芸能テロ

2chの芸能の反応をまとめています

    タグ:会社

    ui
    1: 名無しさん 2017/08/18(金) 13:55:00.07 _USER9
    歌手の泰葉が、近く自己破産する見込みであることを16日、自身のブログで明らかにした。 泰葉は同日の夜に「残念ですが」のタイトルでブログを更新。

    それまでもブログで再三ストーカー行為を受け、警察に相談したことも明かしたすでに更迭した個人事務所元スタッフの実名を出し、〈業務不履行ストーカー行為により私は自己破産 そして 会社は倒産の道を歩まなくてはならなくなりました〉と現状を明かし、〈裸一貫で頑張ります!〉と意気込んだ。

    実家の海老名家と絶縁したことを明かし、SNSで知り合ったイラン人の恋人がいることも明かした泰葉。しかし、その後、更新したブログでは、再び元スタッフを名指し、〈家族との仲を引き裂いて そして 恋人との仲も断絶させようとした〉と暴露した。

    泰葉によると、その元スタッフのおかげで、父で落語家・林家三平氏の命日9月20日に予定していたミニアルバム「フライディ・チャイナタウン」の制作は暗礁に乗り上げている状態。

    17日に更新したブログでは、〈2年後に引退します〉と宣言。東京ドームでの引退コンサートや引退後の米ロサンゼルス移住などに思いをめぐらせていた。

    「ここ1週間ほどは元スタッフのストーカー行為をブログで告発し続けていた。元スタッフの写真を掲載し、妻の職場まで明かすなど、一歩間違ったら名誉毀損で訴えられそうなレベル。今のうちは泰葉が一方的に“攻撃”を仕掛けているが、そのうち元スタッフからの“反撃”があるのでは」(音楽業界関係者)

    泰葉のブログをさかのぼると、元スタッフは、今月7日に発売された「週刊ポスト」(小学館)に掲載された泰葉の写真を撮影した7月25日から豹変。ストーカーまがいの行為を重ね、個人事務所の印鑑・実印などを持っているが返還に応じないというが、ブログの内容がどこまで“真実”なのかが気になるところだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1345913/ 
    【【芸能】お騒がせ女・泰葉が自己破産「会社は倒産。家族との仲を引き裂いて恋人との仲も断絶」】の続きを読む

    b3
    11
    c1
    c2
    c3
    【美人モデルが人気アイドルを実名で誹謗中傷!会社もバレて謝罪する結果に「仕事のストレスで乃木坂46の生田絵梨花さんファンのみなさんに」】の続きを読む

    33

    1 :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/07/01(金) 20:37:20.41 ID:CAP_USER9.net

    6月27日放送の『バイキング』(フジテレビ系)に俳優の坂上忍(49)、映画監督の井筒和幸(64)がニートを続けている若者に対し、ブラックマヨネーズの小杉竜一(42)らの前で持論を述べる場面が見られた。

    この日のテーマは「働かなくてなにが悪い! ニートの主張」というもので、スタジオにニート生活を続けている人々を招き、出演者たちと議論を行なった。

    そして仕事とはどういうものと捉えているのかという話題に至り、井筒が「仕事とは我慢し続けること」という持論を展開。これに対し一人暮らしをしているが働かないという、33歳の男性が「我慢するのが仕事っていうのは、僕はそこは……」と反論した。

    するとこれに意見をしたのが坂上。「その我慢を『ここまでは我慢できます、それ以上は我慢できません』って自分でジャッジするんだったら、自分で会社を起こせばいい」とコメントし、我慢して人の下で働くのが嫌なら、自分で起業すればいいと主張した。

    強い口調の坂上に押され気味の男性。ここで助け舟を出すかのように小杉が「今は何でご飯を食べてるんですか?」と聞いたところ、男性は「今はギャンブルです」と回答。すると坂上は間髪入れず「えらいじゃない!」と賞賛し始め、小杉から「急に共感すな!」と、ツッコミを受けていた。

    「毒舌イメージの強い坂上ですが、無類のギャンブル好きとしても知られています。1年で稼いだ金を大晦日のボートレースで全て使う、という豪快なエピソードも有名ですね。そのため、急にニート男性のフォローに回ったようです」(芸能誌記者)

    近年は“ご意見番”としての仕事が多い坂上だが、本来の姿はニート男性より破天荒!


    http://dailynewsonline.jp/article/1155351/
    【坂上忍「えらい!」仕事しない30歳ニート男性の生き様を賞賛「社会出て生活はストレス」「会社員は人生の時間の無駄遣い」】の続きを読む

    このページのトップヘ