芸能テロ

2chの芸能の反応をまとめています

    タグ:共演NG

    a1
    a2
    a4
    a3

    1 :7代目副将軍 ★@\(^o^)/:2016/06/14(火) 21:06:48.23 ID:CAP_USER9.net

    お笑いコンビ「アンジャッシュ」の渡部建(43)が13日放送のTBS「7時にあいましょう」(月曜後7・00)に出演。共演NGを通告した元日本テレビの脊山麻理子アナウンサー(36)と対面した。

    2年前、バラエティー番組で共演。渡部が悩みのあるゲストにダメ出しをする企画で、フリーになったばかりの脊山にきつい言葉を連発。脊山は我慢し切れず「そこまで言われる筋合いは全くない」と一触即発になった。

    本番後、あいさつを交わすこともなく、渡部は芸能生活初の共演NGに。「挙句の果てに(脊山が)『私、悩んでいない』みたいなことを言い出したんですよね」と振り返り、企画を壊したことに怒りを感じた。

    この日はスタジオで対面。渡部は「あなたはやっていけないことをやっているんですよね。悩みを相談しに来ているところを、悩んでいないと言っちゃったら、破綻するぞ、あの企画が。

    1個の番組を台無しにしたことは、絶対的に悪いので。企画を壊すようなタレントとは、絶対に仕事したくないんですよ。命懸けでやっているんですよ、バラエティー番組は。そういうことを1回でもされちゃうと、信用はない」と熱弁。

    脊山は「当時、私としては女子アナの中で反論するキャラでバラエティーの場に居場所を見つけようという時だったんです。それが行き過ぎた、過熱してしまったという反省もあります。

    取り戻そうにも(渡部に)火がついている状態。(渡部と)話せるなら、話したいと思っていたので。番組を壊してしまって、嫌な思いをさせてしまったことは申し訳ないと思って」と“謝罪”。

    熱くなっていた渡部だが、謝罪を受け入れ、最後は2人で握手をして“和解”した。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160613-00000143-spnannex-ent
    【アンジャッシュ渡部建が共演NGの脊山麻理子アナに熱弁「バラエティ番組は命懸け!企画を壊す人とは仕事したくない」】の続きを読む

    lt


    1 : アキレス腱固め(東日本)@\(^o^)/:2016/05/19(木) 08:58:42.62 ID:mieGhcxs0.net PLT(16930) ポイント特典
     
    たけしの逆鱗に触れた菅野美穂の行動

    2002年に公開された北野武映画『Dolls』で主演を務めた菅野。この映画の撮影中、こんなことがあったらしい。菅野のシーンにOKを出した監督のたけし。にもかかわらず、菅野は自分の演技に納得がいかなかったため、再撮影を何度も希望した……。

    この菅野の行動がたけしの逆鱗に触れ、それ以来共演NGになったのだとか。

    「絶対に許さない」ビートたけしの信念

    一見すると、菅野の主張も一理あるかに思えるが、たけしの映画監督としての持論はそれを許さない。ある記者会見でたけしは次のように語ったこともある。

    「たまに『監督、ここはこう撮るべきじゃないですか』って言ってくる奴がいるんだけれど、そいつ大嫌いで2度と使わない。(以下略)監督に気に入られるように演技をするのが役者であって、監督の演出方法に言うのは絶対に許さない」

    結果的にお互いのプロとしての信念が仇となり、共演NGとなったたけしと菅野。裏を返せば、それだけ二人が作品作りに妥協を許さないということだろう。


    http://www.excite.co.jp/News/90s/20160310/E1457109891303.html

    【ビートたけし「そいつ大嫌いで2度と使わない。絶対に許さない」共演NGになった菅野美穂の行動】の続きを読む

    in

    1 :餡子先生 ★@\(^o^)/:2016/05/07(土) 12:54:53.51 ID:CAP_USER9.net

    タレントのヒロミ(51)が7日放送の日本テレビ系「メレンゲの気持ち」(土曜正午)に出演。共演NGの出演者について明かした。

    「人気MCスペシャル」というテーマで小堺一機(60)、恵俊彰(51)とゲスト出演。司会業にまつわるエピソードを披露した。

    テレビ番組表や放送前の番組CMでは「ヒロミ共演NGのタレントはM」と紹介されていたが、出演者のHey!Say!JUMPの伊野尾慧(25)が「共演NGな人はいますか?」と聞くとヒロミは「俺の場合は向こうがNGという場合が多いです」と答え、「さま~ずの三村マサカズが俺との共演を嫌がっていた」と明かした。

    「俺は全然知らなくて。かわいがっているつもりだったけど、向こうは、そのかわいがられるのがイヤだったんだって」と嫌われた経緯を説明した。

    親交のある堺正章(69)との不仲説について質問が及ぶと「以前、先生(堺)にこんな噂があるみたいですけど…と聞いたけど、『俺にそんな力があったらもっと干したいヤツがたくさんいるよ』って言ってました」と堺のコメントを出して否定していた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160507-00000104-spnannex-ent


    【ヒロミ「さま~ずの三村マサカズが俺との共演を嫌がっていた」嫌われた経緯を説明】の続きを読む

    5

    1 :Twilight Sparkle ★@\(^o^)/:2016/04/09(土) 21:39:37.94 ID:CAP_USER*.net

    お笑いタレントの渡辺直美が8日、日本テレビ系のバラエティー番組「耳が痛いテレビ 人気芸能人30人が視聴者のクレーム電話に真剣回答!金爆&林修」に出演し、女子アナKと共演NGであることが暴露された。

    ナレーションが流れ、渡辺が女子アナKを嫌うようになった原因が明らかに。とある番組のロケで旅館に泊まったさい、Kが卓球をしようと言い出した。「直美ちゃーん、馬になってよ」と言われ、女子アナKをおんぶして卓球。長時間させられて大嫌いになったという。

    MCの東野幸治が「ある方をおんぶして?」と尋ねると、渡辺は「いや、あの…まあ、ちょっと。分かんないですけど」と言いよどみ、爆笑を誘った。番組にはフリーアナウンサーの小林麻耶が出演。
     
    Kとは小林アナでは?との質問が飛んだが、渡辺は「その話は本当ですけど小林さんじゃない。違う方」とし、「KさんはKさんですけど」とイニシャルは合っていることを述べた。

    http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2016/04/08/0008971710.shtml
    【渡辺直美が女子アナKと共演NG告白「長時間おんぶして卓球させられて大嫌いになった」】の続きを読む

    このページのトップヘ