芸能テロ

2chの芸能の反応をまとめています

    タグ:事務所

    5
    1: 名無しさん 2017/09/12(火) 23:03:21.52 _USER9
    元準ミス・インターナショナル日本代表で女優の鳳恵弥(36)と女優・牧野美千子(52)が12日、女優・鈴木砂羽(44)が主演・初演出を手がける舞台「結婚の条件」(13日から)の出演をキャンセルすると発表した。初日直前の舞台降板について、2人の所属事務所は「演出鈴木砂羽氏から人道にもとる数々の行為を受けた」と説明している。

    同舞台は脚本家の江頭美智留が主宰する「劇団クロックガールズ」が上演するもので、15回目となる今回は、鈴木砂羽の初演出が注目されていた。

    鳳と牧野の所属事務所は公式サイトで「本年9月13日~18日まで弊社の鳳恵弥、牧野美千子が出演を予定しておりました舞台【結婚の条件】で御座いますが、演出鈴木砂羽氏より二人の受けました人道にもとる数々の行為に対しまして、弊社と主催側で検討をしました結果、残念ながらこれ以上の稽古及び舞台への出演をお受けすることは出来ないと判断し出演をお断りする運びとなりました」と報告した。

    鳳はこの日更新した自身のブログで、脚本家の江頭美智留氏とともに罵声を浴び、土下座を強要されたなどと稽古場での出来事を説明。「事務所は私と牧野さんを身体を張って守って下さいました」とつづった。

    また牧野もブログで「事務所に所属した以上その指示に従うのは当然ですが、もし、自分がフリーだったら、、同じ結論を出さなかったかも。とも。色んなことを飲み込んで続行していたと思います。結果的に事務所は私たちの立場を守ってくれました。どちらが正解かはわかりません」と、悩める心境を明かしている。

    2017年9月12日 11時44分 東スポWeb
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13600881/ 
    【【芸能】<女優の鳳恵弥>鈴木砂羽の初演出舞台を初日直前に降板...「人道にもとる行為を受けた」】の続きを読む

    67
    1: 名無しさん 2017/09/11(月) 16:34:56.71 _USER9
    男性医師とのダブル不倫疑惑の渦中にいる女優・斉藤由貴(50)の所属事務所が11日、斉藤の名前で各マスコミ宛てにファクスを送付。一連の騒動について謝罪した。

    斉藤は「今回のことは、すべて私の責任です」と謝罪。「先日の会見では本当のことをお話できず、誠に申し訳ありませんでした」

    とした上で「お相手の男性に女優としても、女性としても、頼りすぎてしまいました。でも、もう終わりにしました」と先月3日の釈明会見では否定していた男女関係を認めた上で、男性と別れたことを明かした。

    斉藤は男性医師とのツーショット写真やキス写真を掲載した「週刊文春」と写真誌「FLASH」に対し、法的措置を取ることもにおわせた。

    ファクス中では「週刊誌に掲載されている写真などについて、事務所から警察に相談しております。今回、また今後出されるかもしれない画像などへの言及は避けるよう、指示されていること、ご理解下さい」とした。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13597284/
    2017年9月11日 16時5分 スポーツ報知 
    【【芸能】斉藤由貴が写真掲載の「週刊文春」「FLASH」に法的措置も「事務所から警察に相談しております」】の続きを読む

    u
    1: 名無しさん 2017/09/07(木) 15:58:35.30 _USER9
    7日放送のフジテレビ系「直撃LIVEグッディ!」(月~金曜・後1時45分)でこの日発売の「週刊文春」で妻子ある34歳の弁護士とのダブル不倫疑惑が報じられた民進党の山尾志桜里衆議院議員(43)について特集した。

    番組では5日の夕方に弁護士を取材した。不倫については「まったくないです。それだけは全く…政策ブレーン的なことは民進党の先生方と本当に数え切れないほどやっている1人としてコミュニケーションを取りますけど、一切、そういうことはないです」と全面否定した。

    さらに、2人で会ったことを聞くと「普通に議員会館とかで事務所でありますけど、不倫とかは一切ないです」と話し、ホテルで会ったことがあるかとの問いに「もちろんないです。ボクもまだ記事を見ていないし何が出るか分からないですけど、基本的に何が問題があることならば、私も法律家なので対処はしようとは思います」とコメントしていた。

    スポーツ報知2017年9月7日14時29分
    https://news.infoseek.co.jp/article/20170907hochi135 
    【【テレビ】<山尾志桜里議員とダブル不倫疑惑弁護士>「グッディ」取材に「不倫は一切ないです。私も法律家なので…」】の続きを読む

    7
    1: 名無しさん 2017/09/01(金) 08:02:55.81 _USER9
    今年2月、女優の清水富美加が突如、宗教法人「幸福の科学」への出家を宣言し騒動になったが、フジテレビ系の月9ドラマ「コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~THE THIRD SEASON」に出演している女優の新木優子が同教団の信者であることを、発売中の「週刊新潮」(新潮社)が報じている。

    新木は小学校の時にスカウトされ芸能界入り。柴咲コウや山崎賢人らが所属する大手芸能プロに所属している。以前はパっとしなかったが、モデル活動を経て以降、女優業は好調。4月クールでは連ドラ2本を掛け持ちするなど、ライバルの多い同年代の女優の中でしっかり台頭している。

    そんな新木だが、先ごろ、同教団は新木の「守護霊インタビュー」を公開。今月13日から全国の教団施設で視聴できるというが、新木の守護霊にふんした大川隆法総裁は、〈幸福の科学の芸能の方が、もっと力を持って下さるとありがたい〉、〈事務所にはカミングアウトしてます。信仰して二十何年〉など語っているという。

    同誌の取材に応じた所属事務所社長によると、清水の件があった後、新木からカミングアウト。「出家だとか、事務所には迷惑をかけないので仕事を続けたい」と申し入れがあり、信教は自由であるため申し入れを受けたというのだが…。

    「いくら信教が自由だとはいえ、同教団に対するイメージはあまり良くない。事務所は大手でテレビのブッキング力は高いが、今後の仕事に対して少なからず影響を及ぼすことは避けられないだろう。教団は今後、清水を筆頭に女優部門を強化していくようだが、将来的に新木が合流することもあるのでは」(芸能記者)

    清水は今月2日、東京ドームの同教団のイベントで出家後、初お披露目となったが、テレビ各局はほとんど報じなかった。今回、事務所には知らせずに教団がカミングアウトしたようだが、新木本人の胸中やいかに。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13547694/
    2017年8月31日 17時45分 リアルライブ
    uy

    【【芸能】月9出演の若手女優 新木優子にも浮上した宗教問題】の続きを読む

    t
    1: 名無しさん 2017/08/22(火) 16:15:14.02 _USER9
    大相撲・貴乃花親方(44)と元フジテレビアナウンサー・河野景子さん(52)の長男で靴職人の花田優一氏(21)が、芸能事務所「Megu Entertainment」と今月よりマネジメント契約していたことが21日、ORICON NEWSの取材でわかった。

    昨年のテレビ初出演以来さまざまなオファーが舞い込んでいるといい、本業に集中するためにも窓口の一本化が必要だった。同社代表の染谷めぐみ氏と河野さんが旧知の仲であることから、今回の締結の経緯に至ったという。

    とはいえ本業は靴職人。

    同社によると「靴職人として世界的な展開を本人が目指しており、当社としてはそのバックアップを致します」タレントや文化人としての活動を活発化させるわけではなく、あくまでも“靴職人”を軸に活動していく。

    花田氏はTBS系『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』や日本テレビ系『しゃべくり007』などに出演、父親との関係や靴職人になった経緯などを明かして話題を呼んでいた。

    ■花田優一/1995年9月27日東京生まれの靴職人。
    15歳で単身アメリカへ留学後、革靴の本場イタリア・フィレンツェで3年間修行し帰国。都内に自身の工房を持ち、完全オーダーメイドで制作。27日から28日にかけて放送される日本テレビ系『24時間テレビ 愛は地球を救う』にも出演予定。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170821-00000348-oric-ent 
    【【靴職人】貴乃花親方の長男・花田優一が芸能事務所と契約】の続きを読む

    r
    1: 名無しさん 2017/08/22(火) 07:06:32.24 _USER9
    8/22(火) 6:33配信

    人気モデルでタレントのローラ(27)が所属事務所に対し、実質20年間の専属契約で不当に拘束されているとして、契約終了を求める申し入れ書を送付していたことが21日、分かった。ローラ側は、ボランティアのために拠出した2000万円の使途が不明になっているとも主張。信頼回復は「不可能」としており、独立を巡る法廷闘争に発展しそうだ。

    ツイッターのフォロワー数が400万人を超えるローラが「黒い心を持った人とは絶対に一緒にいたくない。10年の信頼を返して」と“謎のツイート”を投稿してから2カ月。沈黙を貫いていたローラが、ついに動いた。

    申し入れ書を送付したのは、2007年のデビュー時から所属する芸能事務所「LIBERA(リベラ)」。ローラは弁護士を代理人に立て、専属契約を終了する協議に応じるよう求めている。

    問題視しているのは、ローラがテレビで一躍脚光を浴びた直後の2010年7月に契約した内容。ローラの知人によると、有効期間が満10年と「芸能界でも相当長期な契約」(芸能プロ関係者)であるのに加え、期間満了の3カ月前までに契約更新しない意向を伝えても、事務所の了承がなければ、さらに10年間更新することができる内容になっている。

    「事務所の一方的な意向で実質20年間、不当に拘束できるわけで、これはさすがに公序良俗に反し無効であるというのが、彼女が相談した代理人の見解だった」という。

    現在、仕事などで渡米中のローラは友人らに「このままでは自分自身が壊れちゃう」と明かし、帰国した際に精神科に通院したことも。

    その原因は「デビュー時からずっと一緒に仕事をしてきたマネジャーや信頼していた女性役員など、5人ほどのスタッフがこの数年で次々と退社したことです。事務所社長と意見が対立した人がみんな辞めてしまい、信頼できる人がいなくなってしまった」(友人)という。

    ローラ自身も米国での仕事などで社長とは意見が対立。知人によれば「ボランティアのために使ってほしいと拠出した2000万円の使途が不明になっているなど信頼回復は不可能な状態」で、契約終了の協議を申し入れることになった。

    所属事務所はこの日、本紙の取材に「担当者が不在のためお答えすることができません」とコメント。一部では、昨年の同社の売り上げ推定8億円の9割がローラ関連だったとされるだけに“独立オッケー”と簡単にはいかないのが実情だ。

    ◆ローラ 1990年(平2)3月30日、東京都生まれ。父はバングラデシュ人、母はクオーター。雑誌「ViVi」の専属モデルを経て、CMやバラエティー番組などで活躍。タメ口キャラで人気となり、頬に手を当てる“オッケー”ポーズも流行。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170822-00000070-spnannex-ent
    【【芸能】ローラが所属事務所に“独立”要求!実質20年の専属契約は不当】の続きを読む

    このページのトップヘ