芸能テロ

2chの芸能の反応をまとめています

    タグ:主演

    y1
    o9

    1 :digitec ★@\(^o^)/:2016/06/07(火) 15:30:18.36 ID:CAP_USER9.net
     
    ファンキー加藤は7日に都内で不倫騒動を釈明した後、大阪に移動。映画「サブイボマスク」をPRするため、オリックス―中日戦(京セラドーム大阪)で始球式を行う。

    11日には、都内の劇場で同映画の初日舞台あいさつを予定。同映画のヒロイン役は、サッカー日本代表・長友佑都(29)との真剣交際を宣言した女優・平愛梨(31)。

    不倫騒動の加藤と“アモーレ愛梨”が並び立つ注目のイベントになる。

    同作はウザイ、サムイ、空気ヨメナイ、三拍子そろった熱血青年が、町おこしならぬ、人おこしで住民の心に火を灯(とも)そうとするコメディー。

    ◆ファンキー加藤(かとう)本名・加藤俊介。1978年12月18日、東京都八王子市生まれ。37歳。2004年ファンキーモンキーベイビーズ結成。

    06年1月「そのまんま東へ」でメジャーデビュー。09年にNHK紅白歌合戦に初出場し、4年連続出場。13年6月東京ドーム公演でグループ解散。

    14年2月「My VOICE」でソロデビューし、同9月に日本武道館公演を成功させた。血液型A。


    http://www.hochi.co.jp/entertainment/20160607-OHT1T50038.html

    【ファンキー加藤主演でアモーレ平愛梨ヒロインの映画「サブイボマスク」が6月11日に公開!】の続きを読む

    a1

    1 :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/06/05(日) 10:52:18.90 ID:CAP_USER9.net

    6月1日、7月スタートのドラマ「グ・ラ・メ!~総理の料理番~」(テレビ朝日系)で、剛力彩芽が主演を務めることがわかった。

    現在放送中の「ドクターカー」(日本テレビ系)でも主演している剛力だが、第7話では視聴率2.7%という爆死ぶりを見せており、なかなか結果を出せずにいる。

    にもかかわらず、またもや主演に抜擢されることに、ネット上には“所属事務所のゴリ押し”の言葉が多数書き込まれている。

    「剛力主演というだけで“誰トク?”感が漂います。脇を固める俳優陣はドラマ『民王』(テレビ朝日系)で人気に火が点いた高橋一生、

    『半沢直樹』(TBS系)でブレイクした滝藤賢一、『あさが来た』(NHK)で亀助を演じて知名度を上げた三宅弘城、

    『真田丸』(NHK)で面白味のある豊臣秀吉役で人気を再確認させてくれた小日向文世など。彼らが深みと厚みのある演技を見せてくれるのは確実なんですが‥‥」(テレビ誌ライター)

    さらにモヤッとした気分にさせるのが、天才的料理人の主人公が「官邸料理人」となり、料理で政治家たちを虜にしていくというストーリーだ。

    「これは昨年春に佐藤健が主演した人気ドラマ『天皇の料理番』(TBS系)をイメージしてしまいます。好演した佐藤健の女版を剛力が演じるとあっては、いくら脇を固めても高視聴率は望めない。

    それどころか、『ドクターカー』を超える爆死なる可能性は高そう。そうなればあの脇役陣たちも“低視聴率ドラマ出演者”のレッテルを貼られて役者人生の危機に陥るかもしれません」(テレビ番組制作会社社員)

    剛力をゴリ押しすることが、本当に彼女のためになるのだろうか?


    http://dailynewsonline.jp/article/1140448/


    【視聴率2%でも剛力彩芽が主演で爆死確実「低視聴率で脇役陣も役者人生危機」「ゴリ押しのドラマ潰し」】の続きを読む

    ta
    20

    1 :湛然 ★@\(^o^)/:2016/05/30(月) 05:08:22.09 ID:CAP_USER9.net

    女優の武井咲(22)が、テレビ朝日のスペシャルドラマ「瀬戸内少年野球団」(今秋放送)に主演する。

    作詞家で作家の故阿久悠さんの自伝的小説が原作で、84年に夏目雅子さんの主演で映画化。翌年、27歳の若さで亡くなった夏目さんの遺作となり、93年にはフジテレビで鈴木保奈美(49)主演でドラマ化された。

    敗戦直後の兵庫県淡路島が舞台で、子供たちが憧れる国民学校初等科の美人教師・中井駒子が主人公。明るく楽天的な性格で、野球を通して夢と希望を与えようと、夫と野球チーム「江坂タイガース」を結成。監督としてチームを率い、子供たちを勇気付ける。

    武井は撮影前に映画を見たといい「ただただ夏目さんが美しくて…。この方が演じられた役を私がやるという緊張感は物凄いものでした」と振り返る。

    撮影は関東近郊で行われ、教壇に立つ姿のほか、野球の試合の場面でユニホーム姿も披露。教師役は初めてだが「子供たちが試合をしている姿は、役を通り越して胸を打たれました。最後は、ありがとうという思いで子供たち全員に手紙を書きました」とすっかり教師の顔になっていた。

    紅一点で野球団に所属する少女役で人気子役の本田望結(11)が出演。島の名物おばさんを友近(42)、友近とNHK「あさが来た」で共演して注目を集め、84年の映画版には子役として出演した山内圭哉(44)が旅芸人を演じる。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160529-00000173-spnannex-ent


    【武井咲が「瀬戸内少年野球団」主演!「夏目雅子さんが美しくて…。緊張感は物凄いものでした」】の続きを読む

    wa

    1 :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/05/28(土) 13:38:58.52 ID:CAP_USER9.net

    松嶋菜々子が7月期から放送されるドラマ「営業部長 吉良奈津子」(フジテレビ系)に主演することが発表された。

    2013年に出演した「救命病棟24時 第5シリーズ」(フジテレビ系)以降、連続ドラマでの主演は実に3年ぶりだ。しかし、このドラマを巡って局内は騒然となっているという。

    「ドラマの配役などについて松嶋サイドが『これでは出演できない』とクレームをつけて来たそうです。これを受け、キャストが白紙になるという事態が起きています」(フジテレビ関係者)

    フジは決まっていた出演者たちの事務所との調整に四苦八苦。そもそも松嶋サイドのゴリ押しが簡単にまかり通るのには事情があるという。

    「今や業界では“フジに出演してもやけどするだけ”と言われているほど、フジテレビのドラマは低迷しています。

    かつてはトレンディドラマなど数々のヒット作を出していた『ドラマのフジ』ですが、現在はオファーを出しても断られまくり、出演してくれる俳優を見つけることもままならない状況だとか。

    今回も三顧の礼で松嶋を迎えていますから、彼女の言い分はすべて通さざるをえないんです」(ドラマ関係者)

    さらに、松嶋サイドがここまで強気に出たのは、夫・反町隆史の“復活”が大きく関わっているという。

    「松嶋と反町の間には2人の子供がいて、どちらかが仕事の時には、もう一人は子育てに専念するという暗黙のルールがありました。

    ところが、1シーズン限りと見られた『相棒』の次期シリーズ『相棒season15』、さらに2017年公開予定の映画『相棒-劇場版IV-』に出演が決まり、しかもギャラは1本200万円と高額。

    わざわざ松嶋が“やけど”のリスクを負ってまで仕事をする必要がなくなったというわけです」(テレビ誌ライター)

    スタッフの苦労は察するに余りあるが、それも視聴者感覚とかけ離れたドラマを作り続けた“ツケ”と言うほかないだろう。

    http://dailynewsonline.jp/article/1136485/
    【松嶋菜々子「これでは出演できない」フジテレビ主演ドラマの配役にクレームで緊急事態に!】の続きを読む

    07


    1 :ダークホース ★@\(^o^)/:2016/04/06(水) 18:04:48.82 ID:CAP_USER*.net

    4月2日に放送された綾瀬はるか主演のドラマ「大河ファンタジー 精霊の守り人」(NHK)第3話の視聴率が、7.1%だったことがわかった。同ドラマは3年に渡って放送されるが、3話にして早くも視聴率1ケタとなった。

    「『精霊の守り人』は、NHKが莫大な制作費を投じたものの、視聴率は初回から11.7%と奮わず、その後の2話も10.3%と下がり続けていました。そして最新の3話では一気に7.1%まで急下降。

    このドラマはファンタジーだけに、豪快なアクションやCGなどを求める視聴者が多いのですが、本編は会話パートが非常に多く、退屈に感じた視聴者にチャンネルを替えられてしまったのかもしれません」(テレビ誌記者)

    この日は「世界一受けたい授業SP」(日本テレビ系)や「世界フィギュアスケート選手権」(フジテレビ)など強力な裏番組の影響を受けた可能性もあるが、一方で綾瀬本人にかつてのようなタレントパワーがなくなってきているとの指摘もある。

    「綾瀬は1月期に主演ドラマ『わたしを離さないで』(TBS系)が平均6%という同クールの民放ドラマ最低視聴率を記録しています。それだけに今回、過酷なトレーニングまで積み、『精霊の守り人』で名誉挽回したかったようですが、結果的に厳しい状態にある。

    しかも、このドラマは3年もの間続くわけですから、もしこのまま数字が下がり続ければ、ドラマ界で“綾瀬は終わった”との声が噴出するのは避けられません」(前出・テレビ誌記者)

    次回でシーズン1が完結となる「精霊の守り人」。続編が放送されるのは2017年だが、はたしてどれだけの視聴者が、シーズン2についてきてくれるのだろうか。

    http://news.infoseek.co.jp/article/asageiplus_55800/
    【綾瀬はるかが女優生命の危機「精霊の守り人」1ケタ大爆死で地獄の日々が始まる?】の続きを読む

    1830695
    1959715

    1 :ダークホース ★@\(^o^)/:2016/03/26(土) 10:07:57.35 ID:CAP_USER*.net

    「よもやの4位発進、まさかのガラガラぶりです」

    エンタメ誌編集者がそう切り出しのは、3月19日に全国で劇場公開された、広瀬すずの主演映画「ちはやふる-上の句-」についてだ。

    先日の日本アカデミー賞でも出演作の「海街diary」で新人女優賞を獲得して、女優ロードまっしぐらという印象をお茶の間に植え付けた広瀬。原作コミックはティーンの女子に大人気とあって、配給の東宝もこれ以上ない大々的な宣伝を展開していた。

    「広瀬もテレビに出まくりで、3月に入り独走を続ける『映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生』に待ったをかけられるのではという大きな期待もかけられていました。

    ところが、フタを開けたら3週目に入ったドラえもんの約4割、有村架純出演の『僕だけがいない街』にも敗北しての第4位。このままでは興行収入10億円いくかどうか‥‥。

    前後編で合計40億円を目標にしていたと聞きますから、関係者も落胆しているでしょうね。おそらく大コケ映画の部類に仕分けされてしまうと思います」(前出・エンタメ編集者)

    その後も集客は伸び悩んでいるようで、平日は空席率が90%以上と、鳴り物入りの新作映画としては大いに期待はずれの状況だ。この思いもよらぬ不入りの原因は何なのだろうか。

    「映画の出来はけっして悪くない。むしろ、最近の邦画界にあっては上出来の部類に入るのではないでしょうか。実際、観た人の大半が後編である『下の句』も観にいくはずです。

    ところが、それこそが問題で、一昨年は『寄生獣』が興収で期待を大きく下回り、昨年は『進撃の巨人』の後編が前編の50%と嘲笑レベルの失態を晒したように、公開前から前後編を売りにする“金目興行”に観客がウンザリしているんです。

    通常の一般料金なら合計3600円ですから、よほど面白そうでないと普通は二の足を踏みます。それと、ここにきて囁かれるのは、広瀬の女性からの不人気ぶり。これは業界の想像以上でしょう。テレビでの失言でイメージダウンしたことが、ここにきて足を引っ張っている可能性が高いですね」(映画関係者)

    一部からは、競技カルタに燃える青春映画になりすぎて、最近流行の“壁ドン”スイーツ映画の要素が少なすぎたのではという声もあるが、甘さ控え目だったことで「大人の男も楽しめる」と絶賛する声も聞こえてくる。

    はたして広瀬の不人気が理由なのか、興行のあり方が問題なのか、映画の出来の良さがむしろ弱点なのか、はっきり一つには絞れないが、順風と思われた“業界の推しメン”女優の一本立ちロードに暗雲が立ち込めたことは、間違いないだろう。

    http://news.infoseek.co.jp/article/asageiplus_55118/
    【まさかの爆死!広瀬すず「ちはやふる」ガラガラ閑古鳥で女優ロードに赤信号】の続きを読む

    このページのトップヘ