芸能テロ

2chの芸能の反応をまとめています

    タグ:俳優

    54

    1 :
    三毛猫 φ ★@\(^o^)/:2016/06/26(日) 14:58:17.31 ID:CAP_USER9.net

    タレントの上沼恵美子(61)が26日放送の読売テレビ「上沼・高田のクギズケ!」(日曜前11・40、関西ローカル)に出演。

    覚せい剤取締法違反と大麻取締法違反(所持)の疑いで現行犯逮捕された元俳優の高知東生容疑者(51)について「本当にショックです」と嘆いた。

    高知容疑者は99年から09年まで放送された上沼の冠番組、読売テレビ「週刊えみぃSHOW」で99年4月~7月まで初代MCを務めていた。

    上沼は「男前でねえ。高島さんと結婚する前でした」と高知容疑者とのエピソードに触れ「スタッフとか皆で食事に行ったの。食事して帰りましょうかって靴とか履き始めたときに高知さんが座布団を直して『上沼さん』って言うんです。

    何なの?って思って座って。私の目をじっと見て『僕、結婚したいんです』って…。私は『ごめんなさい、人妻なんで』って言ったの。そうしたら向こうがガクッってなって。『高島礼子です』って…」と話すとスタジオには笑いが起きた。

    「心から愛していますと言うから『結婚したらいいじゃない』」と上沼は助言するも、高島との格差婚を気にしていたといい「関係ないよ。おめでとう」とためらう高知容疑者の背中を押してあげたと明かした。

    「『生まれてこんなに人を愛したことがない』って言ってました。私もこんなこと言われたいなって思ってましたが、(逮捕に)なんじゃこりゃ?と…本当にショックです」とコメントした。


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160626-00000110-spnannex-ent
    【上沼恵美子「高知東生の逮捕は本当にショック。高島礼子との格差婚を気にしていた。彼は心から愛していた」】の続きを読む

    71

    1 :
    ひろし ★@\(^o^)/:2016/06/24(金) 23:53:37.43 ID:CAP_USER9.net
     
    昨年、芸能界を引退した元俳優の高知東生(たかち・のぼる)容疑者(本名大崎丈二)=(51)が24日、覚せい剤取締法違反(所持)の疑いで関東甲信越厚生局麻薬取締部に現行犯逮捕された。

    一緒にいたクラブホステスの女性(33)も同容疑で逮捕された。妻で女優の高島礼子(51)が同日深夜、所属事務所を通じて談話を出した。

    「この度は、夫の報道の件で皆様に大変、大変ご迷惑をおかけして、申し訳ございません」と謝罪。「私自身、報道でこのことを知り、ただただ驚いて困惑している状況です」と寝耳に水だったことを明かした。

    続けて、「今はこれしか申し上げられません。今後、事実関係が明らかになることを見守らせていただければと思っております」と直筆で署名した。


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160624-00000104-dal-ent
    【高島礼子が夫の高知東生容疑者逮捕を謝罪!「大変なご迷惑をおかけして、驚いて困惑している状況です」】の続きを読む

    nt

    1 :
    リサとギャスパール ★@\(^o^)/:2016/06/24(金) 17:58:46.57 ID:CAP_USER9.net
     
    関東信越厚生局麻薬取締部は24日、覚せい剤取締法違反(所持)と大麻取締法違反(同)の現行犯で、元俳優の高知東生(たかち・のぼる)こと大崎丈二容疑者(51)を逮捕した。容疑を認めている。

    逮捕容疑は、24日午前9時半過ぎ、横浜市内のホテルで一緒にいた女=同容疑で逮捕=と覚醒剤約4グラム、大麻約2グラムを所持したとしている。

    大崎容疑者は「一緒にいた女性と使おうと思った」など供述しているという。大崎容疑者の妻は、女優の高島礼子さん。


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160624-00000564-san-soci
    【高島礼子の夫、元俳優の高知東生容疑者を逮捕!覚醒剤と大麻所持「一緒にいた女性と使おうと思った」】の続きを読む

    71

    1 :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/06/13(月) 05:49:05.83 ID:CAP_USER9.net

    女優の優香(35)が、ドラマで共演歴がある同世代の俳優と今月にも結婚することが12日、分かった。

    昨年から真剣交際しており、婚姻届は優香の36歳誕生日である今月27日の提出が最有力。

    すでに関係者などに報告済みで、来月以降の仕事を休養するなど、幸せな新婚生活をスタートさせる準備を進めている。

    ◆優香(ゆうか)1980年(昭55)6月27日、東京都生まれ。97年にグラビアアイドルとしてデビュー。芸名は「週刊プレーボーイ」での公募で決定した。

    30作以上のドラマに出演し、映画「恋に唱えば!」(02年)や「体脂肪計タニタの社員食堂」(13年)に主演。出演CMの企業は40社以上。今年もすでに連続ドラマ「ちかえもん」「臨床犯罪学者 火村英生の推理」「火の粉」に出演。

    映画は9月に「オーバー・フェンス」が公開予定。レギュラー番組は「クイズプレゼンバラエティーQさま!!」。157センチ。


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160613-00000006-nksports-ent
    【優香が結婚!相手は同世代の俳優「来月以降の仕事を休養し幸せな新婚生活をスタート」】の続きを読む

    p1
    -p2

    1 :三毛猫 φ ★@\(^o^)/:2016/04/21(木) 18:48:51.79 ID:CAP_USER*.net

    女優の井上真央(29)と俳優の玉木宏(36)が21日、東京都内で行われた宝酒造「松竹梅白壁蔵『澪』スパークリング清酒」の新CM発表会に出席した。

    子役時代から活躍する井上は、お酒のCM出演に「大人になったんだな」としみじみ。「月に1回くらい飲む」「最初の1杯で赤くなる」という玉木とは対照的に、「ほぼ毎日飲んでますよ」と意外な酒豪ぶりも告白した。

    飲むと褒め上戸になり、相手を褒めまくるそうだが、「だんだんウソっぽく聞こえるみたいなので、気をつけないと」と反省。1人で飲むこともあるといい、「『ほぼ毎日』とか『1人酒』とか、おじさんみたいですよね」と苦笑いだ。

    2人は今回のCMが初共演で、玉木から「すごく大人の女性の色気が漂う方」と褒められた井上は、「色気があるなんて今まで言われたことない」と大喜び。互いに朝ドラ経験者だけに、「よく“朝ドラあるある”を話していました」と撮影秘話も披露した。

    母親が北九州市出身という井上は「九州男児が好き」といい、去り際、熊本地震について聞かれると「何かやれることがあれば、やりたい」とキッパリ。

    2人が出演する新CMは22日から放送。宝酒造では、「澪」公式インスタグラムアカウントを展開中で、井上や玉木と乾杯できるオリジナルアプリも作成するなど、デジタル施策にも力を入れている。

    http://www.sanspo.com/geino/news/20160421/geo16042116110028-n1.html
    【井上真央が酒豪ぶり告白「毎日飲んでますよ『1人酒』とか、おじさんみたいですよね」】の続きを読む

    lt


    1 :三毛猫 φ ★@\(^o^)/:2016/04/12(火) 09:45:14.09 ID:CAP_USER*.net
     
    歌手で俳優の福山雅治(47)が3年ぶりにフジテレビの看板枠「月9」の主演を務める「ラヴソング」(月曜後9・00)が11日に30分拡大でスタートし、初回の平均視聴率は10・6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが12日、分かった。

    ヒロインは演技未経験の歌手・藤原さくら(20)。夢破れた元プロミュージシャン・神代広平(福山)と対人関係が苦手な孤独な女性・佐野さくら(藤原)が出会い、音楽を通じて心を通わす感動のヒューマン&ラブストーリー。

    福山の月9主演は2013年4月クールの「ガリレオ」第2シーズン以来。西谷弘監督をはじめ「ガリレオ」のスタッフが再び集まった。脚本は2014年に「隣のレジの梅木さん」で第26回フジテレビヤングシナリオ大賞を受賞した倉光泰子氏が担当。

    初回は、独身で定住はせず、持ち前のルックスを生かして女性の家を転々とする生活をしている神代(福山)は、この日も潮時と感じた女性に別れを告げ、少ない荷物とギターケースを担いでいた。

    かつてプロのミュージシャンとして活躍していた神代は、大型車販売店の企業カウンセラーとして働いていた。一方、同じ販売店の整備工場に勤めるさくら(藤原)は同僚とうまくコミュニケーションが取れず、上司の滝川(木下ほうか)にいつも注意されていた…という展開だった。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160412-00000077-spnannex-ent
    【福山雅治が主演の月9「ラヴソング」初回視聴率は10・6%「終わったな」「低すぎる」】の続きを読む

    このページのトップヘ