芸能テロ

2chの芸能の反応をまとめています

    タグ:作家

    6
    1: 名無しさん 2017/10/07(土) 08:06:09.69 _USER9
    6日放送の「とくダネ!」(フジテレビ系)で、小倉智昭が、今年のノーベル文学賞を受賞した作家のカズオ・イシグロ氏に言及した。

    5日、日系イギリス人のイシグロ氏が2017年のノーベル文学賞を受賞した。イシグロ氏は長崎県出身で、5歳のときに家族とイギリスに移住。その後、同国の国籍を取得したという。

    イシグロ氏の受賞に小倉は、故・南部陽一郎氏がアメリカ国籍を取得後、2008年にノーベル物理学賞を受賞したことを引き合いに出す。続けて、笑いながら「カズオ・イシグロさんもイギリス人ですよね、今は。日本人にカウントしていいのかどうかっていう…」と口にしたのだ。

    小倉の発言に、米国で活躍する外科医の加藤友朗氏は、イシグロ氏が幼少時にイギリス移住し、そのままイギリス人としての教育を受けてきたことを紹介。「バックグラウンドに日本があるっていうのはとっても日本人として誇らしいことですけど」としつつ、「やっぱり日本人としてカウントできないんじゃないですかね」とコメントした。

    そこで小倉は、「ただ、(イシグロ氏は)ご自分で、『川端康成さん、大江健三郎さんに続いて3人目の受賞になるんで』っておっしゃったんですよね?」と食い下がり、イシグロ氏自身が作家になるにあたって、「日本人意識ということがあったのはよかったのではないか」と語っていたことに触れていた。

    2017年10月6日 10時57分 トピックニュース
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13711558/ 
    【【テレビ】<小倉智昭>ノーベル文学賞のカズオ・イシグロ氏に言及!「日本人にカウントしていいか」】の続きを読む

    106
    35

    1 : 砂漠のマスカレード 2016/07/13(水) 19:50:05.47 ID:CAP_USER9

    タレント、久本雅美(58)が13日、東京・新橋演舞場で上演中の舞台「藤山寛美二十七回忌追善 松竹新喜劇 爆笑七夕公演」(24日まで)で出演初日を迎え、寛美さんの孫で共演の藤山扇治郎(29)と取材に応じた。

    9日に誕生日を迎えた久本は、58本のバラの花束とケーキに「60歳で結婚したい。還暦祝いを兼ねて赤いドレスで」と笑顔。報道陣から結婚について質問されると、扇治郎に向かって「お金目当てでもええから、籍だけ入れへん?!」と“求婚”し笑わせた。

    一方、肺炎で7日に死去した放送作家でタレントの永六輔さん(享年83)が3年前、久本の所属するWAHAHA本舗の舞台に来てくれたことを明かし、「(訃報を聞いて)涙が出てきた。恩返しのためにも、頑張っていきたい」と誓った。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160713-00000561-sanspo-ent
    【久本雅美が求婚!「お金目当てでもええから、籍だけ入れへん?60歳で結婚したい」「学会員とすれば」「若作りだな」「永六輔も創価?」】の続きを読む

    31

    1 :ゴーリキー ★@\(^o^)/:2016/07/11(月) 13:38:37.93 ID:CAP_USER9.net[1/2]
     
    放送作家の草分け的存在でタレント・作家の永六輔(えい・ろくすけ、本名永孝雄〈えい・たかお〉)さんが死去したことが11日、分かった。83歳だった。

    東京・浅草の浄土真宗の寺に生まれた。10代後半でNHKラジオ「日曜娯楽版」に投稿を始めた。早大在学中から、開局して間もないNHKテレビや日本テレビの番組で台本などを手がけ、放送作家として腕を磨いた。

    作詞家としては、作曲家中村八大とのコンビで、日米両国で大ヒットした「上を向いて歩こう」(1961年)や「こんにちは赤ちゃん」を送り出した。

    いずれもNHKのバラエティー番組「夢であいましょう」から生まれた曲で、テレビ番組の企画・演出なども含めマルチな才人ぶりを発揮した。梓みちよが歌った「こんにちは~」、水原弘による「黒い花びら」はレコード大賞を受けた。

    http://www.asahi.com/articles/ASHDX5SXTHDXUCVL01W.html
    【永六輔さん死去!放送作家の草分け、テレビ番組の企画・演出などマルチに活躍「次は大橋巨泉か黒柳徹子」「昭和が終わってゆく」「浅田飴」】の続きを読む

    51

    1 :動物園φ ★@\(^o^)/:2016/06/29(水) 13:40:15.16 ID:CAP_USER9.net

    お笑い芸人から絵本作家に転身したキングコングの西野亮広(35)が、転身宣言したその翌日の29日、今度は「絵本作家を引退させていただきます」と発表した。

    これまで「芸人」という肩書について自分なりの定義があり、従来のお笑い芸人が行ってこなかった活動にも励んでいる西野。

    しかしそうした姿勢に「芸人なのになぜ絵本を描くのか」などと批判するアンチも少なからずいたため、27日深夜に放送されたテレビ朝日系「EXD44」ではアンチを招いて討論を行った。

    しかし西野の主張はアンチに受け入れられず、もともと肩書というもの自体にこだわりがなくその肩書によってしばられることを不自由だと感じていた西野は、そこできっぱりと「絵本作家になります」「芸人辞めます」と宣言した。

    しかし29日に更新したブログでは、以前から行っている「パインアメ」をファンや一般人に配布するという企画にいて、製造元のパイン株式会社から感謝状を受けたことを報告。

    感謝状とともに「特命配布主任を命ずる」との辞令も受け渡されたことを受け、「絵本作家とは一日でおサラバ。今日から俺の肩書きは特命配布主任だ!!」とさらなる転向を宣言。

    「本日をもちまして、私、キングコング西野亮広は、絵本作家を引退させていただきます。約半日間続けてきた仕事なので、寂しい気持ちもあり、ほっとした気持ちもあります。これまで応援してくださった皆様、本当にどうもありがとうございました」などとつづった。

    西野はこれまで「もう『肩書き』なんぞ、どうでもいいです。皆が納得し、これからも今の活動が続けていけるなら、それが一番!」と語っているだけに、今後も柔軟に肩書を変えていくつもりのようだ。


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160629-00000061-nksports-ent
    【キングコング西野亮広「半日で絵本作家を引退」発表に「心底嫌い」「哀れな人間」「寒い。滑ってる」】の続きを読む

    q2
    q1
    q3
    q5
    q6
    q7

    1 :★@\(^o^)/:2016/06/28(火) 11:14:22.78 ID:CAP_USER9.net


    28日お笑いコンビ・キングコングの西野亮廣が芸人を引退し、絵本作家を本業にすることを発表した。

    ■好感度最低芸人への試練

    これは前日27日に放送されたテレビ番組『EXD44』(テレビ朝日)内の流れを受けて決まったこと。企画の趣旨は、西野のことが嫌いな一般人ふたりと対談するというもので、実際に現れたふたりは「芸人である西野が絵本を描くこと」への違和感を語った。

    西野はこれに対し、「芸人は仕事内容ではなく生き方の姿勢だ」などと語ったものの、まったく通じず。

    そのとき、西野は「ただ(自分が)嫌われているだけじゃね?」と気づいたそうで、北野武や明石家さんまと自身の圧倒的な好感度の差を悟った模様。

    そして、吹っ切れたように芸人引退と絵本作家への転身を決意した……というわけ。

    ■「茶番」の声も賞賛の声が相次ぐ

    あまりに良くてできたこの筋書きに、ネット上では「茶番」との声も出ている。しかし、炎上を巧みにネタにし、絵本の宣伝につなげる柔軟な姿勢には、賞賛の声が殺到しているようだ。

    たしかに、絵の才能もかなりのものに見える。絵本作家をとして活躍しても、なんらおかしくはないだろう。

    なお、アンケートサイト「マインドソナー」によると、「一度辞めた職場に入り直したことがある」、いわゆる出戻りの人は1割程度存在。


    http://sirabee.com/2016/06/28/138403/

    キングコング西野 LINE OFFICIAL BLOG
    http://lineblog.me/nishino/archives/4533459.html

    【「炎上ネタ」「茶番」キングコング西野亮廣が芸人引退をブログで正式発表!「絵本作家に転職します。仕事ではなく生き方」】の続きを読む

    l5
    l1
    l2
    l3
    l4

    1 :
    ★@\(^o^)/:2016/06/18(土) 09:09:25.39 ID:CAP_USER9.net
     
    作家の百田尚樹氏(60)が18日、来月14日に公示される東京都知事選(7月31日投開票)への出馬を考えていることをツイッターで明かした。

    この日朝、「東京都知事に立候補しようかと真剣に考えている。取り敢えず住民票を移して、生まれて初めて東京都民になるか」とツイートした。

    ただ、その16分後には「でも、都知事選なんかに立候補したら嫁さんに怒られるから、こっそり出ないとあかんなあ」ともつぶやいている。

    都道府県知事の被選挙権は公職選挙法では「日本国民で満30歳以上であること」とされており、住民票が東京都になくても、立候補は可能となっている。

    百田氏は2014年の都知事選では立候補した田母神俊雄元航空幕僚長を支持し、都内で応援演説を行っている。


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160618-00000042-sph-soci

    【百田尚樹「僕が東京都知事になったら給料はいらない。生活費くらい自分で稼げる。議員の給料を半分にする」】の続きを読む

    このページのトップヘ