芸能テロ

2chの芸能の反応をまとめています

    タグ:仕事

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    d1

    1 : Egg 2016/07/16(土) 17:48:03.04 ID:CAP_USER9

    お笑いタレント有吉弘行(42)が、自身が楽屋あいさつを断っていることについて、あとでテレビ番組で「私たちのこと嫌いなんですかね」などとこぼすタレントたちを斬った。

    13日放送のテレビ朝日系「マツコ&有吉の怒り新党」では、有吉とマツコ・デラックス(43)が楽屋あいさつへの本音をぶっちゃけあった。

    楽屋あいさつは断る方針をとっている有吉は、それでもあいさつにやって来たタレントに対しては、ちゃんと対応した上で「もう来なくて大丈夫ですよ」とあらためて伝えているのだという。

    しかし、その場では「はい」と承知したのに、後日有吉のいない番組で「あれは怒っているんですかね。嫌がらせなんですかね」のように語る人物もいると明かした。

    有吉は、あいさつを断るのはただ面倒なだけと説明し、「『私たちのこと嫌いなんですかね』とか言うやつは番組で話すようなネタもないようなやつなんだと思うよ」とぶった斬った。


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160714-00000182-nksports-ent
    【「怒っている。嫌がらせ」有吉弘行があいさつ拒否に反応するタレントぶった斬り!「番組で話すようなネタもないようなやつなんだと思うよ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    13

    1 : 砂漠のマスカレード 2016/07/16(土) 09:46:59.99 ID:CAP_USER9

    アンガールズの田中卓志(40)が7月11日放送のラジオ番組『アッパレやってまーす!』(MBSラジオ)で、最近の子役について「メディアが作り上げた天才」と発言し波紋を呼んでいるようだ。

    田中はある番組で“セリフ覚えもよくてなんでもできる”といわれている子役とコントを一緒にする機会があったことを明かしたが、その子役の演技が田中の期待よりも悪かったらしい。

    田中はそのことについて、「どんだけスゲェのかって思ってたんだけど。始まったら、すげぇミスるの」「全然セリフ入ってないし」「全然聞いてたのと違うじゃんって」と愚痴をこぼした。さらに「メディアが作り上げた天才だったんだなって思った」と厳しく批判した。

    「最近もTOTOのCMでブレイクした寺田心くん(8)や、『朝が来た』(NHK)で主人公の子ども時代を演じた鈴木梨央ちゃん(11)みたいに天才子役が続々と登場してます。

    この二人は演技も上手いし表情も豊かで、まごうかたなき天才なんですが、“天才”といえば世間からの注目が集まりやすくなるからと、ニセ“天才子役”が増殖しているんです」(芸能関係者)

    この田中の発言にはリスナーも納得したようだが、しかし一方では、「そんなん言って大丈夫か?」「同じメディアで働いててその発言いいのか?」

    といった心配の声も上がり、また「子役に文句いう大人って情けなくないか」「子どもにそんなに言ってやるなよな」と、ラジオで愚痴を吐露する田中に対しての冷たい意見もあった。

    現在、“天才子役”であふれかえっている芸能界。田中も「必死にセリフ入れてきたのに」「ガッカリしたんだよなぁ」と肩を落としたというから、共演者からするとつらいところだろう。

    ただ、現在活躍する小栗旬(33)や山田孝之(32)など、子役を経て俳優として大成した人物も少なくない。温かい目で見守るのが、大人の役目なのかも?


    http://dailynewsonline.jp/article/1164072/
    【アンガールズ田中卓志が子役批判!「メディアが作り上げた天才だった。すげぇミスるの。全然セリフ入ってないし。ガッカリしたんだよなぁ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    w2

    1 : 湛然 2016/07/15(金) 22:58:46.36 ID:CAP_USER9

    芸名を「のん」に改名することを発表した女優の能年玲奈が主演した映画『ホットロード』が15日、日本テレビ系『金曜ロードSHOW!』で放送された。久しぶりの能年の姿に歓喜の声が多数あがった。

    能年が演じたのは、幼いころに父を亡くし、心に孤独を抱えていた主人公・宮市和希。人気のきっかけとなったNHK朝ドラ『あまちゃん』で演じた天真爛漫な天野アキとは異なり、愛されることを求め不安を感じている影のある役どころを熱演した。

    2014年末に主演映画『海月姫』のプロモーションで出演して以来のテレビ出演、しかも所属事務所との契約騒動の渦中にあるタイミングでの放送とあって、放送直後からツイッターでは能年の話題がもちきりに。

    「久々の能年ちゃん、かわいすぎる!」「やっぱり女神!」「地上波で!能年玲奈が見れるなんて!」と久しぶりの姿に喜ぶ声が圧倒的。開始わずか15分で「ホットロード」や「能年」が急上昇ワードにランクインした。

    そのほか、「こんないい芝居をするのに、見れないのはもったいない…」「いろんな事情が解決して、早くまた演技する能年玲奈を見たいな」と、トラブルの早期解決を願う声も。

    また、同じ時間帯にフジテレビで『ファインディング・ニモ』が放送されており、「ニモと能年、どっち見るか迷うわ」という意見もつぶやかれた。

    能年は本作で「第38回日本アカデミー賞 新人俳優賞」をはじめ、多数の映画賞を受賞した。


    http://www.oricon.co.jp/news/2075191/full/
    【能年玲奈が久しぶりのテレビにネットで歓喜の声続々「事務所トラブルの早期解決を願う」「ホットロード可愛かった」「広瀬すずとは差が開いた」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    u1
    uu
    u0

    1 : 三毛猫 2016/07/14(木) 09:41:42.65 ID:CAP_USER9

    女優の北川景子(29)が主演を務める日本テレビ「家売るオンナ」(水曜後10・00)が13日に10分拡大でスタートし、初回の平均視聴率は12・4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが14日、分かった。

    北川演じる不動産会社のスーパー営業ウーマン・三軒家万智(さんげんや・まち)が「私に売れない家はない」と豪語し、どんな客とも売買契約を成功させるお仕事ドラマ。

    客のプライベートな問題にも干渉し、あらゆる手を使って解決させてしまう能力も併せ持つ。個性的な客とのやりとりを通じて人生とは、家族とは、仕事とは何かを問いかける作品。

    俳優の工藤阿須加(24)やタレントのイモトアヤコ(30)らが共演。イモトは売り上げゼロで万智にしごかれるダメダメ社員役。

    「世界の果てまでイッテQ」などバラエティーで人気者だが、女優として同局の連ドラ出演は初となる。脚本は大石静氏(64)、演出は猪股隆一氏、佐久間紀佳氏、山田信義氏。

    初回は、東京五輪を4年後に控え、激烈な住宅売買競争が繰り広げられている2016年の東京。中堅不動産会社の営業課課長・屋代(仲村トオル)は、伸び悩む売り上げに頭を抱えていた。

    そこへ、前の店舗の売り上げを倍にした、やり手の女性が異動してくるという噂が流れ、若手社員の庭野(工藤阿須加)と足立(千葉雄大)は期待に胸を膨らませる。

    翌日、営業課に現れた万智は着任早々、「私に売れない家はありません」と宣言し、入社以来、売り上げゼロの美加(イモトアヤコ)を即席の宣伝員にして街頭へ出す…という展開だった。


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160714-00000078-spnannex-ent
    【北川景子主演「家売るオンナ」初回視聴率12・4%「DAIGOと結婚して可愛くなった」「イモトアヤコが邪魔だった」「脇が地味な割に取ったな」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    350
    w1
    w2
    w3
    w4
    w5
    w6

    1 : ジョーカー2016/07/12(火) 21:05:17.06 ID:CAP_USER9

    AKB48の渡辺麻友(22)が、11日に放送された「Momm!!」(TBS系)に出演。MCのSMAP中居正広(43)から先輩との付き合い方についてダメ出しを食らった。

    番組では視聴者からの「飲みの誘いを断る部下への悩み」をテーマにトークが展開された。

    先輩との付き合い方を聞かれた渡辺は「自分が先輩と積極的にしゃべれるタイプじゃないから、気を使っちゃう」と“気い使い”であることを告白。

    これに中居がすぐさま反応し「当たり前だよ。先輩と行ったら気を使うんだよ。使わなきゃいけないんだよ」と猛烈なダメ出しをした。

    予想外の“口撃”を受けた渡辺は「結構、信じられないくらい気を使っちゃうんですよ」と口を挟むが、中居は「信じられないくらい気を使うんだよ。くたくただよ、二度と来るまいと思うんだよ、毎回。でも行くんだよ」と厳しい助言をした。

    中居の“愛のムチ”に、渡辺は笑顔でうなずき「飲みで上司と交流しなくても、日々仕事をコツコツやっている人なら(飲みニケーションは)取らなくても。逆に先輩が後輩に気を使わせない努力をするのも必要なのかな」と視聴者に向けて、きっちりアドバイスした。


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160712-00000021-tospoweb-ent
    【SMAP中居正広が女性アイドルに猛烈ダメ出し!「先輩と飲みに行ったら気を使うんだよ」AKB48渡辺麻友「逆に先輩が後輩に気を使わせない努力をしろ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    11

    1 : 砂漠のマスカレード 2016/07/12(火) 18:39:33.65 ID:CAP_USER9

    タレントの武井壮(43)のツイッターでの発言に「意識が高すぎる」と世間の人が反感を抱いているという。

    7月7日に投稿された武井の問題のツイートは、「生活費のために1日8時間以上働けるのに自分の目標のために残りの16時間をなんにも使わねえってもったいなくねえかな。。」というもの。

    そしてその後に続けて、「帰宅したけど明日の仕事まで5時間ねえ!! 洗濯してるうちに上半身だけはぶっ壊す!! そして一歩助走でフルの垂直跳びで脳に刺激を与えまくる!! 40分で完遂して爆発的にケアしてピアノ弾いて寝る!!」

    とアップし、睡眠時間を削ってまでトレーニングをするストイックなプライベートの姿を伝えた。つぶやきではあるものの、世間の人に向けたとも思われる発言であったため、これに対して異論を唱える人が続出してしまったようだ。

    「武井はまとめて睡眠をとらないという生活スタイルのようで、『1日45分睡眠』や、『分割睡眠』などを提唱してきました。あらゆる分野に挑戦し結果を残している武井ですが、タレントの生活は一般人には少し想像がしにくいというのもあります。

    サービス残業などの問題が日本でたびたび話題になってもいますので、今回の武井の発言に『そんな余裕はない』と反論したくなった人が多かったんじゃないでしょうか」(芸能記者)

    世間からは「そんな気力残ってないんじゃ!」「意識高すぎウザッ。皆が生活に夢と目標を持ってると思ってるの?」「8時間程度じゃ全然終わらねえんだよ俺ら庶民はよ」といった批判コメントが殺到。

    だが一方で、武井の発言に感銘を受ける人も多かったようで、「めちゃめちゃ奮い立たされました!」「自分に喝を入れていただけた気がします」といったコメントも多く寄せられてもいる。

    40歳を越えてまだ目標に向けて進み続ける武井の生き方に、多くの人がショックを受けたことに間違いはなさそうだ。


    https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/taishu-23334/
    【武井壮「生活費のために1日8時間以上働けるのに」発言に批判殺到「意識高すぎてウザい」「睡眠時間もったいないけど寝ないと体がもたない」】の続きを読む

    このページのトップヘ