芸能テロ

2chの芸能の反応をまとめています

    タグ:仕事

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    nt

    1 : YG防衛軍 2016/07/19(火) 01:19:52.86 ID:CAP_USER9

    「フリーになってからのあたしの3年間の稼ぎなんて、カトパンの1年分ぐらいよ。もーイヤんなっちゃう」

    先日、あるバラエティー番組の収録前に飛び出したビックリ発言。この言葉の主があの人だったから、テレビ局関係者はさらに驚いたという。

    「真麻さんが仲のいいスタッフと控室で談笑してたんですが、加藤綾子アナウンサーの稼ぎぶりと自分を比較して、冗談ながらも嫉妬しているように話してました」

    そう、冒頭の言葉は高橋真麻のものらしい。'13年3月末にフジテレビを退社し、翌月から父で俳優の高橋英樹が所属、母が経営する事務所でフリーアナウンサーとして活動している。

    「情報番組やバラエティー番組を合わせると、現在6本のレギュラーを持っています。それだけでなく、CMも3本を持つ売れっ子ですね」(芸能プロ関係者)

    ノリにノッていても、どうしても後輩のことが気になっちゃうのは同じフジテレビの元先輩アナウンサーとしてのサガ? なにより今年4月に同局を退社したばかりのカトパンのスタートダッシュは元局アナの中でも“驚異的”だ。

    「フジテレビのバラエティー番組『ホンマでっか!? TV』やスポーツ番組『スポーツLIFE HERO'S』など、3本のレギュラー番組を持っています。加えて、芸能事務所に入ってから増えた仕事といえばCMです。

    大手家電メーカーと大手飲料メーカーと契約しています。今後も好感度の高さを生かして大手企業のCMを狙っているそうです」(前出・テレビ局関係者)

    レギュラー番組ではメインMC、CM契約も超大手クライアントと大成功のカトパンに対して、「実は、真麻さんのCMでの1本当たりの単価は低いんです。また企業も大手ではない。約3倍の収入の差発言は、そこから生まれたのではないでしょうか」(前出・テレビ局関係者)

    とはいえ、私生活では“勝ち組”と報じられているのは真麻。今年4月に『週刊文春』に熱愛を報じられている。

    「お相手は、不動産会社の社長さん。彼の祖父が会社を興して、それを継いだ2代目の社長です。いわゆるエリートでお金持ち。そんな彼と1年ぐらい交際しています」(ワイドショースタッフ)

    そうなればそろそろ……。

    「真麻ちゃんも今年で35歳。“すぐにでも彼と結婚したい”と言っていましたよ。後輩のカトパンに収入の面では負けていても、“今お付き合いしている彼と、幸せになれればいい”とも話してました。恋愛が順調にいっているからこその余裕なんでしょうね」(真麻の知人)


    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160719-00029540-jprime-ent
    【高橋真麻の年収が加藤綾子の1/3で嫉妬するも余裕の理由!「私生活は勝ち組で不動産会社の社長と交際。すぐにでも彼と結婚したい」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    a1

    1 : 砂漠のマスカレード 2016/07/19(火) 00:09:38.64 ID:CAP_USER9

    「ネエネエのとこに行くから遊べないの!」

    蒸し暑い7月12日の昼下がり、東京都内の有名幼稚園の園庭から、ひときわ元気な女の子の声が聞こえてきた。小林麻央(33)と市川海老蔵(38)の長女・麗禾ちゃん(4)だ。彼女が「ネエネエ」と呼ぶのは、麻央の姉で伯母の小林麻耶(37)のこと。この日は摩耶の37歳の誕生日だった。

    麻耶と言えば、5月19日、『バイキング』(フジテレビ系)の生放送中に過呼吸を訴え途中退席。過労による体調不良を理由に、現在も5本のレギュラー番組を休業中だ。

    6月9日には麻央の乳がんが発覚。献身的な看病疲れも重なってのダウンだった。この日、麻央の母親が麗禾ちゃんと弟の勸玄くん(3)を迎えに来た。

    姉弟が向かったのは、麻央の実家だった。倒れた後、姿がまったく見られない麻耶も、その実家にいるようだ。2人は近くのコンビニに寄ると「ネエネエにあげるの」といって、それぞれお気に入りのお菓子を購入。

    よほど麻耶と会うのが楽しみなのだろう。実家に近づくと、麗禾ちゃんはたまらずひとり、先に駆け出して行った。

    2人は約2時間、麻耶の誕生日を祝うと祖母に連れられ、自宅に帰って行った。12日の海老蔵のブログでは、勸玄くんが星型のせんべいを麻耶にプレゼントしたのに、自分が食べたそうにしている様子が紹介されている。テレビ局関係者が話す。

    「麻耶さんは昨年の誕生日は、自身が通うヨガトレッチのサロンでパーティーがあった後、アマン東京のレストランで友人たちとディナーをしています。多くの友人たちと食事するのが恒例でした」
     
    ところが、今年は実家で姪と甥に囲まれた、ささやかな“パーティー”のみだった。

    「麻耶さんの姿が最後に目撃されたのは、麻央さんが再入院した次の日、6月14日朝。入院した麻央さんに付き添って帰ってきたところかもしれません」(スポーツ紙記者)

    実家近くの住人も、最近麻耶の姿を見たという人はいなかった。番組降板後54日もの間、実家に“引きこもり状態”。前出テレビ局関係者は、麻耶の状態についてこう語る。

    「あの姉妹は本当に仲が良くて、何でも相談し合うほどでした。麻央さんは姉の麻耶さんを頼っていましたが、結婚以降、立場が逆転。30代になって会社を辞めて独立した後は、仕事や結婚の悩みをこれまで以上に、麻央さんに相談していたんです」

    ところが麻央のがん発覚以降、麻耶は体を気遣い妹に弱音を吐けなくなった。エッセー『まや道 向かい風でも笑顔の理由』(小学館)で、麻耶は妹について《「病的に妹のことが好き」です。

    どれくらい病的かというと、「麻央ちゃんのためなら命も差し出せる」くらい》と綴っている。その妹が、今、がんと必死で闘っている。

    「命に代えても守りたい妹なのに、それができない。その悔しさもあって彼女は自己否定に陥り、外出がままならないほど自分を精神的に追い込んでいるようです」(前出・テレビ局関係者)

    麻耶の病状について、『ヒガノクリニック』の日向野春総医院長はこう話す。

    「パニック障害だと思われますが、それは家族や仕事の人間関係がもとで、発症するケースも多いのです。そうなると人と関わることで悪化しますから、現時点では外出が難しいでしょう。彼女の場合、妹さんのことで相当な精神的ダメージがあるのでは」

    愛する妹・麻央を「命がけ」で守るためには自身の回復が必要だ。麻耶もいま、妹のために闘っている――。


    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160719-00010000-jisin-ent
    【小林麻耶が誕生日も実家に引きこもり!市川海老蔵の子供に祝ってもらう「病的に妹のことが好き。小林麻央のためなら命も差し出せる」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    53

    1 : 砂漠のマスカレード 2016/07/18(月) 15:42:30.88 ID:CAP_USER9

    お笑いコンビ・ウッチャンナンチャンが年末に放送される日本テレビ系『全日本歌唱力選手権「歌唱王」』のMCに決定した。18日に放送された同局『ヒルナンデス!』にて発表された。

    6月末に放送された別のテレビ番組では「まだ今年になって会ってないんだよ」と発言していた南原清隆。

    放送は年末だが久々のコンビでのオファーに「内村さんと久しぶりに仕事をしますから、緊張する番組です」と冗談めかして意気込み。

    内村光良は「緊張感を持って番組に臨みたいと思います!」と気合をいれていた。

    2013年の初回放送からウンナンがMCを務めてきた同番組は全国から歌自慢の一般参加者を募集し、日本一心に響く歌声の持ち主を決める。

    今年はすでに全国から1万件以上の応募があり、激戦が予想される。賞金総額300万円は一体誰の手にわたるのか。進行は桝太一アナウンサーが担当する。


    https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/oricon-oric2075218/
    【ウッチャンナンチャンが久々のコンビ仕事!南原清隆「まだ今年になって会ってない。内村光良さんと久しぶりに仕事をしますから、緊張する番組です」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    al

    1 : 砂漠のマスカレード 2016/07/18(月) 13:09:40.73 ID:CAP_USER9

    フジテレビが早くもギブアップ宣言を出しそうだ。7月にスタートするドラマ『営業部長 吉良奈津子』で3年ぶりに連ドラ主演を務める松嶋菜々子(42)のオーダーに、制作スタッフが振り回され、右往左往しているというのだ。とにかく収録現場での気合いの入り方はハンパではない。

    「よく言えば、クリエイティビティーの固まり。あえて悪く言えば、ただの見栄っ張りのワガママ。まず脚本に注文を出すんです。セリフ一つ一つに変更がある。当然、相手役のセリフにも影響が出てくるため、手直しに時間が掛かるわけです」(ドラマ関係者)

    加えて問題になっているが、スタジオの美術セットに対するもの。とにかくクオリティーの高いものを求められるという。

    「デスクにリアリティーがない。食器が安っぽいなどなど…。とどのつまりは予算ですよ。余裕があれば高級品をガバガバ入れますよ。でも、そんなことは絶対にできない。

    どんなドラマも限られた予算で制作しているんです。ちなみに、今回の制作費は1本5500万円?。内訳は出演料が3000万円。残りが美術、編集、スタッフの人件費に振り分けられるんです」(同)

    ちなみに女王然として振る舞う松嶋のギャラだが…。

    「1本400万円?。なんだかんだ言っても大河女優ですからね。これくらいの額になってしまうんです。ここだけの話ですが、同時期に天秤を掛けていたという日テレの『家政婦のミタ』に松嶋が出演しなかった理由はずばり、ギャラなんです。

    日テレは視聴率好調でもともと制作費が安いことを理由に1本180万円?だった。今回はパート2ということで、少々アップさせたもののそれでも190万円?の提示。それが、松嶋サイドが日テレよりフジを選んだ理由です」(芸能事情通)

    現場で視聴率No.1を宣言した松嶋。その自信は一体どこからくるのか?


    http://dailynewsonline.jp/article/1165196/
    【テレビ局「松嶋菜々子はワガママでギャラが高い」制作関係者「フジはドラマ1本400万円。日テレは1本180万円。日テレよりフジを選んだ理由はギャラ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    rz

    1 : 砂漠のマスカレード 2016/07/18(月) 13:07:16.32 ID:CAP_USER9

    元日本テレビの女子アナで、現在はフリーアナとして活躍する夏目三久(31)が、近々本格的に女優デビューするようだ。

    夏目といえば、かつて大手広告代理店の恋人とのスキャンダル写真が流出したことがきっかけで、当時の日テレの怒りを買ってしまい仕事が激減。2011年には会社を追われるように退社している。

    以後フリーとなったわけだが、わずか2年後の2013年に、日テレ系列の番組である『真相報道 バンキシャ!』のキャスターに出戻りで大抜擢された。このキャスティングは、一部で現在夏目が所属している大手芸能事務所のバックアップが背景にあったと言われている。

    「夏目の所属する大手プロのA氏は、夏目の才能に惚れ、フリーになった当時から、相当に入れ込んで所属させたと聞いています。タモリ(70)や堺雅人(42)も所属するなど、各局との付き合いも古く、夏目の出演をプッシュすれば断れないディレクターも多いのでしょう」(芸能関係者)

    ■夏目と事務所が睨む“女優デビュー”のタイミング

    フリー以後、最初のレギュラー番組であり、これまで夏目の人気を支えていた『マツコ&有吉の怒り新党』(テレビ朝日系)を今年3月末で卒業した際には「報道に専念するのでは?」などの憶測もネット上で飛び交っていた。

    また、夏目のレギュラー番組である『あさチャン!』(TBS系)は、視聴率の低迷により打ち切りの噂が絶えない状況で、改編期である来年3月末で降板の話がまとまっているなどの話もあった。

    さらに、『バンキシャ!』や『はくがぁる』(テレビ朝日系)は、続投・降板どちらにするか現在検討している最中のようだ。

    そもそも夏目は、かなり早い段階で女優としての活動を視野に入れていた。かつて日テレ時代には、開局55周年を記念し、アナウンサーで結成されたアイドル『go!go!ガールズ』でCDデビューをしたり、映画『それいけ!アンパンマン 妖精リンリンのひみつ』では声優を務めている。

    若いうちから幅広い活動を行ってきた夏目は、自分自身の年齢も考えた上で、今後の展開についてもかなりシビアに考えているという。

    「夏目も今年で32歳。女子アナとして活躍できるピークの年齢はとうに過ぎており、現在の事務所に所属した時から、いずれは女優へ転向するつもりだという意思を周囲にほのめかしていたようです。時期を待っていたが、ようやくそのタイミングが来たということでしょう」(前出・関係者)

    女優としての活動が現実味を帯びてきた夏目の今後の活動に注目したい。


    http://dailynewsonline.jp/article/1164966/
    【夏目三久アナがゴリ推しで狙う“女優業”への道!関係者「タモリや堺雅人も所属の大手芸能事務所で各局との付き合いも古く、断れないディレクターも多い」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    r1
    02

    1 : 砂漠のマスカレード 2016/07/18(月) 00:41:50.43 ID:CAP_USER9

    今年5月に第2子を出産したフリーアナウンサー・高島彩(37)が、8日に行われた『ニッポンのぞき見太郎』(フジテレビ系)の収録にて仕事復帰した。

    収録後には会見を行い、「1人目の時は(復帰まで)8カ月くらいだったけど、今回は、産んだ3日後くらいに『仕事できそう、したいな』という気持ちがあった。あと2人目だったので(出産が)早かったのと、体も楽だったので、そういう意味では気持ちよくこの場に復帰している」と笑顔で心境を語った。

    そんな高島に、同番組にて共演した徳井義実と生瀬勝久は「何事もなかったかのように帰ってきたので、高島彩は強いなと感じました」、「余計に綺麗になりましたよね。働く女性はこうあるべきだというみんなの憧れに、またなるんじゃないでしょうかね」と感心していた。

    しかし、産後1カ月という“スピード復帰”を果たしたことで、案の定ネットでは「さすがに早すぎない?」とお叱りの声が。

    多く飛び出したのは、「お金に困ってるのかな?」「何でそんなにテレビ出たがるの?」「何だかんだ自己顕示欲強そうだ。お金あるからゆっくりできるはずなのに、出てくるのは テレビ出てちやほやされたいか忘れられたくないんだろう」

    「芸能人ってすぐ復帰するけどいつも疑問。お金に困ってるわけではなさそうだし、小さいうちは側にいたいとか思わないのかな。一般家庭は、側にいたくてもお金がなくて渋々働くというのに……」という恒例の「産後すぐなのに、なぜ働くのか」論。

    もちろん産後はゆっくり体を休める必要があるが、体力や回復度は個人差がある。だがそこにあるのは、高島の体への心配ではなく、子供が小さい頃は「側にいたい」と思うことが当たり前で、仕事復帰するのは「お金がない家庭のみ」という概念のようだ。

    同時に、「赤ちゃん、誰がみてるのかな?」「ベビーシッターや誰かに育児を丸投げしてるんでしょ?」「ちゃんと毎日育児に向き合って二人育ててる人は、出産後なんか特に精一杯だと思うけど」

    「子供が小さいうちは子育てより仕事のほうが楽だもんね。仕事したい気持ちはわかる。でも普通の人は子育てする。子供が大事だから」といった、高島の行動を育児放棄だと断罪する意見も目立った。

    2 : 砂漠のマスカレード 2016/07/18(月) 00:41:57.29 ID:CAP_USER9

    高島はフリーランスであり、業界トップのアナウンス力を誇る実力者であるため、いわゆるマミートラックに乗せられる心配はないだろう。

    「カトパンがフリーになったばかりだから焦ったんかね」「フリーアナがどんどん出てきて自分の枠がなくなるのが怖いんじゃない?」「女子アナは椅子取り競争だからね」と予想する声も多いのだが、そうやすやすと後輩に椅子を明け渡すほど、彼女の築いた地盤は脆弱なではあるまい。

    だからこそ復帰を焦る必要などないのになぜ、と不思議になる気持ちもわからなくはない。しかし産後すぐに「仕事がしたい」と思うことは、そんなに悪い、または卑しいことなのだろうか。

    子供と一緒にいることが何よりの幸せという価値観を持つ人もいるだろうし、子供と一緒にいる時間と同じように仕事をする時間も必要だという人もいるだろう。そこもやはり、それぞれ違うのだ。

    その上高島は、会社員からフリーに転向したことで、仕事量を自分である程度は調節することができる立場だ。毎日フルタイムで働くわけではなく、当然「子供の側にいる時間」が十分に持てるよう調整しているだろう。

    仕事をしながら育児をする環境を、事前に自身の力で整えた上で出産している高島は、働く女性にとってかなり羨ましい状況だ。それは彼女自身の努力の結果でもあるし、環境に恵まれているからでもある。

    前述したように、生瀬や徳井に「何事もなかったかのように帰ってきた」かのように見せ、強さを称賛される高島は確かにすごいのだが、しかしこれが産後女性のスタンダードでは全くない。

    多くは十分な休息やサポートが得られなかったり不安な気持ちを抱えたりするものである。だからこそ、「持てる者」たる高島が「ずるい」ように見えてしまうのかもしれない。

    しかし、一昔前までは、今よりももっと産後女性の職場復帰への風当たりは強かった。「子供がかわいそう」という声は今なお残るが、現在の比ではなかっただろう。それほど女性の育児専念が常識化していた。

    だが少しずつ風向きは変わってきたのだ。高島をはじめとする知名度の高い女性たちが、出産で仕事をセーブせずに「何事もなかったように」活躍することも、それを後押しする一つの材料だろう。的外れな非難で水を差すことこそが非常識だ。


    http://dailynewsonline.jp/article/1164803/
    【高島彩の産後1カ月で仕事復帰に女性たちが批判「早すぎ。普通の人は子育てする」「ベビーシッターに丸投げでしょ」「女の敵は女。男女平等とか言いながら」】の続きを読む

    このページのトップヘ