芸能テロ

2chの芸能の反応をまとめています

    タグ:人気

    56

    1 :Hero syndrome ★@\(^o^)/:2016/07/07(木) 11:38:33.25 ID:CAP_USER9.net

    新人がいけないのか、大人がいけないのか

    さいきんはキャスティング担当さんが、先方さんに声優の候補をあげると「この子はTwitterのフォロワーが少ないから違う声優を探してくれ」って言われる事もたまにあるとかないとかあるとかないとか

    まだ何も分からず、とにかく何とか成功したい新人ちゃんが声優はとにかく人気がないといけない有名にならないといけないと思って芝居の稽古よりもTwitterのフォロワーを増やすことに必死になっても仕方のないこと。

    とにかく若くないと選ばれない若くてかわいくなくちゃいけないウケのいい外見でいなくちゃって焦っている

    実際にアニメのオーディションには年齢制限がある時もあるし雑誌の人気投票で10位までの人から選んでくださいなんてオーダーが来る時もあったりなかったりあったりなかったりでも「最近の新人は芝居できないのに人気ばかり気にする」なんて言われちゃう

    まわりの大人がそうゆう世界にしたんじゃないの?子供は大人に認めてもらうために、少ない知識で何かを感じ取ろうと一生懸命なのよ彼らが人気が…人気がなきゃ…人気つけなきゃ……人気…って感じ取ったのは当たっているじゃない

    そうゆう選び方をしてそうゆう世界にしたのは大人達なのにいざとなると人気だけあるけど、かわいいけど、芝居ができないとか言われちゃう

    そりゃそうよ 新人だらけの現場ばかりでベテランの先輩とお仕事できる機会が少ないんだもの心震える機会がないんだものいくら勉強したって、実際にいいものを見なきゃどうにもならない

    いちおうショービジネスだから時代によって色々な基準や流行りが変わる事は別にいいんじゃない?と思うし売り上げの為にとにかく人気のある人を…!っていうのも仕方のないことと思っている

    なんやかんや言っても声優はやっぱりお芝居が第1であり、お芝居はしっかりがんばらなきゃねとも思っている しかし選ぶ側は一体全体芝居が欲しいのか人気のあるカワイコちゃんがほしいのか

    最近はなんだかブレブレな雰囲気を感じる時もあるタレントとしてはどちらも持ち合わせているに越したことはないけれど。

    人気のある先輩はお芝居ができたから人気が出た。だからとにかく芝居をきちんと。なんてよく言われるし、決してそれは間違っていないけれどなんていうか今は順番が逆で

    とにかくなんでもいいから人気!とにかく人気を先につけて、お芝居は後から何とかしていこうって感じなのかな それもビジネスとしての作戦ならば仕方ないけれど

    でも流れを変えた張本人たちが流れにのろうとしている子供たちを責めるのはかわいそうだなあ 現場の名誉の為に補足ですが新人ちゃんをきちんと育ててくれる現場やスタッフさんもたくさんいるよ

    まあそんなこんなで新人ちゃんがいろいろ言われるのはどの世界でもよくあることまずはふるいにかけられるからね あとはふるわれないようにするしかない

    わたしも新人時代に 「いいよねー、仕事たくさんあってー。た だ 顔 が い い だ け で」 って言われたことあるけどあたまきたから 「ほんとラッキーでした。親に感謝です」 って返して睨まれたことあるわ そんなもんよ


    朝です 素敵な1日を

    http://ameblo.jp/tacit/entry-12178075986.html
    【「顔がいいのは親に感謝」おばさん声優が最近の業界に不満爆発!「若くて可愛いくて人気の子ばかり選ぶくせに、芝居ができないとか新人を責めるのは可哀想」】の続きを読む

    67

    1 :Egg ★@\(^o^)/:2016/07/07(木) 06:16:29.96 ID:CAP_USER9.net

    3月末で「報道ステーション」(テレビ朝日系)キャスターを卒業、休養を経て、バラエティー番組などで芸能界に返り咲いた古舘伊知郎(61)の快進撃に司会業を得意とする芸人らが戦々恐々としている。

    「古舘に自分のポジションを奪われやしないかとみんなおろおろしているんです。特に最近、てんぐになって、スタッフ受けが最悪の有吉弘行や坂上忍は本当に恐れている。

    話芸や知識などでは古舘の足元にも及びませんからね。共演すれば、比較され、あらが目立つことが視聴者に分かってしまいますからね」(関係者)

    そのためか、有吉と坂上はすでに先手を打っているという。

    「知る人ぞ知る話ですが、有吉と坂上は基本、古舘とのツーショット共演はNGなんです。もちろん大勢でワイワイやる番組は別ですが、ともにMCとして立つ座組みは完全NGになっているんです」(事情通)

    古舘の人気が急騰し始めた理由は、報ステ卒業以降に出演した番組が軒並み高視聴率を連発しているからだ。

    「ぴったんこカン・カンSP」(TBS系)が16・6%、「おしゃれイズム」(日本テレビ系)は13・8%と、いずれも高視聴率をマークした。

    「しかも、9日に放送される『人志松本のすべらない話』(フジテレビ系)の収録が先日行われましたが、あまりの話芸の完成度とパフォーマンスに共演の芸人はビビりまくっていました。

    松本人志や宮迫博之、小籔千豊らが舌を巻いて『古舘さん、ヤベエぞ』なんて言いながらひっくり返っていたほど。もしかしたら、松本さえも危ない。上層部が番組を『伊知郎古舘のすべらない話』にしようとでもたくらんでいるのでは、と冗談が飛んだほどでした」(関係者)

    快進撃を続ける古舘をめぐっては、今後も「行列のできる法律相談所」「24時間テレビ」(いずれも日テレ系)、「SMAP×SMAP」(フジ系)、テレビ朝日系のリオ五輪番組などへの出演が続くとの情報も。司会業タレントにとっては死活問題だ。


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160707-00000003-tospoweb-ent
    【古舘伊知郎の圧倒的話芸に戦々恐々のMCたち!「有吉弘行と坂上忍は芸がないから消える」「キャスター枠の宮根誠司と羽鳥慎一も危ない」】の続きを読む

    7q

    1 :かばほ~るφ ★@\(^o^)/:2016/07/06(水) 11:39:34.76 ID:CAP_USER9.net

     俳優の水谷豊が、TBSの音楽バラエティ番組『Good Time Music』に出演。別局の人気テレビドラマ『相棒』にて、同番組MCの及川光博と共演していた水谷は、及川とともに撮影当時のエピソードを振り返った。

    かつて水谷が主演していたドラマ『熱中時代』の大ファンだったという及川。その熱烈な思いだけに、オファーが来た時に及川は「絶対に犯人役だと思っていました。『相棒』役って、わけがわからなかった」と驚いたという。

    そんな思いを汲んでか、水谷は劇中の設定に対して「いつでもまた会えるようにしてほしい」という思いがあったと明かす。そのため、同作で及川演じる神戸尊がいつでも再び登場できるような人物設定にしてもらったことを告白した。

    また、ドラマ収録時には水谷と及川に「不仲説」が流れ、打ち上げ時には一言もしゃべらなかったと噂されていたことに水谷は「歴代みんな仲悪くされちゃうんですけど、仲を悪くしたい人がいるんでしょうね」と一蹴。

    さらに打ち上げについて「あの時はずっと一緒にくっついて話しっぱなしだった」とのこと。水谷と及川の仲睦まじい様子を見て、MCのAmiは「見てて思ったんですけど、(距離が)近いなって」とツッコミ、笑いを誘う。

    また、及川がのちに妻となった女優・檀れいとの初共演を果たした『相棒』において、水谷は当時及川がまだ独身だったことを聞き「この撮影の間で、だれかお似合いの人が見つかると思うよ、と言っていました」と、及川の運命の出会いを予感していたらしい。

    及川と檀の関係を気付いていたのかは明言しなかったものの「お似合いだと思っていました」と当時を振り返っていた。


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160706-00044095-crankinn-ent
    【水谷豊と及川光博が「相棒」再タッグ!不仲説を一蹴「歴代みんな仲悪くされちゃうんですけど、仲を悪くしたい人がいるんでしょうね」】の続きを読む

    c1

    1 :三毛猫 φ ★@\(^o^)/:2016/07/04(月) 09:56:20.49 ID:CAP_USER9.net
     
    女優・米倉涼子が主演するテレビ朝日系人気ドラマシリーズ『ドクターX~外科医・大門未知子~スペシャル』が3日(後9:00~11:10)に放送され、番組平均視聴率22.0%を獲得したことが4日、わかった。

    連続ドラマ第3シリーズ終了から1年7ヶ月ぶり、初のスペシャルドラマでも失敗しなかった大門先生。最高視聴率は午後11時4分にマークした25.8%まで上がる。

    伊野尾慧演じるフィギュアスケーター・氷室光二郎が大会でクアッドアクセルを決めてガッツポーズし、未知子が大喜びしたシーンだった。視聴率はすべてビデオリサーチ調べ、関東地区。

    今作で、未知子の敵役を演じたのはビートたけし。

    自身初の医師役、それもオープニングでは岸本加世子と、エンディングでは橋本マナミとキスシーンを演じるおいしい思いもしながら、神経系の疾患でメスを握れなくなってしまった外科医が、地元の製薬会社と手を組み内科医に転身し、現在は日本初となる創薬の拠点「クロス医療センター」の病院長として暗躍する姿を熱演した。

    患者役に伊野尾、マタギ役で青木崇高、レギュラーの岸部一徳、遠藤憲一、勝村政信、鈴木浩介、西田敏行らも出演した。

    なお『ドクターX』の連続ドラマ第4弾が10月から木曜9時に放送されることも発表されている。“失敗しない”伝説はまだまだ続きそうだ。


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160704-00000306-oric-ent
    【米倉涼子「ドクターX」初SPでも失敗しなかった!平均視聴率22.0%、最高25.8%マーク「ビートたけし滑舌悪い」「私生活は失敗」】の続きを読む

    3z

    1 :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/07/03(日) 09:14:39.28 ID:CAP_USER9.net

    都知事の交代や裏金疑惑など何かと大騒動を起こしている東京オリンピック。その中で、これに絡む芸能界の動きも活性化している。

    「秋元康がオリンピック関連の役職に付き、食い込もうと必死です。もちろん、AKB48グループを前面に出すためです。最終的には、現在進めているアジアの姉妹グループもすべて統一して選挙を行い、ASIA48を作ろうという話まで出ているとか。

    また、B系や大手芸能プロも演歌を武器に売り込もうとしたり、武井壮のようなスポーツができるタレントを育てようと2020年に向け着々と準備を進めている。

    もう、日本でオリンピックが行われることは50年はないと言われている中で、何かしら仕事ができれば紅白に出場する以上のインパクトを残せるわけですから本気です」(スポーツ新聞記者)

    そして大本命と言われているのが、ジャニーズ事務所だろう。特に、2020年には嵐が40歳を手前にして一番、脂が乗っている時期に差し掛かる。

    「東京オリンピックには、嵐をリーダーとした連合体でオリンピック向けのグループを作るつもりのようです。アジアツアーを成功させている現状、今後は世界にも打って出たいジャニーズが、豊富な資金と人気、人脈を駆使して開会式に食い込もうとしているようです」(同)

    しかし、そんな中で、SMAP降ろしとジャニー喜多川退任のお家騒動が起こりそうだという。

    「ジャニー喜多川社長は、過去に少年愛報道がある。ジャニーズとしても文春との闘いを蒸し返したくないし、厳しい諸外国の目があるのでジャニーさんが社長のままではせっかくの構想も水の泡。

    また、嵐をリーダーとしたい次期社長候補である藤島ジュリー景子は、母親であるメリー喜多川と共にジャニーさんの退任、そしてSMAPの解散を目論んでいるようです。

    SMAPはあの騒動を起こして以来、後ろ盾だった飯島三智マネージャーを失い、実質、藤島ジュリー景子の監視下にある。解散をさせるのもCMやレギュラー番組の調整がつけば直ぐにでもできてしまう。

    来年にはSMAPを解散、そしてジャニーさんを「勇退」させ、藤島ジュリー景子が社長となり一気に財政界にもアプローチをかけていくつもりのようです。

    特に、藤島ジュリー景子の父親は財政界に顔が利いた亡き藤島泰輔氏。藤島ジュリー景子が社長になれば手を貸す財政界の大物はたくさんいるようです」(週刊誌記者)

    世界に誇れるアーティストである坂本龍一や喜多郎、北野武ならまだ解るが、AKB48やジャニーズが日本の代表でいいのか? 疑問は残るところだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1156198/
    【「嵐のために」ジャニー喜多川が解雇へ!「ジャニーズ事務所と秋元康のAKB48グループがオリンピック利権めぐる大バトル」】の続きを読む

    r1
    t1
    16

    1 :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/07/02(土) 13:33:39.61 ID:CAP_USER9.net

    先日、ダウンタウンの松本人志(52)が依頼者として登場し、約2年半ぶりに20%超えの視聴率を記録した関西の人気バラエティー番組『探偵!ナイトスクープ』(朝日放送)。

    視聴者の間で“神回”として話題になったが、過去にさかのぼってみると、これ以外にも神回と呼ばれるものはいくつか存在している。どんな内容だったのか、それぞれ紹介してみよう。

    まず初めは、2013年4月5日に放送された『10年以上口をきいていない父と母』。奈良県の男性(当時18)からの依頼で、ものごころついた頃から両親の会話を聞いたことがなく、母親が話しかけても父親が無視してしまう理由を解明してほしいという内容だった。

    探偵のカンニング竹山(45)が依頼者の姉や母親から話を聞くと、会話をしていない期間は23年にのぼることが判明。さらに調査を進めると、驚くべき事実が父親の口から明かされた。

    なんと「子どもが生まれてから、妻が子ども中心の生活をするようになり、自分の相手をしてくれなくなった」ことにスネて口をきかなくなったところ、引っ込みがつかなくなったというのだ。

    父親がずっと無視し続けてきたことを母親に謝罪した後、お互いが日頃の感謝を述べ合う展開となり、二人の様子を遠目で見ていた依頼者を含む3姉弟、そして竹山が涙する感動的なラストを迎えた。

    神回といえば、2003年11月21日に放送された『おじいちゃんはルー大柴』も忘れてはならない。祖父が他界してから、元気がない中学生の娘にタレントのルー大柴(62)を会わせてほしいという愛知県の女性(当時34)からの依頼だった。

    祖父と顔がそっくりのルー大柴に会わせることで、「おじいちゃんに会いたい」という娘の願いを叶えてあげたいのだという。依頼者宅にやって来たルー大柴は、普段の騒がしいキャラを封印。娘と一緒に会話や料理を楽しむなど、祖父として接した。

    そんな姿に、在りし日の祖父の面影を感じ取ったのか、娘がルー大柴に「おじいちゃん」と無意識に呼び掛けたり、「夢を見ているみたい」とつぶやいたりする場面も。この様子をモニターで見ていた依頼者とその母親、さらに探偵の桂小枝(61)が感動のあまり、涙を流すドラマティックな展開となった。


    2 :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/07/02(土) 13:34:13.95 ID:CAP_USER9.net

    2007年4月27日に放送された『亡き父にそっくりな飯田選手とキャッチボール』も神回といわれている。依頼者は長崎県の男性(当時18)。

    7年前に亡くなった父親は、元プロ野球選手の飯田哲也(48)にそっくりで、中学の野球部の監督だったという。父親とのキャッチボールが一番の思い出だが、6歳下の弟にはそれがない。そこで、飯田に弟とキャッチボールをしてもらえないかという依頼だった。

    探偵の松村邦洋(48)が、飯田が2軍コーチを務める東京ヤクルトスワローズの球団広報に直談判して、願いは叶うことに。飯田と対面し、涙をこらえながら、キャッチボールをする弟の姿に視聴者は胸を打たれた。

    最後に紹介するのが、2012年9月21日に放送された『おっさんと少年の友情』。大阪府の女性(当時48)からの依頼で、夫(当時49)がある男の子に送ったDVDの感想を聞いてほしいというものだった。

    勤めていた会社が倒産し、その傷を癒すかのように北海道へツーリングに行った夫は、帰りのフェリーでその男の子と出会い、会社が倒産したことや旅に出た男のロマンなどを語ったという。

    そして、帰宅後に男の子に送ったのが、旅の思い出が詰まったDVDだった。着ぐるみで変装した夫は、探偵のたむらけんじ(43)とともに青森県にいる男の子の自宅を訪問。

    そこで、男の子から「DVDはすごかった」という感想や、「頭の中にいつでも思い浮かぶから、おっちゃんにもう一回会ってみたい」という話を聞くことに。着ぐるみを脱いだ“おっちゃん”は、男の子と感動の再会を果たすのだった。

    数々の神回を放送してきた『探偵!ナイトスクープ』。これからも視聴者を感動の渦に包み込んでくれるのは、間違いなさそうだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1155705/
    【カンニング竹山も号泣「探偵ナイトスクープ」の神回エピソード!視聴率20%超えを記録し続ける関西の人気バラエティー番組】の続きを読む

    このページのトップヘ