入れたんです。結果、当初、10回予定のドラマですが7~8回の話数で打ち切りに向け話し合いが行われています」(広告代理店関係者)

    また、女優・真木に対するテレビ&芸能界の評価もダダ下がりだとも。

    「女優ならツイッターなどで放送元のフジに対しリップサービスをしないで演技力で挽回しろということです。今回のツイッター事件で“真木=やばい女優”というレッテルが貼られてしまった。ナショナルクライアントは、絶対に起用したがらない。要はスポンサーが付かないということ。今後、仕事は大激減する。下手をしたら引退ですよ!」(事情通)

    フジテレビとドラマに対する“愛”を見せたばかりに、とんだ目に遭ってしまった真木。もっとも、「視聴率を勝手に書き込んではいけない」という業界のルールを教えていなかったとしたら、事務所にも責任があるといわざるを得ない。

    2017年08月20日 11時00分
    http://www.tokyo-sports.co.jp/newsflash/738108/ 
    【【芸能】真木よう子“女優廃業危機”視聴率をツイッターで公表しフジテレビ幹部がビデオリサーチに謝罪】の続きを読む

    fw
    1: 名無しさん 2017/05/26(金) 10:23:56.99 ID:CAP_USER9
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170526-00000074-sph-ent
    スポーツ報知 5/26(金) 10:22配信 
     
    25日に放送された女優・天海祐希(49)主演のテレビ朝日系連続ドラマ「緊急取調室」(木曜・後9時)第6話の平均視聴率が14・3%だったことが26日、分かった。前回から1・1ポイント上昇し、同時間帯の番組でトップと好調を維持している。 
     
    初回17・9%と4月期の連続ドラマで、全民放トップの数字をたたき出したが、第2話で3・7ポイント大幅ダウンの14・2%。第3話、第4話ともに12・4%、第5話13・2%、そして今回と推移している。 
     
    同作は2014年1月期、15年9月のスペシャル版に続く連ドラシリーズ第2弾。第1期放送では、平均視聴率12・9%を記録、15年のスペシャルでも14・6%をたたき出した人気シリーズだ。 
     
    天海が演じる真壁有希子は警視庁捜査一課「緊急事案対応取調班」(通称・キントリ)の刑事。取調室で凶悪犯など被疑者と心理戦を繰り広げ“丸裸”にしていく物語だ。(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)。
    【【ドラマ】天海祐希主演「緊急取調室」14・3% 前回から1・1ポイント上昇で絶好調】の続きを読む

    u1
    uu
    u0

    1 : 三毛猫 2016/07/14(木) 09:41:42.65 ID:CAP_USER9

    女優の北川景子(29)が主演を務める日本テレビ「家売るオンナ」(水曜後10・00)が13日に10分拡大でスタートし、初回の平均視聴率は12・4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが14日、分かった。

    北川演じる不動産会社のスーパー営業ウーマン・三軒家万智(さんげんや・まち)が「私に売れない家はない」と豪語し、どんな客とも売買契約を成功させるお仕事ドラマ。

    客のプライベートな問題にも干渉し、あらゆる手を使って解決させてしまう能力も併せ持つ。個性的な客とのやりとりを通じて人生とは、家族とは、仕事とは何かを問いかける作品。

    俳優の工藤阿須加(24)やタレントのイモトアヤコ(30)らが共演。イモトは売り上げゼロで万智にしごかれるダメダメ社員役。

    「世界の果てまでイッテQ」などバラエティーで人気者だが、女優として同局の連ドラ出演は初となる。脚本は大石静氏(64)、演出は猪股隆一氏、佐久間紀佳氏、山田信義氏。

    初回は、東京五輪を4年後に控え、激烈な住宅売買競争が繰り広げられている2016年の東京。中堅不動産会社の営業課課長・屋代(仲村トオル)は、伸び悩む売り上げに頭を抱えていた。

    そこへ、前の店舗の売り上げを倍にした、やり手の女性が異動してくるという噂が流れ、若手社員の庭野(工藤阿須加)と足立(千葉雄大)は期待に胸を膨らませる。

    翌日、営業課に現れた万智は着任早々、「私に売れない家はありません」と宣言し、入社以来、売り上げゼロの美加(イモトアヤコ)を即席の宣伝員にして街頭へ出す…という展開だった。


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160714-00000078-spnannex-ent
    【北川景子主演「家売るオンナ」初回視聴率12・4%「DAIGOと結婚して可愛くなった」「イモトアヤコが邪魔だった」「脇が地味な割に取ったな」】の続きを読む

    71

    1 :BaaaaaaaaQ★@\(^o^)/:2016/06/30(木) 16:21:41.20 ID:CAP_USER9.net

    俳優の高橋克典(51)が30日、都内で行われたスバル「レヴォーグ STI Sport」のデビュー記者発表でトークショーにゲスト出演。

    覚せい剤取締法違反、大麻取締法違反(所持)で逮捕された元俳優の高知東生(本名大崎丈二)容疑者(51)に言及した。

    高橋は、高知容疑者と2000年に主演ドラマ「サラリーマン金太郎2」で共演。その後、撮影現場などで会った時に話をする程度で、「プライベートはよく分からないけれど、あの夫婦(妻・高島礼子)とは同い年なのでシンパシーを感じていた」と神妙な面持ちで語った。

    高知容疑者が横浜にエステ店を開いた際にはお祝いの花も贈り「応援はしていた」だけに、逮捕には「本当に驚いた。すごく残念」と表情をゆがませた高橋。

    「僕らの世代が頑張らなきゃいけないのに。ちゃんと生きなきゃいけないのに。まずはきちんと反省して」と更生を祈っていた。


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160630-00000096-spnannex-ent
    【高橋克典が逮捕された高知東生に苦言「本当に驚いた。すごく残念。あの夫婦(妻・高島礼子)とは同い年なのでシンパシーを感じていた」】の続きを読む

    このページのトップヘ