芸能テロ

2chの芸能の反応をまとめています

    タグ:事務所

    13

    1 : 砂漠のマスカレード 2016/07/16(土) 09:46:59.99 ID:CAP_USER9

    アンガールズの田中卓志(40)が7月11日放送のラジオ番組『アッパレやってまーす!』(MBSラジオ)で、最近の子役について「メディアが作り上げた天才」と発言し波紋を呼んでいるようだ。

    田中はある番組で“セリフ覚えもよくてなんでもできる”といわれている子役とコントを一緒にする機会があったことを明かしたが、その子役の演技が田中の期待よりも悪かったらしい。

    田中はそのことについて、「どんだけスゲェのかって思ってたんだけど。始まったら、すげぇミスるの」「全然セリフ入ってないし」「全然聞いてたのと違うじゃんって」と愚痴をこぼした。さらに「メディアが作り上げた天才だったんだなって思った」と厳しく批判した。

    「最近もTOTOのCMでブレイクした寺田心くん(8)や、『朝が来た』(NHK)で主人公の子ども時代を演じた鈴木梨央ちゃん(11)みたいに天才子役が続々と登場してます。

    この二人は演技も上手いし表情も豊かで、まごうかたなき天才なんですが、“天才”といえば世間からの注目が集まりやすくなるからと、ニセ“天才子役”が増殖しているんです」(芸能関係者)

    この田中の発言にはリスナーも納得したようだが、しかし一方では、「そんなん言って大丈夫か?」「同じメディアで働いててその発言いいのか?」

    といった心配の声も上がり、また「子役に文句いう大人って情けなくないか」「子どもにそんなに言ってやるなよな」と、ラジオで愚痴を吐露する田中に対しての冷たい意見もあった。

    現在、“天才子役”であふれかえっている芸能界。田中も「必死にセリフ入れてきたのに」「ガッカリしたんだよなぁ」と肩を落としたというから、共演者からするとつらいところだろう。

    ただ、現在活躍する小栗旬(33)や山田孝之(32)など、子役を経て俳優として大成した人物も少なくない。温かい目で見守るのが、大人の役目なのかも?


    http://dailynewsonline.jp/article/1164072/
    【アンガールズ田中卓志が子役批判!「メディアが作り上げた天才だった。すげぇミスるの。全然セリフ入ってないし。ガッカリしたんだよなぁ」】の続きを読む

    w2

    1 : 湛然 2016/07/15(金) 22:58:46.36 ID:CAP_USER9

    芸名を「のん」に改名することを発表した女優の能年玲奈が主演した映画『ホットロード』が15日、日本テレビ系『金曜ロードSHOW!』で放送された。久しぶりの能年の姿に歓喜の声が多数あがった。

    能年が演じたのは、幼いころに父を亡くし、心に孤独を抱えていた主人公・宮市和希。人気のきっかけとなったNHK朝ドラ『あまちゃん』で演じた天真爛漫な天野アキとは異なり、愛されることを求め不安を感じている影のある役どころを熱演した。

    2014年末に主演映画『海月姫』のプロモーションで出演して以来のテレビ出演、しかも所属事務所との契約騒動の渦中にあるタイミングでの放送とあって、放送直後からツイッターでは能年の話題がもちきりに。

    「久々の能年ちゃん、かわいすぎる!」「やっぱり女神!」「地上波で!能年玲奈が見れるなんて!」と久しぶりの姿に喜ぶ声が圧倒的。開始わずか15分で「ホットロード」や「能年」が急上昇ワードにランクインした。

    そのほか、「こんないい芝居をするのに、見れないのはもったいない…」「いろんな事情が解決して、早くまた演技する能年玲奈を見たいな」と、トラブルの早期解決を願う声も。

    また、同じ時間帯にフジテレビで『ファインディング・ニモ』が放送されており、「ニモと能年、どっち見るか迷うわ」という意見もつぶやかれた。

    能年は本作で「第38回日本アカデミー賞 新人俳優賞」をはじめ、多数の映画賞を受賞した。


    http://www.oricon.co.jp/news/2075191/full/
    【能年玲奈が久しぶりのテレビにネットで歓喜の声続々「事務所トラブルの早期解決を願う」「ホットロード可愛かった」「広瀬すずとは差が開いた」】の続きを読む

    c3

    1 : Egg 2016/07/15(金) 01:35:24.57 ID:CAP_USER9

    ガッキーの愛称で親しまれている、国民的女優・新垣結衣。

    CM総合研究所が毎年調査を行なっている「タレント好感度ランキング」でも常連の彼女だが、出演中の広告に「写ってはイケナイ影」が写り込んでしまっていることが発覚し、ファンのあいだで騒然となっている。

    駅貼りの雪肌精の特大ポスター。ガッキーきれいだな?と思って近づいてみたら、ガッキーの瞳に映り込むカメラマンと扇風機持ったスタッフ!! 

    ■現場へ直行
    しらべぇ編集部ではポスターが設置している渋谷駅構内のホームへ実際に行ってみることに。

    写真

    c1

    特大サイズの美しいガッキーが、アンニュイな表情でこちらに微笑みかけてくる。行き交う通行人も、チラチラと広告に目をやっているのが確認できた。肝心の瞳だが...

    写真

    c2

    うぉぉ...。もろにスタッフが2名、確認できるではないかッ! 左側にカメラマンと見られる人影、そして右側の人影が手にしているのは、おそらく白い扇風機だ。

    撮影の裏側をのぞいて若干おトクな気分になるような...現実に引き戻されるような複雑な気分の記者であった。

    ■プロカメラマンの意見は
    編集部では、広告ポスターの撮影にも携わる30代女性カメラマンにも見てもらったところ...

    「ここまで媒体が大きくなる予定がなかったのかもしれません。 あとは目の中の写り込みまでは修正しないカメラマンもいます。

    リングライト(※人物撮影などで使うライト)を使えば映り込みは防げますが、光のニュアンスが硬くなりやすいので全体のバランスに合わなかったのかもしれません」

    また、30代の男性デザイナーからは辛口のこんな意見も...

    「レタッチのスケジュールをほぼとらず超タイトスケジュールで進行していたのかもしれません...。事務所サイドも、長期契約している仕事だとチェックを油断することがあるのかも」


    http://news.infoseek.co.jp/article/sirabee_144015/
    【衝撃!新垣結衣のポスターに映り込む「写ってはイケナイ影」が写り込んでしまっていることが発覚しファン騒然「カラコン使ってない」「瞳が綺麗」】の続きを読む

    ca
    32

    1 : かばほ~るφ ★@/07/13(水) 16:24:27.18 ID:CAP_USER9

    EXILEや三代目J Soul Brothers、E-girlsなど多くの人気アーティストが所属する芸能事務所「LDH」で陰湿な社内イジメが多発していることが週刊文春の取材により明らかとなった。同社の元社員4人が告発した。

    「LDHでは、社長のHIROさん(五十嵐広行・47)を頂点に、上下関係は絶対。よく言えば体育会系、悪く言えばヤンキー系です」(LDH関係者)

    中でも告発者が真っ先に名前を挙げるのが双子の“名物役員”のX氏とY氏。彼らに大阪の路上で土下座をさせられたり、ラーメン10杯の完食を強要された元社員もいる。

    営業宣伝部部長Z氏を怒らせた咎で頭を丸刈りにした社員や、月220時間にも上る時間外勤務をしたが、適正な残業代をもらえず、労働基準監督署に相談した元社員もいた。

    LDHに取材を申し込んだところ、個別の事案に関しては「関係者のプライバシーも含まれているため、回答は差し控える」とした上で、「元従業員から未払残業代の請求を受けた事案がございますが、誠実に対応させていただいております。

    一カ月ほど前からコンプライアンス体制構築を専門とする弁護士に依頼して幹部に対する指導や研修を実施していただいているところです」と答えた。

    詳しくは週刊文春7月14日発売号で報じる。


    http://shukan.bunshun.jp/articles/-/6359
    【「DQNの巣窟」「イメージ通り」EXILEが所属する事務所LDHの社員4人が告発!「土下座、丸刈り、ラーメン10杯強要…蔓延する体育会系イジメ」】の続きを読む

    q1

    1 :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/07/10(日) 18:13:37.93 ID:CAP_USER9.net

    女優の米倉涼子(40)が主演をし、7月3日に放送されたドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系)のスペシャル版が、平均視聴率22.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)という高い数字を記録した。

    自身の離婚問題に決着が見えたこともあり、米倉は上機嫌が続いているという。

    「最近のドラマは平均視聴率が10%を超えればヒット作と言われるだけに、20%を超えた今作は大ヒットと言っていいでしょう。米倉は10月からも、2年ぶりの連続ドラマになる『ドクターX』の第4弾に主演することが決まっています。

    さらに、今回の高視聴率を受けて、『とてもうれしく思います! 連続ドラマに向け、大きな励みになりました。新たなシリーズを楽しみにしていてください!』と異例のコメントを出したほどでした」(テレビ朝日関係者)

    米倉は、2014年12月に結婚したが、わずか数カ月で別居したとされる、年下の会社経営者の夫と離婚協議が続いている状況だ。しかし、両者の間では、すでに離婚が内定しているといい、あとは離婚届を出すタイミングだけの段階だという。

    「『ドクターX』の特番で開放感に満ちた表情を見せた背景には、離婚問題がようやく決着したという事情があったためです。

    米倉は『41歳から人生をリスタートしたい』とこぼしており、8月1日の41歳誕生日前後に離婚届を提出しする可能性が 高いと予想されています。すっきりした状態で、10月からの『ドクターX』第4弾の放送に入りたいのでしょう」(芸能事務所関係者)

    離婚が成立して独り身になれば、誰にも気兼ねすることはない。

    「米倉は今年を『動に徹したい』とことあるごとに話しています。何か世間が驚くようなことを仕掛けたいと思っているようです」(芸能レポーター)


    https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/myjitsu-7583/
    【米倉涼子が離婚!「41歳から独身で人生をリスタートしたい。8月1日の誕生日前後に離婚届を提出する」数カ月で別居した年下の会社経営者の夫】の続きを読む

    1q

    1 :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/07/09(土) 08:25:42.43 ID:CAP_USER9.net

    女優・千堂あきほ(47)が、8日放送のフジテレビ系「全力!脱力タイムズ」(金曜、午後11・00)に出演。人気絶頂期の1999年から2000年にかけて被害にあった盗聴事件の経緯と真相を明かした。

    現在は北海道在住の千堂は、東京を離れるきっかけになった99年の事件の始まりは、自身の自宅や事務所、友人宅などに怪文書が届くようになったことだったことを明かした。

    千堂は「私が当時、お付き合いをしていた彼が、女にだらしがない、実はいろんな女がいるとか、被害者の会があるとかいう怪文書が出回り始めたんです」と振り返り、内容は「何人も中絶させた」「他にも女がいる」との誹謗中傷だったという。

    ただ当時、千堂と彼氏の交際はマスコミにも発覚しておらず、当初は熱狂的なファンのストーカー行為がエスカレートしたのかと思ったという。

    しかし、怪文書の内容は次第にエスカレート。千堂と交際相手と友人の3人で「自宅で話している内容が、次の日の(怪文書の)ファクスに織り込まれてくるようになった」と言う。

    盗聴器発見機で自宅を調べたところ天井裏から盗聴器が2つ発見された。このため警察とともに隠しカメラなどを仕掛けて捜査したところ、犯人は「私の所属していた事務所のマネジャーだったんです」と、00年6月に自身のマネジャーが逮捕された事件の真相を明かした。

    千堂は「ショックと、自分の愚かさ。毎日、この人を信じて過ごしていたのかと思うと、気持ちの整理がつかなかったです」と当時の心境を回顧。番組ではマネジャーが犯行に及んだ動機が「結婚して事務所を辞められては困る」だったと説明された。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160708-00000128-dal-ent
    【「彼氏の誹謗中傷」人気女優が盗聴マネ逮捕事件の真相告白!「動機は結婚して事務所を辞められては困る。始まりは自宅に届いた怪文書」】の続きを読む

    このページのトップヘ