芸能テロ

2chの芸能の反応をまとめています

    タグ:交際

    tc
    1 : Egg ★@無断転載は禁止 ©2ch.net2017/02/23(木) 12:20:34.45 ID:CAP_USER9
    「去年7月、彼女はLINEのアカウントを突然消したんです。それまでの人間関係をリセットしたかったのか…。ちょうどその頃、“人肉を食べる役”をやっていたみたいなので、今思うといろいろと考える部分もあったのかな」 

    清水富美加(22才)の知人はそう呟く。宗教団体『幸福の科学』への出家を発表してから10日あまり、騒動は収束を見ない。2月17日には、清水が告白本『全部、言っちゃうね。』を出版した。

    《役作りのために飛んでる虫だって食べたし、苦手な貝類を毎日必ず食べるって決めて食べました。(中略)居酒屋で、飛んできたハエを、おしぼりでつかまえて食べました》

    《16歳の誕生日の日、死のうとして、ガムテープを口と鼻に貼ったんです》《ある時、「自分はなんにもできない。もう死のう」ってなってしまって、暴れてカッターで部屋をぐちゃぐちゃにして、腕を切りつけて。(中略)その時の傷は今も右手首に残っています》 

    著書には赤裸々な言葉が続く。一方、清水の所属事務所は《このタイミングで清水富美加の書籍が出版されたことについては、誠に不可解であると言わざるを得ません。この書籍には事実と異なる部分も多々含まれております》と意見は真っ向から対立している。 

    2月21日には、一部スポーツ紙が、清水が著書で綴った《悩みの種だった好きな人》が、人気ロックバンド『KANA-BOON』のベーシスト・飯田祐馬(26才)で、既婚者の飯田と清水は2015年6月から昨年1月まで不倫関係にあったと報じた。だが、女性セブンの取材では、別の男性の影も浮上した。前出の知人が明かす。

    「清水さんと同年代の若手俳優・Aです。2014年頃に交際していて、周囲にもその彼にも“つきあってるのは絶対に内緒にして!”って徹底していました。ただ、交際1年ほどで破局してしまったんです」 

    その頃、清水は酒に酔うと「もうイケメンはこりごり!」と口走ることもあったという。

    「春先に、同じ事務所の若手女優仲間たちと暮らしていた事務所の寮を出たことで、恋愛や仕事の悩み相談をする機会がなくなっていたみたいです」(前出・知人) 

    そのせいか、もともと多かったお酒の量がさらに増えていったという。

    「午前11時から仕事かレッスンが入っていたのに、正午過ぎまでお酒を飲んでいて、予定をすっぽかしてしまったこともありました」(芸能関係者)

    http://news.livedoor.com/article/detail/12710330/
    【清水富美加が若手俳優・Aと交際の過去!酒に酔うと「居酒屋で、飛んできたハエを、おしぼりでつかまえて食べました。もうイケメンはこりごり!」】の続きを読む

    25
    q1
    1 : YG防衛軍 ★@無断転載は禁止2017/02/21(火) 15:42:14.45 ID:CAP_USER9
    人気ロックバンド「KANA-BOON(カナブーン)」のベーシスト、飯田(めしだ)祐馬(26)が宗教法人「幸福の科学」に出家した女優、清水富美加(22)と過去に不倫交際していたことが明らかになった件で21日、コメントを発表した。 

    ウェブサイトでは「飯田祐馬の報道につきまして」と題して文章を掲載した。 

    一連の報道にあった通り、私、KANA-BOONベース担当 飯田祐馬は、既婚の身であることを隠し、清水富美加さんと交際をしておりました。

    私は2014年4月に一般人女性と入籍致しました。しかし、私は、既婚の身でありながら、そのことを隠し、2015年6月から、清水さんと交際を始めました。

    2015年9月に清水さんに既婚の事実を打ち明け、謝罪しましたが、清水さんに対する自分の気持ちを断ち切ることができず、妻との離婚をほのめかしつつ、2016年1月まで交際関係を続けてしまいました。

    このことで、清水さんや妻を傷付けてしまったのは事実であり、その事実に誠意を持って向き合い、深く反省しております。 

    また、清水さんと交際していたことについて、妻と妻の両親に謝罪をし、夫婦間では解決しております。私の軽率な行動で、清水さん、関係者のみなさまにご迷惑をおかけしてしまい、本当に申し訳ございません。

    また、いつも応援してくださっているファンの皆様を悲しませてしまったことを心よりお詫び申し上げます。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170221-00000533-sanspo-ent
    【KANA-BOON・飯田祐馬、清水富美加との不倫は「妻との離婚をほのめかしつつ交際を続けた」】の続きを読む

    nt

    1 : YG防衛軍 2016/07/19(火) 01:19:52.86 ID:CAP_USER9

    「フリーになってからのあたしの3年間の稼ぎなんて、カトパンの1年分ぐらいよ。もーイヤんなっちゃう」

    先日、あるバラエティー番組の収録前に飛び出したビックリ発言。この言葉の主があの人だったから、テレビ局関係者はさらに驚いたという。

    「真麻さんが仲のいいスタッフと控室で談笑してたんですが、加藤綾子アナウンサーの稼ぎぶりと自分を比較して、冗談ながらも嫉妬しているように話してました」

    そう、冒頭の言葉は高橋真麻のものらしい。'13年3月末にフジテレビを退社し、翌月から父で俳優の高橋英樹が所属、母が経営する事務所でフリーアナウンサーとして活動している。

    「情報番組やバラエティー番組を合わせると、現在6本のレギュラーを持っています。それだけでなく、CMも3本を持つ売れっ子ですね」(芸能プロ関係者)

    ノリにノッていても、どうしても後輩のことが気になっちゃうのは同じフジテレビの元先輩アナウンサーとしてのサガ? なにより今年4月に同局を退社したばかりのカトパンのスタートダッシュは元局アナの中でも“驚異的”だ。

    「フジテレビのバラエティー番組『ホンマでっか!? TV』やスポーツ番組『スポーツLIFE HERO'S』など、3本のレギュラー番組を持っています。加えて、芸能事務所に入ってから増えた仕事といえばCMです。

    大手家電メーカーと大手飲料メーカーと契約しています。今後も好感度の高さを生かして大手企業のCMを狙っているそうです」(前出・テレビ局関係者)

    レギュラー番組ではメインMC、CM契約も超大手クライアントと大成功のカトパンに対して、「実は、真麻さんのCMでの1本当たりの単価は低いんです。また企業も大手ではない。約3倍の収入の差発言は、そこから生まれたのではないでしょうか」(前出・テレビ局関係者)

    とはいえ、私生活では“勝ち組”と報じられているのは真麻。今年4月に『週刊文春』に熱愛を報じられている。

    「お相手は、不動産会社の社長さん。彼の祖父が会社を興して、それを継いだ2代目の社長です。いわゆるエリートでお金持ち。そんな彼と1年ぐらい交際しています」(ワイドショースタッフ)

    そうなればそろそろ……。

    「真麻ちゃんも今年で35歳。“すぐにでも彼と結婚したい”と言っていましたよ。後輩のカトパンに収入の面では負けていても、“今お付き合いしている彼と、幸せになれればいい”とも話してました。恋愛が順調にいっているからこその余裕なんでしょうね」(真麻の知人)


    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160719-00029540-jprime-ent
    【高橋真麻の年収が加藤綾子の1/3で嫉妬するも余裕の理由!「私生活は勝ち組で不動産会社の社長と交際。すぐにでも彼と結婚したい」】の続きを読む

    o5
    3c

    1 : 湛然 2016/07/15(金) 22:06:17.79 ID:CAP_USER9

    女優・瀧本美織が率いる5人組ガールズバンド・LAGOONが15日、公式サイトで解散を発表した。2014年11月にデビューした同バンドは、1年8ヶ月で終止符を打った。

    公式サイトで「この度、『LAGOON』は2016年7月15日をもって解散することとなりました」と報告。

    解散理由について、「二足のわらじを持つバンドとして『自分の職業、音楽活動』ともに全力で両立を続けてまいりましたが、この先もバンドとしてメンバー5人で活動を続けていくことが困難だと判断し、それぞれの成長をメンバー・スタッフともに真剣に話し合った結果、解散という選択をすることとなりました」と説明した。

    今後については「全員音楽をやめることなく、一人一人が新しい道で音楽を続けていきますので、変わらぬ応援とご支援の程、宜しくお願いいたします」と呼びかけた。

    各メンバーのコメントも掲載され、瀧本は「文章だけではなく直接伝えたい気持ちがありましたが、それが叶わず本当にごめんなさい。それぞれが成長していくために、この決断は自分達にとって必要なことだと思っています」と謝罪。

    続けて「バンドでの経験と学んだことを生かし、これからも、音楽にのせていく気持ちを大切に歌っていきたいと思っています。必ず音楽でもみんなと出逢えることを約束するので、私瀧本美織、そしてyuri、NANA、YUKINO、AMI。それぞれ応援していただければとても嬉しいです」とファンに感謝した。

    LAGOONはソニー・ミュージックレコーズが企画した「女性の夢を叶える応援プロジェクト」として結成。全く異なる職業の女性5人がそれぞれ「二足のわらじを履くガールズバンド」で、オーディションを経て、カフェ店員、一児のママ、学生、救急救命士がメンバーに決まり、ボーカルは瀧本が務めた。

    14年11月に「君の待つ世界」でデビュー、15年6月にギターのRINOが脱退し、同年10月に女子高生ギタリストのAMIが加入していた。


    http://www.oricon.co.jp/news/2075255/
    【瀧本美織のバンド・LAGOONが解散発表した理由!「ジャニーズと付き合ったら干される」「大倉忠義と熱愛の吉高由里子、二宮和也と交際の伊藤綾子も」】の続きを読む

    17
    r1

    佐野ひなこ(右)と、共演の浜野謙太

    r2

    1 : 三毛猫 2016/07/15(金) 15:43:26.09 ID:CAP_USER9

    タレントの佐野ひなこ(21)が14日、神奈川・鎌倉市の由比ヶ浜海岸で行われた、出演するフジテレビ系ドラマ「好きな人がいること」(月曜、後9・00)と、同所にこの日オープンした海の家「avex beach paradise」のコラボイベントに参加。一部で報じられた俳優・神木隆之介(23)との交際を「違います!」否定した。

    佐野と神木は6月2日発売の「週刊文春」に“ペアルックデート”が掲載された。この日はドラマのタイトルにちなみ「報道されたペアルックの方は、佐野さんの『好きな人』ですか?」との質問が飛んだが、佐野は笑顔で「違います!」と完全否定。「本当にゲーム友だちの一員で、友人なので大丈夫です」と強調した。

    神木は、6月20日に、都内で主演映画「TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ」の試写会に出演したが、退場時には映画のテーマ曲が大音量でかけられるなど、熱愛報道への質問は“シャットアウト”された形だった。

    週刊文春によると、2人は5月29日早朝、帽子、パーカー、Tシャツ、サンダルとすべておそろいの“ペアルック”で神木の自宅から都内の友人宅へ向かったとしている。同誌の取材に神木は「お友達なんですけど」、佐野は「どうなんですかね~」と返答していた。


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160715-00000049-dal-ent
    【佐野ひなこ「神木隆之介とは恋愛ない、違います!本当にゲーム友だちの一員で、友人」と熱愛否定「全身ペアルック」「志田未来も安心」】の続きを読む

    l1

    1 :あちゃこ ★@\(^o^)/:2016/07/09(土) 18:07:12.35 ID:CAP_USER9.net

    サッカー日本代表MFの長谷部誠選手(32、フランクフルト)が9日、自身の公式サイトを更新。モデルの佐藤ありさ(27)と同日に婚姻届を提出したことを報告した。

    長谷部は「僕のアプローチが実ってから彼女とは5年ほどの時を共に歩んできました」と切り出すと、「多くの時間は遠く離れて過ごすものでしたが、彼女の持ち前の明るさと笑顔に何度も助けられてきました」と遠距離恋愛を乗り越えた佐藤との絆についてつづった。

    さらに「これから先も楽しい事ばかりではなく、そうではない困難な事も多々訪れる事でしょう」と語ると、ここでMr.Childrenの楽曲「Simple」の一節

    『ざあざあ降りの雨を全身で受けながら  凛々と茂るあの草木の様に 強く 強く』を引用し、「訪れるであろう困難に対しても2人で共に手を取り、笑みを絶やさず、謙虚に歩んでいきたいと思っています」と決意を新たにした。

    同日、佐藤もブログを更新し結婚を報告。「どんな時もどんな事にも真摯に向き合う彼を心から尊敬しています。そんな彼の背中をずっと見続け、これから先も様々な時を共に歩んでいきたいと思います」と長谷部への思いを語った。

    長谷部と佐藤は過去にたびたび真剣交際が報じられてきたが、双方とも交際の事実については明言を避けてきた。先月28日に入籍間近と報道された際にも、長谷部は「来月入籍する運びとなりました」と公式サイトで発表したが、お相手については言及しなかった。


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160709-00000304-oric-ent
    【サッカー日本代表の長谷部誠「婚姻届を提出した」佐藤ありさとの結婚報告にミスチルの歌詞を引用「笑みを絶やさず、謙虚に歩んでいきたい」】の続きを読む

    このページのトップヘ